111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
こんにちは^^ 女子の..
by sasha_2006 at 08:19
こんにちは~! うれし..
by noma-igarashi at 12:11
こんにちは。さっとんへの..
by sasha_2006 at 09:26
こんにちは! スケアメ..
by noma-igarashi at 19:27
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 22:54
(見てくださっているかど..
by noma-igarashi at 19:01
美輪さん、こんにちは~。..
by noma-igarashi at 23:15
この動画、音は後付けです..
by 美輪@brownycat at 08:46
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

「々」の読み方は?

今年の「題詠100首」に、こんな題がありました。→ 「062:々」
このイベントの主催者として、題の選定をしたのも私でして、果たしてどんな歌が投稿されるかという興味と、ちょっとしたウケ狙いもあって、100の題に加えました。で、数日前、私自身もこの題にさしかかり、こんな歌を詠みました。

062:々 「人びと」と用字用語が決められた本ゆえ「々」に赤字を入れる


ちょっとひねった使い方をしてみました。私は編集関係の仕事をしているので、これは実話というか、体験に基づいた歌になります。「人々」を「人びと」と表記する本はそれなりにあり、そういう本の校正紙に「人々」とあったら、「々」→「びと」と赤字を入れることになります。

さて、それではこの「々」はどう読むのか? 短歌は「5・7・5・7・7」で詠むのがルールなので、「々」の読み方がわからないと、四句が7音に収まっているかどうかの判断ができません。ま、多少の字余り・字足らずは許容されるにしても、読み方がわからない状態なのはなんだか落ち着かないです。

そこで、調べてみました。Yahoo!辞書の検索欄に「々」をコピペして検索してみたところ、出てきた回答は次のとおり。なんと!

1.々
《「ノマ」と書くことが多い。「々」が片仮名の「ノ」と「マ」を組み合わせたようにみえるところから》踊り字の一種「々」のこと。

2.同の字点・々
繰り返し符号の一。すぐ前の漢字と同じであることを示す。「人々」「堂々」などの「々」。


えええええ~!? と盛大に驚いたのは、実は、上記「062:々」の歌の4つ前に、こんな歌を詠んでいたからです。

058:門 門構えの左右がいつもちぐはぐで旧姓「野間」は書きづらかった

はい、私の旧姓は「野間(のま)」といいまして、「々」も「ノマ」。つまり、同名だったんですねえ。し、知らなかった…。まあ、「々」=「ノマ」は通称であって、正式名称は「同の次点」のほうなんでしょうけど、それにしても、「ノマ」という言い方があるとはまったく知りませんでした。

062:々 「人びと」と用字用語が決められた本ゆえ「々」に赤字を入れる


この歌の話に戻ると、歌を詠んだ時点では、「々」の読み方は知らない状態でした。ただ。この歌の場合、「人々」となっていた「々」に赤字を入れて「人びと」としたわけだから、「々=びと」と考えれば2音で、四句「本ゆえ「々」に」はちょうど7音になります。

で、「々」の読み方を調べたところ、通称「ノマ」だとわかったので、「ノマ」と読めば、これまた四句は7音。うまく定型に収まり、「やったね!」とニンマリしたことでした。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-07-25 22:56 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nomaiga.exblog.jp/tb/27449639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ウィリアム・テル序曲」聴き比べ 「059:州」~「062:々」の歌 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧