111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
見てくださってありがとう..
by noma-igarashi at 08:57
↑ のデータ、ありがとう..
by sasha_2006 at 11:40
こんにちは~。 試しに..
by noma-igarashi at 22:43
こんにちは^^ 女子の..
by sasha_2006 at 08:19
こんにちは~! うれし..
by noma-igarashi at 12:11
こんにちは。さっとんへの..
by sasha_2006 at 09:26
こんにちは! スケアメ..
by noma-igarashi at 19:27
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 22:54
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

2018年 10月 21日 ( 1 )

スケアメ感想(男子SP)

スケアメの感想、まずは男子SPから。主な選手だけでゴメンナサイ。男子SPは、先に結果だけ確認。その後、テレビの録画で演技を見ました。

ジュリアン・ジージエ・イー選手(マレーシア) 81.52点(3位)

SP3位という驚きの結果に、演技を見るのを楽しみにしていました。冒頭の4S、うわ~、きれいに決まった~! すでに結果を知っていても、感動的。すっごく自然に決まりましたよね。織田君の解説によると、今シーズンからSPの単独ジャンプは「ステップからただちに跳ぶ」という縛りがなくなったので、この跳び方でも評価されるのだとか。次の3Aも着氷! 跳ぶ前の構えがちょっと長めかなと思うけど、別段問題はないと思います。後半に入って、コンボは3F-3T。これはフリップに!マークがついちゃったんだね。にしても、すごくいい演技。出ましたよ、81.52点! 素晴らしいGPSデビュー戦になりました。

問題は、これでプレッシャーがかかり、フリーでぼろぼろになること。ただ、それも経験だよね。飛びっきりのうれしさも、苦い思いも、みんなが経験してきたことをひとつひとつ味わって、自分の糧にしていってほしいです。

ミハル・ブレジナ選手(チェコ) 82.09点(2位)
ミハルも28歳。いつの間にか、「ベテラン」と言われる年齢になったんだねえ。おっと、腰に悪そうな振り付けから演技スタート(←こんな感想でスミマセン。腰痛でダウンしていた直後なもので…)。4S-3T、きれいに決まったあああ! 織田君いわく「高さがあり、きれいなジャンプでした。今シーズンから4回転の基礎点自体は下がったものの、きれいに跳べば加点がたくさんつくようになったので、昨シーズンまでより高得点になります」とのこと。納得。今年もわかりやすい解説をありがとう! 

しかし、4S-3Tはきれいに決まったのに、なんとフリップがパンクして1回転に。あちゃー。こういうミスがなくなればねえ…。最後の3Aは見事な出来でした。わお、最後のポーズも腰に悪そう。始まりのポーズと対になってる感じですね。ジャンプ1つノーカンになった割には、82.09点でジュリアンを上回りました。PCSの差ですね。

ヴィンセント・ジョウ選手(アメリカ) 76.38点(6位)

結果を知った上で演技を見たので、3つのジャンプは、見るからに着氷が乱れたのかと思っていました。実際に見てみると、4Lz3-Tの着氷がちょっと荒かったかなというぐらいで、4Fも3Aもきれいに成功したかに見えたのに…。お客さんだって、演技後、すごい声援でしたよね。54.41点にもなっていたカウンターが、リンクを引き上げるころには下がりかけていたけれど、いざ点数が出てみると、TESはまさかまさかの54.41点→38.52点。えええ~! 総合得点は76.38点で、80点にも乗らず。これって、日本人選手がNHK杯で同じような事態になったら、暴動が起きかねないレベルでは・・・ うーん、改正ルールは回転不足に厳しい!

ネイサン・チェン選手(アメリカ) 90.58点(1位)
今シーズンのSPは「キャラバン」。お! なんかカッコいいじゃないですか? ダイスケファンとしては、この曲は評価のハードルが高くなってしまうところだけど、いいですよ、これは。衣装もいいし、振り付けもおしゃれ~。ジャンプは3Aから。決めた~! 次の4Fは着氷が乱れてしまったけど、なんとか降りた。コンボは3Lz-3T。なんか、ネイサンがこんなコンボを跳ぶの、久しぶりに見るような気がする。ルール変更に合わせて、出来栄え重視という作戦なんでしょうか。何にしても、クワドだらけよりもホッとできました。

ステップシークエンス、動きがすごくいいですねえ! 上体も足元も動く動く。ノリノリで踊りこなして、お客さんをちゃんと盛り上げているのはお見事。東京ブロックで新葉ちゃんの演技を見たときにも思ったことだけど、上手な選手って、こういう難しい振り付けをあっさりものにして、ちゃんと踊りこなしてしまうんですよねえ。素晴らしい。点数は90.58点。クワドが1つだけで、その着氷が乱れたわけだから、こんなものかな。でも、すごくいい演技でした。このSP、彼のこれまでのプログラムの中で私はいちばん好きだな。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-10-21 16:40 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧