111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のコメント
こんにちは~! 動画、..
by noma-igarashi at 07:23
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 21:28
うわ! うっかり抜け落ち..
by noma-igarashi at 23:44
こんにちは! カナクリ..
by noma-igarashi at 18:23
こんばんは。 哉中・ク..
by Disney 鴨 at 20:19
こんにちは。 全日本ジ..
by noma-igarashi at 07:18
こんばんは。 変換ミス..
by Disney 鴨 at 20:56
こんにちは~。 成美ち..
by noma-igarashi at 07:22
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

魔笛・オン・アイス(タミーノ、大蛇に襲われる)

さて、第1幕の始まりです。タミーノを中心に「魔笛」を鑑賞するとしたら、いちばん楽しめるのは、この第1幕の出だしなのでは。ヘタレなんだけど、かわいいから許しちゃう、というダイスケ…じゃなかった、タミーノならではの魅力が存分に味わえる場面だと思います。個人的に、ここで歌う「Zu Hilfe! Zu Hilfe!」の歌も、タミーノの歌としてはかなり好きだったりします。ただ、短いのがとても残念。もっと延々と「Zu Hilfe! Zu Hilfe!(助けて! 助けて!)」と叫んでいてほしいものです。

この場面の動画は、以下のメトロポリタン歌劇場のものをどうぞ。というか、チューリッヒ歌劇場の動画は、この部分が見事に省略されていました(YouTubeになかっただけで、もちろんDVDにはちゃんと収録されています)。でも、チューリッヒ歌劇場のタミーノはあまりかわいくないから、なくてもいいや。メトの動画があればそれで十分です。

Zu Hilfe! Zu Hilfe!(メトロポリタン歌劇場) おすすめ度:★★★★★



オペラでタミーノ役といえば、やはりこの人、フランシスコ・アライサでしょう。声も容姿も、王子らしい華やかさがあって、まさにはまり役。王子をやらせたらこの人の右に出る者なし、という感じがしますね。もっとも、最近では、思いがけない役にも挑戦しているようですが(該当記事)。

これがどういう場面か、簡単に説明してみますね。幕が上がってすぐに、タミーノが舞台に飛び出してきます。緑の衣装に赤いマントの男性がタミーノです。「助けてくれ! 恐ろしい大蛇の餌食になってしまう。ああ、もうダメだ!」みたいなことを歌い、あっけなく気絶してしまいます。演出によっては、ちゃんと弓矢を持っているのに、使いもせずに放り出してしまうタミーノも。恐ろしくて身がすくんでいる、ということなんでしょうけど、タミーノ、相当に弱そうです。

そこへ、3人の侍女が登場。タミーノが手も足も出なかった怪物を、一撃で倒してしまいます。これを見て、あっけに取られてしまったのは私だけではないはず。3人がかりだとはいえ、体力十分の若者が太刀打ちできなかった怪物を簡単にやっつけるなんて、おばさんパワー恐るべし!(演出によっては侍女が若い女性のこともあるようです)。

大蛇を倒した3人の侍女は、気絶したタミーノを囲んで、大騒ぎ。
「なんて素敵な若者なの!」
「ほんと、こんなに美しい人は見たことがないわ」
「私たちが愛の心を捧げるとしたら、絶対にこの若者よ」
などと、口々に言い募ります。ただ、不思議なことに、そこまで言っておきながら、彼を自分たちのものにしたい、というわけでもないらしいんですね。そのへんを説明しますと…。

侍女たちが仕える夜の女王には、パミーナという一人娘がいるのですが、ザラストロという悪者にさらわれてしまい、以来、女王は傷心の生活を送っています。侍女たちは、
「この若者だったら、パミーナ様を連れ戻してくれるに違いないわ」
「ぜひ彼を女王様に推薦しなくっちゃ」
など話し合うのです。もしもパミーナを救ってくれる若者がいたら、夜の女王としては、その若者とパミーナを結婚させてもいいという心積もりなので、「タミーノを夜の女王に推薦する」=「ほかの娘に彼を譲る」ということを意味するのですが、侍女たちはそのことを気にするようすはありません。

ふーむ。侍女と王子では、最初から釣り合いが取れないから、そのへんはわきまえているということなんでしょうか。不思議といえば不思議、偉いといえば偉いです。釣り合いが取れないのはわかっていても、たとえば「フィギュアの高橋に恋人が!」なんて記事を見かけたりしたら、やっぱりその瞬間は、心穏やかではないですもんね。
[PR]
by noma-igarashi | 2007-05-04 12:00 | オペラ・オン・アイス | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://nomaiga.exblog.jp/tb/5613941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ニルギリ at 2007-05-04 16:49 x
魔笛・オン・アイスやっぱりやるんですねえ(笑)
私は美輪さんと一緒に侍女ですね!(みどりさんと山田コーチも入れたいですが、だんだん定員オーバー?)どう考えても小姑の役回りってのが気になりますが、夜の女王ほどの器はないのでしょうがないなあ(苦笑)
童子に日野君入れるなら、Ricさんと同じ羽生君をご推薦します。ルータイ君じゃ、タミーノよりでかい童子になっちゃうでしょ、美輪さん。ガチンスキー君も童子の雰囲気ですね!
問題はパミーナ役でしょうか?コルピの可愛さは十分わかっているものの、この場合はやはり美姫ちゃんでは?
実際、甘えん坊でヘタレのダイスケと、ファザコン気味の美姫ちゃんに恋愛感情が生まれるとは思えないんです。美姫ちゃんのインタビュー聞いてても、ありえな〜いっぽいですから、小姑軍団としても安心なのでは?
ただね、美姫ちゃんのお母さんがアニシナ姐さんじゃあねえ。荒川さんや村主さんでもないし。思い切って城田(元)部長とか…いやいや、それはふざけすぎなので、やはりこの世っぽくないアニシナ姐さんでいいのかな?

↑動画おもしろいですね!侍女はこの間、好きなことしていいんですね!って何考えてんだか(汗)
Commented by NOMA-IGA at 2007-05-04 17:59 x
ニルギリさん、こんにちは!
侍女、みんなでやりましょう。定員は3人ですが、動画のように、他の2人を押しのけながら、われもわれもと演じるのです!

>童子に日野君入れるなら、Ricさんと同じ羽生君をご推薦します。

じゃあ、羽生君は確定にしますね。写真を見たら、かわいかったし。

>問題はパミーナ役でしょうか?コルピの可愛さは十分わかっているものの、この場合はやはり美姫ちゃんでは?
これも、美姫ちゃんで確定にしようかな。美人比べだと結論が出しにくいし、ザラストロ(モロゾフ担当)との関係性を考えると、美姫ちゃんが打ってつけではあるので。
確定になった役柄は、配役の記事で、色を変えて表示しておきますね。

>↑動画おもしろいですね!

蛇もかわいいでしょ? 蛇はここしか出てこないのに、凝っているのがウレシイです。わが家では、これを見るたびに、こんな掃除機がほしいねと話しています(大きさはもっと小ぶりでいいけど)。
Commented by 美輪@brownycat at 2007-05-04 19:08 x
こんばんは!(^o^)丿
うーん、大ちゃんと美姫ちゃんですか……。恋人というより兄妹みたいですね。でもまあ、ヘンに嫉妬しなくて済むからいいかあ~。しーちゃんと武史みたいに「中性」的で(笑)。

えーと、童子役の残り一人ですが、ガチンスキーくんもいいけど、日本男子ということでしたら鈴木潤くんを推薦します!「Days」の2号、「きょうだい選手特集」13Pの一番下の左から2番目の写真です。かわいいですよ~(^◇^)。(←完全に選ぶ基準が間違ってるとかそこ言わない)
Commented by May at 2007-05-04 21:57 x
こんばんは。
パミーナは美姫ちゃんに決定したんですね、ちょっと残念。だって舞台がエジプトならゲデちゃんに益々向いていると思ったんです。というのもグルジアっていう国が東洋と西洋の境界地帯にあるからだと思うけど、ゲデちゃんってちょっと神秘的な顔立ちでクレオパトラはきっとこんな人だったに違いないなんて勝手に想像していたものですから。
でももちろんNOMA-IGAさんの配役に異議を申し立てる気はありませんから、パミーナは美姫ちゃんとしてそれなら夜の女王には(えっくすさんに怒られそうだけど)渡部絵美さんというのはいかがですか? なんとなく最近の(というかトリノの前あたりのいろいろお騒がせ発言とか)言動がお局さまっぽくて夜の女王にぴったりの感じがします。見た目も迫力あるし・・・。いえ彼女が活躍していて可憐だった頃のことも覚えていますから許してください、えっくすさん。
Commented by NOMA-IGA at 2007-05-04 22:02 x
美輪さん、こんばんは!
>うーん、大ちゃんと美姫ちゃんですか……。

ま、オペラでも「こんな恋人同士はないだろう」というような組み合わせはよくありますしね。(^^;

>えーと、童子役の残り一人ですが、ガチンスキーくんもいいけど、日本男子ということでしたら鈴木潤くんを推薦します!「Days」の2号、「きょうだい選手特集」13Pの一番下の左から2番目の写真です。

日本男子にこだわるつもりはなかったのですけど、3人のうち2人まで日本人ですから、そろえたほうがすっきりしますよね。「Days」の2号、残念ながら持っていないんですぅ。画像検索でも見つけられず。残念。でも、イケメン評論家(いつからそんな肩書きに…)の美輪さんが推薦されるのだから、間違いないでしょう。というわけで、3人目は鈴木潤くんに決定!
Commented by NOMA-IGA at 2007-05-04 22:14 x
あ、時間差でMayさんも…。こんばんは!

>パミーナは美姫ちゃんとしてそれなら夜の女王には(えっくすさんに怒られそうだけど)渡部絵美さんというのはいかがですか? 

こ、これは…。思いつかなかったですけど、すごく名案かも。(^^;
でも、即決するのはちょっとコワイというか、ためらわれるというか(そう感じてしまう時点で、すでに夜の女王としての迫力十分という気も)
こうしましょうか。夜の女王、もうすぐ登場しますので、それをご覧になった方から賛成票が入ったら、渡部絵美さんで決定ということにしたいです。
というわけで、皆さん、どうぞヨロシク。連休中には登場シーンをUPできると思います。
Commented by Ric at 2007-05-04 23:50 x
NOMA-IGAさん、こんにちは。
早速最初のシーンがアップされてますね。初めて見た時は曲の方に感動していて気づかなかったんですが、確かにタミーノ、弱そうです。弱そうなのも確かなんですが、あれだけ侍女の皆さんに騒がれて、目が覚めないのも凄いかもしれません。
それにしてもこの公演の蛇、凄いですね。蛇というよりドラゴンみたいですが。
ところで高橋君のタミーノはやはり狩衣着用なんでしょうか。

キャストも続々決定しているようですが、もしパミーナ=安藤美姫、夜の女王=渡辺絵美で行くのでしたら、この際モロゾフ以外を全員日本人にしてみる、というのはどうでしょう。その際だったら、弁者役は解説として評判のいい本田君なんかどうでしょう。
でもそうしちゃうとモノスタトスがネックなんですよね。あんまり印象のいい役じゃないしなあ……いっそポエムを持ってくるとか(スケーターじゃないって)
Commented by NOMA-IGA at 2007-05-05 00:41 x
Ricさん、こんばんは!

>弱そうなのも確かなんですが、あれだけ侍女の皆さんに騒がれて、目が覚めないのも凄いかもしれません。

あはは。確かに、確かに。このタミーノ、芸が細かくて、「う~ん」などという感じで寝返り(とはいわないか)を打ったりもしているのに、本格的には目が覚めませんねえ。あ、よもや、オバサンに取り囲まれているのに気がつき、寝たふりをしているとか?←なわけないか(^^;

>この際モロゾフ以外を全員日本人にしてみる、というのはどうでしょう。その際だったら、弁者役は解説として評判のいい本田君なんかどうでしょう。でもそうしちゃうとモノスタトスがネックなんですよね。あんまり印象のいい役じゃないしなあ……いっそポエムを持ってくるとか(スケーターじゃないって)

なるほど。かなり日本人が多くなってきているし、それも手ですね。本田君はいい感じですが、おっしゃるように、問題はモノスタトスですね。モノスタトスは気の毒なキャラですから、好ましい人材に演じてほしいなあ。うーん、誰かいないかしら。これも、該当する動画を見れば、誰か名案を出してくださるかもしれないですね。ひとまず保留にしましょうか。
<< 魔笛・オン・アイス(タミーノ、... 魔笛・オン・アイス(配役発表) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧