111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは! コメントあ..
by noma-igarashi at 21:49
こんにちは、以前にもコメ..
by かのこ at 01:33
こんにちは。 ご指摘あ..
by noma-igarashi at 19:36
おはようございます。お久..
by Disney 鴨 at 10:23
いらっしゃいませ。 コ..
by noma-igarashi at 19:36
こんにちは。こちら、ロシ..
by tarukosatoko at 07:44
こんにちは! 全日本は..
by noma-igarashi at 11:23
こんにちは。 現地観戦..
by sasha_2006 at 14:07
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

カテゴリ:フィギュアスケート( 1548 )

カナクリおめでとう!(団体戦について考えてみる③)

四大陸選手権の感想、まずはアイスダンスから。
カナクリ、銅メダルおめでとう! アメリカとカナダの有力チームが出場していなかったとはいえ、やっぱりうれしいです。SDでも、FDでもPBを更新しての3位表彰台。アメリカのマクナマラ・カーペンター組よりも上だなんて。そして、中国のワン・リュー組よりも上。五輪のことを考えると、中国組を上回ったのがすごくうれしいです。

今シーズン、NHK杯でカナクリの演技を見たとき、SDもFDも本当に素敵だなと思いました。「いいプログラムだなあ。うまくなったなあ…」と思いながら見ていたのに、結果は10組中9位。同じ日本の小松原・コレト組を上回れただけ。フランスの2番手(3番手?)カップルにも勝てず、イギリス、ウクライナのカップルにも勝てず。それらのカップルの演技も素敵でしたけど、何とも悔しい思いをしました。

このブログで、五輪の団体戦のことを話題にし始めたとき、日本がメダルを取れるか、あるいは決勝に進めるかを考えてみるにつけ、そのカギを握っているのがアイスダンスのように思えました。ソチ五輪のときのショートの結果は以下の通り。ソチで日本はショート4位だったのですが、平昌ではその地位を中国に持って行かれてしまいそうな気がしました。

(合計ポイント)(男子)(女子)(ペア)(ダンス)
1位 ロシア 37 9 10 10 8
2位 カナダ  32 8 6 9 9
3位 アメリカ 27 4 7 6 10
4位 日本  24 10 8 3 3
5位 イタリア  23 1 9 7 6
6位 フランス 22 6 5 4 7
7位 中国 20 7 4 8 1
8位 ドイツ 17 5 2 5 5
9位 ウクライナ 10 3 3 2 2
10位 イギリス 8 2 1 1 4


というのは、ソチ五輪のとき、日本がアイスダンスで3ポイント取っているのに対して、中国は1ポイントしか取れていない。でも、その後、中国のアイスダンスは強くなり、今回の四大陸が始まるまで、中国のワン・リュー組はカナクリを上回っていた(例えば、昨シーズンの世界選手権で日本は23位、中国は16位。四大陸で日本は9位、中国は7位)。だから、平昌では中国が3ポイント、日本が1ポイントという可能性もありそうな気がしていました。

また、中国はペアで10ポイント取れそうだけど、日本は多分、ペアでは1ポイントしか取れない。女子は日本のほうが強いけれど、男子はボーヤンが出てくれば五分五分。というわけで、大ざっぱに計算すると、日本が「男子10、女子9、ペア1、ダンス1」だとしたら、合計21ポイント。中国は「男子8、女子2、ペア10、ダンス3」だとしても、合計23ポイント。中国が上回るわけです。

そんなわけで、日本は団体戦で中国に勝てそうになく、決勝に進む5か国は「ロシア、アメリカ、カナダ、イタリア、中国」になるのではないかと考えていたのですが、今回、四大陸でカナクリが中国組を上回りました。

そうなると、五輪の団体戦もわからなくなってきましたよ。「個人戦のことを考えたら、団体戦は予選敗退でもいいのかも…」などと、四大陸が始まるまでは思っていたのですが、こうなったら、やはり頑張ってほしい。改めて、団体戦の予想にも力を入れたくなるカナクリの銅メダルでした。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-01-27 00:12 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

ソチ五輪団体戦SPの結果

※くわしくはまた後で、別記事を立てて書きます。

男子
(順位)(国)(選手名)(ポイント)
1位 日本(羽生結弦) 10
2位 ロシア(エフゲニー・プルシェンコ) 9
3位 カナダ(パトリック・チャン) 8
4位 中国(ハン・ヤン) 7
5位 フランス(フロラン・アモディオ) 6
6位 ドイツ(ペーター・リーベルス) 5
7位 アメリカ(ジェレミー・アボット) 4
8位 ウクライナ(ヤコブ・ゴドロザ) 3
9位 イギリス(マシュー・パー) 2
10位 イタリア(ポール・ボニファシオ・パーキンソン) 1

女子
1位 ロシア(ユリア・リプニツカヤ) 10
2位 イタリア(カロリーナ・コストナー) 9
3位 日本(浅田真央) 8
4位 アメリカ(アシュリー・ワグナー) 7
5位 カナダ(ケイトリン・オズモンド) 6
6位 フランス(マエ・ベレニス・メイテ) 5
7位 中国(クーシン・ジャン) 4
8位 ウクライナ(ナタリア・ポポワ) 3
9位 ドイツ(ナタリー・ヴァインツィアール) 2
10位 イギリス(ジェナ・マコーケル)1

ペア
1位 ロシア(ヴォロソジャル・トランコフ) 10
2位 カナダ(デュハメル・ラドフォード) 9
3位 中国(ペン・ジャン) 8
4位 イタリア(ベルトン・ホタレク) 7
5位 アメリカ(カステリ シュナピア) 6
6位 ドイツ(ヴェンデ・ヴェンデ) 5
7位 フランス(ジェームス・シプレ) 4
8位 日本(高橋・木原) 3
9位 ウクライナ(ラヴレンティエヴァ・ルディク) 2
10位 イギリス(ケンプ・キング) 1

アイスダンス
1位 アメリカ(デイビス・ホワイト) 10
2位 カナダ(ヴァーチュー・モイア) 9
3位 ロシア(ボブロワ・ソロビエフ) 8
4位 フランス(ペシャラ・ブルザ) 7
5位 イタリア(カッペリーニ・ラノッテ) 6
6位 ドイツ(ジガンシナ・ガジ) 5
7位 イギリス(クームズ・バックランド) 4
8位 日本(リード・リード) 3
9位 ウクライナ(   ) 2
10位 中国(黄 欣彤 鄭 汛) 1
[PR]
by noma-igarashi | 2018-01-26 07:26 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

ユーロ男子の感想(上位5人のみ)

1位 ハビエル・フェルナンデス選手
ユーロ6連覇おめでとうございます! 事前の順位予想では、彼を2位にしていたのですが、特に根拠があったわけではなくて、そろそろニューフェースが優勝するのも新鮮でいいんじゃないかな、という程度の気持ちからのこと。しかし、やはりハビは強かった! ロシア勢を初めとする若手選手たちに、まだまだ格が違うことを見せつけましたね。

特にSP。彼の滑走順が来るまで、出てくる選手、出てくる選手、クワドでミスを連発(ビチェンコさんまで転倒するとは…)。ピリッとしないなあと思っていたところ、ハビが4T-3Tをきれいに成功。シュッと軸の細い4回転に「おおお!」と、思わず身を乗り出してしまいました。いやあ、素晴らしいジャンプでした。

一方のフリーでは、着氷が危うく見えた4回転ですら、GOEでプラスに代えてしまう技量に今さらながら感服。お見事でした。ただ、4回転は2本だけ、それ以外の3回転ジャンプにミスが出てしまい、フリーの点数は200点に、総合得点は300点に届かず。五輪でメダルを取ることを考えると、もうちょっと技術点を上げたいところ。何とも厳しい時代になりました。

2位 ドミトリー・アリエフ選手
ユーロ初出場、初メダルなんですね。おめでとう! …と書きつつ、実は、コリヤダ以外のロシア男子はまだちゃんと区別ができておりません。ついでに書くと、サマリンとサモヒンも混同しがちだったりして(わー、ごめんなさい!) これを機に、顔と名前と特徴を覚える努力をいたします~。アリエフは、ウロンスキーふうの衣装だけど、「アンナ・カレーニナ」じゃなくて「仮面舞踏会」を滑っている選手ですね。メモメモ。

今回は4Lzをプログラムからはずし、4Tのみの構成にしてきました。それが成功し、SPもフリーもノーミス。プロトコルに1つもマイナスがついていない、気持ちのいい演技を披露してくれました。このところ、どの男子選手もクワドを詰め込み過ぎてミスが出がちだから、あまり無理をせず、完成度を高めることも大事ですよね。彼の演技を見て、改めてそんなふうに感じました。

3位 ミハル・コリヤダ選手
調子がよければ優勝もあるのでは、などと思っていましたが、今回はちょっとミスが多かった。特に、SPでもフリーでも、クワドが1回も成功しなかったのが残念でした。もっとコンスタントに決められるようになってほしいです。ただ、それにもかかわらずメダルが取れたわけだから、立派と言えば立派ではあります。

4位 デニス・ヴァシリエフス選手

おおお、ラトデニ君、4位じゃないですか! これはうれしい。SPは本当に美しかったですね。クワドなしでも85.11点という高得点。それだけの価値がある素晴らしい演技でした。一方、フリーでは4Tに挑戦! これはうれしかった。残念ながら転倒に終わりましたが、いいんですいいんです、一歩ずつ前進していけば。ひらりと美しく着氷する日を楽しみに待ちたいです。

5位 アレクセイ・ビチェンコ選手

SPでは4Tで転倒。その分、ルッツに3Tをつけてリカバリーしたのに、点数は74.97点と低めでした。4Tが回転不足も取られたのと、スピンのレベルを取り損ねたのと…。うーん、残念!

しかし、その悔しさをフリーで晴らしてくれましたよ。4T-3T、4Tときれいに成功。3Aは2本とも乱れてしまいましたが、2本目は何とか1Tをつけて、点数が減るのを少なめにとどめました。演技が終わって、うれしそうにガッツポーズ。よかったよかった。SP8位から、総合5位まで巻き返しました~。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-01-22 23:35 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)

ユーロ女子、感想(上位4人のみ)

ユーロ女子の感想です。上位4選手、ロシア勢3人+カロリーナ限定で書くことにします。華麗で、美しく、それぞれに見ごたえのある演技でした。

1位 アリーナ・ザギトワ選手
ユーロ初出場、初優勝! ついにSP、フリーの両方をパーフェクトにそろえてきました。今季はここまで、SPのミスをフリーで取り返すというパターンでしたが、今回は2本とも完璧な演技。素晴らしいとしか言いようがないです。JSPORTSの実況・解説コンビも「全部やりきりました」「非の打ちどころがないですね」とベタ褒め。うんうん。「ジャンプはきっちり回って降りてくるし、スピンもレベルをしっかり取ってきて、疑わしいところがないんです」。なるほどなあ。あまりの見事さに思わず笑っちゃう感じ、テレビから伝わってきました。すごく共感できて、こちらもその気分を共有しました。

私が改めて思ったのは、彼女の場合、プログラムも後押ししてくれているなということ。SPは「ブラックスワン」、フリーは「ドン・キホーテ」。どちらもよく知られている曲で、わかりやすいし、印象に残りやすいですよね。彼女にはすごく合っていて、魅力を引き立ててくれています。フィギュアばかり見ている身としては、フリーは2シーズン目でおなじみすぎるぐらいだけど、五輪のときしかフィギュアを見ないような人たちには、きっとウケると思います。バレエを思わせる赤の衣装もかわいいし、目を引く動きが満載で、ジャンプがすべて後半でも飽きさせない工夫がたっぷり。そして、後半になってジャンプが始まるや次々と決めていき、終盤には自然と手拍子をしたくなる曲調になり、盛り上がってフィニッシュ。これはウケないわけがないでしょう。

これまで、五輪ではメドがダントツで優勝だと思ってきたけれど、わからなくなってきましたね。うわあ、今からドキドキしてしまう。楽しみが増えました。

2位 エフゲニア・メドベデワ選手
ケガからの復帰戦、果たしてどうかなと心配していましたが、ほぼ100%に近いところまで戻してきていましたね! ミスとしては、SPの2Aで着氷が乱れたこと。フリーでは最初の3Fが単独になってしまいましたが、後半できっちりコンボにして、かえって点数を稼いできました。さすが~。競り合った相手がザギトワじゃなかったら、余裕で優勝できていましたよね。あれだけできても2位なのかと思うと、キビシイのはキビシイですけど、まだパーフェクトな状態ではなかったわけだから、悲観的になる必要は全然ないですよね。何より、本人がこの結果に納得している様子だったのがうれしいです。きっと五輪ではパーフェクト対決を見せてくれますよね。すごいことになりそう~。

フリーの「アンナ・カレーニナ」、ザギトワの「ドン・キホーテ」の後だっただけに、「まだ18歳ですけど、大人ですね」と岡部さん。「ホントだなあ」と思わないではないんだけど、やはりいまだに、まだ18歳の彼女がこのプログラムを演じることに抵抗感も。苦悩の表現はさすがだなと思うものの、そういう負の感情は、恋する喜びとの対比があってこそ、さらに生きるもの。アイスダンスのボブソロの「アンナ・カレーニナ」はまさにそうでしたよね。幸福そうだったからこそ、せつなさが募りました。私としては、メドの演技はそのへんが物足りない。五輪で金メダルを取るプログラムとしてどうかなと、例えばヨナの「007」とか、しー様の「トゥーランドット」などと比較して、ちょっと疑問に感じてしまいます。

3位 カロリーナ・コストナー選手

SPはパーフェクトだったのに対して、フリーではミスも出ましたが、貫禄の3位という結果でした。SPは本当に素晴らしかったですね! 技術面では、これまでの3T-3Tに代えて、久しぶりの3F-3T。4年前のさいたまワールド以来なんですか? すごい~。そして、表現面での素晴らしさといったら! これぞ、大人の表現。恋の苦しさがせつせつと伝わってくる演技でした。

一方のフリーは「牧神の午後への前奏曲」で、抽象的な表現が求められるプログラム。どちらかというと、彼女はそっちのほうが得意な選手かもしれないですが、どちらも見ごたえがあり、甲乙つけがたいです。フリーではルッツに挑んできました。これも久しぶり。ただ、残念ながら転倒。それ以降も、3回転が2回転になるミスが出て、そのせいで2Tが3回になり、3回目がノーバリューになるという別のミスにもつながってしまいました。「最初のルッツで転倒したことで、調子が出なかったのかもしれないですね」と岡部さんが言うと、「でも、挑戦する姿勢は素晴らしいですよね」とフォローする小林千鶴アナ。いつもながら見事な連携ぶり。

フリーではミスもあったものの、30歳になっても衰えないのは本当にすごい。現役ではないけれど、しー様も技術面で衰えないですよね(この2人、同じ五輪に出ていたんですよねえ)。30代になってもできるかどうかは、人によりけりで、できる人はできるのかな。カロにも末永く活躍してほしいです。

4位 マリア・ソツコワ選手
5位以下とは別次元の点数でありながら、残念ながら4位。ミスもあったので、仕方ないかな。彼女の場合、SPもフリーも、あまり個性の感じられないプログラムなのが残念。それぞれ美しいプログラムだとは思うのだけど、印象に残りづらいというか。五輪のときしかフィギュアを見ないような人たちの目には、「その他大勢」としてくくられてしまいそうで、もったいないなと思います。たとえ下位でも、「あのプログラムを演じた選手!」と記憶に残ることはあるのに、それがないというか。私としては、ジュニアのときのようなプログラムを演じてほしいといまだに思ってしまう。あるいは、今季のエキシのようなプログラムでもいいのに。

それにしても、ロシアの五輪代表、どうなるでしょう。ザギトワ、メドは間違いないとして、3人目はやはりソツコワが選ばれるのでしょうか。高い能力を持ち、注目されながらも、五輪シーズンにピークを合わせられなかった数々の選手たち。こう言っては何ですが、ソツコワは運がいいなと思います。あるいは、タイミングがいいというべきか。ロシア女子に最も求められるのは、いつ生まれて、五輪シーズンにシニアの年齢に達しているかどうか、そして、シニアの選手として最も力を出せる時期にあるかどうかという、自分の力ではどうしようもないその部分ではないかなという気がします。ソツコワは、並外れた能力まではないのかもしれないけれど、その部分ではドンピシャリだった。すごいです。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-01-21 12:56 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

ユーロ、順位予想

明日からユーロ。例によって、フランスのフォーラムで行われている順位予想(コチラ)を集計してみました。早い時期に予想したのか、ペアでサフチェンコ・マッソの名前を挙げている人も2名。アイスダンス以外は、思いのほか票がばらけたかなという印象です。

【女子】

1位
メドベデワ 7票
ザギトワ 7票
2位
ザギトワ 7票
メドベデワ 6票
コストナー 1票
3位
コストナー 7票
ソツコワ 7票

これまでならメドベデワが圧勝でしたが、ケガ明けということもあり、ザギトワと票を分け合いました。この2人が1位か2位で、3位にコストナーかソツコワという予想ですね。私としては「1位:メドベデワ、2位:ザギトワ、3位:コストナー」としてみます。やっぱりメドが強いと思うので。

【男子】
1位
フェルナンデス 12票
コリヤダ 2票
2位
コリヤダ 10票
フェルナンデス 2票
アリエフ 1票
サマリン 1票
3位
ビチェンコ 6票
アリエフ 4票
コリヤダ 2票
サマリン 2票

これまでなら、1位票はハビが独占していましたが、今回はコリヤダにも2票入りました。2位はコリヤダを推す人が多く、3位はベテランのビチェンコか、あるいは若手の誰か、という内容になりました。

平昌五輪が間近なだけに、ハビが順当に優勝するかどうか気になります。ここで優勝しておかないと、五輪のメダルが厳しくなりそうな予感。悩ましいところですが、私の予想は「1位:コリヤダ、2位ハビ、3位:アリエフ」としてみます。男子は4回転の成否次第になりそうな気がしますね。

【ペア】

1位
タラソワ・モロゾフ 10票
ジェームス・シプレ 3票
サフチェンコ・マッソ 1票
2位
ジェームス・シプレ 7票
ストルボワ・クリモフ 5票
タラソワ・モロゾフ 2票
サフチェンコ・マッソ 1票
3位
ストルボワ・クリモフ 8票
ジェームス・シプレ 3票
タラソワ・モロゾフ 2票

サフマソが出ないとなると、やはりタラモロが強いようですね。フランスの予想だけに、ジェームス・シプレがストルボワ・クリモフを上回っています。私としても、フランス組に頑張ってほしいな。私の予想は「1位:タラモロ、2位:フランス組、3位:ストクリ」としてみます。

【アイスダンス】
1位
パパダキス・シゼロン 14票
2位
ボブロワ・ソロビエフ 14票
3位
カッペリーニ・ラノッテ 8票
ステファノワ・ブキン 6票

1位、2位は満票。3位はカペラノとステブキが票を分け合いました。それ以外の予想は思いつきにくいですよね。私の予想は「1位:パパシゼ、2位:ボブソロ、3位:カペラノ」としてみます。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-01-16 23:32 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

腰痛のときにアイスダンスを見ると…

今年もまた、腰痛でダウンしてしまいました。昨日の朝、突如として痛みに襲われ、丸一日静養していたものの、改善せず。仕方なく、今日は休みを取り、病院へ行ってきました(腰痛にはペインクリニックをおススメします!)

そんなわけで、この2日間は主に横になって過ごしましたが、そればかりでは飽きてしまうため、たまに起きて、椅子にすわった状態でテレビを見たりもしました。椅子にすわっているのは、べつだん苦痛ではないので(立ち上がるときが大変だけど…)。

見ていたのは、撮りためた録画の数々。年末年始の番組とか、まだ見終わっていなかったGPSの録画とか。ただ、腰痛のときにアイスダンスを見るのは、あまりよくないですね。演技に集中したくても、リフトになると、「うわ~! このリフトも、あのリフトも、めっちゃ腰に悪そう~!」と思ってしまうんです(汗)。ペアのリフトは高く持ち上げるから、それほどでもないんだけど、アイスダンスのリフトはほんっと、男性の腰にばかり目が行ってしまいます。

ただ、そんな中で唯一、まったくそんなふうに思わなかったカップルがいます。パパダキス・シゼロンの演技。どういうのかな、あらゆる要素がすごく自然で、「頑張って難しいリフトをしている」と感じさせないんです。気がついたら演技が終わっていた――まさにそんなふうでした。腰痛になったことで、彼らの素晴らしさを改めて実感することになるとは。1つでも収穫があったのはめっけものでした。

(さて、明日は何とか出社しなくては)
[PR]
by noma-igarashi | 2018-01-15 21:55 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

まったりと団体戦のことを考えてみる②

団体戦のことを話題にした矢先に、昨日、こんなニュースが流れてきました。→「平昌五輪フィギュア団体 韓国の出場確定

このニュースによると、「国際スケート連盟(ISU)が同日、フィギュア団体に出場する10カ国を確定し発表した」とのことなのだけど、韓国はスペインの代わりに出場が決まったわけだから、ロシアが出ることも決まったのでしょうか? 

調べた範囲では、去年12月6日時点のニュースで、「ロシアの団体戦出場は厳しいかも」「12月にIOCの会議があるので、そこで決まるかも」ということでしたが、それ以降のニュースは見つけられませんでした。出られないと決まればニュースになるだろうし、出られることになったのかな? 出場国は「カナダ、ロシア、米国、日本、中国、イタリア、フランス、ドイツ、イスラエル、韓国」で確定?

だとしたら、この記事は「ロシアが出られなくなった場合、日本がメダルを取れる可能性はあるか」ということが前提なので、あまり意味がなくなってしまいますが、そもそも、考えれば考えるほど、日本は中国に勝てないような気がしてきたので、いっそ、「日本がショートで敗退する可能性はあるか」を考えたほうがいいのかもしれません(汗)。

いずれしても、「暇を見つけて断続的に話題にする」というつもりで始めたことなので、のんびりやってみます。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-01-13 09:23 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

まったりと団体戦のことを考えてみる①

数日前に、スケオタ仲間の間で、オリンピックの団体戦のことが話題になりました。団体戦は、ロシア、アメリカ、カナダがメダルを独占し続けるだろうと思っていたわけですが、今回はロシアが団体戦に出場できないかもしれない。もしもそうなった場合、日本はメダルを取れるか否か?

私は、かなり大ざっぱな感触として、「アイスダンスのフリーで、中国かフランス(フリーは2番手カップルが出てくると予想)に勝てたら、メダルの可能性もあるのでは?」という意見を述べました。で、その会話でひとしきり盛り上がった後、自分の言ったことが的外れではなかったかとちょっと気になり、ソチ五輪のときの結果を調べてみました。すると、あら、びっくり!(いや、自分の記憶が欠落していただけなんですが…) ソチ五輪のときは、中国もフランスも、フリーには進んでいなかったんですね。

ウィキペディアで調べた結果は以下の通りでした(該当ページ)。

(合計ポイント)(男子)(女子)(ペア)(ダンス)
1位 ロシア 75 19 20 20 16
2位 カナダ 65 17 12 18 18
3位 アメリカ 60 11 16 13 20
4位 イタリア 52 7 17 15 13
5位 日本 51 18 15 9 9
(以下、決勝に進出できず)
6位 フランス 22 6 5 4 7
7位 中国 20 7 4 8 1
8位 ドイツ 17 5 2 5 5
9位 ウクライナ 10 3 3 2 2
10位 イギリス 8 2 1 1 4


そっかー。フリー(決勝)に進んでいなかったのなら、「アイスダンスのフリーで、中国かフランスに勝てたら~」はないわなあ。でも、4年前に比べたら、中国はペアに強いカップルが多くなったし、男子もボーヤンがいるし。フランスにしても、アイスダンスとペアで、4年前よりずっと強くなりました。

アメリカ、カナダは当然のようにフリーに進むとして、残り3枠は、日本、中国、フランス、イタリアの4か国で競うことになりそうですね。もしかしたら、開催国の韓国も絡んでくるでしょうか?(あ、韓国はソチでは団体戦に出ていませんでしたが、今回は出てきそうです。こちらの記事によると、現在の国別のポイントは、上位から順にカナダ、ロシア、米国、日本、中国、イタリア、フランス、ドイツ、スペイン、イスラエル、韓国。このうちスペインは参加基準を満たしていない、とのこと)。

私の気持ちとしては、フリーに進めないなら進めないで構わない、そのほうが個人戦に集中できてありがたい、と思うのですが、もしも進めて、なおかつロシアが出場しないとしたら、やはりメダルを狙ってほしい。

そんなわけで、まだまだ情報が不十分な状態ではありますが、平昌五輪の団体戦について、時間があるときに少しずつ考えてみたいと思います。
                                             
[PR]
by noma-igarashi | 2018-01-11 23:18 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

仏フォーラムの全米予想は大ハズレ

全米選手権が始まる前に、フランスのフォーラムで各カテゴリーの順位予想が行われていました。10人が参加していましたが、どのカテゴリーも、1位~3位をドンピシャで当てた人は皆無。アイスダンスは当たるだろうと思っていたのに、まさかの結果で、ここも正解0人でした。

個別の順位で当たっていたのは、以下の通り。

女子
1位 ブレイディ・テネル 5票
2位 長洲未来 4票
3位 カレン・チェン 3票


男子
1位 ネイサン・チェン 9票
3位 ヴィンセント・ジョウ 1票


アイスダンス
3位 チョック・ベイツ 5票

ペア
1位 シメカ・クニエリム 6票
2位 ケイン・オシェイ 1票


個別に見ると、女子の正解率がいちばん高かったということかな? ただ、たいていの人はアシュリーを入れていたので、ドンピシャとはいかず。ただ1人、アシュリーを入れていなかった人は「1位テネル、2位未来、3位ベル」という予想でした。この人の予想がいちばん近かったかも。

男子は、1位の正解率はさすがにダントツでした。ネイサンを1位にしなかった人は、ジェイソンが好きみたいで、ジェイソンが1位でした。6位ぐらいまで予想している人もいましたが、ロス君の名前は1回も出てきませんでした(汗)。

アイスダンスは、10人が10人とも、1位シブタニズという予想でした。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-01-09 23:45 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

全米男子の感想

全米男子の感想です。SPとフリー、一緒に書いてしまいます。
実はフリーが始まった時点で、SPをまだ最後まで見終わっていなくて、こんなふうにも思ったんです。「大混戦の女子に比べたら、男子はSPの上位者がそのままメダルを取りそうだから、フリーのリザルトに蓋をしたまま、まずSPを見て、追っかけでフリーを見ようかな」と。

実際にはそうせず、リアルタイムでフリーを見ました。そうしてよかった。追っかけで見たとして、あの展開をたった1人で受け止めるのはきつかった。ショックの度合いは同じでも、今、みんなが同じように狼狽しているのだと思うと、精神的にずいぶん助かりました。さらに、代表発表に至るまで、そして代表発表で感じたあれこれ。そうしたもろもろを大勢の人と共有できて、すごくありがたかったです。

以下、主な選手の感想です。途中まではSPの滑走順、フリーで最終グループだった選手はフリーの滑走順になっています。

マックス・アーロン選手
SPは4番手という早い段階で登場。4Tと4S、4回転を2本入れる構成でした。が、2つとも大きく乱れ、4Tのほうはコンボにできず。「1つ目のミスはまだ取り返せると思ったけれど、2つ目のミスをしたとき、これで自分のオリンピックの夢はついえたと思った」という彼の言葉をtwitterで読みました。演技開始間もない、2つ目のジャンプで夢が終わってしまう。何だかもう、せつなくて、せつなくて。4回転を1本にとどめておけば、また違ったのかもしれないけれど、2本入れないとネイサンに対抗できないからと。JSPORTSで、彼は学業でも秀才さんだと紹介していましたが、それはそれ、これはこれなんですよねえ。SPは74.95点で12位。フリーは149.25点、総合224.20点で、9位まで巻き返しました。

ショーン・ラビット選手
日本語堪能で、いつもキスクラでは日本語で挨拶してくれるラビット選手。SPは3Aなしでしたが、すべてクリーンに決めて、とても楽しい演技でした。フリーでは3Aに挑み、ミスもありましたが、持てる力をすべて出し切ってくれました。こういう選手がいてくれると、ホッとします。総合214.46点で14位。

アレクセイ・クラスノジョン選手
SPは4回転なしにしてきました。すべてクリーンに決め、82.58点。悪くはない点数だけど、手堅い構成にしたのなら、もうちょっと稼ぎたかったところかな。フリーは4Loに挑んできました。成功したかに見えましたが、回転不足(ダウングレード)とGOEで差っ引かれて3.60点にしかならず。おとなしく3Loを跳んでいたほうが点数になったわけですが、そうはいっても、チャレンジを続ける姿勢はやはり買いたいです。トリプルアクセルでもミスが出て、TESは68.58点。うーん、やはりもうちょっと出したい。でも、まだまだこれからの選手。今後に期待しています。総合223.58点で10位。

樋渡知樹選手
SPでは最終グループ、最終滑走。最終グループが始まるとき、「あれ? ネイサン、アダム、ジェイソン以外に誰が残っているんだっけ?」などと思っていたら(すまん)、彼とアンドリュー・トルガシェフ選手でした。SPは4Tの転倒を含め、すべてのジャンプでミス。なんというか、強い相手に挑んでボコボコにされちゃった、みたいな結果に(汗)。後で知ったことによると、膝の状態が悪くて、棄権も考えるほどだったのだとか。失礼しました。フリーは出だしこそミスが続いたものの、後はしっかり立て直し、いい演技を見せてくれました。SPは15位でしたが、フリーは6位で、総合12位。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2018-01-08 12:56 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧