111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは。 コメント..
by noma-igarashi at 22:50
安倍政権支持者のSEだが..
by 名無し at 08:02
こんにちは! さっとん..
by noma-igarashi at 19:18
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 21:53
こんにちは。 デニス・..
by noma-igarashi at 06:59
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 21:12
こんにちは~。 まあホ..
by noma-igarashi at 21:45
いろいろにぎやかだったん..
by ニルギリ at 13:30
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

2018年 04月 14日 ( 1 )

(和訳)世界選手権総括記事(宇野昌磨選手について)

大変お待たせしました。フランスのフィギュアサイト「Passion-Patinage」に掲載されている世界選手権の総括記事の中から、ショーマに関する部分を訳してみました。例によってややこしいところはテキトーなので、なにとぞご容赦を。

冒頭、いきなりネイサン・チェンの話が出てくるのは、この記事が、ネイサン→ショーマ→コリヤダ…と続いていく構成だからです。「ネイサンが次々に4回転ジャンプを成功させ、ぶっちぎりで優勝した」という話題からのつなぎの一文とお考えください。
原文はこちら


ネイサン・チェンがすべての4回転ジャンプを成功させたら、大半の選手たちは太刀打ちできず、無力感に襲われることになるだろう。宇野昌磨の場合、足のけがの影響でSPは安定感を欠いた内容となった。フリーでも、プログラムの冒頭はミスが続いた。4Lo、4Fを試みて転倒し、4Tではよろめいてしまった。しかし、演技終盤になって、持ち前の底力を発揮する。4T-2T、3A-1Lo-3F、3S-3Tという3つのコンビネーションジャンプを成功させたのだ。これによって、昨年の世界選手権、平昌オリンピックと同様、最終的に銀メダルを獲得した。宇野は並外れた戦闘能力を持ってはいるが、今後は長期的な視点に立って体調管理に努め、常に安定したコンディションで戦っていけるように心がけることが必要だ。

[PR]
by noma-igarashi | 2018-04-14 08:16 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧