111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のコメント
こんにちは。 コメント..
by noma-igarashi at 22:50
安倍政権支持者のSEだが..
by 名無し at 08:02
こんにちは! さっとん..
by noma-igarashi at 19:18
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 21:53
こんにちは。 デニス・..
by noma-igarashi at 06:59
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 21:12
こんにちは~。 まあホ..
by noma-igarashi at 21:45
いろいろにぎやかだったん..
by ニルギリ at 13:30
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

オペラの曲を使ったプログラム③

オペラの曲を使ったプログラム、今回はショーマの「トゥーランドット」です。
この曲は2年前にも使っていたし、五輪シーズンに「トゥーランドット」というのはいかにもベタな選曲に思えたし(そう感じるのは日本人だけなのかもしれないですが)、正直なところ、シーズン初めには「別の曲にしてほしかったな」と思っていました。

ただ、2年前に比べると、ジャンプの難度が格段にアップしたことで、その成否に注目しているうちに、「別の曲だったら…」とは考えなくなっていったように思います。そして、このプログラムがいちばん輝いて見えたのが五輪のフリーでした。オペラ「トゥーランドット」は王子カラフが謎解きに挑戦する物語ですが、ショーマが演じているのが挑戦者としてのカラフだと考えると、あの場面ではすごく腑に落ちました。といっても、頭で考えてそう思ったわけではなく、五輪の演技を見ているうちに自然とそのように思えてきたんですよね。

姫君トゥーランドットに心を奪われ、命がけで求愛する王子というよりも、何か得体のしれない大きなものに向かって果敢に挑戦する若者。あのときのショーマはまさにそんなふうでした。そして、見事に勝利を勝ち取った。演技が終わったときの彼の笑顔は、試合に、プレッシャーに、自分自身に打ち勝った人のものでしたよね。

そんなわけで、ここはやはり五輪の動画を張り付けたかったのですが、YouTubeにこれというものが見当たらなかったので、ニコ動のURLをリンクします(こちら)。タラソワ解説によるロシアのテレビの映像です(翻訳神降臨済み)。

「トゥーランドット」のほうは、パヴァロッティが衣装を着て「誰も寝てはならぬ」を歌っているものがあったので、それを張り付けてみました。私も初めて見る映像です。歌い終わったとき、観客が一斉にスタオベしていますが、これって、観客も含めて出演者という形の映像ですよね? あそこまでのスタオベは考えにくいし、観客全員、どう見ても盛装しすぎだし。ただ、どういう素性の映像なのかは、調べてみましたがわかりませんでした。どなたかご存じでしたら、ぜひコメント欄までお知らせくださいませ。

The best Nessun dorma - Luciano Pavarotti - Turandot - Puccini




[PR]
by noma-igarashi | 2018-04-21 22:56 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nomaiga.exblog.jp/tb/27211635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「028:帰」~「032:庵」の歌 私の本棚の「なにぬねの」 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧