111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。 まあホ..
by noma-igarashi at 21:45
いろいろにぎやかだったん..
by ニルギリ at 13:30
>Disney 鴨さん ..
by noma-igarashi at 23:06
>yunnanさん こ..
by noma-igarashi at 23:04
こんにちは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 14:33
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 23:31
こんにちは~! 動画、..
by noma-igarashi at 07:23
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 21:28
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

2018年 01月 06日 ( 1 )

全米女子フリー感想(最終グループのみ)

全米、男子SPを見終わる前に女子フリーを見ちゃったので、先に女子フリーの感想から書きますね。最終グループの選手だけでごめんなさい。

マライア・ベル選手
よかった、最終グループは6人なんですね。SPは各グループ5人ずつで、彼女はSP6位だったから、1つ前のグループになるのかなと思っていました。やっぱりフリーは最終グループに加わらないとね。見るほうとしても盛り上がり方が違うし、選手自身も気合の入れ方が違うだろうなと思います。
SPではコンボが乱れてしまいましたが、フリーではしっかり決めてきました! 3Lo、3Sも成功。わお、気合が入っていますねえ! 後半に入ってからも次々にジャンプを降り、スパイラルでは笑顔が見られました。これはパーフェクトだな! 思った矢先に、なんと、最後の2Aで転倒。あちゃ~。惜しい~。演技が終わるや、本人も「やっちゃった」というような仕草。ほんっと、もったいなかった。仮にパーフェクトでも順位は変わらなかった可能性もあるけれど、やっぱり決めたかったところですよね。総合192.34点、最終順位は5位。

アシュリー・ワグナー選手
ああ、ドキドキする~。アシュリーには五輪に行ってほしい、そのためには、やはり3位以内に入っておいてほしい。さあ、どうか? プログラムは初披露の「ラ・ラ・ランド」。衣装がかわいい。そうなのよ、カッコいいのもかわいいのも似合っちゃうのがアシュリーなのよ。
アシュリーも気合が入っていました。2A、3F-3T、2A-2Tと、次々にジャンプ成功! ああ、しかし、後半に入って、3連続の3つめが1Sになっちゃった~。うううう。それ以外にも、エッジエラーや回転不足を取られたジャンプもあったようで、点数は200点に届かず。これはキビシイか? でも、すごく素敵なプログラム、素敵な演技。本当に魅力的で、応援したくなる選手だなと今さらながらに感じ入りました。196.19点、最終順位は4位。

アンジェラ・ワン選手
冒頭の3F-3T、決めたー! 出てくる選手、出てくる選手、気合の入り方が違います。3Lz、3Loも成功! 1つ1つ、すごく丁寧な印象。これは神演技くるか?と思っていたら、3Fの着氷が若干乱れた後、今度はサルコウが2回転に。あ~、せっかく3Fでこらえたのに~。もったいない。途中から点数の伸び方も鈍ってしまいました。188.01点で、最終順位は7位。

長洲未来選手
さあ、未来ちゃん。10年ぶりの優勝なるか? ガンバ~!! 今日も6分間練習ではすごくきれいな3Aを決めていたから、期待が高まります。が、しかし、本番の3Aはちょっと乱れた~! とはいえ、すっぽ抜けたり転倒したわけじゃないから、挑戦した価値は十分アリ。3F-3Tはきれい、3Sも成功。よっしゃー! 後半に入って、2A-3T-2Tの3連続成功。3Lzはちょっと危なかったけど、ちゃんとセカンドに2Tをつけた。あともうちょっとだよ。ガンバ、ガンバ! 3F決めた、最後の3Lo降りてガッツポーズ。うわーん。本気で泣けてきたんですけどおおお。演技が終わって、本人も涙。会場、大歓声。素晴らしかったよおおお。え、回転不足がありそうなんですか? どうかごっそり点数が減りませんように。さあ、どうか? おお、結構出た、213.84点! あとは優勝できるかどうか。

カレン・チェン選手
最終グループの中では、大崩れがいちばん心配だったのが彼女。SPは何とかまとめてきたけど、長丁場のフリーはどうかなあ。ドキドキしながら見守る中、冒頭の3Lz-3T! でっかああああ~い! いつもにも増して、どこまで跳んでいくんだというような幅と高さ。すごいです。ただ、このジャンプが大きければ大きいほど、ちょっとしたことで崩れそうにも思えて、不安にもなるんですよね。しかし、しかし、彼女も気合十分。飛ぶジャンプ、跳ぶジャンプ、次々と降りていきます! これは今度こそパーフェクト? …と思いかけたら、ああ、3Sがちょっと乱れた! でも、これぐらいなら大丈夫。ミスはこれだけ! カウンターが1位(未来ちゃん)と同じぐらいの点数になっていて「おおお!」と思ったんですが、見ているうちにだんだん減っていきました。回転不足がいくつかあった模様。198.59点で、その時点で2位。200点には届かなかったけど、メダルには届いた! 

ブレイディ・テネル選手

最終滑走はテネル選手。この状況で最終滑走は緊張するだろうなあと思うんだけど、すごく落ち着いて見えました。安定感バツグンで、失敗しそうな気がしないです。そして、実際にもまったく失敗しないんですよね。すごいことだと思うんだけど、あまりにも安定していて、「ちょっとつまんない」と思ってしまった(すまん)。見ているほうとしては、未来ちゃんやカレンのときのような、勢いやパワーやドラマをつい求めてしまうのよ。でも、ほんっとに危なげなくて、すごいことだと思いました。カウンター、未来ちゃんを超えました。そして、彼女の場合は全然下がらない。219.51点で1位! もちろん納得の結果です。優勝おめでとう!

さて、五輪の代表、どうなるでしょう。テネル選手はまず間違いなくて、未来ちゃんも恐らく大丈夫。3人目はカレンか、アシュリーか。アシュリーに出場してほしい気持ちはあるけど、3枠を確保したのはカレンの活躍が大きかったわけだし、今回も3位なんだし、やはりカレン? どうなるでしょう。ううう、ドキドキする~!
                                              
[PR]
by noma-igarashi | 2018-01-06 19:36 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧