111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは。 コメント..
by noma-igarashi at 22:50
安倍政権支持者のSEだが..
by 名無し at 08:02
こんにちは! さっとん..
by noma-igarashi at 19:18
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 21:53
こんにちは。 デニス・..
by noma-igarashi at 06:59
こんばんは。お久しぶりで..
by Disney 鴨 at 21:12
こんにちは~。 まあホ..
by noma-igarashi at 21:45
いろいろにぎやかだったん..
by ニルギリ at 13:30
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

生でオペラを見る楽しみ

メト「ドン・カルロ」の感想で書き忘れたことを拾いがてら、生でオペラを見る楽しみについて書いてみたいと思います。あえて、「聴く楽しみ」ではなく「見る楽しみ」です。テレビやDVDだと、生の観劇ではわからないところまでアップで見られますが、逆にいえば、画面に映っていないところは見えないという欠点があります。見えていない部分はどうなっているのか? 生の観劇ではいろいろな発見があります。

近ごろ私が気になるのは、1人の歌手が歌っているとき、ほかの歌手(合唱以外)はどうしているか、ということ。場面や演出にもよるのでしょうけど、今回注意して見ていたところ、ほかの歌手はまったく動かないことが多かったです。あれは第2幕でエリザベッタが「ああ、大切な私の友よ」を歌うシーンだったかな。ホロ様(ロドリーゴ)に注目していたところ、歌の間ずっと、背筋をスッと伸ばして立っていました。カッコいいったらありゃしない。こういう場面では、どこかが痒くなっても掻いたりできないのね、などと思ってしまいました。

もうひとつ、第5幕のホロ様の演技も印象的でした。ロドリーゴが死ぬ場面で、息絶えてから、かなり長いことそのまま。これは新演出の舞台写真ですけど、ちょうどこんな感じで仰向けに絶命し、カルロやフィリポ2世が歌う間、ずーーーっとこの状態でした。オペラ歌手って、歌唱だけではダメなのね、と再認識。お疲れさまです~。
e0073856_23541929.jpg

さらに、バカバカしいところで私がつい注目してしまうのは、ドレスを着た女性の動き。私など、ちょっと丈の長いスカートをはいただけで、椅子から立ち上がるときに裾を踏んづけてしまったり、階段を降りるときに引っかけそうになったり。オペラ歌手は大丈夫なんでしょうか? 女性歌手が倒れ込んだ状態で歌うことがよくあるので、その状態からすんなり起き上がれるかどうか、気になって気になって。

今回も、そういうシーンがあると注意して見ていましたが、特にトラブルはなかったです(当たり前か?)。片膝を立ててから、すっと立ち上がっていたのかな。ただ、第4幕で、エボリ公女がエリザベッタに許しを求めるシーン。ひざまずいた状態のエボリが、エリザベッタの動きに合わせてそのままいざったのですが、つんのめってしまわないかと、ちょっとはらはら。さすがに動きにくそうでした。

それと、オペラを生で見ると、場面転換にかかる時間が実感できるのも興味深いです。今回は第1幕と第2幕、第4幕と第5幕が続けて上演されたし、幕によっては第1場と第2場がまったく違う舞台セットに変わるケースもありました。何をどうやったら、あんな短時間で、あそこまでセットを変えてしまえるのか。メト、すごいです。
[PR]
by noma-igarashi | 2011-06-17 00:27 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nomaiga.exblog.jp/tb/14965958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ジョーカーに化けた」のか? メトロポリタン歌劇場「ドン・カ... >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧