111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
こんにちは^^ 女子の..
by sasha_2006 at 08:19
こんにちは~! うれし..
by noma-igarashi at 12:11
こんにちは。さっとんへの..
by sasha_2006 at 09:26
こんにちは! スケアメ..
by noma-igarashi at 19:27
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 22:54
(見てくださっているかど..
by noma-igarashi at 19:01
美輪さん、こんにちは~。..
by noma-igarashi at 23:15
この動画、音は後付けです..
by 美輪@brownycat at 08:46
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

パパダキス&シゼロン:スケーターとしての道のり(8)

ただでさえアヤシイ訳ですが、今回は特に自信がないです。ギョームの父親が「私たちは約束した」と言っている部分の「私たち」は父親とギョームでいいのか。「彼の母親と」だからそれでいいと思うんだけど、2回目に「私たち」と言っているときは「父親と母親」だろうと思われ、立て続けに出てくる「私たち」の中身が1回目と2回目で違っておかしくないのかどうか。「私たち」の中身が特定できれば、ほかにアヤシイ部分が推測しやすくなるんだけど…。また、「décrocher 」は勝ち取る(「取得する」と意訳)と訳していいのかどうか、前後の内容からこう訳したものの、これもよくわかりません。

というわけで、毎度のことですが、間違いがありましたらご容赦ください。お気づきの点はコメント欄までお願いします。


原文サイト  ※青字の部分が今回の更新分です。

----------------

Gabriella Papadakis et Guillaume Cizeron : itinéraire d’un destin glacé
ガブリエラ・パパダキス&ギョーム・シゼロン:スケーターとしての道のり


「娘を出産した日の朝も、私はリンクに出ていたの!」カトリーヌ・パパダキスはそう振り返る。スケート靴はまさに家族の歴史だ。カトリーヌは7歳のとき、クリスマスプレゼントとしてスケートクラブに登録してもらった。19歳の学生のとき、彼女はアイスダンスの指導者になった。スケートへの情熱を彼女はやがて娘に伝えることになる。

困難な始まり

幼いガブリエラは、小さなころから氷の上で滑っている。彼女の母親は指摘する。「あなたが私と同じようにスケートのコーチで、自分の子どもたちを見たいと思うなら、ただひとつ必要なことは、子どもたちを氷の上に連れてくることよ!」 しかしながらガブリエラは、つるつる滑って満足に立っていられない氷の上がまったく好きではない。「最初のうち、娘はすごく怖がりで、すごく臆病だったのよ」 彼女の母親はそう証言する。幼い少女の才能が明らかになるのは8歳になってからのことだ。時を同じくして、驚くべきできごとがクレルモンフェラン(フランス中央部の都市)のリンクでデビューを飾る。わずか9歳でありながら、その才能の持ち主が磨けば光る潜在能力を持っていることは誰の目にも明らかだった。怖いものなしの小さな天才、それがギョーム・シゼロンだ。

魔法のカップル

さて、カトリーヌ・パパダキスは妊娠中だ。彼女は自分が出産のために不在の間に、若いギョームが別のパートナーと組まないことを確実にするために、カップルの結成を急がせることが必要だと察した。カップルは2004年に結成される。「そのとたん、魔法が起きたんだ!」ギョームの父親マルク・シゼロンも熱く語る。実際、結果はすぐに表れた。クレルモンフェランの2人は、カップルを組んだばかりの年に、わずか10歳にしてフランスの輝かしいチャンピオンとなる。その翌年も、タイトルは手を伸ばせば届くところにあるかに思えた。ところが、ガブリエラがリンクにいるとき、練習相手が転倒し、彼女はそのスケート靴で膝の後ろの靭帯を切断する。タンギー教授がこの若き天才スケーターの手術を行った。周囲の人々は、彼女のキャリアが危険にさらされるのを危惧することになる。

数珠つなぎの成功

実際に起きたのは、まったく正反対のことだ。このつらい経験によって、ガブリエラはこれまで以上に強くなって帰ってくる。若い世代の各カテゴリーにおいて、2人は大勝する。12歳にして15歳のカップルたちを打ち負かし、彼らはフランスの新しいチャンピオンとなる。「そのころからすでに、私たちがクレルモンフェランで練習のリンクに立つと、周囲みんな、私たちをチャンピオンと見なしていたわ」ガブリエラはそう打ち明ける。それは2人に約束された輝かしい地平線だが、さらに先に進むためには、いくつかの決心がされなければならない。板挟み(ジレンマ)の原因は、試合と学業の両立をめざすギョーム・シゼロンの頑固さだ。マルク・シゼロンはいたずらっぽく回想する。「私たちは彼の母親と約束したんだ。朝の6時に練習に連れていくことが決してないようにってね。彼はその時刻に彼を連れていくことを私たちに納得させた。まず1回、そして2回、3回とね。そして、最後に彼が勝利をおさめた。それでおしまいだ!」 ギョーム・シゼロンが今度は科学系バカロレアを取得することで揺るぎない信念と克己心を示してみせることは想像に難くない。
(続く)
[PR]
by noma-igarashi | 2015-05-22 20:22 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nomaiga.exblog.jp/tb/23148800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 048:負(五十嵐きよみ) パパダキス&シゼロン:スケータ... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧