111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
うわ! うっかり抜け落ち..
by noma-igarashi at 23:44
こんにちは! カナクリ..
by noma-igarashi at 18:23
こんばんは。 哉中・ク..
by Disney 鴨 at 20:19
こんにちは。 全日本ジ..
by noma-igarashi at 07:18
こんばんは。 変換ミス..
by Disney 鴨 at 20:56
こんにちは~。 成美ち..
by noma-igarashi at 07:22
こんばんは。 Noma..
by Disney 鴨 at 21:04
>花夢さん こんにちは..
by noma-igarashi at 07:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

カテゴリ:フィギュアスケート( 1583 )

オペラの曲を使ったプログラム⑫(最終回)

オペラの曲を使ったプログラム、最後はペアです。調べた範囲内だと、オペラの曲を使ったペアは1組のみ。スイハンのフリー「トゥーランドット」です。アイスダンスと違って、ペアはSPもジャンルの指定なく曲が選べるんだから、もうちょっといるかなと思ったのだけど、1組だけでした。

五輪シーズンに、優勝候補である中国のカップルが「トゥーランドット」。これはもう、金メダルを狙った選曲ですよね。トリノのしー様以降、日本でも「トゥーランドット」は五輪のメダルを狙うためのプログラムというイメージがありますけど、きっと中国ではそれ以上だろうなと思います。「トゥーランドット」は中国を舞台にしたオペラだし、先輩カップルであるシェンツァオもこのプログラムを滑り、2003年の世界選手権で伝説的な名演技を披露したわけだし。

ただ、シェンツァオが「トゥーランドット」でSPのミスを挽回したのに対して(今の採点システムなら、逆転優勝してた可能性大ですよね)、今回の五輪、スイハンはフリー「トゥーランドット」でミスが出て、SPの順位を守れませんでした。わずか0.43点差で、惜しくも銀メダル。

もっとも、今回の五輪はやはりサフマソ(というかアリオナさん)に金メダルを取ってほしいなと思っていたので、スイハンの結果を残念に思う半面で、ホッとしているところもありましたが。

とにかくスイハンはまだ若いです。次の五輪まで待っても、まだ20代。次の五輪は母国開催だし、金メダルはそこで取ってほしいな。何だったら、そのときもう1回、「トゥーランドット」を滑ってもいいのでは? おおいに盛り上がることと思います。

懐かしくなったので、シェンツァオの伝説の「トゥーランドット」も貼り付けてみます。今見てもすごい。スイハンの演技も迫力十分だけど、シェンツァオもいいですねえ。





[PR]
by noma-igarashi | 2018-05-24 23:06 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

フィギュアあれこれ

今年もフレンズに行くことになりました。8月26日(日)の昼公演です。千秋楽と両方申し込み、こちらだけ当選しました。正直なところ、ダイスケが現役だったころのように「絶対に行きたい!」「何が何でも行きたい!」というほどの熱意はなくなってきていて、すべてハズレならおとなしく諦めるつもりでいました。でも、末席ながら、なんとか当選。行くことになったからには、存分に楽しんできたいと思います。

フィギュア仲間に会えるかもしれないことも、フレンズに行く楽しみの1つです。フレンズそのものがスケーター同士の同窓会というようなイメージもありますが(ダイスケが現役のころは「夏の強化合宿」なんて言われていましたが、今は、お盆の時期に地元で開かれるクラス会みたい)、見に行くほうにとってもそういうところがありますね。

 *

フレンズ以外のアイスショーは、テレビ観戦のみ。情報収集も不十分でして、どのアイスショーがいつ開催されているのか、実はきちんと把握できていません。録画だけして、まだ見られていないものもあるのですが(汗)、今日のPIWは見ました。町田君の解説、いつもながら興味深いですね。

そして、彼自身のプログラムの「ボレロ」、おおいに見せてくれました。演技時間、8分間? すごいですね。ジャンプの本数は少なめでしたが、それでも飽きさせないどころか、ぐいぐい引き込んでしまうところはさすが。最後に登場して、全部持って行っちゃった感じでした。

あのプログラム、またJOでやってくれないかな。JOは見に行こうかなと思っているので、町田君の「ボレロ」も見られたら言うことなしなんだけど。どうだろう?

 *

それと、話題にするのが遅くなりましたが、こづのブレード開発のニュースは素晴らしかったですね。こづ自身がこのブレードについて説明している動画があったので、リンクしてみます(こちら)。

こづはこうして立派な仕事をしてくれているし、町田君はスポーツマネジメントや文化経済学などの学究活動に励んでいるし、織田君は試合の解説の水準を引き上げてくれたし、みんな、それぞれにフィギュア界に貢献していて、頼もしい限り。

ダイスケも、いろんなことに挑戦する中で、「ダイスケといえばコレ!」というものをいずれ見つけてほしいな。そして、それがフィギュア界に貢献(直接でも間接でも)できるようなことなら、なおさらうれしいなと思います。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-05-20 22:42 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

オペラの曲を使ったプログラム⑪――アイスダンス(番外編)

オペラの曲を使ったプログラム、次はアイスダンスをやろうと思っていたのだけれど、調べたところ、2017-2018シーズンにオペラの曲を使ったカップルは0組。あくまでも私が調べた範囲なので、取りこぼしがあるかもしれませんが、主だったカップルがオペラの曲を使っていなかったのは事実ですよね。淋しいなあ…。

以前はもっと使っていましたよね? そんなこともないかしら? 今シーズンはたまたま? なんとな~く、パパシゼがブレークしてから、わかりやすい曲が避けられているような気もしたりして。

試しに、主なカップルだけになりますが、ここ10年ほどでオペラの曲を使ったプログラムを調べてみました。

2006-2007シーズン
ドムニナ・シャバリン「韃靼人の踊り」(イーゴリ公)
デービス・ホワイト「韃靼人の踊り」
ウィーバー・ポジェ「ある晴れた日に」(蝶々夫人)


2007–2008シーズン
カッペリーニ・ラノッテ「椿姫」

2008–2009シーズン
ベルビン・アゴスト「トスカ」
デービス・ホワイト「サムソンとデリラ」


2010-2011シーズン
シニツィナ・ジガンシン「サムソンとデリラ」

2011-2012シーズン
デービス・ホワイト「こうもり序曲」(こうもり)

2012–2013シーズン
カッペリーニ・ラノッテ「カルメン」
ヴァーチュー・モイア「カルメン」


2013-2014シーズン
シニツィナ・ジガンシン「ノルマ」

というわけで、2014-2015シーズン以降は見つかりませんでした。そして、2014-2015シーズンというと、パパシゼがシニア2年目で世界チャンピオンになったシーズン。うーむ。私の推測は、当たらずといえども遠からず? 昔は「カルメン」で五輪の金メダルを取ったカップルもいたのにね。オペラの曲、私としては、もうちょっと使ってほしいな。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-05-18 00:11 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

オペラの曲を使ったプログラム⑩―「カルメン」クイズ付き

すでにご紹介したように、2017-2018シーズンは5人の女子選手が「カルメン」を使用していました。その5選手は以下のとおりです。

ガブリエル・デールマン(カナダ) SP
エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン) SP
カレン・チェン(アメリカ) フリー ※シーズン前半のみ
イヴェット・トース(ハンガリー) フリー
アニータ・オストルンド(スウェーデン) SP


あまり印象に残っていない選手もいたため、動画で演技を確認してみたところ、なんと! 5人全員に共通点がありました。クイズにしちゃおっと。正解はどれだと思います? 正解だと思うものをクリックしてみてくださいませ~。

(1)全員が赤い衣装を着ている
(2)全員のプログラムが「ハバネラ」で始まる
(3)全員がプログラムの中で3T-3Tを跳んでいる

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2018-05-15 23:18 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

オペラの曲を使ったプログラム⑨

オペラの曲を使ったプログラム、今回は本田真凜選手のフリー「トゥーランドット」です。
ただ、どうも厳しいことばかり書いてしまいそうで、あまり気が進まなかったりして(汗)。彼女、なんであの曲にしたんでしょうね? SPよりフリーを変えたほうがよかったのに。五輪シーズンだから「トゥーランドット」という選択は、わからないでもないけれど、正直なところ、何を演じたいプログラムなのかよくわかりませんでした。

彼女のイメージって、どう考えてもトゥーランドット姫じゃないですよね。けなげなリューのほうを演じるのであれば、アリかなと思えるけれど、衣装も曲の選択も、そういうふうではなかったし。せっかくの彼女の軽やかさが生かせなくて、もったいないなと思いました。かろうじて、男性ではなく女性ボーカルを使ったのが救いでしたが、ああいう声のボーカルなら、もっともっと彼女に似合う曲がありそうなのにな。来シーズンは、環境も大きく変わって、今シーズンの記憶を吹き飛ばすような演技を見せてくれることを期待したいです。

動画のチョイスは、ちょっと迷いましたが、リューのアリアの動画にしました。歌っているのはバルバラ・フリットリ。1998年の紫禁城公演の映像です。





[PR]
by noma-igarashi | 2018-05-11 23:07 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

オペラの曲を使ったプログラム⑧

オペラの曲を使ったプログラム、今回は宮原知子選手とエリザベッタ・ レカルディ選手(イタリア)の「蝶々夫人」を取り上げます。「蝶々夫人」って、日本人選手ばかり演じているイメージがあったのですが、外国の選手もちゃんと使っているんですね。例えば「トゥーランドット」は中国の選手でなくても使っているし、「カルメン」に至っては世界中の選手が演じているわけなので、「蝶々夫人」もいろんな国の選手に使ってもらえたらうれしいな、と思います。

ただ、日本人選手が演じる場合、着物ふうの衣装のことが多くて、個人的にはそこがイマイチ。その点、さっとんの「蝶々夫人」は着物っぽさがほとんどなく、私としてはありがたかったです。レカルディ選手はというと、和風のところなんか全然ない衣装でした。日本人選手だって、それでもいいんじゃないかしらん。

「蝶々夫人」というオペラ、私はさほど好きなわけではないのですが(どの登場人物にも共感度が低くて…)、おととし、ミラノ・スカラ座が112年ぶりに初演版を上演。去年、NHKがそれを放送していたので、見てみたところ、だいぶ印象が変わりました。初演版では、蝶々夫人とピンカートンの出会いのシーンがくわしく描かれているんですよね。その出会いというのは、ロマンチックな要素は全然なく、ピンカートンはお金の力で蝶々さんを身請けするし、蝶々さんのほうは、「こうしてあなたのものになるからには、全身全霊で愛するように努めます」みたいなことを言う。なんか、すごく納得できました。よく知られているほうの「蝶々夫人」だと、最初からラブラブじゃないですか。でも、あのように心境を説明されることで、私としては腑に落ちたし、共感もできました。

さて、さっとんの演じる蝶々さんは、毅然としていて、芯が強そうで、そんな蝶々さんのイメージにぴったりでした。蝶々さんって、決してかよわい女性じゃないんですよね。そこのところも初演版を見たことで、ずっとわかりやすくなりました。さっとんはそんな蝶々さんを見事に演じてくれたと思います。五輪のときの動画を貼り付けましたが、ジャンプの軽やかさもすごくいいです~。

一方、レカルディ選手のほうは、イタリア選手権の動画をリンクしておきますね(こちら)。「蝶々夫人」の曲を使ってはいるものの、あまり蝶々さんらしさにこだわっているわけではないのかなと思っていたら、最後に自決するポーズが…。うーむ。ほかのプログラムでも、そういうポーズが組み込まれることがちょくちょくありますが(ロミジュリとか)、どうも安易に見えてしまうきらいがあるような。

オペラの動画も貼り付けておきますね。さっき書いたスカラ座の初演版「蝶々夫人」で、タイトルロールのマリア・ホセ・シーリが「ある晴れた日に」を歌うシーンがありました。よかったらどうぞ。





[PR]
by noma-igarashi | 2018-05-09 20:16 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

オペラの曲を使ったプログラム⑦

オペラの曲を使ったプログラム、次回から女子を取り上げます。今回はその予告編。調べたところ、2016-2017シーズンの女子のプログラムの中で、オペラの曲が使用されていたのは以下のとおりでした(ほかにもあったら、ぜひぜひコメント欄までお知らせください)。

こうして見ると、「カルメン」が多いですね。イメージがはっきりしているから、演じやすいのかな? よく知られた曲が満載のオペラでもあるし、プログラムにしやすいという面もありそうです。

本田真凜 (日本) フリー 「トゥーランドット」

宮原知子(日本) フリー 「蝶々夫人」
エリザベッタ・ レカルディ(イタリア) フリー 「蝶々夫人」

ガブリエル・デールマン(カナダ) SP 「カルメン」
エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン) SP 「カルメン」
カレン・チェン(アメリカ) フリー 「カルメン」 ※シーズン前半のみ
トース・イヴェット(ハンガリー) フリー 「カルメン」
アニータ・オストルンド(スウェーデン) SP 「カルメン」


次回から、順に見ていきたいと思います。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-05-07 23:14 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

オペラの曲を使ったプログラム⑥

オペラを使ったプログラム、男子シングルの最後は、フェリペ・モントーヤ選手(スペイン)のSPです。使用曲は、パーセル作曲のオペラ「アーサー王、またはイギリスの偉人」の第3幕で歌われる「汝は如何なる力か」。

正直なところ、モントーヤ選手のSPがオペラだったと知っても、プログラムそのものをすぐには思い出せなかったし、「アーサー王、またはイギリスの偉人」という題名を見ても、「えっ!? そんなオペラがあったの」と驚いてしまうありさま。すみません、全然知りませんでした(汗)。

ただ、実際にモントーヤ選手のSPを見てみたところ、「あ、この曲なら聞いたことがある!」と思いました。「コールド・ソング」という別名で呼ばれることが多く、最近(でもないか。1983年とのことなので)では、クラウス・ノミが歌ったことで広く知られているようです。

そもそもこのオペラは、アーサー王が、敵のサクソン王に捕らわれた婚約者エメリン姫を救出する、というもの。「コールド・ソング」を歌うのは、サクソン王下の魔術師オズモンドで、エメリン姫に言い寄ろうとして断られ、落胆のあまり、魔法であたりを凍てつかせてしまいます。そこに愛のキューピットが現れ、愛の力で凍てついた世界を溶かそうとするのに対して、魔術師オズモンドのほうは「このまま凍てついて死んでしまいたいのだ」と、この歌で応じる、ということのようです(多分)。

Yahoo!知恵袋に簡単な説明があったほか(こちら)、「オペラ対訳プロジェクト」にも、ちゃんと全編の日本語訳がありましたよ。素晴らしい~! この歌の訳が載っているページをリンクしておきますね(こちら)。

モントーヤ選手のSPの動画と、実際の舞台でこの歌が歌われている動画を張り付けておきますね。オペラの動画は、ザルツブルク音楽祭のもののようです。いかにもこの音楽祭らしい、ちょっと斬新な演出ですが、どういう場面なのかがよくわかります。独特のあの歌い方は、寒くて震えているということなんですね。





[PR]
by noma-igarashi | 2018-05-02 23:18 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

オペラの曲を使ったプログラム⑤

オペラの曲を使ったプログラム、そろそろ女子に移ろうかなと思っていたところ、男子のプログラムにまだ該当するものがあったと判明。ミーシャ・ジー選手のフリーと、フェリペ・モントーヤ選手(スペイン)のSPです。それぞれ以下のとおり。

(選手名) (曲名) (オペラの題名) (作曲者)
ミーシャ・ジー 「瞑想曲」(タイス) マスネ
フェリペ・モントーヤ 「汝は如何なる力か」(アーサー王、またはイギリスの偉人) パーセル


「タイスの瞑想曲」って、オペラの中の曲だったんですね。恥ずかしながら、まったく気づいておりませんでした(汗)。マスネ作曲の「タイス」の第2幕で、第1場と第2場の間に演奏される間奏曲です。曲自体はよく知られていて、単独で演奏される機会も多いですが、オペラ「タイス」のほうはそれほどは上演されていないのではないかしらん。

この機会に調べたところ、オペラ「タイス」の舞台はビザンチン帝国統治下のエジプト(…って、いつごろだっけ? とさらに調べたところ、4~7世紀だとか)。タイスというのはそのころのエジプトの高級娼婦で、彼女を主人公にしたアナトール・フランスの小説「舞姫タイス」をもとに作曲されたのが、オペラ「タイス」なのだそうです。あらすじはこちらをどうぞ。

オペラ全編の動画があったので、リンクしてみますね(こちら)。その中でも、「タイスの瞑想曲」が始まるのはこちら。なるほど、瞑想してるってことなのか・・・

ミーシャの演技の動画も貼り付けておきますね。



もう1つ、フェリペ・モントーヤ選手のSPについては、また別記事で。オペラ「アーサー王、またはイギリスの偉人」なんて知らない~!と思いましたが、聴いてみたら、モントーヤ選手の使用曲自体はそれなりに知っている曲でした。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-04-26 23:18 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

オペラの曲を使ったプログラム④

オペラの曲を使ったプログラム、今回は佐藤洸彬選手の「セビリアの理髪師」を取り上げます。フィガロが歌う「私は町の何でも屋」→序曲→再び「私は町の何でも屋」という構成かな? 「セビリアの理髪師」は、オペラ全体が明るい曲に満ちていますが、佐藤選手のプログラムもこのオペラの持つ楽しい雰囲気をうまく伝えていますよね。

どの動きも音楽によく合っているなあと思いますが、いちばんの見せ場は、やはりスピンかな? 早口言葉のような「フィガロフィガロフィガロ…」に合わせたコンビネーションスピン。あの部分にスピンを持ってくるのはいいアイデアですよね。ぴったり。下に貼り付けた全日本の動画でも、西岡アナが「こだわりのスピン」「音に合わせます」「この動き!」と熱を込めて実況しています。

でも、それ以外のところもうまく音楽を使っているなと思います。ジャンプに入る前は、わくわくと期待を高めるような曲が使われているし(中盤の3S、3Lzを跳ぶところが好き)、随所に軽く跳ねるような振付が取り入れられ、全身でこの曲を表現していて見飽きないです。

オペラの動画は、どれをご紹介しようか迷いましたが、「私は町の何でも屋」はマルクス・ウェルバのものを選びました。すっかりお見限り状態になってしまいましたが、一時期、入れ込んでいたバリトン歌手です。なんと、いつの間にか日本語ウィキペディアに紹介ページもできていましたよ(こちら)。

もう1つ、オペラ全編の動画も貼り付けておきますね。ちょっと映像がよくないですが、すごいですよ。1981年のミラノ・スカラ座日本公演ですって。NHKが放送したもので、日本語字幕が入っています。フィガロがレオ・ヌッチ、伯爵がフランシスコ・アライサ、音楽教師のドン・バジーリオがフェルッチョ・フルラネットですって。うわお、豪華だあ~。おまけに、指揮者はクラディオ・アバド。見たかったなあと思うけど、1981年となると、ちょっと無理。まだまったくオペラに興味がなくて、20年後にはオペラが好きになるよと予言されても、「うっそー」と思ったに違いないぐらいなので。これ、少しずつ見ようっと。








[PR]
by noma-igarashi | 2018-04-24 23:51 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧