111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のコメント
こんにちは。 コメント..
by noma-igarashi at 22:50
安倍政権支持者のSEだが..
by 名無し at 08:02
こんにちは! さっとん..
by noma-igarashi at 19:18
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 21:53
こんにちは。 デニス・..
by noma-igarashi at 06:59
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 21:12
こんにちは~。 まあホ..
by noma-igarashi at 21:45
いろいろにぎやかだったん..
by ニルギリ at 13:30
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

1月中に読んだ本

競技の合間を縫って、遅くなりすぎないうちにアップしておきます。

空に唄う (河出文庫)

白岩 玄/河出書房新社

undefined


空に唄う(白岩玄) 評価:
★★★
(あらすじ)海生は、23歳の新米の坊主。初めてお勤めをすることになった通夜の最中、棺の上に突然、裸足の女性が現れる。遺影と同じ顔をした彼女は、なんと死んだはずの女子大生だった。自分以外、誰の目にも見えない彼女を放っておけず、海生は寺での同居を提案する。だが次第に、彼女に心惹かれて…若い僧侶の成長を描く感動作。

この作者の作品は初めて読みました。こういう雰囲気のものを書く人なんだ。面白かったです。突拍子もないといえば突拍子もない設定なんだけど、違和感なく自然に受け入れられました。ほかの作品ももう少し読んでみようかな。

バビロンに行きて歌え (新潮文庫)

池澤 夏樹/新潮社

undefined


バビロンに行きて歌え(池澤夏樹) 評価:★★★
(あらすじ)祖国レバノンを追われた一人の若き兵士が、夜の港からひっそりと東京にやって来た。名もなく、武器もなく、パスポートもなく…。突然、この海のような大都会に放り込まれ、さまよい歩く異邦人。その人生の一場面で彼とすれ違い、あるいはつかの間ふれあい、そして通り過ぎていく男や女たち。彼を中心に、この不可思議な大都会と、そこに生きる様々な人間像を鮮やかに、感動的に描いて新境地を拓いた長編小説。

これも面白かったです。新年早々、読みごたえのある本が続くとうれしい。上記あらすじのように、レバノンから東京にやってきた若者が主人公なのだけど、1章ごとに、彼が東京で出会う人々(獣医、大使館員、若い女性、バンドをやっている若者など)の視点から物語が進んでいきます。それぞれに味わいがありましたが、個人的には、最初に出会う年配の獣医さんの話が好きでした。好きというか、せつなかったです。

お金がなくても平気なフランス人 お金があっても不安な日本人 (講談社文庫)

吉村 葉子/講談社

undefined


お金がなくても平気なフランス人 お金があっても不安な日本人(吉村葉子) 評価:★★
一時、よく広告を見かけた本ですが、今ごろ読みました(ブックオフで安売りしていたので購入)。タイトルの印象としては、フランス人を持ち上げ、日本人を批判するような辛口の内容かと思ったのですが、べつだんそういうわけではなく(まったくないとはいわないけれど)、フランスで暮らした経験を綴ったエッセイ集でした。それなりに面白く読みました。

南の島のティオ (文春文庫)

池澤 夏樹/文藝春秋

undefined


南の島のティオ(池澤夏樹) 評価:★★★
(あらすじ)小さな南の島に住むティオと出会った人々を中心に、つつましくも精神的には豊かな島の暮らしをさわやかに描く。
今月2冊目の池澤夏樹。ただ、この本、前にも読んだことがあったかも。なんとな~く記憶にあるものの、「読んだ覚えがあるからもういいや」という感じではなかったので、最後まで読んでしまいました。この本も、上記『バビロンに行きて歌え』も、日本人が主人公ではないんですよね。それでもまったく違和感なく読めました。


[PR]
by noma-igarashi | 2018-02-14 18:55 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nomaiga.exblog.jp/tb/27061850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< おめでとう、サフマソ! 団体戦3日目、ライブビューイン... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧