111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 22:54
(見てくださっているかど..
by noma-igarashi at 19:01
美輪さん、こんにちは~。..
by noma-igarashi at 23:15
この動画、音は後付けです..
by 美輪@brownycat at 08:46
どうぞよろしくお願いしま..
by noma-igarashi at 23:39
返信ありがとうございます..
by 短歌について at 22:03
こんにちは。コメントあり..
by noma-igarashi at 20:05
突然失礼します。 20..
by 短歌について at 23:49
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

脱原発はどこへ行く

総理はいよいよお辞めになるみたいですね。Yahoo!のトップページにこんなニュース(菅首相8月中にも正式退陣表明? 辞めない可能性はゼロなのか)も載っていましたけど、それより後に配信されたこのニュース(首相、退陣を明言=2法案成立で「職辞す」-代表選へ調整本格化・民主)を読む分には、やはり辞任は確実と考えてよさそうです。

再生エネルギー特別措置法案がわりといい内容で通りそうなのは救いですが、辞任の話題を扱ったニュースで、脱原発路線がこの先どうなるのかを誰も語らない、まったく報道されない(私の見た範囲では)ことには落胆というよりも憤りを感じてしまいます。総理が辞任すれば、脱原発路線はなかったことになってしまうんでしょうか。この機に原発を止められるんじゃないかという気がして、だいぶ熱心に入れ込んできましたが、今後はどうしたものやら。この先、脱原発を話題にしても、負け続けるチームを応援するような疲労感しか残らないのでは、という危惧を感じてしまいます(というか、その程度だったらまだいいけど…)。個人的なことですが、今の精神状態で、それはツライ。

ただ、現在停止中の原発、これから定期点検で停止する原発の再稼働が相当に難しいことは事実だと思います。というか、そう思いたい。泊原発3号機みたいに、納得のいかない手口で稼働してしまうものもあるようですけど、来春にはほぼすべての原発が停止していると思いたいです。




たとえば発生確率が1億分の1の事象があるとする。それが交通事故なら、その車はかなり安全な乗り物といえるでしょう。しかし、仮にそれが「1回でも起きたら地球が崩壊する」というリスクだったら、たとえ率が1億分の1でも、誰もそのリスクは取れない。今回私たちが目の当たりにしたのは、まさにその、リスクの大きさなんです。

菅直人「週刊朝日」単独インタビューより

[PR]
by noma-igarashi | 2011-08-11 00:21 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nomaiga.exblog.jp/tb/15259037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 脱原発をめぐる今日のあれこれ 057:ライバル(五十嵐きよみ) >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧