111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
美輪さん、こんにちは~。..
by noma-igarashi at 23:15
この動画、音は後付けです..
by 美輪@brownycat at 08:46
どうぞよろしくお願いしま..
by noma-igarashi at 23:39
返信ありがとうございます..
by 短歌について at 22:03
こんにちは。コメントあり..
by noma-igarashi at 20:05
突然失礼します。 20..
by 短歌について at 23:49
こんにちは。コメントあり..
by noma-igarashi at 08:21
こんにちは。 Noma..
by Disney 鴨 at 16:32
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

タグ:蝶々夫人 ( 11 ) タグの人気記事

オペラの曲を使ったプログラム⑧

オペラの曲を使ったプログラム、今回は宮原知子選手とエリザベッタ・ レカルディ選手(イタリア)の「蝶々夫人」を取り上げます。「蝶々夫人」って、日本人選手ばかり演じているイメージがあったのですが、外国の選手もちゃんと使っているんですね。例えば「トゥーランドット」は中国の選手でなくても使っているし、「カルメン」に至っては世界中の選手が演じているわけなので、「蝶々夫人」もいろんな国の選手に使ってもらえたらうれしいな、と思います。

ただ、日本人選手が演じる場合、着物ふうの衣装のことが多くて、個人的にはそこがイマイチ。その点、さっとんの「蝶々夫人」は着物っぽさがほとんどなく、私としてはありがたかったです。レカルディ選手はというと、和風のところなんか全然ない衣装でした。日本人選手だって、それでもいいんじゃないかしらん。

「蝶々夫人」というオペラ、私はさほど好きなわけではないのですが(どの登場人物にも共感度が低くて…)、おととし、ミラノ・スカラ座が112年ぶりに初演版を上演。去年、NHKがそれを放送していたので、見てみたところ、だいぶ印象が変わりました。初演版では、蝶々夫人とピンカートンの出会いのシーンがくわしく描かれているんですよね。その出会いというのは、ロマンチックな要素は全然なく、ピンカートンはお金の力で蝶々さんを身請けするし、蝶々さんのほうは、「こうしてあなたのものになるからには、全身全霊で愛するように努めます」みたいなことを言う。なんか、すごく納得できました。よく知られているほうの「蝶々夫人」だと、最初からラブラブじゃないですか。でも、あのように心境を説明されることで、私としては腑に落ちたし、共感もできました。

さて、さっとんの演じる蝶々さんは、毅然としていて、芯が強そうで、そんな蝶々さんのイメージにぴったりでした。蝶々さんって、決してかよわい女性じゃないんですよね。そこのところも初演版を見たことで、ずっとわかりやすくなりました。さっとんはそんな蝶々さんを見事に演じてくれたと思います。五輪のときの動画を貼り付けましたが、ジャンプの軽やかさもすごくいいです~。

一方、レカルディ選手のほうは、イタリア選手権の動画をリンクしておきますね(こちら)。「蝶々夫人」の曲を使ってはいるものの、あまり蝶々さんらしさにこだわっているわけではないのかなと思っていたら、最後に自決するポーズが…。うーむ。ほかのプログラムでも、そういうポーズが組み込まれることがちょくちょくありますが(ロミジュリとか)、どうも安易に見えてしまうきらいがあるような。

オペラの動画も貼り付けておきますね。さっき書いたスカラ座の初演版「蝶々夫人」で、タイトルロールのマリア・ホセ・シーリが「ある晴れた日に」を歌うシーンがありました。よかったらどうぞ。

【NHK】【ノーカット実況なし】4位 宮原知子のフリー<ピョンチャン>

Madama Butterfly: Un Bel Dì Vedremo - María José Siri - La Scala - 2016 - HD
                                            
[PR]
by noma-igarashi | 2018-05-09 20:16 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

オペラの曲を使ったプログラム⑦

オペラの曲を使ったプログラム、次回から女子を取り上げます。今回はその予告編。調べたところ、2016-2017シーズンの女子のプログラムの中で、オペラの曲が使用されていたのは以下のとおりでした(ほかにもあったら、ぜひぜひコメント欄までお知らせください)。

こうして見ると、「カルメン」が多いですね。イメージがはっきりしているから、演じやすいのかな? よく知られた曲が満載のオペラでもあるし、プログラムにしやすいという面もありそうです。

本田真凜 (日本) フリー 「トゥーランドット」

宮原知子(日本) フリー 「蝶々夫人」
エリザベッタ・ レカルディ(イタリア) フリー 「蝶々夫人」

ガブリエル・デールマン(カナダ) SP 「カルメン」
エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン) SP 「カルメン」
カレン・チェン(アメリカ) フリー 「カルメン」 ※シーズン前半のみ
トース・イヴェット(ハンガリー) フリー 「カルメン」
アニータ・オストルンド(スウェーデン) SP 「カルメン」


次回から、順に見ていきたいと思います。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-05-07 23:14 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

ボローニャ歌劇場が誇る、オペラ名曲の宴

ボローニャ歌劇場が誇る、オペラ名曲の宴
2014年9月24日(水) 19:00
オーチャードホール 1階5列10番台

指揮:吉田裕史
演奏:ボローニャ歌劇場フィルハーモニー

ソプラノ:アンヌンツィアータ・マリア・サントディロッコ
メゾソプラノ:アントネッラ・コライアンニ
テノール:アントニオ・デ・パルマ
バリトン:マルツィオ・ジョッシ
テノール:倉石真


Ⅰ部
《蝶々夫人》よりハイライト

Ⅱ部
歌劇《エドガール》より<この愛を、俺の恥を>
歌劇《マノン・レスコー》より<マドリガル>
歌劇《トスカ》より<妙なる調べ>
歌劇《トスカ》より<マリオ!マリオ!マリオ!> 
歌劇《マノン・レスコー》より第3幕への間奏曲
歌劇《ジャンニ・スキッキ》より<あぁ、勝利だ、勝ったぞ!>
歌劇《トゥーランドット》より<氷のような姫君の心も>
歌劇《トゥーランドット》より<誰も寝てはならぬ>


続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2014-09-27 13:57 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

瀬戸内寂聴さんの『お蝶夫人』

昨日ご紹介した三鷹駅北口での応援演説、澤地久枝さんのほうだけで、瀬戸内寂聴さんのお話は文字起こしできなくて申しわけない。長かったのと、ちょっと聞き取りづらい部分が多かったのとでパスしてしまいました。

瀬戸内さんといえば、今週の初めから、たまたま著作を読んでいました。ブックオフの100円コーナーに埋もれていたのを購入(汗)。オペラ歌手・三浦環の生涯を描いた作品です。表紙をご覧いただくとわかるように、著者名は「瀬戸内晴美」となっています。奥付を見ると、昭和52年に初版が発行された文庫本なのですが、調べたところ、寂聴というお名前になられたのは1973年(昭和48年)なので、単行本で出たとき(1969年)の名前に合わせているということかな?

お蝶夫人 (講談社文庫 せ 1-9)

瀬戸内 晴美 / 講談社


(カバー裏の紹介文)
作曲家のプッチーニをして、「最も理想的な蝶々夫人」と賛美させたプリマドンナ三浦環。彼女は六十三歳で他界する直前まで歌い続け、欧米を中心に「蝶々夫人上演二千回」の記録を樹てた。そして恋多きおんなでもあった。偉大な歌姫環の生涯を、女性伝記小説の第一人者が新鮮に描き上げる力作長編。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2014-02-01 00:10 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(2)

こんな本を読みました--『蝶は還らず』

e0073856_1802967.jpg蝶は還らず――プリマ・ドンナ喜波貞子を追って』(松永伍一著、ウェッジ文庫)という本を読みました。文庫化されたばかりのようで、近所の書店に平積みされていました。

裏表紙のキャッチをそのまま引用すると「ワルシャワの監獄に小さな手作りの日本人形が陳列されていた。いったい誰が作ったものなのか。謎を追ううちに浮び上ったのは、かつてヨーロッパでオペラ「蝶々夫人」のプリマ・ドンナをつとめて圧倒的な喝采を博し、その後、第一線から姿を消し、杳として行方のわからなくなった日本人歌手の幻影だった――。“幻の歌姫”を追って、六年の歳月をかけた探索行が謎の真相を浮彫りにする。」という内容。

続きはこちら
[PR]
by noma-igarashi | 2008-04-13 18:01 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

訂正

すみません、たいしたことじゃないんですが、1週間ほど前に書いた内容に勘違いがあったので、訂正しておきますね。
オペラのほうに話題を転じると、「蝶々夫人」って、実はそれほど好きじゃなくて。1回生で見たことがありますが、通して見たのはまだそのときだけなのでした。お話として、女性が見て楽しめる内容だとはあまり思えないので。
この日は仕事の都合で遅くなり、実は、第1幕を見逃していたのでした。ですので、「蝶々夫人」、まだ一度も通して見たことがありません。そんな状態であれこれ書くのも気がとがめるものだし、無理をしてでも見ておけばよかったな。
ちなみに、そのときの観劇記はこちら
[PR]
by noma-igarashi | 2006-05-28 23:32 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(2)

山本鈴美香「エースをねらえ!」とオペラの関係

オペラに関係した少女マンガの話題、今回は山本鈴美香「エースをねらえ!」なんですが、いや、これについてはほとんどこじつけです。お察しの通り、「竜崎麗香→お蝶夫人」という愛称が、オペラ「蝶々夫人」のもじりなんだろうな、ということで。もじりじゃなかったら、未婚の女子高生を「~夫人」とはやはり呼ばないでしょう。

ただ、「夫人」=「マダム」という敬称ととらえると(フランス語だと、社会的に地位のある女性は未婚でも「マダム」と呼ばれるらしいです)、お蝶さん、10代にして「マダムと」呼ばれてもおかしくない迫力はありましたね。

こちら、集英社による「エースをねらえ!」の公式ページらしいです。少し前に、実写でドラマ化もされていたようだし、いまだに人気があるんですね。実際、名作だと思います。宗方コーチの死後を描いた第2部では、精神論を描きすぎというか、だんだん宗教がかっていくようなのが個人的にはイマイチでしたが。

オペラのほうに話題を転じると、「蝶々夫人」って、実はそれほど好きじゃなくて。1回生で見たことがありますが、通して見たのはまだそのときだけなのでした。お話として、女性が見て楽しめる内容だとはあまり思えないので。でも、「ええ~、こんな日本ってヘン~!」とツッコミを入れながら見る楽しみはありそうですね。毛嫌いしていないで、もうちょっと見てみようかな。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-05-20 13:07 | 映画・TV・本など | Trackback(1) | Comments(0)

「トゥーランドット」に興味を持たれた方へ

e0073856_2320203.jpgトリノ五輪が閉幕したのに、アクセス数がむしろ五輪中より多くなっていて、もしかしたら「トゥーランドット」ネタのせいかなと、試しにYahoo!で検索したところ、びっくり! 「荒川静香 トゥーランドット」というキーワードで検索すると、スポンサーサイト以外では、このブログが真っ先に出てきたのでした。ひー。

でもまあ、せっかくの機会ですから、さらに「トゥーランドット」ネタを。
CDショップで「トゥーランドット」が売り切れていてがっかりした方、この1冊がおすすめです。『さわりで覚えるオペラの名曲20選』。本屋さんで買える本です。たぶん、「近所でいちばん大きな本屋さん」だったら置いていると思います。もちろん、ネットでも買えます。CD付きで1600円という安さ! 絶対にお得です。
「トゥーランドット」ネタでおすすめしているわけですから、もちろん「誰も寝てはならぬ」も収録されています。それ以外では、安藤選手のプログラム「蝶々夫人」で最も有名な歌「ある晴れた日に」、アイスダンスの金メダリストのプログラム「カルメン」から「前奏曲」「闘牛士の歌」(どっちも絶対、聴いたことがありますよ)。
さらに、フィギュアとは関係ないけれど、サッカーで有名な「凱旋行進曲」、映画「地獄の黙示録」で有名な「ワルキューレの騎行」なども。しかも、本ですから、オペラについての簡単な解説もついています。権利関係をどうやってクリアしたのか、指揮にはカラヤン、歌手にはカレーラス、デル・モナコといった有名どころも(カレーラスはパバロッティ同様、3大テノールの1人。デル・モナコはもうちょっと古い時代の有名な歌手)。とにかく盛りだくさんですよ~。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-02-27 23:24 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(4)

トリノの開会式に期待すること

フィギュアの話題から入りますが、どちらかというとオペラっぽい話題です。
トリノ五輪に向けて、安藤選手が「蝶々夫人」に、荒川選手が「トゥーランドット」にプログラムを変更したとき、開催地がトリノなんだから、イタリアオペラの曲に変更したのはいい選択なのでは、というような言われ方がけっこうされました。おそらくはオペラを見たことのない人まですぐに結びつけられるほど、イタリアといえばオペラであり、オペラはイタリアの特産品(とはいわないですね)の1つです。

ところで、これは夏のオリンピックの話になりますが、バルセロナ五輪の開会式とき、オペラ歌手が何人か登場して歌いました。当時はまだオペラにまったく興味がなかったので、それらの歌手が誰だったのか覚えていないのですが、さすがに迫力があって「へえ~」と感心しました(いま調べたら、カレーラスも歌っていたようですね)。しかしながら、ヨーロッパの中でも、スペインはそれほどオペラがさかんな国ではありません。前述したカレーラス、ドミンゴなど、オペラ歌手は輩出しているのですが、有名なオペラハウスがないんです。具体例として、新国立劇場の海外リンクを見ると、イタリアは10劇場、ドイツは14劇場がリンクされているのに対して、スペインは3劇場。正直なところ、私はその3劇場とも名前を聞いたことがありません。

何がいいたいかというと、そのようなオペラ事情のスペイン(バルセロナ)ですら、開会式でオペラ歌手が歌ったのだから、トリノでもそういう趣向があるといいな~、ということなのでした。フィギュア以外の五輪情報に疎いのですが、開会式の内容は、見てのお楽しみなんですよね? 実際にどうなるかはわかりませんが、少しばかりは期待を抱いていたいです。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-02-05 18:41 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(4)

オペラ作曲家によるゆかいでヘンなオペラ超入門

『オペラ作曲家によるゆかいでヘンなオペラ超入門』
青島広志 講談社α文庫


e0073856_2316664.jpgこの本、読んでみました。文体は表紙のイメージに合わせてありましたが、内容自体はちゃんとしていました。いかにも笑ってください的な文体も、慣れるとけっこう面白くて、楽しみながら読めました。

「第1章 まずおすすめしたい三大傑作」では、初めて観るオペラとして「カルメン」「椿姫」「蝶々夫人」が推薦されていました。「カルメン」は、私も諸手を挙げて賛成。著者の友人で、初めて観たオペラが「カルメン」だったという人が、「最初から最後まで知らない曲がなかった」と言ったそうですが、ほんとにそうだと思います。

「椿姫」は出だしの宴会シーンが華やかだし、有名な「乾杯の歌」が聴けるからいいですが、始まってすぐに、いちばんの見せ場が早くも終わってしまうのはちょっと…という気も。「蝶々夫人」は、初めて観るオペラとしてはどうなんでしょう。日本的であることに親近感を持つ人はいるのかな。私はそこがちょっとダメで、まだ1回しか観ていないのですが。あるいは、「こんな日本人、ありえなーい」とツッコミを入れて楽しむ、という楽しみ方はあるかもしれません(オペラを観てツッコミを入れるの、けっこう好きです、私)。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-01-18 23:20 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧