111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
うわ! うっかり抜け落ち..
by noma-igarashi at 23:44
こんにちは! カナクリ..
by noma-igarashi at 18:23
こんばんは。 哉中・ク..
by Disney 鴨 at 20:19
こんにちは。 全日本ジ..
by noma-igarashi at 07:18
こんばんは。 変換ミス..
by Disney 鴨 at 20:56
こんにちは~。 成美ち..
by noma-igarashi at 07:22
こんばんは。 Noma..
by Disney 鴨 at 21:04
>花夢さん こんにちは..
by noma-igarashi at 07:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

2018年 03月 06日 ( 1 )

2月中に読んだ本

人質の朗読会

小川 洋子/中央公論新社

undefined

人質の朗読会(小川洋子) 評価:★★★
(あらすじ)南米で起きたテロ事件で、人質の日本人8人が全員死亡する。遺された盗聴テープには、人質たち一人ひとりが朗読する、自らの人生の「物語」が録音されていた。
…という、ちょっと不思議な設定の短編集。すごくよかったです。人質8人がそれぞれ過去の思い出を語り、最後に死亡当時の職業と年齢が書かれているので、「ああ、この人、こんな立派な大人になったんだ。よかった!」とうれしくなる一方で、でもすぐに、「そうか、人質全員が殺されたんだから、この人はもう生きていないんだ…」とせつなくなる。小説だとわかっていても、そんな感情を喚起される作品でした。

キトラ・ボックス

池澤 夏樹/KADOKAWA

undefined


キトラ・ボックス(池澤夏樹) 評価:★★
(あらすじ)奈良天川村‐トルファン‐瀬戸内海大三島。それぞれの土地で見つかった鏡は同じ鋳型で造られていた。なぜウイグルと西日本に同じ鏡があるのか。その謎を追う大学教授・藤波三次郎とウイグル出身の女性・可敦(カトゥン)。1300年の時空を超える考古学ミステリ。
「アトミック・ボックス」の続編的な作品。ウイグル出身の女性・可敦(カトゥン)以外は、「アトミック・ボックス」でおなじみの登場人物が勢ぞろい。私としては「アトミック・ボックス」のほうが面白かったけれど、これはこれで楽しめました。

5年3組リョウタ組 (角川文庫)

石田 衣良/KADOKAWA

undefined

5年3組リョウタ組(石田衣良) 評価:
(あらすじ)希望の丘小学校5年3組、担任は今どきの若者・中道良太。いじめ、DV、パワハラに少年犯罪など、教室の内外で起こる問題に青年教師がぶつかっていく。
この作者の作品を読むのは初めて(多分)。キャラもストーリーも、つくりすぎでは? 共感できる登場人物がいなくて、あまり面白いと思えませんでした。

(132)トップスケーターのすごさがわかるフィギュアスケート (ポプラ新書)

中野 友加里/ポプラ社

undefined

トップスケーターのすごさがわかるフィギュアスケート(中野友加里)
オリンピック直後に図書館で見かけて、読んでみました。あまり目新しい話はなかったかな。彼女の現役時代のできごとを、もうすでに「古い」と感じてしまうんだなあ…。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-03-06 23:01 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧