111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
こんにちは~。 まあホ..
by noma-igarashi at 21:45
いろいろにぎやかだったん..
by ニルギリ at 13:30
>Disney 鴨さん ..
by noma-igarashi at 23:06
>yunnanさん こ..
by noma-igarashi at 23:04
こんにちは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 14:33
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 23:31
こんにちは~! 動画、..
by noma-igarashi at 07:23
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 21:28
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

(便乗)フィギュアスケート雑感

スケオタ仲間のニルギリさんが「フィギュアスケート雑感 ピョンチャンオリンピックが終わって」と題した記事をご自分のブログに書かれていて、読ませていただいたところ、どれもこれも激しく同意。「うんうん!」と頷くことばかり。

そこで、便乗して、このところの出来事でいろいろ思っていることを、私も書いてみることにしました。ニルギリさんが書いてくださったこと以外に絞ります。

●須藤・ブードロオデ組の解散
日本のペアの一番手カップルだった須藤・ブードロオデ組が解散しました。ブードロオデ選手が自身のインスタで発表したというニュースをtwitterで知り、「ああ、やはりそういうことなのか」と思いました。日本のオリンピック出場枠を確保するために、昨年、ネーベルホルン杯に出場してくれた2人。ブードロオデ選手が日本国籍を持っていないため、出場枠を確保できたとしても、自分たちは出られないのに。それって、かなりキツイことだなあと、そのときから気にかかってはいました。

その後、2人は全日本を欠場。さらに、世界選手権の代表にも須崎・木原組が選ばれ、須藤・ブードロオデ組は一体どうなってしまうのだろうと、心配は募るばかり。そのころから、こうなるのではないかという予感はしてはいましたが、やはり…。アスリートにとってオリンピックに出られないというのがいかに辛いことか、改めて痛感させられました。

2人とも引退するわけではないようなので、新しいスタートを応援したいです。

●なぜロシアの女子フィギュアは強いのか?
五輪が終わって間もない時期に、「なぜロシアの女子フィギュアは強いのか。宮原ら日本勢との差はどこに?」という記事をネット上で読みました。その中で、スケオタにはおなじみの中庭健介氏が、ロシアの練習環境について以下のように語っています。

「浅田真央選手は世界のトップを極めました。日本人と欧米人との肉体的な違いは関係ないと思います。それよりも、この差につながったのは、ジュニア世代からの練習環境、生活環境、コーチング、サポート組織の違いだと思います。ロシアの練習拠点には、学校まであり、フィギュア選手の育成に必要なものすべてが、一箇所に揃い、練習に集中、専念できる環境が整っていると聞きます。2010年頃からソチ五輪を成功させるため、海外に流出していたコーチを呼び戻すなどしてきた国家的プロジェクトの成功が、今回の平昌五輪へとつながっていると思います」

そうなんですよねえ。それに引き換え、日本の練習環境の過酷さといったら…。

この記事を受けて、「日本もロシアのように、国が練習環境を整えてくれたらいいのに」という意見も多かったですが、私としては、「それはちょっとどうかな…」と思うところも。というのも、また書いてしまいますが、ロシア女子、選手の入れ替わりが激しすぎて…。2年連続で世界ジュニアの女王になっても、オリンピックに出られなかったり、出られても、その後すぐに引退してしまったり。今のような状況が、果たして選手にとっていいことなのかどうか。

それと、国が練習環境を用意してくれることで、口出しもするようになってきたら、私としては嫌だなとも思います。特に、今のような政権が力を持っているときには。お金だけ出して口は出さない、というのならいいですけど。

 ★
今の政権といえば、ゆづの国民栄誉賞。なんっか、うやむやにされてしまいそうじゃありません? 最後に見たニュースは、3月2日付の「羽生結弦選手に国民栄誉賞授与へ 政府が最終調整」というものでしたが、それっきり聞かなくなりました。「有識者の意見を聞いたうえで正式に決定する」とのことなので、目下、意見を聞いているところなのかなとは思いますけど、なんとなーく、それどころではなくなったんじゃないかという気もしたりして。

私と違って、フィギュアファンには今の政権を好きな人も多いように感じるのだけど、これでもしうやむやになったりしたら、フィギュアファンを敵に回してしまうことになるんでは。

個人的には、「有識者の意見を聞く」作業にもう少し時間がかかり、正式な授与は、できれば次の首相になってからだといいな、と思います。
[PR]
by noma-igarashi | 2018-03-17 19:58 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://nomaiga.exblog.jp/tb/27143353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Disney 鴨 at 2018-03-17 20:32 x
こんばんは。
Nomaさんもご存知だと思いますが、昨年のNHK杯の「明子の部屋」で、ブードロ選手は、日本語を勉強しているところを見せていたので、須藤選手とのペア解消を残念に思っています。国際ペアの場合、帰化後、試合に出られない期間があり、試合に出られないと、試合勘の問題があるので、難しい面があったかもしれませんね。須藤選手とブードロ選手には、早く、新しい相棒が見つかって欲しいです。なお、五輪に出た、海龍ペアは、五輪で、PBを更新して来ましたし、先の世界ジュニア選手権で、りくしょうペアは、高トラペア以来のベスト10の順位を取ったので、海龍・りくしょうペアのこれからの躍進に期待したいところですね。
Commented by noma-igarashi at 2018-03-18 18:29
こんにちは。
ブードロオデ選手、本当に日本語すごく上手でしたよね。
そこまでしてくれていたのに、残念です。
トラン選手のときに学習しましたが、日本国籍を取得するには「引き続き5年以上日本に住所を有する事」という要件を満たしていないとダメなのだとか。それに、そもそも、外国人が日本国籍を取得するのはとても難しくて、日本人と結婚しない限りまず無理だと言われているし…。

海龍ペアは、平昌五輪までは思い入れが今ひとつだったのですが、五輪でPBを更新する演技を見せてくれて、本腰を入れて応援したい気持ちになりました。ワールドではフリー進出を目標に、ぜひまたPBを更新してほしい。ジュニアも育っているし、日本のペア、これからどんどん充実したカテゴリーになっていきそうですよね。
<< 「018:違」~「022:桐」の歌 0316官邸前大抗議行動 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧