111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは! コメントあ..
by noma-igarashi at 21:49
こんにちは、以前にもコメ..
by かのこ at 01:33
こんにちは。 ご指摘あ..
by noma-igarashi at 19:36
おはようございます。お久..
by Disney 鴨 at 10:23
いらっしゃいませ。 コ..
by noma-igarashi at 19:36
こんにちは。こちら、ロシ..
by tarukosatoko at 07:44
こんにちは! 全日本は..
by noma-igarashi at 11:23
こんにちは。 現地観戦..
by sasha_2006 at 14:07
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

2018年 01月 15日 ( 1 )

腰痛のときにアイスダンスを見ると…

今年もまた、腰痛でダウンしてしまいました。昨日の朝、突如として痛みに襲われ、丸一日静養していたものの、改善せず。仕方なく、今日は休みを取り、病院へ行ってきました(腰痛にはペインクリニックをおススメします!)

そんなわけで、この2日間は主に横になって過ごしましたが、そればかりでは飽きてしまうため、たまに起きて、椅子にすわった状態でテレビを見たりもしました。椅子にすわっているのは、べつだん苦痛ではないので(立ち上がるときが大変だけど…)。

見ていたのは、撮りためた録画の数々。年末年始の番組とか、まだ見終わっていなかったGPSの録画とか。ただ、腰痛のときにアイスダンスを見るのは、あまりよくないですね。演技に集中したくても、リフトになると、「うわ~! このリフトも、あのリフトも、めっちゃ腰に悪そう~!」と思ってしまうんです(汗)。ペアのリフトは高く持ち上げるから、それほどでもないんだけど、アイスダンスのリフトはほんっと、男性の腰にばかり目が行ってしまいます。

ただ、そんな中で唯一、まったくそんなふうに思わなかったカップルがいます。パパダキス・シゼロンの演技。どういうのかな、あらゆる要素がすごく自然で、「頑張って難しいリフトをしている」と感じさせないんです。気がついたら演技が終わっていた――まさにそんなふうでした。腰痛になったことで、彼らの素晴らしさを改めて実感することになるとは。1つでも収穫があったのはめっけものでした。

(さて、明日は何とか出社しなくては)
[PR]
by noma-igarashi | 2018-01-15 21:55 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧