111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。 まあホ..
by noma-igarashi at 21:45
いろいろにぎやかだったん..
by ニルギリ at 13:30
>Disney 鴨さん ..
by noma-igarashi at 23:06
>yunnanさん こ..
by noma-igarashi at 23:04
こんにちは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 14:33
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 23:31
こんにちは~! 動画、..
by noma-igarashi at 07:23
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 21:28
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

2006年 01月 08日 ( 1 )

プロスケーティング1

昨日書いたGAORAの番組「プロスケーティング1」、見てみました。
「プロスケーティング」とはいいつつ、フィギュアスケートと体操がセットになっていました。つまり、リンクの一部に敷物(?)がしてあり、そこに鉄棒やら平均台やらが置かれていて、体操選手はそこで演技をするわけです。で、スケーターは残りのスペースで演技する、と。スケーターと体操選手が交互に演技したり、一緒に演技したりというアイスショーでした。

フィギュアのほうで出場したのは、エルビス・ストイコ、佐藤有香・ダンジェンのペア(ただし、佐藤有香さんが1人で滑るほうが多かった)、スティーブン・カズンズ、ブライアン・ボイタノという顔ぶれ。ただし、私、後者2人は知りませんでしたが。というか、エルビス・ストイコも久しぶりに見たので、「あれ、こんな顔だったっけ?」と思ってしまいました。もうちょっとカッコよくなかったでしたっけ?(ファンの方、ゴメンナサイ)。

体操のほうは全然くわしくないんですが、体操を熱心に見たのは、かつて日本の男子選手が強かったころ。というと、ミュンヘン五輪のころですか(古い…)。で、この間のアテネ五輪で体操が話題になったから、久しぶりに見てみたら、技がめちゃめちゃ高度になっていてびっくり仰天。感心するというより、「ひえええ、こんなことまでしちゃうのおおお~!」と肝を冷やすことしばしば。それでいうと、今回の番組の体操は、かなり昔のレベルだったので、安心して見られました(…って、全然褒めてない? でも、見て楽しむ分にはそのぐらいのレベルでいいです、私)。

比較すると、フィギュアのほうが現在のレベルに近かったように思います。プロのスケーターは、プロになった時点で技が止まっちゃう(たとえば3回転の全盛時代に選手だった人は3回転までしかできない)ものだと思うけど、ストイコはちょっと前の選手だし、当時、確か4回転も跳んでいましたしね。この番組で4回転を披露したわけではないけれど(たぶん)、どの選手も「やっぱり昔の選手だなあ…」と物足りなく感じるようなことはなく、ショーアップされた演技が楽しめました。

見やすい時間帯なので、来週も見てしまいそうです。
[PR]
by noma-igarashi | 2006-01-08 11:57 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(1)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧