111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
(見てくださっているかど..
by noma-igarashi at 19:01
美輪さん、こんにちは~。..
by noma-igarashi at 23:15
この動画、音は後付けです..
by 美輪@brownycat at 08:46
どうぞよろしくお願いしま..
by noma-igarashi at 23:39
返信ありがとうございます..
by 短歌について at 22:03
こんにちは。コメントあり..
by noma-igarashi at 20:05
突然失礼します。 20..
by 短歌について at 23:49
こんにちは。コメントあり..
by noma-igarashi at 08:21
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

来秋のミラノ・スカラ座公演

というわけで、「つぶろぐ」でつぶやいたように、サントリーホール「ドン・ジョヴァンニ」の千秋楽チケットは確保しました。初日のチケットをどうするかは、一般発売までに考えます。

で、まあ、「ドン・ジョヴァンニ」はそれでいいんですが、来年行きたい公演に関して、ほかに気がかりなことが生じてしまいました。ウィーン国立歌劇場「コシ・ファン・トゥッテ」の会場で、例によって山ほどチラシをもらったのですが…。

その中のチラシによると、来秋のミラノ・スカラ座公演の予定キャストとして、従来から名前のあったルネ・パーペに加え、サミュエル・レイミーの名前が加わっているではありませんかっ!! ついでに、少し前にこのブログで話題になったヨハン・ボータの名前も…(滝汗)。ご覧あれ。こちらが証拠です(下のほう)。



ミラノ・スカラ座の来日公演は、「ドン・カルロ」「アイーダ」の2演目。私がより高い関心を持っているのは「ドン・カルロ」のほうなんですが、「予定される出演者」のうち、誰が「ドン・カルロ」に出るかはまだわかりません。しかしながら、調べてみたところ、ルネ・パーペは「ドン・カルロ」のフィリポ2世がレパートリーに入っています。また、サミュエル・レイミーも、「ドン・カルロ」のフィリポ2世を演じたことがあります(DVDを持ってます。息子のドン・カルロがパヴァロッティという信じられないキャスト…。ありえない父子だわ…)。ほかにバス・バリトンの役柄としては、「ドン・カルロ」のロドリーゴ、「アイーダ」のアモナズロがありますが、2人とも、調べた限りではレパートリーに入っていないようでした。余談ながら、テノールであるヨハン・ボータは、「ドン・カルロ」のタイトルロールも、「アイーダ」のラダメスもレパートリーに入っています。

ということは、ですよ? ワタシ的な理想をいえば、「ドン・カルロ」でサミュエル・レイミーがフィリポ2世、ロドリーゴをルネ・パーペ。このキャストが実現するなら、ドン・カルロがヨハン・ボータでもかまわない!!! …と思っているのですが、ううーん、ありえない…かなあ? パーペとレイミーは、ともにフィリポ2世で、日替わりのダブルキャスト?

だとしたら、どっちに行くか? ルネ・パーペは、年齢的に歌手としての盛りの時期だろうから、聴きごたえがあるのは、こっちかも。ただ、パーペはすでに1回、生で聴いているし、今後も聴く機会があるかもしれない。一方、レイミーはまだ生で聴いたことがなく、もしかしたらこれが最初で最後の機会かも…。などと思うと、悩んじゃうじゃないですかあああ~~!! 仮に2公演行くとしたら、いい席は絶対に無理だから、またサイド席を狙うしかないですよ。あの席に、立て続けにすわるのか…。「ドン・カルロ」って、けっこう上演時間が長いよね…。

とまあ、くわしいことがまだ何にもわからない段階ながら、あれこれ想像しては、すでに悩みまくっているのでした。さて、どうなりますやら…。
[PR]
by noma-igarashi | 2008-10-26 00:24 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://nomaiga.exblog.jp/tb/8826822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 日高飛鳥 at 2008-12-05 23:28 x
お久しぶりです。
新宿のテアトルタイムズスクエアで、映画ラボエームを上映するようです。
監督・脚本:ロバート・ドーンヘルム
出演:アンナ・ネトレプコ/ローランド・ビリャソン/
ニコル・キャンベル/ジョージ・フォン・ベルゲン
://www.cinemabox.com/schedule/times/soon.shtml

Commented by NOMA-IGA at 2008-12-06 18:32 x
>日高飛鳥さん

お知らせありがとうございます!
映画版「ラ・ボエーム」、ネトレブコとビリャゾンのコンビなんですね。
ネトレブコはムゼッタもいいと聞いていますが、映画となると、やはり主役じゃないともったいないですね。
年明けなら見に行けそうだから、忘れないようにメモしておかなくっちゃ。

公式サイトによると(私の名前をクリック)、東京以外でも上映するようですよ~。>皆さん
Commented by 日高飛鳥 at 2008-12-16 10:30 x
ご存知と思いますが、
まるごとプッチーニ  ~ 生誕150年記念・その人と音楽大全集 ~
2008年 12月23日 (火・祝) BS ハイビジョン
第1部 09:00 ~ 11:50
歌劇「トゥーランドット」新国立劇場公演
第2部 13:00 ~ 18:00
ドキュメンタリー 「ダークサイド・オブ・ザ・ムーン」~ プッチーニの光と影 ~
歌劇「トスカ」 ( プッチーニ )   抜粋 ~ ミラノ・スカラ座公演  
歌劇「蝶々夫人」 ( プッチーニ ) ~ 二期会公演
第1部 09:00 ~ 11:50
歌劇「トゥーランドット」 ( プッチーニ ) ~ 新国立劇場公演
第2部 13:00 ~ 18:00
ドキュメンタリー 「ダークサイド・オブ・ザ・ムーン」   ~ プッチーニの光と影 ~

歌劇「トスカ」 ( プッチーニ )   抜粋 ~ ミラノ・スカラ座公演
歌劇「蝶々夫人」 ( プッチーニ ) ~ 二期会公演
第3部 20:00 ~ 23:50
歌劇「ジャンニ・スキッキ」 ( プッチーニ ) グラインドボーン音楽祭
歌劇「ボエーム」 ( プッチーニ ) [ 映画 ]  
www.nhk.or.jp/bsclassic/special/puccini_200812.html
Commented by NOMA-IGA at 2008-12-16 22:53 x
>日高飛鳥さん
こんばんは! お知らせありがとうございます。
フィギュアにかまけて、今回もノーチェックでした(汗)。
年末年始はオペラやクラシック関係の番組が多そうだから、それまでにDVDレコーダーを空けておかなければと思っていましたが、早くも23日に、こんなにわんさと放送があるんですね。レコーダーの容量、なんとかしなくちゃ。

それにしても、オペラの話題を書き込んでいただくのに、10月末までさかのぼらなくてはならないとは…。「オペラ日記」のはずなのに、ちょっと反省。書きたい話題がないわけじゃないので、次は、オペラの話題にしようかな。
<< スケアメ2日目のためのメモ こんなイベントを今年も開催中です >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧