人気ブログランキング |

111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のコメント
こんにちは。コメントあり..
by noma-igarashi at 00:28
お久しぶりのコメントです..
by えっくす at 06:55
こんにちは。 コメント..
by noma-igarashi at 12:36
こんばんは! ①~④あた..
by noma-igarashi at 00:03
蝶々夫人は話の筋書きはと..
by yoshi at 23:49
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 21:58
いらっしゃいませ~。 ..
by noma-igarashi at 08:03
はい、ダルタニアンは、テ..
by みすな at 05:08
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

カテゴリ:震災日記( 290 )

泣きたいのに笑っちゃう話

このところ週末のたびに、連日のワールド観戦(3月20・21・23日)→母親と京都旅行(3月30・31日)→姪とその子ども(1歳半)とお花見(4月6日)と予定が続き、日曜日(4月7日)は朝から頼まれ仕事。なんか肩凝りがひどいなあ、さすがに疲れたのかな、などと思っていたところ、右の歯ぐきが痛み出し、夕飯時には食べるのが大変なほどに。そして、夕飯後には痛み出し、頬まで腫れ上ってきたではないですか!

うわーん、なにこれ!? 痛くて泣きたいのに、おたふく顔になってて、鏡を見ると笑っちゃうんですけど~。寝ればマシになるかなと、ブログの更新も諦めて早めに休んだものの、夜中に何度も目が覚め、熟睡できず。仕方ないので5時半ごろに起き、からだがだるいので念のために熱を測ったら、37.3℃。ええ~? ということは、熱があるから歯ぐきが痛み、そのせいで頬も腫れちゃってるの? こういうときは歯医者に行くより、内科に行ったほうがいいのかしらん。

試しに、「歯ぐき 腫れ 痛み 病院」というようなキーワードでネット検索してみたところ、Yahoo!知恵袋にも似たような症状で「内科に行くべきか、歯科医に行くべきか」と質問している人がいました。そこでの回答は「歯科医」。また、ほかにヒットしたのも歯医者さんのサイトが大半。そんなわけで、もうその日の仕事は休むことにして、近所の歯科医の診療時間になると同時に電話。午前中に診てもらえることになったので、行ってきました。

診察の結果はというと、原因は奥歯の不調で、そのせいで歯ぐきが腫れていたようです。肩こりもそのせいだったみたい。できる範囲の治療をしてもらい、次の診察日を予約して、痛み止めをもらって帰宅。おかげさまで痛みはなくなったし、治療方針も決めたので、あとはよくなるのを待つばかり…なんですが、今の段階では、まだ十分に腫れが引いてないんです~。依然として、おたふく顔。みっともないのでマスクをしているんだけど、頬が腫れ上っている分、きつくて。相方には「記念に写真を撮っておけば?」とか言われるし、鏡を見るたびに自分でも笑っちゃうし、トホホな状態でありました。早く全快しますように。
by noma-igarashi | 2019-04-09 19:51 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

新しい元号について思うこと

昨日、新しい元号が発表されました。今年の初めごろには、私も新しい元号を楽しみにする気持ちがあったのですが、政権がらみのニュースが増えるにつれて違和感を覚え始め、昨日はそれが不快感に変わりそうだったので、なるべくニュースを遠ざけていました。

新しい元号に関して、今日の朝日新聞に思想家・内田樹さんのお話が載っていました。読んでみたところ、私の気持ちにしっくりくる内容だったので、以下に書き出してみました(元記事はコチラ)。

続きを読む
by noma-igarashi | 2019-04-02 22:13 | 震災日記 | Trackback | Comments(3)

京都お花見ツアー

土日に京都へ行ってきました。顔が写っていない写真のうち、桜が写っているものを選んだら、たいしていい写真が残りませんでしたが、ひとまずアップしてみます。
e0073856_23121186.jpg
            東寺の桜
e0073856_23124370.jpg
            白川の桜
e0073856_23131636.jpg
  十石舟から見た疎水の桜
e0073856_23132518.jpg
            蹴上インクラインの桜


by noma-igarashi | 2019-03-31 23:27 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

大掃除にはレモンが大活躍!

これって、去年の暮れにtwitterでつぶやいたことなのですが、twitterで話題にしたことは、時間が経つと忘れてしまう可能性があるので、自分の覚えとしてブログにも書いておくことにします(というか、できれば1月中に書いておきたかったのに、いつの間にか2月も下旬になってしまいました)。

去年の暮れ、大掃除をしているさなかに、こんなツイートが流れてきました。

年末の大掃除を考え始めている皆さま…いいですかよく聞のです…使い終わったレモンは捨てずに水から煮出すのです…
煮出したらレモンを取り除きその煮汁でキッチン周りお掃除してみてください…
油汚れがアホみたいに取りやすくなります…
日本なら魚グリル網とか煮汁に突っ込んでおいたら一発…

https://twitter.com/Taka09KMY/status/1075318361511395328
軽い気持ちで試してみたら、まあ落ちるわ落ちるわ、すごい! びっくり! 感謝感激! 自分でもこんなツイートをしたのですが、オレンジやライム配合の洗剤の比ではなかったです。しかも、環境にはやさしいし。
これ、やってみました。オレンジとかライム配合の洗剤があるから、似たようなものだろうと思っていたのだけど、すごかった! 明日はもう1個レモンを買いに行きます!
https://twitter.com/NOMAiga/status/1077035246233608192
油汚れはもちろんのこと、油汚れ以外にもけっこう効果があったように思います。
わが家の場合、大掃除は年に1回しかやらないんで(汗)、今年の暮れもレモンを使うことを忘れないよう、ここに記しておきますです。
by noma-igarashi | 2019-02-21 07:23 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

働いても働いても貧しい日本人

(ユーロ真っ最中ですが、ちょっと書いておきたかったので)

ツイッターで、考えさせられる記事をいくつか拾いました。まず、真っ先にご紹介したいのがこちら。研究室に放火し、自殺したと見られる研究者の男性について取材した記事です。おおよその内容は、青字で書いたとおり。

九州大学 ある“研究者”の死を追って
去年9月7日の早朝。福岡市の九州大学で火災が発生した。現場は、大学院生が使う研究棟。所狭しと研究室が並ぶ「院生長屋」と呼ばれる場所だった。焼け跡から遺体で見つかったのが、K、46歳。九州大学の博士課程まで進み、9年前に退学した男で、誰もいなくなった研究室に放火し、自殺したと見られている。
事件後、その死をめぐり思わぬ波紋が広がった。ネット上に、「あすはわが身」など、Kにみずからの境遇を重ね合わせる研究者たちの悲痛な叫びがあふれたのだ。取材に応じてくれた非常勤講師を務める男性は、4つの学校を掛け持ちしても月収15万円ほど。契約は1年更新で、常に雇い止めの不安を抱えているという。

今の日本は、まじめに働いても働いても豊かになれない、貧しいままで不安を抱えて暮らす人たちが本当に多くなったと思います。「1億総中流」なんて、今や懐かしい昭和の昔話ですよね。

どうしてこんなことになったかといえば、やはり政治が悪いんだと思います。助成金を減らしたりだとか、減らさない代わりに口出ししたりとかしているわけでしょうよ。大学で働く人たちがこんなに不安定な暮らしをしなければいけないなんて、おかしいですよ。防衛予算ばかり増やしてないで、いい顔するためだけに外国にお金をばらまいていないで(それで「外交の安倍」なんてちゃんちゃらおかしくて。お金をもらえればみんな歓迎するというだけでしょう)、もっと日本国内で、すべての日本人が普通に暮らしていけるように税金を使ってほしいです。

東洋大学生の竹中平蔵氏批判の背景にある若者の貧困とワーキングプア

こちらは、今日さかんに話題になっていたニュース(何でも、東洋大学の学生が竹中平蔵氏を批判するビラをまいたところ、なんと、大学側から退学を勧告されたというもの。お、恐ろしい…。東洋大学は退学勧告を否定するアナウンスを出しましたが、当の学生が「本当のことだ」とSNSで発言していて、よくわからないところもありますが)をいち早く取り上げて書かれた記事。退学勧告の真偽には踏み込んでいないですが、若者の貧困やワーキングプア問題について書かれています。

日本で貧富の差が広がったのは、やはり竹中平蔵氏が「派遣社員」なるものを広めてしまったことが大きいですよね。これは実感としてすごくそう思います。それでも最初にご紹介した大学の研究者よりはましかもしれないですが、なんにしても、どっちがより貧しいかという比較であって、どちらが豊かかという比較にはならないです。

こんなに貧しくなったのに、世間では景気がいいんだって。変なの~と思っていたら、相次ぐデータ改ざんで、景気がいいというのも、給与が上がったというのも、あてにならないようで。安倍政権、こんなのばっかりですよ、ほんとに。全部役人のせいにして、国会が始まる前に幕引きをしたがっているようだけど、役人が自分の考えでそんなことするわけないじゃない。

これで本当に消費税を10%にするんでしょうかね。上げても大丈夫だという。その前提となるデータも違っていたんでしょうに。

「戦後最長の景気回復」は本当か? 相次ぐデータの不正改ざんで抱く不信感

ついでに、これもリンクしておいてみます。

日本がはまり込んだ深刻な「貧富格差」の現実
日本では貧困率のデータは3年ごとに調査されている。最新の数字は2015年に発表された15.6%。ひとり親世帯の貧困率では50.8%となっており、先進国の中では最悪のレベルに近い。

最新情報となる2018年の調査で改善されているかどうかが注目されるが、現実問題として賃金が増えていない状況では大幅に改善しているとも思えない。「有効求人倍率」は大きく改善して、業界や職種によっては人手不足が深刻だが、相変わらず正規社員と非正規社員との間には給与面での大きな溝がある。

安倍政権になって以来、年金の給付額や生活保護の給付金の減額が実施されており、日本の貧困問題は悪化して大きな格差になっていると考えるのが自然だろう。


*
                                           
追加でこれもリンク。まだ読んでいない分なので、言及はしません。自分の保存用。

【賃上げ偽装】 麻生財務大臣が暗黙の指示、安倍首相も同席

安倍政権を揺るがす「データ改ざん」と「永田町のある火種」

「そうはいっても安倍さんしか適当な人がいないから支持する」とか「野党はだらしないから自民党に投票する」という人は少なくないと思います。それって、安倍政権がマスコミを牛耳っているからですよね。安倍総理のニュースばかり取り上げ(それも、いいところを強調して、マイナス面はスルー)、ほかの人のことを話題にしないから。

安倍さん、マスコミとネット操作だけはすごい。その結果、国民は二分され、安倍政権を批判するだけで熱烈な安倍支持層から攻撃され、あざけられるようになりましたとさ。
by noma-igarashi | 2019-01-24 00:14 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

「人手不足は「労働条件が酷い」会社の泣き言だ」

あとで読もうと思って、非公開でURLを貼り付けていたのだけど(要はメモ代わり)、読んでみたら「ほんっと、そうなんだよねえ」と思ったので、公開記事にしておきます。

人手不足は「労働条件が酷い」会社の泣き言だ 移民受け入れの前に「賃上げ」を断行せよ

昭和の終わりから平成のはじめごろにかけて、フリーで仕事をしていたことがあるのだけど、そのころの時給は今よりずっと高かったです。2000円ぐらいは出てたもの。というか、雇う側の払う時給としては、今も同じぐらいだと思うんだけど(30年前と同じぐらい!?)、今は派遣会社が間に入るようになり、そこで差っ引かれてしまう分があるから、どうしても安くなってしまうんですよね。

景気がいいとか、給料が上がったとかいうのも、データ改竄で信用できないことが明らかになったわけだけど、ここ数年(個人的には、明らかに安倍政権になってから)、やはりどんどん暮らしにくくなっているなと思います。

先日、誕生日を迎えたのだけど、いつまで働けるのか、いつまで働かなくてはいけないのかと、考えることが多い今日このごろです。
by noma-igarashi | 2019-01-20 00:14 | 震災日記 | Trackback | Comments(2)

新年早々、本当にあった話

こういうことはあまりおおっぴらに書かないほうがいいんだろうな、と思いつつ、誰かに聞いてほしい気持ちもあって、「どうせ弱小ブログだもん、読む人の数なんてたかが知れてるし…」と言い訳しながら、こそこそと書いてしまいます。

去年の春ごろから、右のまぶたが荒れてしまい、皮膚がちょっとむけたような状態になってしまいました。痛いとか痒いということはないんだけど、やっぱり美しくない。トシもトシなんだし、自分以外は誰も気にしないだろうと思っても、自分が気になっているわけだから、鏡を見るたびちょっとユーウツに。

最初のうちは「すぐに治るだろう」と思っていたのだけど、いっこうに治る気配なし。夏を過ぎ、秋が来ても治らない。オロナインの類いを塗ってもダメだし、20代のころ、肌荒れに効果があったビタミンEを試してもダメ。そうこうするうちに、左のまぶたも同じような状態になってきたではありませんか。あちゃー。いよいよ皮膚科に行ってみるかなあ。でも、「トシだから仕方ないですね」とか言われちゃうかなあ。

…とまあ、そんなことをあれこれと考えておりました。そんなとき、いつも使っている化粧水がなくなりかけ、「そういえば、旅行用のやつ、そろそろ使い切らないと古くなっちゃうな」と気がつきました。というわけで、旅行用のポーチに入れたままになっていた、小型の化粧水を使用することに。

すると、あらビックリ! 翌日には、まぶたの状態がかなりよくなったんです。「え? え?マジ?」と驚きながら、そのまま使い続けたところ、半月足らずの今日現在、右のまぶたはきれいに治り、左のまぶたもほぼ治ってしまいました。うわー、すごい!

実はですね、このところ、何かと節約に励んでおりまして、化粧水や乳液も以前より安いものを使うようになっていたんです。しかし、旅行用ポーチに入っていたのは、節約するようになる前に使っていたもの。

そういえば、まぶたが荒れ始めたのは、基礎化粧品のランクを徐々に下げていき、とある化粧水と乳液を使い始めてしばらくしたころでした。全然気がつかなかった。つけ心地がよかったから、「この値段でこれなら大満足!」と思っていました。でも、こうなった以上は、もとのランクの化粧水に戻しますわ~。

続きを読む
by noma-igarashi | 2019-01-12 00:17 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

災害に次ぐ災害に思うこと

このたびの台風と地震で被災された皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。

大阪北部地震に、西日本豪雨に、台風21号に、北海道の地震に――。今年は立て続けに災害が起こります。そのたびに感じるのは、このところ災害が起きると、政権に批判的な層と政権を支持する層、国民同士が対立する構図がふだん以上に強まり、見ているだけで疲れてしまうということ。東日本大震災あたりまでは、大きな災害が起きると、みんなで助け合おう、力を合わせてこの難局を乗り切ろうという動き見られたのに、今は「敵」と「味方」に分かれ、ののしり合うばかり。前に書いた、震災時のデマしかり。日本は本当にイヤな国になったなあと思います。

「敵」と「味方」に分かれて対立するのがイヤなら、政権批判などしなければいいじゃないか、こんなときぐらいは政府を応援すればいいじゃないか。そんなふうに言われるかもしれません。ただ、東日本大震災やそれ以前の災害時にも、政府や行政の対応が悪いと思えば批判はしていたんです。批判対象とするレベル(例えば100点満点で50点以下なら批判するとか、そういう自分なりの基準)は、昔も今も変わっていません。ところが、今は、①基準に満たないことが多すぎるため、批判する場面も多くならざるを得ない。さらに、②政府の対応を批判すると、言い返してくる(というか、バカにしてくる、ケンカを吹っかけてくる)層がいるため、どうしても対立する構図が生まれてしまうのだと思います。

こんな零細ブログやtwitterで発言しているだけなので、私自身が政権支持層にからまれているわけではないですが、はたで見ているだけでも疲れてしまうんですよね。でも、本当に疲労感がたまる一方なので、なんとかして別のことで気分転換を図ります。
                                              
by noma-igarashi | 2018-09-06 23:25 | 震災日記 | Trackback | Comments(3)

サマータイム導入について思うこと

今回はサマータイムについて書いてみようと思います。東京オリンピックのために、夏の間だけ日本の生活時間を2時間早めてはどうかという、例の話です。西日本豪雨の対応、原爆記念日での態度など、安倍政権もしくは安倍総理に対して言いたいことは山ほどあるのですが、この話題なら、ふだんは政治に対して物言わぬ人たちも、自分のこととして関心を持ってくれるのではないかと思ったからです。

まずは、サマータイムの現状がわかる記事をリンクしておきますね。これによると、政府・与党は、サマータイム導入に向けて本格検討に入り、秋の臨時国会で議員立法提出を目指しているのだそうです。

文春オンライン:「猛暑もチャンス」から突然の「サマータイム導入」 森喜朗の五輪トンデモ発言まとめ

私個人の意見としては、サマータイムの導入には反対です。理由は、五輪の暑さ対策にはならないと思うので。そりゃあね、例えば午前9時に始まる競技を午前7時開始にすれば、暑さは多少ましだろうと思います。でも、例えば午後5時に行うはずの競技は、午後3時の実施になってしまうわけで、暑い盛りに行う競技がなくなるわけではないじゃないですか。

朝の涼しい時間帯を有効活用したいというのであれば、サマータイムは取り入れずに、午前中の競技だけ2時間早めて、暑い盛りはお休み、少し涼しくなってから再開するというふうにすればいいのでは?

それ以外の弊害もいろいろと取り沙汰されています。以下に、いくつかの記事をリンクしてみます。3つめの、奈良県庁の実体験の記事が面白かったです。また、最後の記事は、「サマータイムが実施されてもコンピュータは別に問題なし。導入してみるのもいいんじゃない?」という感じの内容でした(反対色の強い記事ばかりでは公平じゃないかなと思い、加えてみました)。

サマータイム導入はやはりデメリットが大きい

「サマータイム実施は不可能」スライドが話題 「経済被害が兆単位」「サイバーテロをお膳立て」立命大・上原教授が指摘

サマータイム廃止した奈良県庁、導入時の庁内で起きていたこと「生活リズム崩れて体調不良と眠気」「早く来ても早くは帰れない」

「サマータイム導入はコンピュータシステム的に難あり」は本当か

私が見た範囲では、導入に反対という意見のほうが多かったのですが(逆に、積極的に賛成する意見はまだ1つも見ていません。安倍さん大好きなネトウヨがもっと賛成してもいいようなものですが、それも見ないし、寄ってたかって反対意見を攻撃する場面も見ないですね。まだこれからかな? それとも、ネトウヨもサマータイムはイヤなのかしら)、安倍さんは「国民の評価が高い」などと発言しています。実際、そんな調査結果も見ましたが(コチラ)、質問の仕方が賛成を誘導するような内容で、ちょっとどうかなと思ってしまいます。

ただ、安倍さんの発言内容からすると、やる気十分のように見えるので、財界などから反対の声が上がらない限り、導入されることになるのではないでしょうか。国民が反対しようと、野党が反対しようと、関係ないです。与党は衆参両院で3分の2以上の議席を持っていますから、これまで同様、強行突破すればいいだけのこと。モリカケ然り、カジノ法案然り。自分に都合の悪いことからは逃げまくり、やりたいことは強引に実現してしまう。それが今の安倍政権です。

政治に関心のない方の中には、野党はいつも反対ばかりしていて、なんだかイヤだな、もっと協調的に振る舞えばいいのにな、と思っている方もおられるかもしれません。けれど、サマータイムよりもずっと切実にやめてほしかったことも(例えば安保法制や共謀罪、働き方改革、カジノ法など)、野党が反対しても、市民がデモを重ねても、与党は数で押し切って成立させてしまいました。働き方改革などは、根拠となったデータに問題が発覚したのに、それでも強行突破しました。それが安倍政権のやり方です。

野党は反対ばかりしているし、反対するだけで安倍政権のやることを止められない。だらしないな、頼りないな、と思っている方もおられるかもしれません。けれど、モリカケの追及のように、普通なら総辞職に追い込めるような証拠を突き付けても、数に物を言わせて逃げ切ってしまうばかり。本当に悔しい。本当に腹立たしい。安倍政権はそんなことばかり。

ですから、安倍総理がやりたいと思うのであれば、経済界が積極的に反対しない限り、サマータイムも実現させてしまうのではないかと思います。国民の生活やら、時間やらを支配している感じがするのが、あの人の好みに合いそうだな、という気がします。

そうなったとき、サマータイムに反対する人までも、パヨク(左翼)扱い、反日扱いされるようになるのかどうか。「まさか」「ばかばかしい」と思われる方もいると思いますが、そういうことをやっているのが安倍信者なので、それは頭に入れておいたほうがいいと思います。

サマータイムに関しては、ふだんは政治的な発言をしないような人も反対しているように思います。そういう人たちが、安倍政権の強引さに気づいたり、不信感を持ったりするようになるのであれば、それはサマータイムの数少ないメリットかなと思います。

サマータイムが実施されれば、日本国民全員(ではなくて、日本で暮らしている人全員、ですね)に影響が出ることになります。その中の一定数の人たちが不満を持つことになるとしたら、分母が大きいです。これがきっかけで、安倍政権が足もとをすくわれ、崩壊していくことにことにつながれば、こんなうれしいことはないのですが。もちろん、何らかの理由でサマータイムの導入を見送るという判断になれば、それはそれでうれしい結論です。

※もうすぐ自民党の総裁選がありますが、この記事は、その後も安倍政権が続くだろうという前提で書いています。
by noma-igarashi | 2018-08-12 09:10 | 震災日記 | Trackback | Comments(2)

定期券を落としちゃった!の巻

個人的な話だし、書かなくてもいいかなと思っていたのですが…。このところ、がっかりするようなニュースばかり目にするので、ほんの少しでもうれしい気持ちになったことを再確認したくて、書いてみることにしました。

1週間前の金曜日、定期券を落としました。といっても、その段階ではまだ落としたとは気づいていなくて、「あれ? ひょっとして落とした?」と思ったのが、翌日・土曜日の午前中。病院で会計を待っている間に、リュックからスマホを取り出したとき、同じポケットに入っているはずの定期券(2つ折りのケース入り)が見当たらないことに気づきました。

もともとそのポケットは、スマホだけを入れることにしていて、定期券はお弁当用のセカンドバッグのポケットに入れているようにしていました。ただ、暑さ厳しい折、お弁当が傷まないかと心配になり、コンビニ弁当のお世話になって、セカンドバッグを持たない日が続いていました。なので、定期入れは、普段ならスマホ専用にしているリュックの外ポケットに、無理やり詰め込んでいたんです。

あんな入れ方をしてたから、はみ出して、落としたのかもしれない。でも、もしかしたら家にあるかもしれない。とにかく家に戻って確認しようと、会計を済ませた後、すぐに帰宅。ありそうな場所を探しましたが、やはりどこにも見当たりません。

うわー、これはいよいよヤバイ! 本当に落としたのかも!? まだ2、3日前に買ったばかりの定期券なのに。買い直したら、また1万円以上かかっちゃう~。

半泣きの状態になりつつ、落とし物として届いている可能性も考えて、出かけたついでに、まずは駅に行ってみました。落とし物の窓口はホーム上にあるのですが、切符ナシで入っていいというので、ありがたく入らせてもらいました。で、窓口の人に申し出ましたが、残念ながら、それらしい落し物は届いていないとのこと。がっくり。

ただ、前の日、その定期券を使って改札を出たことを伝えると(なので、落としたとしたら、駅から家に帰るまでの間)、それなら駅ではなくて交番に届いている可能性もあること、もしも見つからない場合は、1000円余りの手数料を払えば、定期券を再発行してもらえることを聞きました。うわあ、そうなんだ! 1万円以上出して買い直すしかないと思っていたので、これは朗報でした。

少し気楽になって、駅の外の交番にも行ってみました。事情を話したものの、ここでも該当する落し物はナシ。あ~あ、がっくり。届けを出すかと聞かれ、今さら見つかる可能性は少なそうだなとは思ったものの、この際だから出してみることにしました。で、定期入れの形状やら、定期券の情報(何駅から何駅まで、何月何日まで使える等)を書いて提出。

それでおしまいかと思っていたら、交番に届いた落とし物というのは、本庁(というの? 住んでいる地域のいちばん大きい警察署)に集められるようで、そこに電話をしてくれました。そしたら、なんと! 該当するものが届いているというんです~! うわあ、やったあああ!

「歩いて行くのはちょっと遠いから、そこのバス停からバスで行くといいよ。今からすぐ行くでしょ? 30分以内に着くと伝えていいね?」と言われ、いや、ホントはもう1つ用事を片付けてからにしたかったんだけど、せっかく見つけてもらったのに、後で行くというのも申し訳ないように思え、そのまま直行。無事に受け取り、帰宅しました。

届けてくれた方、どうもありがとうございました! 余計な出費をしなくて済んだのもありがたかったし、届けてもらえたこと自体もとてもうれしかったです。

余談ながら、その後ネットで調べたところ、保温用のお弁当箱は夏場も大丈夫だとのこと。そんなわけで、お弁当生活が復活し、定期券はお弁当用のセカンドバッグに入れています。
by noma-igarashi | 2018-08-04 14:37 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧