111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
こんにちは~。 まあホ..
by noma-igarashi at 21:45
いろいろにぎやかだったん..
by ニルギリ at 13:30
>Disney 鴨さん ..
by noma-igarashi at 23:06
>yunnanさん こ..
by noma-igarashi at 23:04
こんにちは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 14:33
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 23:31
こんにちは~! 動画、..
by noma-igarashi at 07:23
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 21:28
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

平昌五輪、アイスダンス頂上決戦

平昌オリンピックの感想、時間がなくて、アイスダンスを取り上げていませんでした(ペアもサフマソのことを書いただけだけど…)。

テッスコとパパシゼの頂上決戦は、テッスコに軍配が上がりましたね。素晴らしい対戦でした。私はパパシゼのほうを応援していたから、ちょっと残念な気持ちもありますが、パパシゼはSDの衣装トラブルが痛かった。まさか、五輪の大舞台であんなことが起きるなんて~。

ただ、いつだったかチラッと読んだインタビューで(うろ覚えなので、間違っていたらごめんなさい)、ギョームは大学の勉強もしたがっているようだったから、平昌で金メダルを取ったら引退してしまう可能性もあるのかな、などと思ったんですよね。今回銀メダルだったことで、まだまだ現役を続けてくれるのなら、銀メダルも悪くなかったのかも。若い2人ですから、これからもっともっと素敵な演技を見せてほしいです。

それ以外のカップルについては、演技が見られなかったカップルも多いので(全組、放送してほしかった~!)、時間ができたら動画を探してちゃんと見たいです。そうそう。普段あまりフィギュアを見ない友人が、カナクリのFDを「素敵だった~!」と言っていました。団体戦で見て、いいなと思ったようです。「個人戦でもう1回見られるよ~」と伝えておきました。

それにしても、アイスダンスもペアも、団体戦に出たカップルのほうが優勝してしまいましたね。団体戦に出るのが不利とばかりは言えなくなってきたのかも? パパシゼにしても、もしも団体戦に出ていたら、衣装トラブルは団体戦で済ませられた(という言い方もヘンだけど)可能性があるわけだし。

今回、カナダチームは金メダルを取ることを目標に団体戦に臨んだそうですが、団体戦に出る国の選手は、団体戦をどう戦うか、団体戦を個人戦にどう生かすか、そういう戦略を立てることが必要になってきたのかもしれないですね。ソチのときは、団体戦に出ることが不利になるとしか思えず、団体戦なんかやめてほしいという気持ちでしたが、今回の五輪を経て、出る以上は最大限にメリットを引き出すのが正解かな、と思うようになりました。

団体戦に出られない国の選手から、「団体戦に出られる選手は有利だよね」というぐらいにまでなれば、団体戦の価値もグンと上がるのでしょうけど。でも、やはり個人戦は公平に戦えるほうがいいですけどね。

(…って、アイスダンスの感想のつもりが、後半は団体戦の話になってしまいました。まとまりのない内容でゴメンナサイ)
[PR]
by noma-igarashi | 2018-02-28 20:28 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://nomaiga.exblog.jp/tb/27109245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Disney 鴨 at 2018-03-01 22:27 x
こんばんは。
アイスダンスは、哉中・クリが、団体戦のミスを個人戦で修正出来て、その結果、日本最高順位を取れて、良かったです。団体戦に出ると、個人戦の前に五輪の雰囲気を経験出来て、また、個人戦に向かって、修正点が見いだせるのが、有利な面だと思っています。だから、パパ・シゼが、団体戦に出ないと聞いたとき、テサ・モエに対して、不利なのではないかと思っていましたが、本当に、僅かな差で、テサ・モエに負けてしまいましたね。Nomaさんが仰るように、パパ・シゼの衣装トラブルは、団体戦で起こることになり、個人戦では、衣装トラブルからはセーフとなっていたでしょう。
テサ・モエVSパパ・シゼ以外では、ペアのサフ・マソVSスイ・ハンと男子の宇野ぴょんVSボーヤンも、団体戦に出た、サフ・マソと宇野ぴょんに軍配が上がっているので、北京五輪では、団体戦に、フランスはパパ・シゼを、中国はスイ・ハン、ボーヤンを出して来るかもしれませんね。また、女子では、表彰台メンバー全員が、団体戦出場選手だったので、団体戦に対する考え方が変わって来るのではないかと思っています。
Commented by noma-igarashi at 2018-03-02 20:27
こんにちは~。団体戦についてのご意見、ありがとうございます!
五輪が始まるまで、団体戦は負の印象ばかりが強くて、パパシゼが出ないのは当然だと思っていました。それが、欠場すると思っていたサフマソが出てきたり、カナダが金メダルを狙っているという話を聞いたりするうちに、だんだん認識が変わってきました。
出る以上は、その経験がプラスになるようにしてほしいと思うし、出る資格がある以上は、そのチャンスを生かすようにしてほしい。今回の五輪を経て、今後は選手の気持ちもそういう方向に進んでいくのではないかしらん。

団体戦の最終日にライブビューイングを見に行ったとき、司会の女性が「パトリック・チャン選手はショートもフリーも出ているんですね」と水を向けたのに対して、こづが「連盟に頼まれたんでしょう」と返していて、ちょっとがっかり。絶対、もっと能動的だったと思うなあ。

北京五輪では、中国も団体戦に力を入れてきそうですよね。開催国として、メダルは1つでもたくさん取りたいだろうし、本腰を入れれば日本より上位にいけるのでは。日本にしても、勝つつもりで戦略を立てれば可能性は見えてくるんじゃないかしらん。すぐにメダルは難しいかもしれないけど、とにかく出る以上は、個人戦に生かすことを考えてほしいなと思います。
<< (和訳)ゆづ、ショーマのSP後... 平昌五輪、女子の感想(後半) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧