111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
こんにちは^^ 女子の..
by sasha_2006 at 08:19
こんにちは~! うれし..
by noma-igarashi at 12:11
こんにちは。さっとんへの..
by sasha_2006 at 09:26
こんにちは! スケアメ..
by noma-igarashi at 19:27
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 22:54
(見てくださっているかど..
by noma-igarashi at 19:01
美輪さん、こんにちは~。..
by noma-igarashi at 23:15
この動画、音は後付けです..
by 美輪@brownycat at 08:46
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

パパシゼのインタビュー「Les Jeux, ça fait réver」(1)

国別対抗以降、「パパダキス・シゼロン」の名前で検索してこのブログに来てくださる方が多くなっています。やはり、地上波で放送されると、影響力が全然違うんでしょうね。その1ヵ月前、彼らが世界チャンピオンになったときは別段変わりがなかったのに、地上波で放送されたとたん、彼らの名前がチラッと出てくる程度のブログまでアクセス数が増えてしまうのですから。

私の場合、2シーズン前のジュニアGPFで彼らのファンになり、応援するようになりました。ただ、応援といっても、CSで試合の放送があれば演技を見るという程度だし、彼らのことについてくわしいわけでも何でもないです。

…というようなブログにまで、パパシゼの名前で来てくださる方々がいるので、ここはひとつ頑張って、彼らのインタビュー記事を訳してみることにしました。ただ、たいしてフランス語ができるわけではないので、暇を見て少しずつということで。地味に、コツコツ、日本語に置き換えていきたいと思います。

そのインタビューは、DNAというフランス語のニュースサイトに、4月26日付けで載っていたものです。「Les Jeux, ça fait réver」というタイトルなんですが、このタイトル自体、どう訳したものか私の力量では迷ってしまうので、後回しにさせていただきます(最後まで訳し終えたら、適切な訳を思いつくかもしれないので)。

語訳が混じる可能性大ですので、どうぞ、そのおつもりで。お気づきの点がありましたら、遠慮なくご指摘ください。原文記事はこちら



――フィギュアスケート、そしてアイスダンスは、あなたたち2人にとって天職ですか?

ギョーム:いいえ、全然。僕の場合、スケートを始めたのはほんの偶然です。両親が僕をアイスダンス(のクラブ?)に入れたのですが、それはたまたまであって、別にほかのスポーツであってもよかったんです。ただ、僕はそれが気に入りました。それで、うまい具合に事が運び、こうして続けてきたんです。

ガブリエラ:母がスケートのコーチだったので、4歳のとき、私をリンクに連れて行きました。私自身がスケートをやりたいと思ったかどうかは覚えていませんが、結果としてこうして続けています。母が私にスケートを強制することはなく、それがよかったのだと思います。

(続く)
[PR]
by noma-igarashi | 2015-05-03 18:13 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nomaiga.exblog.jp/tb/23048976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< パパシゼのインタビュー「Les... 「愛読」の「愛」ってよくわからない >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧