111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のコメント
こんにちは~! 動画、..
by noma-igarashi at 07:23
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 21:28
うわ! うっかり抜け落ち..
by noma-igarashi at 23:44
こんにちは! カナクリ..
by noma-igarashi at 18:23
こんばんは。 哉中・ク..
by Disney 鴨 at 20:19
こんにちは。 全日本ジ..
by noma-igarashi at 07:18
こんばんは。 変換ミス..
by Disney 鴨 at 20:56
こんにちは~。 成美ち..
by noma-igarashi at 07:22
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

魔笛・オン・アイス(3人の童子、笛と鈴を届ける)

次の場面に進みます。タミーノとパパゲーノのいる試練の場に、今度は3人の童子がやってくる、というシーンです。沈黙を守る修行をしているわけだから、「面会謝絶」みたいな場所であってもよさそうなのに、入れ替わり立ち替わり、いろんな人がやってきますねえ。

Seid Uns Zum Zweitenmal Willkommen
またお目にかかりましたね、ザラストロの城へようこそ
メトロポリタン歌劇場 英語版「魔笛」 おすすめ度:★★☆☆☆
1つ前の記事と同じく、Bshiで放送された英語版「魔笛」の動画です。評価はだいぶ辛めにしてしまいました。歌もそれほど感銘を受けないし(これも英語のせいなのかどうか…)、衣装も好きじゃないし…。同じメトロポリタン歌劇場の舞台でも、以前から利用しているドイツ語バージョンの「魔笛」だと、3人の童子もすごくいいんですけどねえ。もうすこし後のシーンで、その3人の童子が出てくる動画を見つけたので、楽しみにお待ちくださいませ。ボーイソプラノを堪能できますよ。衣装もよくて、まるで天使ちゃんのようです。

http://www.youtube.com/watch?v=kBCQQO-STKc 
おすすめ度:★★★☆☆
これ、どういう動画なのか不明なんですが、ドイツ語で歌っているので、ついでにご紹介してみます。どこかの少年合唱団の練習風景なのかしら? 「3人の童子」なのに、10人以上並んでいます。まるでわれわれ「3人の侍女」が、15人体制でやっているみたいですね。



この場面の説明をしてみます。前述したように、タミーノとパパゲーノのいる試練の場に、今度は3人の童子がやってくる、というシーンです。ごく短いシーンなのに、謎がいっぱいです。

3人の童子たちが歌う歌の内容は、こんな感じです。
「またお目にかかりましたね、ザラストロの城へようこそ。お2人からお預かりした笛と鈴をお返しせよ、とのことです。この食べ物も、どうか召し上がってください。今度3度目にお目にかかるときは、お2人の勇気が報われ、喜びのご褒美がもらえますよ。タミーノ、勇気を。ゴールはすぐそこです。パパゲーノ、口をきいてはいけませんよ」
というわけで、3人の童子はタミーノに魔笛を、パパゲーノに魔法の鈴を返し、食事を置いて立ち去ります。

「ザラストロの城へようこそ」って、この子たちは、夜の女王サイドの人間じゃなかったんでしょうかね? これはみんなが疑問に思う箇所なので、作者なりの解釈が書いてある本もよく見かけますが、納得できたことはありません。思うに、解釈に値するような深い意味があるわけじゃなくて、アバウトな作者のシカネーダーが、アバウトに台本を書いたというだけなんでは。

さらに、なぜこの場面で3人の童子がわざわざ登場したのか、イマイチ疑問です。別にこの段階で魔笛や鈴を返す必要はなかったような…(逆にいうと、試練の場に送り込む段階で、魔笛と鈴を取り上げる必要もなかったような…)。これがもし現代だったら、「うちの子の出番をもっと増やしてよ」と親がねじ込んできたのかと思ってしまいそう。そして、シカネーダーという人は、賄賂を取ってそれに応じちゃいそうな感じです。劇団の座長にして、歌手にして、脚本家。生命力がめちゃめちゃ強くて、彼自身がお話の主人公になってしまえそうな人、という印象です(けっこう好き)。

-----------------

お遊びはまたも、王子ネタです。
今日、J-WAVEでも王子投票をやっていました(このリンク先の左サイドメニュー上から4番目「Let’s e-vote」をクリックすると、投票結果が見られます)。
私としては、実際の王子から選ばれた候補の中に、カタールのモハメド王子が混じっていなかったのが不満。ほら、去年のアジア大会の開会式で、馬に乗って聖歌を点灯した人です(写真はこれとかこれ)。王子といえば、馬に乗れなきゃダメでしょう。おまけに、まだ18歳ですってよ。
フィギュアから候補が選ばれていなかったのは、別にそれで構わないですけど、よく考えたら織田君は殿なんだから、選ばれてもよかったかもねえ。

----------------
(6/23更新分)

次の出番まで時間のあるモノスタトス宮本が、屋外で柔軟体操をしている。そこへ、ひたひたと影のかたまりが近づいてくる。気配を感じて振り向くモノスタトス宮本。するとそこには、3人の侍女役の15人がずらりと並んでいる。先頭に立つ3人(お嬢さん10~12)は腕組みをしている。

モノスタトス宮本 (驚いて、うろたえながら) あっ、これは皆さん、お揃いで…。えっと、もしかしたら「お嬢さん方」と呼んだほうがいいのかな。それとも、J-WAVEの王子投票で1位になった及川ミッチーをまねして、思いきって「ベイベー」と呼んでみるという手もあるかな。
お嬢さん10:何をぶつぶつ言ってるの? (腕組みをしたままで)
モノスタトス宮本:いえ、別に…。実は、こちらからご挨拶にうかがおうと思っていたところなんですよ。ほら、ストーリーの展開上、モノスタトスはこれから、夜の女王と手を結ぶことになるでしょう? そうなると、皆さん(お嬢さん10~12)とも行動を共にすることになるから、もっとよく知り合っておいたほうがいいかなと思って。
お嬢さん11:ええ、もちろん、事前に親しくなっておくのはいいことだと思うわよ。
お嬢さん12:でも、その前にひとつ、宮本さんに確認しておきたいことがあったの。
モノスタトス宮本:はい? 何でしょう?
お嬢さん10(一歩、前に踏み出す) あなた、3人の童子役の日野龍樹くん、羽生結弦くん、鈴木潤くんを、「ハナタレ王子」と命名したんですって?
モノスタトス宮本:そ、それは…誤解ですよ。
お嬢さん11:誤解ですって?
モノスタトス宮本:そうですとも。「ハナタレ王子」ではあんまりだから、「ハナカミ王子」にしたんです。
お嬢さん12:どっちもどっちよ。「ハナタレ」も「ハナカミ」も、五十歩百歩だわ。
お嬢さん10:あの3人をつかまえて、「ハナタレ」なんて冗談じゃないわよね。
お嬢さん11:ほんと、昭和30年代の子どもじゃあるまいし。それを知ってる私も私だけど。
お嬢さん12:宮本さん、若くてお肌ぴちぴちの彼らをやっかんでるじゃない?
お嬢さん10:同感だわ。宮本さんは、ヤッカミ王子ね。 (全員、「そうよそうよ」とうなずく)
モノスタトス宮本:い、いえいえ、そんな…。ほら、彼らがあんまりかわいいから、ちょっと軽口をたたいただけですよ。
お嬢さん11:そうかしらねえ。
モノスタトス宮本:そうですって。それにしても、皆さん、この話をどこで聞かれたんです? ダイスケがしゃべったのかな?
お嬢さん12:違うわ。
モノスタトス宮本:じゃあ、信成かな。
お嬢さん10:違うわ。
モノスタトス宮本:えっ、じゃあ誰だろう。ゆかりんは違いそうだし、安藤?
お嬢さん11:全員ノーよ。誰が告げ口したわけでもないわ。
お嬢さん12:私たちの嗅覚をバカにしないことね。こういう話は、なんとな~く伝わってくるものなのよ。
モノスタトス宮本:………。

----------------
(6/24更新分)

お嬢さん10:あのね、宮本さん。
モノスタトス宮本:は、はいはい。
お嬢さん11:私たち、あなたのことも好きだけど、比較する対象があるなら、やっぱり若い子のほうに肩入れしてしまうのよ。
モノスタトス宮本:それはもう…。人情として、仕方のないことですから。僕だって、絶対そうだし。
お嬢さん12:なあに? 何かつまらないこと言わなかった?
モノスタトス宮本:いえいえ別に…。
お嬢さん10:ともかく、「ハナタレ王子」だの「ハナカミ王子」だのは撤回して、3人の童子には、もっと別のネーミングを考えてくださらない?
モノスタトス宮本:いいですとも。えーっと。
お嬢さん11:素敵なのをお願いね。
モノスタトス宮本:ハン……。
お嬢さん12:ハン?
モノスタトス:ハン、ハン……。犯罪、半額、反対、半熟、煩悶、はんぺん…。廃藩置県…は全然違う。くうう~!(頭を抱え込む)
お嬢さん10:お困りのようだからアドバイスするけど、「ハン○○」じゃなくて、別のパターンでもいいわよ。「ハ○カ○」とか「ハ○○チ」とか。
モノスタトス宮本:ハ…。ハ…。あ! (ポンと手をたたく) ハナカゼ王子」はどうです?
お嬢さん11:鼻風邪?
お嬢さん12:それって、ハナタレとあまり変わらないじゃない。
モノスタトス宮本:違います、違います。鼻風邪じゃなくて、花と風。「花風王子」、きれいでしょ?
お嬢さん12:あのね、それを言うなら、「花風」じゃなくて「風花」じゃないかしら、「か・ざ・ば・な」。
お嬢さん10:そうよね。「かざばな」とはいっても「はなかぜ」とは言わないわよね。
モノスタトス宮本:そ、それなら、「ハルカゼ王子」=「春風王子」はどうです? 
お嬢さん11:うーん…。
お嬢さん12:そうねえ…。これまでの中では、マトモなほうだけど…。
モノスタトス宮本:よし、じゃあ、こうしましょう。3人いるから、順番に「春風王子」「浜風王子」「神風王子」。
お嬢さん12:なんか、ちょっと違うのが混じってなかった?
お嬢さん10:「神風王子」が仲間はずれっぽいわね。日の丸の鉢巻をしていそうで、トマシュ・ヴェルネル選手ならいいけど、日本人だとアブナイ感じがするわ。
お嬢さん11:それに、神風って、それほどもじりにもなっていないじゃない? 「カ」と「ミ」が入っているからごまかされそうになるけど、「ハンカチ」「ハニカミ」と比較すると、「○○カ○」の「カ」しか位置が合っていないわよ。
お嬢さん12:どうも冴えないわねえ。 (モノスタトスをにらむ)
モノスタトス宮本:いや、それはその…。なにぶん急に言われたもので…。しかも、ぐるりと周りを取り囲まれて、プレッシャーが…。
お嬢さん12:いいわ。それなら、これをあげる。 (モノスタトスにメモ用紙を差し出す) これを見ながら、じっくり考えて。
モノスタトス宮本:こ、これは…? (メモ用紙を見ると、そこに書かれていたのは…)

ハンカチ王子」のバリエーション
1)ハン○○王子
2)ハ○カ○王子
3)ハ○○チ王子
4)○ンカ○王子
5)○ン○チ王子
6)○○カチ王子


「ハニカミ王子」のバリエーション
7)ハニ○○王子
8)ハ○カ○王子
 ※「ハンカチ王子」の「ハ○カ○王子」とダブリ
9)ハ○○ミ王子
10)○ニカ○王子
11)○ニ○ミ王子
12)○○カミ王子


モノタトス宮本:えーと、これはいったい…?
お嬢さん12:王子の名前をつくりやすいように、書き出してみたの。これをもとに、○の中に50音を入れていけばいいわけ。
モノタトス宮本:あ、なるほど。
お嬢さん12:50音が単純に50種類だとして、1つの○に50種類の文字が入ることになるから、「ハン○○」なら「ハン○○」という1つのパターンに対して、50×50=250種類の言葉ができあがるわけね。
モノタトス宮本:え、そんなに…?
お嬢さん12:そうよ。順列と組み合わせの計算みたいなものね。さらに、「ハン○○」から「○○カミ」まで、11パターン(12-1パターン)あるわけだから、できあがる言葉の総数は、250×11=2750種類よ。
モノタトス宮本:………。
お嬢さん12:1つ1つ書き出していって、そこから使えそうなものを選別していけばいいわ。
お嬢さん10:50音といっても、ヤ行とワ行は少ないから、多少はラクね。
お嬢さん11:その代わり、濁音や半濁音を忘れないようにしないとね。
お嬢さん12:それと、同音異義の言葉も多いから、見逃さないようにするのも大事だわ。たとえば「繁栄王子」と「反英王子」ではずいぶん印象が違うし。
モノスタトス宮本:………。
お嬢さん10:それじゃ、いいのが見つかったら教えてね。
お嬢さん11:きっと脳が活性化するわよ。
お嬢さん12:じゃあね~。

お嬢さん方、立ち去りながら「宮本さん、半べそ王子になっちゃってるわよ」「ここは頑張って、名誉挽回王子になってもらわないとね」「ね、ちょっと強引だけど、大ちゃんはバンクーバー王子でどう?」「わ。いいかも~」etc.

(次の記事に続く)
[PR]
by noma-igarashi | 2007-06-23 00:20 | オペラ・オン・アイス | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://nomaiga.exblog.jp/tb/5951202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ニルギリ at 2007-06-25 15:44 x
ああ、だめです…、こーゆーのを見ると、理性と関係なく文字を埋めたくなるんですっ。
ハンカチ王子」のバリエーション
1)ハンバーガー王子(ダイスケの好物だから)
2)ハリガネ王子(痩せてるから)
3)ハミチチ王子(衣装がキツイから?)
4)トンカツ王子(げんかつぎ?)
5)トンカチ王子(体が固いから)
6)ガチガチ王子(上がり症だから)

「ハニカミ王子」のバリエーション
7)ハンニバル王子(キワものだから)
8)ハイカイ王子(落ち着きがないから) 
9)ハリガミ王子(ポスターにしてほしいから)
10)ミニカー王子(集めてないって…)
11)ハニゴミ王子(虫歯が心配だから)
12)カミカミ王子(滑舌悪いから)

自分がマイナス思考だという事がよくわかります。
Commented by 美輪@brownycat at 2007-06-26 17:12 x
ニルギリさんてば……どう見ても「大ちゃんを○○王子と呼ぶなら」バリエーションですね、これ(笑)。
だったら「ハラハラ王子」「パニック王子」ってのも要りますな(爆)(←バリエーションになってないって……)。
そういえば「情熱のステップ王子」なんて呼び名もありましたっけね~。本当にセンスのないキャッチフレーズです。

本題に戻って、と。
私は「ハンサム」「ハイカラ」なんてのが浮かびましたね。どうでしょう、ハーフ(クォーターだっけ?)の日野龍樹くんは「ハイカラ王子」、美形の羽生結弦くんは「ハンサム王子」、爽やかな鈴木潤くんは「春風王子」ってことで。
もしくは「風」できれいにまとめて「春風王子」「そよ風王子」「涼風王子」ってのもいいですよん♪
Commented by NOMA-IGA at 2007-06-26 20:34 x
ニルギリさん、美輪さん、こんばんは~。
文字埋め遊び、ご参加ありがとうございま~す。
私も、こういうのがあると、つい文字を埋めたくなっちゃうほうでして。というか、だからこそ、12パターンを書き出してしまったんだけどね。(^^; あ、でも、12パターン(11パターン)すべてに50音を埋めるまでには至っていないです。
本文で例に挙げた中では、「半額王子」というのがすごく情けなくて愛着があるのですが、誰かに当てはめるわけにもいかず、列挙しただけに終わったのが悔やまれます。
「ハンサム王子」というのは、モノスタトス宮本が苦しんだ末に「ハンサム王子」というネーミングにたどり着く、というような展開もチラッと考えていたのですが、この路線で3つ並べるというのは思いつかなかったです。
民放の「ステップ王子」とか「イケメン魔術師」とかいうのは、今年も新しいバージョンができるんでしょうかね?(^^;
<< 動画、アップされていました 魔笛・オン・アイス(謎の老婆、... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧