111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
こんにちは~。 試しに..
by noma-igarashi at 22:43
こんにちは^^ 女子の..
by sasha_2006 at 08:19
こんにちは~! うれし..
by noma-igarashi at 12:11
こんにちは。さっとんへの..
by sasha_2006 at 09:26
こんにちは! スケアメ..
by noma-igarashi at 19:27
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 22:54
(見てくださっているかど..
by noma-igarashi at 19:01
美輪さん、こんにちは~。..
by noma-igarashi at 23:15
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

カテゴリ:題詠100参加作品( 746 )

「090:トップ」~「095:廃」の歌

090:トップ 復帰戦トップを守れず終わろうとファンのつぶやきどれも明るし

091:勘 勘違いだらけの季節消したいと思っていたのにふと懐かしい

092:醤 平成のキラキラネームの多彩さよチーズ味あり醤油味あり

093:健 ぬばたまの浅川マキが醸し出す気だるさ不健康さにしびれた

094:報告 報告がいつの間にやら愚痴になる二個目のみかんを転がしながら

095:廃 ゆるやかにうねって延びる遊歩道ひと駅分の廃線跡に
           (武蔵野競技場線)

 *

「090:トップ」の歌は、近畿ブロックのフリーが終わったすぐあとに詠んで、投稿しました。題詠の会場には特段スケオタさんはいないと思いますが、たくさん「いいね!」をいただきました。それなりにニュースになっていたから通じたのかもしれないし、フィギュアのことだとわからなくても意味は伝わったかもしれないですね。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-11-04 08:58 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

「085:名詞」~「089:巌」の歌

085:名詞 「月光」を奏でゆくときどれもみな楽器は悲劇名詞と思う

086:穀 米穀店だったと気づく軒下に古びたプラッシーの看板

087:湾 海水浴帰りの混んだ列車から手を振り若狭湾にさよなら

088:省 十代で出会った大事な存在に数える三省堂の辞典を

089:巌 明治期の女性列伝ひもとけば大山巌夫人の名前
                               
[PR]
by noma-igarashi | 2018-10-03 23:39 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

「081:潰」~「084:郡」の歌

081:潰 「嘘つきの総理は辞めろ」という声を潰しにかかる国家権力

082:にわか 古参らが顔を寄せ合いひそひそとにわかのファンを嗤い蔑む

083:課 健康にいいとあれこれ試してもなかなか日課に昇格しない

084:郡 合併で1つに減ったそれまでは6町からなる郡だったのに
                                     
[PR]
by noma-igarashi | 2018-09-19 22:50 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

「077:忠」~「080:漁」の歌

077:忠 島忠を目印にしてただ歩く夏のさかりの国道沿いを

078:多少 小さじ1ぐらい「多少」と「少々」の差をスプーンで計るとすれば

079:悦 あからさまに嘲笑しては悦に入る輩が群がるコメント欄に

080:漁 喜びはないのに漁師が引き上げる網ほど重い今日の心は
                              
[PR]
by noma-igarashi | 2018-09-12 23:57 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

「073:羅」~「076:犯」の歌

073:羅 恥ずかしい記憶のひとつ十代で使った羅美(ラミ)という筆名も

074:這 苦しげな高音 音符が懸命に五線の外まで這い上がりゆく

    *  *

075:辻 ひところは新幹線に乗るたびに綾辻行人をずいぶん読んだ

076:犯 犯人が誰かよりまず洋館の不思議な造りに惹きつけられた

                                            
[PR]
by noma-igarashi | 2018-09-02 23:07 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

「069:霜~072:レンタル」の歌

069:霜 葡萄月、霧月、霜月…うつくしいの詩のごとフランス革命暦は

070:宅 最後まであたふたしながら宅ふぁいる便のデータをやっと受け取る

071:封 京都市の長き住所を封筒に書けば左へ右へのたうつ

072:レンタル 薬局にレンタルショップ とうにない店のカードをまとめて捨てる


フランス革命暦
[PR]
by noma-igarashi | 2018-08-23 23:14 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

「063:憲」~「068:漬」の歌

063:憲 「憲法の憲です」という説明を何度したのだろうケンちゃんは

064:果実 はっきりと線を引きたくない気持ち今日は野菜で明日は果実

065:狩 狩りをする威勢のよさでツイートに絡む輩がまた湧いてくる

066:役 災害と呼ばれる炎暑のまっさかり 役立たずにも人権がある

067:みんな ワルキューレはみんなで九人ひとりずつ名はあるものの覚えきれない

068:漬 浅漬けのにおいが残るタッパーに迷いながらもリンゴを入れる
                                    
[PR]
by noma-igarashi | 2018-08-15 23:17 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

「々」の読み方は?

今年の「題詠100首」に、こんな題がありました。→ 「062:々」
このイベントの主催者として、題の選定をしたのも私でして、果たしてどんな歌が投稿されるかという興味と、ちょっとしたウケ狙いもあって、100の題に加えました。で、数日前、私自身もこの題にさしかかり、こんな歌を詠みました。

062:々 「人びと」と用字用語が決められた本ゆえ「々」に赤字を入れる


ちょっとひねった使い方をしてみました。私は編集関係の仕事をしているので、これは実話というか、体験に基づいた歌になります。「人々」を「人びと」と表記する本はそれなりにあり、そういう本の校正紙に「人々」とあったら、「々」→「びと」と赤字を入れることになります。

さて、それではこの「々」はどう読むのか? 短歌は「5・7・5・7・7」で詠むのがルールなので、「々」の読み方がわからないと、四句が7音に収まっているかどうかの判断ができません。ま、多少の字余り・字足らずは許容されるにしても、読み方がわからない状態なのはなんだか落ち着かないです。

そこで、調べてみました。Yahoo!辞書の検索欄に「々」をコピペして検索してみたところ、出てきた回答は次のとおり。なんと!

1.々
《「ノマ」と書くことが多い。「々」が片仮名の「ノ」と「マ」を組み合わせたようにみえるところから》踊り字の一種「々」のこと。

2.同の字点・々
繰り返し符号の一。すぐ前の漢字と同じであることを示す。「人々」「堂々」などの「々」。


えええええ~!? と盛大に驚いたのは、実は、上記「062:々」の歌の4つ前に、こんな歌を詠んでいたからです。

058:門 門構えの左右がいつもちぐはぐで旧姓「野間」は書きづらかった

はい、私の旧姓は「野間(のま)」といいまして、「々」も「ノマ」。つまり、同名だったんですねえ。し、知らなかった…。まあ、「々」=「ノマ」は通称であって、正式名称は「同の次点」のほうなんでしょうけど、それにしても、「ノマ」という言い方があるとはまったく知りませんでした。

062:々 「人びと」と用字用語が決められた本ゆえ「々」に赤字を入れる


この歌の話に戻ると、歌を詠んだ時点では、「々」の読み方は知らない状態でした。ただ。この歌の場合、「人々」となっていた「々」に赤字を入れて「人びと」としたわけだから、「々=びと」と考えれば2音で、四句「本ゆえ「々」に」はちょうど7音になります。

で、「々」の読み方を調べたところ、通称「ノマ」だとわかったので、「ノマ」と読めば、これまた四句は7音。うまく定型に収まり、「やったね!」とニンマリしたことでした。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-07-25 22:56 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

「059:州」~「062:々」の歌


題詠100★会場



059:州 炎熱を逃れて午後のバルで飲む程よく冷えた甲州ワイン

060:土産 東京の土産といえば榮太樓飴だったっけ子どものころは

061:懇 どうせまた居場所をうまく探せない懇親会はパスして帰る

062:々 「人びと」と用字用語が決められた本ゆえ「々」に赤字を入れる
                                              
[PR]
by noma-igarashi | 2018-07-23 23:19 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

「055:綱」~「058:門」の歌

055:綱 今誰が横綱なのかあいまいなままでも平気になって久しい

056:ドーナツ 高校でドーナツ盤から卒業しLPをみんな集めはじめた

057:純 難解さゆえ純粋になれるからゴダールを見たくなることがある

058:門 門構えの左右がいつもちぐはぐで旧姓「野間」は書きづらかった
[PR]
by noma-igarashi | 2018-07-09 08:04 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧