人気ブログランキング |

111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
美輪さん、こんにちは。 ..
by noma-igarashi at 12:41
この人たち、たしかアート..
by 美輪@brownycat at 08:37
こんにちは。 アサガオ..
by noma-igarashi at 19:10
こんばんは。お久しぶりで..
by 1disney2 at 22:28
数日前にこの記事に寄せら..
by noma-igarashi at 06:41
こんにちは! なんと、..
by noma-igarashi at 12:00
このイタリアカップルの転..
by yoshi at 00:18
こちらにもコメントありが..
by noma-igarashi at 23:51
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2019年 03月 ( 42 )   > この月の画像一覧

京都お花見ツアー

土日に京都へ行ってきました。顔が写っていない写真のうち、桜が写っているものを選んだら、たいしていい写真が残りませんでしたが、ひとまずアップしてみます。
e0073856_23121186.jpg
            東寺の桜
e0073856_23124370.jpg
            白川の桜
e0073856_23131636.jpg
  十石舟から見た疎水の桜
e0073856_23132518.jpg
            蹴上インクラインの桜


by noma-igarashi | 2019-03-31 23:27 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

男子フリー 最終グループ

今回の世界選手権、1人で観戦していたこともあり(友人たちも来ていましたが、個々人でチケットを確保したため、今回は1人ずつでの観戦でした)、演技が終わってから点数が出るまでの時間を利用して、会場から感想を書き込んでいました。ただ、どのカテゴリーも、最終グループになるとそれどころではなくなり、書き込みは中止。めいっぱい声援を送り、観戦に集中していました。なので、この男子フリー最終グループの感想は、生観戦だけではなく、テレビの録画も見た上でのものになります。

19番 ヴィンセント・ジョウ選手 281.16点(3位)
最終グループの1番手はヴィンス。いい演技でした。心配された回転不足は2つ。現状での持てる力を出し切ったのではないでしょうか。正直なところ、281.16点という点数は、ショーマがノーミスの演技をしていたら上回れただろうと思います。ただ、終わってから「たら・れば」を言っても仕方のないこと。素直に、「銅メダルおめでとう」とヴィンスに言いたいです。ルール改正で、今季はこれまで以上に回転不足に苦しめられてきただけに、最後に結果が出せてよかった。今後は、回転不足を克服するのももちろんですが、表現力に磨きをかけ、彼ならではの演技ができるようになっていってほしいなと思います。

20番 宇野昌磨選手 270.32点(4位)
SPで出遅れ、優勝は難しいと思っていました。それでも、どんなミラクルが起こるかわからないのが勝負の世界。固唾を飲んで見守っていましたが、演技開始早々、4Sと4Fでミス。メダルは遠のいたなと思いました。ただ、3つめの4Tは本当に美しかった。あれで、順位のことは忘れて演技を見られるようになりました。渾身の「月光」、素敵でしたよ。迷わずスタオベしました。
今回の結果を悔しいと感じているのは、誰よりもショーマ自身のはず。この経験を糧にして、さらに大きくなっていってほしいです。
そうそう。フランスのフォーラムを覗いてみたら、ショーマの演技直後、嘆き悲しむコメントがいくつも寄せられていたことをことを付記しておきますね。絵文字で十分わかるので、リンクしてみます(こちら)。

21番 マッテオ・リッツォ選手 257.66点(7位)
彼はクワドが1種類なので、パーフェクトな演技をしたとしても、メダルは取れないだろうと思っていました。それでも、世界選手権の最終グループで滑れたということはきっと今後の大きな財産になるはず。過去の成績を見ると、30位→17位→今季7位なのだから、大躍進ですよね。というか、7位だったら、イタリア、来季2枠獲得じゃないですか! ありがとう、それだけでも十分すぎるほどの成果だと思います。来季は妖精君も出られそう。2人でワールドを盛り上げてほしいです。

22番 羽生結弦選手 300.97点(2位)
さあ、今度はゆづ。1つ下の記事に書いたように、この時点でショーマが2位につけていたため、残りの顔ぶれを考えると、ゆづが大崩れしたとしても、日本勢が1つはメダルを取れるな、と計算しました(具体的には1位ネイサン、2位ヴィンス、3位ショーマ)。ゆづファンから「ゆづは大崩れなんかしない!」と叱られるかもしれませんが、そう考えることで、ドキドキ感を抑えようとしていたというのが本当のところです。おかげで、いい意味で観戦に集中できました。
ゆづ、勝利への執念がすごかったですね。冒頭の4Lo、テレビだときれいに成功したように見えましたが、私の席からは、深く沈み込んで転倒を堪えたように見えました。意地でも成功させるんだという気迫が感じられ、しびれました。次の4Sはさらにそうでした。これはテレビで見ても危なかったし、実際にマイナスを取られています。
冒頭のクワド2本を乗り切り、あとは独壇場。3Loを降り、4T+3Aを決めたあたりからの会場の盛り上がり方といったら! 熱狂とはまさにこのこと。ものすごい歓声でした。フィニッシュのポーズを取るが早いか、観客がいっせいに立ち上がりました。会場全体がスタンディングオベーション。ええ、そう言っていいと思います。
ああ、そして、リンクに投げ込まれたプーさんの海。ひゃー。片づかないんじゃないかと思いましが、なんとか終わりました。

23番 ネイサン・チェン選手 323.42点(1位)
リンクがプーさんだらけになったこと、ネイサンに影響しなければいいいけれど。そんなふうに思ったけれど、全然問題なかったですね。4Lz、4F、4T、3Aと、降りるわ降りるわ。すごい! 後半のジャンプもすべて成功。うひゃー。興奮するという意味では、ゆづの演技のほうが興奮したけれど、ミスらしいミスのまったくない見事な演技でした。しかも、クワドの難易度もネイサンのほうが高いし、SPの点差もあるし。参りました。素直にスタオベ。なんと、フリー216.02点、総合323.42点。文句なしにゆづを上回りました!

24番 ジェイソン・ブラウン選手 254.15点(9位)
最後はジェイソン。仮にノーミスの演技をしたとしても、リッツォと同じようにクワドの本数が少ないから、メダルは取れないだろうなと思っていました。実際には4Sで転倒、さらにアクセルがパンクして1Aになるなどのミス。ああ~。それでも、S&Gの曲に乗せていかにもジェイソンらしい素敵な演技。観客を魅了してくれました。ありがとう!

 * *

余談ながら、平日に2日も休みを取るにあたり、職場の担当者(♀)に、フィギュア観戦に行くのだということを白状させられたのですが、週明けに職場に行くや、「すごかったわねえ! あれを見に行ってたのよねえ! いいわねえ!」と言われました。ええ、すごかったです。見に行ってよかったです。
ショーマは、だいぶ悔しい思いでしているようなので、ぜひ国別対抗で気持ちに踏ん切りをつけてほしいです。ガンバ~!
                                             
by noma-igarashi | 2019-03-26 22:56 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

男子フリー 第4グループ(とりあえず)

男子フリー最終グループの感想、すぐには書けそうにないので、ひとまず、さっき母親に書き送ったメールの内容をこちらに転載してしまいます(しかし、どういう内容のメールを書いてるんだか…)。

わが家の母親、それなりにフィギュアが好きなので、試合があるときは放送スケジュールを教えたり、試合内容を話題にしたりしています。世界選手権の期間中は、連日、熱い報告メールを書き送ってしまいました。(;^_^A

--------------

昨日の男子の試合、すごかったです~!
宇野昌磨選手はちょっと残念な出来でしたが、それでも暫定2位(ダメに見えても、それなりに点数が取れているから、いつもすごいなと思ってしまう)。
ということは、仮に羽生結弦選手が大崩れしたとしても、残りの選手の顔ぶれを考えると、宇野選手は3位になれるはず。女子のように日本のメダル0個にはならない。よし!

…などと計算していましたが、羽生選手、すごかった~! 危ういジャンプも、意地でも転倒しないぞという気迫。後半のジャンプはすべてきれいに決め、1つ、また1つと着氷するたびに、会場のボルテージは上がる一方。フィニッシュと同時に全員総立ち状態で拍手、拍手! リンクは投げ込まれたプーさんのぬいぐるみでえらいことになっていました。

ああ、しかし、そんな状態でウォーミングアップも十分にできなかったはずなのに、動じなかったネイサン・チェン選手もすごかった。羽生選手より高難度の4回転ジャンプをすべて成功! あそこまでやられたら、お見事というしかないです。会場、チェン選手にも惜しみない拍手。スタンディングオベーションでその演技を讃えました。

というわけで、連日のフィギュア観戦、堪能してきました~。さ、そろそろ日常モードに戻らなくっちゃ!

by noma-igarashi | 2019-03-24 11:41 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

男子フリー 第3グループ

さあ、そろそろドキドキしてきました。ボーヤンはこのグループになっちやったのか。

13 Mikhail KOLYADA RUS 10 84.23
うわー! 4-3、降りた! 次も何とかこらえた! やりました、ほぼノーミス。スタオベ多数!

14 Morisi KVITELASHVILI GEO 12 82.67
クワド、せっかく降りたのにセカンドでよろめいてしまいました。後半のは転倒。

15 Andrei LAZUKIN RUS 11 84.05
4-3、降りた! 次のも何とか。アクセルもどうにか。途中、隣の子がスマホで動画を見ているので気が散って。ゆづの練習風景?
(追記)その後、明らかになりました。韓国のゆづファンだと思います。ゆづの演技のときはお祈りモードでした。本田真凛ちゃんに似た美少女でしたよ~。

16 Kevin AYMOZ FRA 7 88.24
変わった動きのたくさん入ったプログラム。面白かったです。クワドは成功、アクセルで転倒。

17 Boyang JIN CHN 9 84.26
ボーヤンの4回転ルッツはやっぱりデカイ! クワドすべてなんとか降りた! ほかのジャンプも成功。スタオベ!

18 Michal BREZINA CZE 8 86.96
ミハルもいい演技でした! 1つ転倒したのと、クワドの本数が少ないので、上位は難しいかもしれないけど。スタオベ多数。

※見間違いや勘違いもありますが、そのままにしてあります。

by noma-igarashi | 2019-03-23 00:29 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

男子フリー 第2グループ

ジュンファン、このグループになっちゃったんだ。キーガンも。マヨはこれが見納めになるんだなあ。

7 Keegan MESSING CAN 14 82.38
クワド2つとも、近くで跳んでくれました! 転倒も1つあったけど、いい演技だったと思います。

8 Vladimir LITVINTSEV AZE 16 81.46
よく知らない選手だな、名前も読めないし、などと思っていましたが、曲が始まるや思い出しました。王子さまじゃないですか〜。クワド、きれいに決まりました。SB。

9 Alexander MAJOROV SWE 17 79.17
これが最後の演技。クワド、決めました。ミスもあったけど、頑張りました。大勢がスタオベ。私も。

10 Daniel SAMOHIN ISR 15 82.00
冒頭のクワド2つは派手にパンク。3回転ジャンプも着氷が乱れるなど、いろいろ引かれそう。ドンマイ!

11 Nam NGUYEN CAN 13 82.51
おー! 4-3、決めた! つぎのクワドも成功! ノーミスとはいきませんでしたが、頑張った。リングサイドでコーチが踊っているかのようでした。

12 Junhwan CHA KOR 18 79.17
クワド1つめは転倒。近くで跳んだ2つめは何とかこらえた。3-3のセカンドループ決まった。もう1回転倒もあったり、彼の能力からすると、満足のいく出来ではなかったかな。まだ若い。これからこれから。

※見間違いや勘違いもありますが、そのままにしてあります。

by noma-igarashi | 2019-03-23 00:27 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

男子フリー 第1グループ

さあ、男子フリーが始まります!

1 Alexei BYCHENKO ISR 22 77.67
ビチェンコさん、4T1つは成功。転倒などミスもありましたが、頑張ってくれました。来シーズンも見られるのがうれしいです。

2 Keiji TANAKA JPN 19 78.76
うわー、4S降りた! アクセルも成功! いいよいいよ。ちょっとしたミスは気にしない。ウイリアムテル序曲のファンファーレに合わせて、手拍子開始! 会場、大盛り上がり!

3 Deniss VASILJEVS LAT 23 74.74
日本のワールドで日本向けのプログラム。大技は、クリーンではなかったけど、すべて降りました。SB更新。

4 Brendan KERRY AUS 21 78.26
最初の4T、きれいに降りたー! 後半に跳んだ2つめは3回転になったか。軽快な曲で会場を盛り上げてくれました。

5 Julian Zhi Jie YEE MAS 24 73.63
このプログラムも盛り上がるよね。会場、手拍子! 危ういジャンプもうまくこらえます。あー、何でもないところでコケちゃった。

6 Alexander SAMARIN RUS 20 78.38
冒頭の4-3、決めたー! すごく大きかったです。転倒などのミスもありましたが、よかったですよ。167点!

※見間違いや勘違いもありますが、そのままにしてあります。

by noma-igarashi | 2019-03-23 00:26 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

フリーダンス 第4グループ

16 Kaitlyn WEAVER Andrew POJE CAN 5 82.84
デニステンの追悼プログラム。全身で、すべての動きで祈りを捧げているような。

17 Madison HUBBELL Zachary DONOHUE USA 4 83.09
やっぱりかっこいいプログラムだなあ。曲の激しさに負けない迫力。静かなパートはおごそかに。素敵でしたー。

18 Alexandra STEPANOVA Ivan BUKIN RUS 3 83.10
最初から最後までカッコいい〜! ステパノワちゃんの美女っぷりがたまらん。どの組にもメダルを取ってほしくて困る〜。

19 Victoria SINITSINA Nikita KATSALAPOV RUS 2 83.94
ステブキが現在2位。ロシア勢はどっちがメダルに届くか? なんだかんだいっても、やっシニカツもいいねえ。

20 Gabriella PAPADAKIS Guillaume CIZERON FRA 1 88.42
いやああああ。ただもう、素晴らしいとしか…。

※見間違いや勘違いもありますが、そのままにしてあります。

by noma-igarashi | 2019-03-23 00:23 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

フリーダンス 第3グループ

なんと! チョクベイが最終グループじゃないんだ。シングルと違って、1グループ5組だからねえ。

11 Laurence FOURNIER BEAUDRY Nikolaj SORENSEN CAN 10 74.76
赤いスカートは語る。情熱的でドラマチックなプログラムでした。うっとり。

12 Kaitlin HAWAYEK Jean-Luc BAKER USA 9 75.90
せつなさ満載のプログラム。これでもかという感じ。いやん、泣けるー。スタオベしちゃいました。

13 Charlene GUIGNARD Marco FABBRI ITA 7 81.66
おしゃれで小粋なプログラム。ぐるぐるリフトの回転の速いこと! クライマックスでリングサイドのバーバラ先生の背中が吠えていました。

14 Madison CHOCK Evan BATES USA 6 82.32
大人のムードたっぷりのプログラム。演技中に何回キスをしとるんだ。最後は激しく、会場も手拍子! おお、高得点!

15 Piper GILLES Paul POIRIER CAN 8 80.44
出だしからいろんなめず動きがいっぱい。ただ、そのせいで、一番の見せ場がどこなのかわかりにくくなっているようにも感じました。

※見間違いや勘違いもありますが、そのままにしてあります。

by noma-igarashi | 2019-03-23 00:13 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

女子フリー 第4グループ

ああ、もう、やっぱり後で書きます!(試合中)
さて、帰り道です。
早いうちに勢いで書いたほうが書きやすいのかもしれないけど、ちょっと気持ちがまとまらないです。
最終グループは日を改めて書くかなあ。

演技直後のベルたそがかわいかった〜。思い出しては癒されています。
一夜明けて、男子フリーの試合を見に行く途中です(あ、もちろんアイスダンスも見ますよ)。少しずつでも書いていけたらと思います。

19 Evgenia MEDVEDEVA RUS 4 74.23
まずはメド。コンボでセカンドループを跳んできたのには驚きました。しかも、きれいに成功。問題は、回転不足を取られないかどうかですよね。ほかのジャンプもしっかり決めてきたから、回転不足を取られたら梨花ちゃんの下、取られなかったら上だろうと思いながら採点を待ちました。ああ〜、僅差で上回った!

20 Mariah BELL USA 6 71.26
ベルたそ、頑張りましたね! 最終グループにふさわしい演技でした。あの場面でノーミスは素晴らしい。演技が終わるや、どすこいかと思うようなガッツポーズ。前のグループの選手もいい演技をしたから、順位は下げてしまったけど、SB更新。キスクラで最後まで嬉しそうな様子だったことに心がなごみました。

21 Eunsoo LIM KOR 5 72.91
彼女にとっては、ワールドの最終グループはちょっとプレッシャーになったかもしれないですね。ジャンプのミスがいくつか出てしまいました。それでも、この経験はきっと今後に活きるはず。来シーズンに期待しています!

22 Kaori SAKAMOTO JPN 2 76.86
さあ、かおちゃん。落ち着いてね〜(と書いている私のほうがドキドキしていましたが…)。
流れるようなスケーティング。美しい。3-3は今日も豪快に。次のジャンプも降りた。その次も。うわー、これはパーフェクトくるのでは? ショートの点差もあるし、きっとメドを上回れるよね。そしたらメダル確定だよ!
…などと思ってしまったのがいけなかったのか。あああ! 3連続を乗り切ってホッとしたところで、まさかのパンク。きっと一番ショックだったのは本人なのに、最後までしっかり滑ってくれましたよね。ありがとう。スタオベしました。

23 Alina ZAGITOVA RUS 1 82.08
ザギトワ、今季はフリーで崩れることもあったから、もしもそうなれば…という思いが頭をよぎったことは白状しておきます。でも、そんな邪念がつけいる隙のないような、見事な演技でしたね。背が伸びるなどやはり今季は大変で、だからこそ今まで安定しなかったのだと思いましが、ここ一番に合わせてくるのはさすが。世界女王になるにふさわしい演技でした。

24 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ
これまた、彼女がクワドに挑戦して失敗したら…などと思ったことは懺悔しておきます。そのクワド(4S)、見事に成功。うわわ。本番に取り入れて2回目で降りてしまいました。すごい! と思うより、しばし茫然。これなら、1つぐらいミスがあっても、梨花ちゃんを上回るだろうな。でも、できればミスのない演技で上回ってほしい。そのほうがすっきりするもの。そして、すっきりしました! ジャンプすべて成功。これはすごい。文句なしです。ザギトワよりは下、メドよりは上、ということで、彼女が2位と予想。その通りになりました。初めての大きな成果ですね。おめでとう!

※見間違いや勘違いもありますが、そのままにしてあります。


by noma-igarashi | 2019-03-22 00:38 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

女子フリー 第3グループ

13 Gabrielle DALEMAN CAN 11 69.19
冒頭の3-3、決めたー! 次のジャンプも、その次のジャンプも成功! ああ、しかし、中盤によろめき、2回転になるジャンプも。会場、手拍子で応援。

14 Bradie TENNELL USA 10 69.50
うわー、すごい! テネル、気迫のジュリエット! ジャンプすべて降りたー! 素晴らしい。スタオベ多数!

15 Nicole SCHOTT GER 12 63.18
大歓声の後でやりにくいかな。ガンバ!
さすがの身のこなしだけど、乱れるジャンプが多かったか。

16 Sofia SAMODUROVA RUS 9 70.42
3-3、降りた! 次も、その次も成功。ノーミスか、と思った矢先に3連続の最後が1回転に。でもよかったよー!
あとは、リンクをもうちょっと大きく使いたい。

17 Satoko MIYAHARA JPN 8 70.60
うわー! さっとん、すごい、すごい、すごい! 3連続の最後は気にしない! 満場のスタオベ!

18 Rika KIHIRA JPN 7 70.90
梨花ちゃんも続けー! 3A-3T、降りたあああ! もういっちょ! ああ、こっちはコケたけど、気にしない! 彼女のすごいところはミスを引きずらないところ。十分すぎるほど見事な演技でしたよ。

※見間違いや勘違いもありますが、そのままにしてあります。


by noma-igarashi | 2019-03-22 00:36 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧