111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
あけましておめでとうござ..
by noma-igarashi at 09:27
明けましておめでとうござ..
by yunnan at 00:15
あけましておめでとうござ..
by noma-igarashi at 07:30
明けましておめでとうござ..
by Disney 鴨 at 15:58
見てくださってありがとう..
by noma-igarashi at 08:57
↑ のデータ、ありがとう..
by sasha_2006 at 11:40
こんにちは~。 試しに..
by noma-igarashi at 22:43
こんにちは^^ 女子の..
by sasha_2006 at 08:19
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

オペラ「トスカ」第2幕のあらすじ

さて、「太陽にほえろ!オン・アイス」、ここからしばらくはオペラ「トスカ」の第2幕に沿って展開するわけなんですが、皆さん、第2幕の筋書きをご存知で? 前半部分だけ説明すると、おおよそ次のような内容なんです。

よかったら、動画もご覧になりながらお読みください。全部見るのが面倒なら、2つめの動画(場面その2)のほうで、舞台のセットだけでもチラッとどうぞ。映画版だけあって、とっても豪華です。セットというより、おそらく実際のファルネーゼ宮を使っているのでは。



場面その1 http://www.youtube.com/watch?v=KoKD2bjV3k0
場面その2 http://www.youtube.com/watch?v=oz-SX7F4LkY
警視総監の公邸であるファルネーゼ宮。スカルピア男爵のもとに、画家カヴァラドッシが連行されてくる。スカルピア男爵は、脱獄囚アンジェロッティの行方をたずねるが、カヴァラドッシは知らないという。さらに追求しても、馬鹿にしたように笑うばかり。
そこへトスカが現れる。スカルピア男爵に呼ばれて、やってきたのである。スカルピア男爵は彼女にもアンジェロッティの行方をたずねるが、やはり知らないという(実際には別荘に行ったときに察知していた)。
業を煮やしたスカルピア男爵は、手下に命じ、カヴァラドッシを別室に連れて行く。そこは拷問を行うのための部屋なのだった。カヴァラドッシの悲鳴をトスカに聞かせ、アンジェロッティの居場所を答えるようにと迫るスカルピア男爵。トスカは耐え切れず、ついに居場所を教えてしまう。

…とまあ、こんな展開でして(汗)。拷問ですよ、拷問。どう処理したものかいな…と、この話を書き始めたときから迷っていたのですが、いよいよそのシーンが出てくる段になって、名(迷)案をひらめきました。これなら、痛いのが苦手な人でも大丈夫(でも、残酷シーンに萌えちゃうほうなの! という人には物足りないかも)。

というわけで、次回から(たまにヨーロッパ選手権に寄り道しながら)、第2幕に突入したいと思います。
by noma-igarashi | 2008-01-21 23:37 | オペラ・オン・アイス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nomaiga.exblog.jp/tb/7122871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 太陽にほえろ!オン・アイス――... 太陽にほえろ!オン・アイス――... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧