111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 22:54
(見てくださっているかど..
by noma-igarashi at 19:01
美輪さん、こんにちは~。..
by noma-igarashi at 23:15
この動画、音は後付けです..
by 美輪@brownycat at 08:46
どうぞよろしくお願いしま..
by noma-igarashi at 23:39
返信ありがとうございます..
by 短歌について at 22:03
こんにちは。コメントあり..
by noma-igarashi at 20:05
突然失礼します。 20..
by 短歌について at 23:49
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2018年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

GPS出場者リスト(男子)

五輪明けのシーズンにもかかわらず、男子はおなじみの名前が多くてうれしいです。なんと、昨シーズンで引退と言われていたケビン・レイノルズ選手の名前も! 10代から30代まで幅広い顔ぶれで、国籍も女子より多いです(女子は15か国、男子は19か国)。

スケアメに日本人男子が出場しないのが、ちょっと寂しいですね。GPS初戦だし、日本人男子が表彰台を独占したこともある試合なのに。

アメリカ
10月19~21日
ヨリック・ヘンドリックス(ベルギー)
ナム・ニューエン(カナダ)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
ロマン・ポンサール(フランス)
モリス・クビテラシビリ(グルジア)
アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
ジュリアン・イー・ジージエ(マレーシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ネイサン・チェン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)
TBD(アメリカ)

カナダ
10月26~28日
ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
キーガン・メッシング(カナダ)
ローマン・サドフスキー(カナダ)
TBD(カナダ)
ケヴィン・エイモズ(フランス)
ダニエル・サモーヒン(イスラエル)
宇野昌磨(日本)
友野 一希(日本)
チャ・ジュンファン(韓国)
アレクサンドル・サマリン(ロシア)
アレクサンデル・マヨロフ(スウェーデン)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)

フィンランド
11月2~4日
ヨリック・ヘンドリックス(ベルギー)
ボーヤン・ジン(中国)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
TBD(フィンランド)
フィリップ・ハリス(イギリス)
アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
羽生結弦(日本)
田中刑事(日本)
アレクセイ・エロコフ(ロシア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
アンドレイ・ラズキン(ロシア)
アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)

NHK杯
11月9~11日
ケビン・レイノルズ(カナダ)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
佐藤洸彬(日本)
宇野昌磨(日本)
TBD(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
イ・ジュンヒョン(韓国)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ヤロスラフ・パニオット(ウクライナ)
アレクサンダー・ジョンソン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)

ロシア

11月16~18日
キーガン・メッシング(カナダ)
モリス・クビテラシビリ(グルジア)
パウル・フェンツ(ドイツ)
マウリツィオ・ザンドロン(イタリア)
羽生結弦(日本)
友野 一希(日本)
デニス・テン(カザフスタン)
アルトゥール・ドミトリエフ(ロシア)
アレクセイ・エロコフ(ロシア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
アレクサンデル・マヨロフ(スウェーデン)
アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)

フランス
11月23~25日
ニコラ・ナドー(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
ロマン・ポンサール(フランス)
シャフィク・ベセギエ(フランス)
TBD(フランス)
ダニエル・サモーヒン(イスラエル)
田中刑事(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
アレクサンドル・サマリン(ロシア)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
ネイサン・チェン(アメリカ)
                                              
[PR]
by noma-igarashi | 2018-06-30 11:58 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

GPS出場者リスト(女子)

GPSのアサインが発表されましたね!
自分用の覚えとして、選手名をカタカナ(日本人選手は漢字)に置き換えたので、このブログにもアップしておきます。何かを覚えるとき、文字で書くと頭に入りやすいことがありますけど、アルファベット表記のリストをただ見ているだけより、「そうか、あの選手がこの試合に出るのか」と、印象に残りやすかったりします。ただ、意外と手間がかかりまして、今夜は女子だけ。男子、ペア、アイスダンスは、明日以降、順次アップします。

女子はどの試合も、日本とロシアの選手が3人ずつ出場するんですね。改めて、すごいわ~。

アメリカ
10月19~21日
レオナ・ヘンドリックス(ベルギー)
ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス)
本田真凜(日本)
宮原知子(日本)
坂本花織(日本)
エレーナ・ラジオノワ(ロシア)
ソフィア・サモデュロワ(ロシア)
ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)
ニコル・ライチョヴァー(スロバキア)
スター・アンドリュース(アメリカ)
ブレイディ・テネル(アメリカ)
TBD(アメリカ)

カナダ
10月26~28日
ラーキン・オーストマン(カナダ)
アレーヌ・シャルトラン(カナダ)
ガブリエル・デールマン(カナダ)
樋口新葉(日本)
松田悠良(日本)
山下真湖(日本)
エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
チェ・ダビン(韓国)
エフゲニア・メドベデワ(ロシア)
ダリア・パネンコワ(ロシア)
エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
マライア・ベル(アメリカ)

フィンランド
11月2~4日
レオナ・ヘンドリックス(ベルギー)
TBD(フィンランド)
ニコル・ショット(ドイツ)
カロリーナ・コストナー(イタリア)
本郷理華(日本)
坂本花織(日本)
白岩優奈(日本)
スタニスラワ・コンスタンチノワ(ロシア)
ダリア・パネンコワ(ロシア)
アリーナ・ザギトワ(ロシア)
ニコル・ライチョヴァー(スロバキア)
カレン・チェン(アメリカ)

NHK杯
11月9~11日
ガブリエル・デールマン(カナダ)
シァンニン・リー(中国)
三原舞依(日本)
宮原知子(日本)
TBD(日本)
チェ・ダビン(韓国)
エレーナ・ラジオノワ(ロシア)
マリア・ソツコワ(ロシア)
エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
マライア・ベル(アメリカ)
コートニー・ヒックス(アメリカ)
アンジェラ・ワン(中国)

ロシア
11月16~18日
ニコル・ショット(ドイツ)
樋口新葉(日本)
松田悠良(日本)
山下真湖(日本)
エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
イム・ウンス(韓国)
ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)
アリーナ・ザギトワ(ロシア)
TBD(ロシア)
アレクシア・パガニーニ(スイス)
カレン・チェン(アメリカ)
グレーシー・ゴールド(アメリカ)

フランス

11月23~25日
ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス)
マエ=ベレニス・メイテ(フランス)
TBD(フランス)
カロリーナ・コストナー(イタリア)
本田真凜(日本)
本郷理華(日本)
三原舞依(日本)
スタニスラワ・コンスタンチノワ(ロシア)
エフゲニア・メドベデワ(ロシア)
マリア・ソツコワ(ロシア)
マチルダ・アルゴットソン(スウェーデン)
ブレイディ・テネル(アメリカ)
                                               
[PR]
by noma-igarashi | 2018-06-29 23:49 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

「魔笛」夜の女王のアリア

なぜかこのところ、「魔笛」についての記事にアクセスが多いので、いちばんお気にいりの「夜の女王のアリア」を貼り付けておきます。近ごろ、ニュースを見てはいら立つことが多いんだけど、ダムラウのいっちゃってる女王様っぷりを見ていると、スカッとします~。



[PR]
by noma-igarashi | 2018-06-28 22:52 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

震災とデマ

最近、日本はイヤな国になったなあ、と思います。
大阪北部地震が起きて1週間。ネットを見ていると、「京セラドームの屋根にひびが入った」というようなデマが流れたり(これはまだマシなほう)、人種差別としか思えない発言が横行したり、こじつけや言いがかりで、ここぞとばかりに野党の議員やリベラルな人たちを攻撃したり…。助け合わなくてはいけないときに、人と人とを分断するようなことばかり。

地震のときにデマが流れるのは仕方ない、そういうものだから――。なんてことはないですよ。阪神大震災のとき、私、思いましたから。関東大震災のときのようなデマが流れなくて本当によかったなあって。私は東京在住だから、実際に現地でどうだったのか、知らない面はあると思います。でも、関東大震災のときのデマや、そのデマをもとに起きた朝鮮人虐殺事件は、そのとき生まれていなかった人間でも知っているわけです。阪神第災震災のとき、そこまでの事態が起きなかったのは確かです。大変なときに助け合い、譲り合う人たちの姿を見て、「いい時代になっていて、その点は本当によかったなあ…」と思ったのをよく覚えています。

東日本大震災のときにしても、今回のようなデマは流れなかったはずです。情報を求めて、twitterをこまめにチェックしていたところ、有益な情報がどんどん流れてきました。そうやって人の声がつながっていき、人命が助かったケースもあったと報道で知りました。震災に加えて原発事故まで起こり、専門知識をわかりやすく教えてくれる人、信頼できる情報を伝えてくれる人、勇気づけられる言動をする人、等々。それまで、twitterではスケート情報しか追いかけていなかったのですが、震災をきっかけに、フォローする対象も私自身の世界も大きく広がりました。

でも、今回は本当にひどい。安倍政権になって以来、ネトウヨが嬉々として跋扈するようになっていましたが、ここへきて、いっきに勢いを増したように思います。政権がウソばかりついているから、ネトウヨもデマぐらい平気なんでしょう。彼らは愛国者なんだそうですが、デマと攻撃と罵詈雑言に明け暮れている彼らを見るにつけ、日本という国を愛せなくなるばかり。困ったときに助け合ったり、人を信頼したりできる状態に日本を戻してほしいです。
                                             
[PR]
by noma-igarashi | 2018-06-25 22:42 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

JOと東京ブロック

※内容に間違いがあるのを教えてもらいました。すみません、後で修正します~。
 →修正しました!

スケ連のサイトで、2018-19年シーズンの年間スケジュールが発表されましたね(こちら)。
ひとまず年内に限定すると、行けそうなのは今年も東京ブロックだけ。ただ、2日目(10月6日の土曜日)がJO&CaOIと重なっちゃうんですね。うーむ。FOIと東京夏季フィギュアスケート競技大会に続き、こちらもかち合ってしまいましたか。ここ2、3年、東京ブロックは9月末に開催され、こういう事態になるのを避けられていたんだけどな。

JOは新しいプログラムを見られるのが楽しみなので、今年も行きたいなと思っていて、チケットを申し込んでいます。さらに、町田君がJO&CaOIでプロスケーターとしての活動も終えると聞き、CaOIのほうも久々に行こうかなと思っていたのけれど、そうなると、東京ブロックを諦めなくてはならず、悩んだ末にCaOIはパス。JOだけ見て(チケットが取れれば、ですが)、東伏見に移動することにします。シニア女子のSPには間に合うはず。
ジュニア女子SPの最後のほうは見られるはず。

※東京ブロック、木曜~日曜なのかと思っていました。今年は月曜が祝日なので、金曜~月曜なんですね。やった~! ジュニア女子、SPの最後のほうは見られるし、フリーはその気になれば全部見られます!



JOの出場者は、日本チームは女子が宮原知子選手と坂本花織選手。ということは、東京ブロックで樋口新葉選手を見られそうですよね。新葉選手がJOに出場する可能性もあるかなと思っていたのだけれど、東京ブロックならSPとフリーの両方が見られるのに加えて、JOでは宮原知子選手と坂本花織選手が見られるわけだから、ワタシ的にはいちばんお得な感じ。新葉選手、せっかく(?)今年はブロック大会に出なければいけないのだから、どうか、海外の試合に出て東京ブロックをパスしたりしませんように。

あとは、JOの日本男子の出場者が誰になるかも気になるところ。ショーマが出てくれたらうれしいけど、どうなりますか。さらにいえば、JOはプロでも出られるんだから、ショーマ&ダイスケなんていう組み合わせも一度ぐらい見てみたい~。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-06-23 17:57 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

夏場の地方競技会

ローカル大会情報の都道府県選択ページ

W杯もちょこちょこと見ていますが、何か書けるほど知識があるわけではないので、その話は置いておいて。

8月24日(金)~26日(日)にかけて、東伏見のダイドードリンコで今年も「東京夏季フィギュアスケート競技大会」が開催されます。去年は樋口新葉選手が出場したんですよね。今年も出てくれるかしら? 出てほしいけど、樋口新葉選手が出ても出なくても、見に行きたいなと思っています。ただ、日曜日はFOIの昼公演も見に行くことになっているから、うまく予定を組まないとね。

去年のタイムスケジュールと同じように進行するとしたら、見に行くのは土曜日の午後(ジュニア女子SPの一部とシニアSP)、日曜日の夕方以降(ジュニア男子フリー、シニア女子フリー)という感じかな。

また、アクアリンクちばでも試合がありますが、こちらはキビシイ~。見たい競技に限って遅い時間帯なので、帰りのバスがないんです。まず、6月30日(土)~7月1日(日)に開かれる「アクアカップフィギュアスケート競技」。こちらはすでに出場者ごとのタイムスケジュールが発表されていて、樋口新葉選手の名前もあるのだけれど、彼女は土曜日20:34からのグループの滑走。なのに、バスの最終は18:00発。早すぎるんじゃ~!! というか、試合そのものが17:00開始でして、あっという間に終バスの時間になっちゃうのでした。何でそんな時間から始めるのさ~。

もう1つ、アクアリンクちばでは「関東・サマートロフィー」という試合も例年8月に開催されていて、去年はそちらにも樋口新葉選手が出場していたのだけれど、やはり終バスが出てからの滑走だったという…。今年どうなるかはまだわからないものの、同じ破目になるのは覚悟しておいたほうがよさそう。普段はそんなこと思わないのだけど、このときばかりは、車が運転できたらなあと思ってしまいます。
                                             
[PR]
by noma-igarashi | 2018-06-21 23:47 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

「051:適当」~「054:辛」の歌

051:適当 普段ならきっとあきれた適当な話に今日は癒されている

052:誠 追悼を伝えるニュース映像に「愛と誠」の西城秀樹
     https://www.asahi.com/articles/ASL642TB9L64PLPB003.html

053:仙 仙川は通過するのか停まるのか慣れない京王線で慌てる

054:辛 (予兆ではありませんように)走り書きした幸いが辛いに見えた
                                             
[PR]
by noma-igarashi | 2018-06-20 00:06 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

「万引き家族」を見てきました

公式サイト

「万引き家族」を見てきました。
カンヌ映画祭のパルムドール受賞のニュースを聞いたとき、ちょっと興味を惹かれて、見に行ってもいいかな、と思いました。その後すぐ、ネトウヨから、「そんな家族を描くなんて日本の恥!」というような批判(言いがかり)が出てきて、そうこうするうちに、仏フィガロ紙が「海外での受賞に賛辞を送るはずの安倍首相が『万引き家族』には冷淡」という趣旨の報道をして(こちら)、それを受けて(かな?)、林文部科学相が是枝監督を文科省に招いて祝意を伝える考えを示したところ、公権力からは距離を置きたいからと監督が辞退(こちら)。そしたら今度は、政府の助成金をもらって映画をつくったくせに、生意気だとか笑止千万だとかいう意見(これまた言いがかり)が噴出。こうなったらもう見に行くしかないでしょう。

それにしても、『万引き家族』に対するネトウヨの攻撃って、先月、「4月中に読んだ本」の中で、長嶋有『もう生まれたくない』の感想として書いた懸念がまさに現実になった感じがしますね。

続きを読む(ネタバレしてたらごめんなさい)
[PR]
by noma-igarashi | 2018-06-17 13:10 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

5月中に読んだ本(または「言葉」について思うこと)

魚は海の中で眠れるが鳥は空の中では眠れない

保坂 和志/筑摩書房

undefined


『魚は海の中で眠れるが鳥は空の中では眠れない』保坂和志 評価:★★★
《こいつ、何言ってんだ?》と思われかねない、寝言や戯言のような言葉で、どこまでも考える。死と生の意味にまっすぐ逃げずに向き合った、小説魂あふれるエッセイ集!

エッセイ集です。小説のことや飼い猫のこと(主に闘病記)、1人だけ私立中学に進学したためにずーっと疎遠になっていた地元の幼馴染たちと再会した話、震災直後はそれについての話などが、この作者らしい視点や文体で綴られています。読みながら、思わず泣けてきそうになってしまいました。いや、別に内容がすごく感動的だったからというわけではなくて(もちろん興味深く読みましたが)、日本語が日本語としてちゃんと伝わってくることがうれしくて、そのことに改めて感動したのでした。

というのも(うまく説明できるかな)、これを読んでいた時期は、国会のことがニュースになる日が多く、安倍総理の使う日本語に辟易とするばかりだったので。嘘ばかりつく、すぐにごまかす、聞かれたことにちゃんと答えず、ずらしたことを延々としゃべり続ける。特にイライラするのが、論点をずらした話を長々とする話し方です。あの人がどれだけこの話し方を多用しているか、先日、党首討論があったときの発言内容を調べた人がいます(こちら)。

それによると、立憲民主党の枝野代表の質問に答えた際、枝野代表の質問に対して、安倍総理が直接の回答を口した時間は答弁全体のわずか4%(書き起こし換算で150字)。あとは、質問と全く関係のない内容をだらだら話した時間が34%(同1256字)、回答者でありながらなぜか質問内容を解説した時間が41%(同1479字)、不要な言葉・意味不明の言葉を発した時間が21%(同757字)だったとか。本当にげんなりしてしまいます。

このときの党首討論だけでなく、あの人はいつもこんな感じですよね。日本語が日本語として機能していない。安倍総理のやることなすこと、私は全く評価しないですが、日本語をめちゃくちゃにしたというのもその1つです。美しい日本語を返してほしい。日本語に限らず、言葉というのはお互いにわかり合うためにあるものだと思います。

そんなことにうんざりしていた中でこのエッセイ集を読んだため、本当に明るい気持ちになりました。共感できることには「うんうん!」とうなずき、よくわからないことは考えてみようという気持ちになり、言葉を介して想像力が膨らんだり、新たな発見をしたり、言葉から何か大切な贈り物を受け取ったような気持ちを味わいながらこの本を読みました。言葉って素晴らしい、改めてそう実感しました。

ストロベリーライフ

荻原 浩/毎日新聞出版

undefined


『ストロベリーライフ』荻原 浩 評価:★★
農業なんてかっこ悪い。と思っていたはずだった。イチゴ農家を継げと迫る母親。猛反対の妻。志半ばのデザイナーの仕事はどうする!? 夢を諦めるか。実家を捨てるか。恵介36歳、いま、人生の岐路に立つ!

先月はとても面白く読んだ荻原浩作品ですが、本作は小説としてのつくり込みがちょっと足りなかったかな。主人公もその妻も、理屈で考えてからでないと共感できなかったというか、読みながらすーっと入り込き、登場人物1人1人に気持ちが同化していく…というふうにはならなかったです。

不時着する流星たち

小川 洋子/KADOKAWA

undefined


『不時着する流星たち』小川 洋子 評価:★★ 
ヘンリー・ダーガー、グレン・グールド、パトリシア・ハイスミス、エリザベス・テイラー…世界のはしっこでそっと異彩を放つ人々をモチーフに、その記憶、手触り、痕跡を結晶化した珠玉の十篇。現実と虚構がひとつらなりの世界に溶け合うとき、めくるめく豊饒な物語世界が出現する―たくらみに満ちた不朽の世界文学の誕生!

最果てアーケード

小川 洋子/講談社

undefined


『最果てアーケード』小川 洋子 評価:★★ 
ここは、世界でいちばん小さなアーケード―。愛するものを失った人々が、想い出を買いにくる。小川洋子が贈る、切なくも美しい記憶のかけらの物語。

小川洋子の短編集を2冊読みました。どちらも、いいなと思う作品と、それほどでもない作品とが混じっていました。
                                             
[PR]
by noma-igarashi | 2018-06-16 09:45 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

続・ショーマの新SP、フランスでも話題に

すでにお知らせしたように、フランスのフォーラムで、ショーマの新SPのことが話題に出ていました。インスタに動画がアップされているから、教えてあげたいな~などと思っていたら、常連さんがちゃんと見つけていました。さすが! スケオタの熱心さはいずこも同じですね。

-----------------------------------------------------

Fabou67さん
6月11日(月)20:53

断片的だけど、ショーマのSPの動画があったよ。濃いプログラムだねえ!!

patchris84さん
6月11日(月)20:57

ありがとう! 続きが見たくなっちゃう。もう1つ、エキシの動画もあったからリンクします。「グレート・スピリット」だって。これは彼にとって新境地だね。

Fabou67さん
6月11日(月)21:13

わあ、「グレート・スピリット」も素敵! 芸術的でスケールが大きい~!
[PR]
by noma-igarashi | 2018-06-13 22:46 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧