111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。 試しに..
by noma-igarashi at 22:43
こんにちは^^ 女子の..
by sasha_2006 at 08:19
こんにちは~! うれし..
by noma-igarashi at 12:11
こんにちは。さっとんへの..
by sasha_2006 at 09:26
こんにちは! スケアメ..
by noma-igarashi at 19:27
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 22:54
(見てくださっているかど..
by noma-igarashi at 19:01
美輪さん、こんにちは~。..
by noma-igarashi at 23:15
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

2018年 08月 02日 ( 1 )

「結婚行進曲」聴き比べ

この暑いのに、暑苦しそうな話題でスミマセン。(;^_^A
いえね、季節柄、「真夏の夜の夢」のことを考えていたんです。いわずと知れたシェイクスピアの戯曲ですが、そういえば、オペラにもなっていたっけ。メンデルスゾーン? ……と思ったけど、違いました。ブリテンですね。

メンデルスゾーンが作曲した「真夏の夜の夢」は、オペラじゃなくて、演奏会用序曲及び劇付随音楽なんだとか。何にしても、「結婚行進曲」がすごく有名です。で、結婚行進曲といえばもう1つ、ワーグナー作曲の「婚礼の合唱」も結婚式の定番です。どちらも、1858年のプロイセン王太子フリードリヒ3世とイギリス王女ヴィクトリアの結婚式で初めて「結婚行進曲」として演奏されたのだとか。

といわけで、「真夏の夜の夢」→「結婚行進曲」に関心が移りまして、いい動画がないかなと思って、探してみたような次第。まずはメンデルスゾーンの「結婚行進曲」ですが、アバド指揮、ベルリンフィルの動画がありました。


メンデルスゾーン「結婚行進曲」 アバド指揮、ベルリンフィル


この「結婚行進曲」は、「真夏の夜の夢」に出てくる2組のカップル(ライサンダーとハーミア、ディミトリアスとヘレナ)の結婚式ということですよね? 華やかで、ちょっと幻想的なところもあり、いかにも「真夏の夜の夢」という雰囲気です。

これに対して、ワーグナーの「婚礼の合唱」は、オペラ「ローエングリン」の第3幕、エルザと騎士の結婚式の場面で歌われます。こちらのカップルは、結婚はするものの、あっという間に破局を迎えてしまうから、あまり縁起がよくないんですよね。にもかかわらず、日本ではメンデルスゾーンのものより頻繁に使われている(ように思う)わけですが、厳かな雰囲気が日本の結婚式向きなのかな?

これもアバド指揮のものがあったので、ご紹介してみます。「婚礼の合唱」から始まるようにリンクを張りましたが、オペラ全編を見ることができる動画なので、よかったらどうぞ。ローエングリン役はドミンゴですって。

ワーグナー「ローエングリン」より「婚礼の合唱」 アバド指揮、ウィーン国立歌劇場

さて、「結婚行進曲」というと、この2曲が突出して有名ですが、個人的にもう1曲、「これも絶対に結婚行進曲だよね」と思っているオペラの曲があります。こちら(↓)

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2018-08-02 22:57 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧