111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 22:54
(見てくださっているかど..
by noma-igarashi at 19:01
美輪さん、こんにちは~。..
by noma-igarashi at 23:15
この動画、音は後付けです..
by 美輪@brownycat at 08:46
どうぞよろしくお願いしま..
by noma-igarashi at 23:39
返信ありがとうございます..
by 短歌について at 22:03
こんにちは。コメントあり..
by noma-igarashi at 20:05
突然失礼します。 20..
by 短歌について at 23:49
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2015年 08月 ( 51 )   > この月の画像一覧

オール明治の会「安保法案」反対署名にご協力を!

今、国公立、私立を問わず、多くの大学がそれぞれに安保法案反対の署名を募っています。
私の出身校である明治大学でも「オール明治の会」という組織がつくられ、専用ホームページ(こちら)で署名を募集しています。私もすでに署名しました!

…が、現在のところ、まだ600名ほどの署名にとどまり、今ひとつ集まり具合がよくない様子。今日、同会の事務局の方からメールが届き、署名を呼びかけてほしいという依頼をいただきました。

そんなわけで、果たしてどれだけ効果があるかわかりませんが、この記事をアップしたような次第です。
このブログをご覧になっている方の中に、明治大学の学生、OB・OG、教員、職員、退職者など、明治大学に何らかの関わりを持っておいでの方がいらっしゃいましたら(で、なおかつ、安保法案に反対の方、ですね)、ぜひ以下のページから署名をお願いします。

署名はこちらから→「オール明治の会」署名ページ

聞けば、6大学の中では、早稲田が2624人、立教が1156人、8月15日に起ち上がったばかりの慶應も3日間で403人の署名を集めているのだとか。
一方で、先行していたはずの東大はまだ756人だったり、6大学じゃないけど、反対運動で名前を聞く機会が多い明学は350人だったりしますけど。
大学ごとに数を競い合う、な~んてふうにすると、盛り上がって、集まりやすくなるかもしれないですね。
[PR]
by noma-igarashi | 2015-08-19 23:33 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

JO、改めて順位予想

気が早いですが、JOの出場者が決まったところで、順位予想をしてみたいと思います。
ただ、JOの場合、出場者の順位点を合計するわけではなくて、個々人の演技の点数をチームごとに合計して、合計得点が高いチーム順に1位~3位を決めるという仕組み。この方法だと、個々人の点数を予想しないことにはチーム順位も予想できないわけで、予想といってもかなり難しいです。そこで、チーム順位ではなく、各選手の順位を男女別に予想してみることにしました。

女子
1位 浅田真央(日本)
2位 エリザベータ・トゥクタミシェワ(欧州)
3位 グレーシー・ゴールド(北米)
4位 宮原知子(日本)
5位 アデリナ・ソトニコワ(欧州)
6位 アシュリー・ワグナー(北米)


悩みましたが、このように予想してみました。
1位浅田選手、2位トゥクタミシェワ選手としましたが、明確な理由があるわけではなく、ただの願望なので、逆になる可能性もあるのかなと思います。

3位は誰が来てもおかしくない感じ。希望としては宮原選手に入ってほしいですが、チームのバランスも考えて、ゴールド選手としてみました。で、4位が宮原選手。

いちばん読みにくかったのがソトニコワ選手。昨シーズンお休みした上、どういう状態なのかという情報をまったく持っていなくて。ひとまず5位という予想にしましたが、万全ならばもちろんもっと上位に入るはず。

6位はワグナー選手。もっと上の順位でもおかしくないけれど、予想する以上、誰かを6位にするしかないわけで、こうなってしまいました。

ちなみに、昨年の順位はこんなふうでした(正式発表はコチラ)。
1位 ラジオノワ 136.46
2位 宮原知子 131.94
3位 ポゴリラヤ 122.52
4位 村上佳菜子 114.38
5位 長洲未来 106.85
6位 ワグナー 100.99


続いて、男子の予想です。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2015-08-16 19:17 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

075:短(五十嵐きよみ)

日常の背後にひそんだ本心が見え隠れする短編を読む

More
[PR]
by noma-igarashi | 2015-08-16 12:12 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

074:唾(五十嵐きよみ)

もどかしくページをめくる映画なら固唾をのんで見守る場面

More
[PR]
by noma-igarashi | 2015-08-16 12:09 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

JOの出場者、決定

ジャパンオープン、各チームとも出場者が決まったんですね!(公式サイトはこちら

チーム日本
浅田真央、宮原知子、村上大介、宇野昌磨

チーム北米
アシュリー・ワグナー、グレーシー・ゴールド、パトリック・チャン、ジェレミー・アボット

チーム欧州
アデリナ・ソトニコワ、エリザベータ・トゥクタミシェワ、ハビエル・フェルナンデス、ブライアン・ジュベール

おお~。チーム戦としては、どのチームが勝ってもおかしくなさそうで、面白い戦いになりそうですね! 日を改めて、順位予想などしてみたいです。

ただいまの直観としては……難しいな、僅差の勝負で、1位:チーム日本、2位:チーム北米、3位:チーム欧州としてみます。いや、欧州が3位ってことはないかな。でも、それをいえば、日本も北米も。3位ってことはなさそうに思えるし…。逆に、北米、欧州1位でも全然不思議じゃないし。うーん、順位予想、やっぱり難しそうです。
[PR]
by noma-igarashi | 2015-08-15 00:15 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

「りぼん」60周年、思い出の作品ベスト5

なんかもう、安保法制に、原発再稼働に、毎日のように腹が立つニュースばかりなので、今日は気分転換! いきなりですが、「りぼん」のことを書いてみます。(←いきなりすぎ?)

「りぼん」って、マンガ雑誌の「りほん」です。今年が創刊60周年なんですね。記念切手シートが発売されたり、付録の全カタログが本になったりと、べつだんアンテナを張っているわけではない私の耳にも、そんなニュースが届いてきます。

私が「りぼん」を読んでいたのは、第1期が小学校に入学する前後。姉が2人いたので、姉が買っていたのを私も読ませてもらっていました。そのころは、牧美也子さんが看板作家だったんじゃないかな。

第2期は、1970年代初め。このころ、「りぼん」と「りぼんコミック」と合併したんですよね。というか、「りぼんコミック」が「りぼん」に吸収されたというべきか。「りぼんコミック」で親しんでいた一条ゆかり、山岸凉子、もりたじゅんなどがこぞって「りぼん」へ移ったので、再び「りぼん」をよく読むようになりました。

第3期は、1970年代後半。田渕由美子、陸奥A子など、乙女チックな路線が人気だった頃です。このころの付録は、陸奥A子のイラストが入ったノートとか、実際に使えるもの(というか、付録目当てに買ってもいいと思えるようなもの)が多かった記憶があります、

ググってみたら、こちらのサイトがすごくくわしかったので、ご紹介させていただきます。創刊当時から現在までの年表(作品リスト)をまとめてくださっていますよ~。しかも、「りぼんコミック」を初めとする「りぼん」関連誌の主要作品と、他のマンガ雑誌の人気作品まで付記してくださっています。

そこで、このリストを参考に、私にとっての「りぼん」思い出の作品ベスト5を選んでみることにしました!(といいつつ、絞りきれなくて6つ選んでしまった…) 「続きを読む」以下に発表しましたので、よかったらぜひご覧くださいね~。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2015-08-12 23:54 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(2)

自分用メモ

これって、1:12ごろまでは映像も音声も入っていないということでいいのかしら?


[PR]
by noma-igarashi | 2015-08-12 08:33 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

8.7国会前抗議 高校生のスピーチ

昨日の国会前、高校生のスピーチ(渋谷の高校生でもの主催者)。あとで文字起こししたいです。 しました。



文字起こしはこちら
[PR]
by noma-igarashi | 2015-08-08 20:29 | 震災日記 | Trackback | Comments(1)

続・右回り、左回り

このブログの過去記事に「右回り、左回り」というのがあって、なぜかいまだにそれなりのアクセスがあります。隠れた人気記事という感じ。なんででしょう? タイトルが興味をそそるんでしょうかね?

それはともかく、今日、このタイトルを思い出すできごとがあったので、ご報告してみます。題して、「続・右回り、左回り」。

わが家は日常の買い物に東急ストアを利用しているのですが、この東急ストア、数年に一度、店内改装を行います(東急ストアはどこでもそうなのかな?)。で、店内改装のたびに、動線が右回りになったり、左回りになったりするんです。

前に改装があったとき、右回りが左回りになり、慣れるのにすごく時間がかかってしまって。近ごろやっと違和感がなくなったな~と思っていたら、今週になって、改装のために3日ほど休業に。閉店セールで安売りがあり、ウハウハ喜んだ後で、ふっと気がつきました。「もしかして、また動線が変わったりして…?」

…と思っていたら、やはりそうでした。やっと慣れた左回りから、今度は再び右回りに! もちろん、そんなに頻繁に改装が行われるわけではありませんが、慣れるまですっごく不便なんですけど~。

あと、前に変更があったときは、コンソメの売り場がどこにあるのかがわからなくて、探し回った覚えが…(だしを売っているところや、調味料の売り場を探したのですが、まったく離れた場所に「スープ売場」というものがあって、レトルトや缶入りのスープなどと一緒に並んでいました。普通、そういうもの? コショーやローレルなんかと一緒に並んでいそうな気がしない?)

それにしても、なんでこういう変更をするんでしょうね? そのほうが刺激になって、売り上げが伸びたりするの? あるいは…。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2015-08-08 17:52 | ノンジャンル | Trackback | Comments(0)

いかに読んでも読みきれない

いかに読んでも読みきれない。


詳しくはまた後で。
[PR]
by noma-igarashi | 2015-08-07 20:27 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧