111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
(見てくださっているかど..
by noma-igarashi at 19:01
美輪さん、こんにちは~。..
by noma-igarashi at 23:15
この動画、音は後付けです..
by 美輪@brownycat at 08:46
どうぞよろしくお願いしま..
by noma-igarashi at 23:39
返信ありがとうございます..
by 短歌について at 22:03
こんにちは。コメントあり..
by noma-igarashi at 20:05
突然失礼します。 20..
by 短歌について at 23:49
こんにちは。コメントあり..
by noma-igarashi at 08:21
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

新国立劇場「オテロ」

e0073856_13312746.jpg新国立劇場「オテロ」
2009年9月20日(日)14:00開演
新国立劇場オペラパレス 3階2列10番台

指揮:リッカルド・フリッツァ Riccardo Frizza
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

オテロ:ステファン・グールド Stephen Gould
デスデーモナ:タマール・イヴェーリ Tamar Iveri
イアーゴ:ルチオ・ガッロ Lucio Gallo


09-10年シーズンの初日。そんな日に見に行くのは初めてですが、だからといって特別なことはなかったです(少なくとも気づかなかった…)。これまでに見た新国の舞台は(まだ4回目)、幕ごとにしっかり休憩を入れていたので、そういうものなのかと思っていたところ、「オテロ」は1・2幕、3・4幕をまとめて上演し、休憩は1回だけでした。



舞台は、ベネチアを思わせる水路(舞台はキプロスではありますが)に囲まれた街の一画。その中央部にオテロの家があります。といっても、ごく小さくて、ポリスBOXみたい。この家が、場面に応じて回転しました。4面あるうち、最初は窓のある面が見え、次に壁だけの面になり、さらに内部(寝台があるだけ)が見える面になり、この3面を状況に応じて使い分けていました。豪華ではないけれど、こじんまりしてかわいかったし、考えてつくられていて、気に入りました。

主役3人のうち、イアーゴ役のルチオ・ガッロは、私でも名前を聞いたことがあるぐらいなので、有名な歌手なのだと思います。昨シーズンの新国では、「ドン・ジョヴァンニ」のタイトルロールを演じたんですよね。マルちゃんがサントリーホールで「ドン・ジョヴァンニ」を演じたとき、彼と比較する人がいたので、すでに一定の評価を得ている人と比べて「一段落ちる」みたいなことをいわれてもなあ…などと思ったことでした。そんなこともあったので、今回、若干意識して歌を聴きました。結果はというと、うーん、どうでしょう。もちろんうまいと思いましたが、感銘を受けるというほどではなかったかな(ご参考までに、これまで生で聴いて感銘を受けたバス・バリトン歌手はレオ・ヌッチとルネ・パーペ)。この役柄に関しては、もう少しいやらしさが前面に出てもよかったかもしれません。全体的にスマートなイアーゴでした。

デスデーモナは、当初予定されていたノルマ・ファンティーニが降板し、タマール・イヴェーリが代役に。ノルマ・ファンティーニのほうは、07-08シーズンの「アイーダ」ですでに1回見ていて、安心感はあったけれど、新しい人を聴きたい気持ちもあったので、その意味ではタマール・イヴェーリが聴けてよかったです。この人は外見が派手な印象で(写真)、あまりデスデーモナっぽくはなかったかもしれません。特に、オテロの疑念が募るシーンで、彼女がスカートをたくし上げて足を見せる演出があり(オテロの妄想ということだと理解しましたが)、この人がこういう仕草をすると、本当に浮気をしているように見えてしまうんじゃなかろうかと、ちょっとはらはら。歌は、さすがに力が入っていたのか、「柳の歌」が特によかったです。
余談ながら、プロフィールを確認したら、グルジアの人なんですね。そうと知ってみると、外見がゲデちゃんっぽい(フィギュアスケーターのエレーネ・ゲデバニシビリ)。グルジアはこういう顔立ちの人が多いのかな。

オテロ役はステファン・グールド。知らない歌手だったし、写真を見ても特に惹かれなかったので(すまん)、特別な期待も思い入れもなく出かけました。実際に聴いてみると、さすがにタイトルロールをつとめるだけのことはあって、うまかったです。ただ、声があまりテノールっぽくなかったかも(ちなみにカッシオの声はテノールっぽかった)。今回、生で見てみて思ったのは、オテロというのは、演技力がものをいう役柄なんだろうなということ。ムーア人だからという引け目があるにしても、なんであんなに簡単に騙されるんだ、雪崩を打ってダメダメになっちゃうんだと、見ているほうはついイライラしてしまうわけですが、そこをどう説得力をもって演じるか。見るたびにイライラしてしまうため、「オテロ」は決して好きな演目ではなかったのですが、生で歌を聴くと、さすがにDVDで見るときほどはイライラしなかったし(「オテロ」に限らず、ストーリーとして納得しがたいことも、歌の力の前にはたいしたことではなくなってしまうというケースは多いです)、ほかの人が演じるオテロも見てみて、演じ方を比較してみたいな、と思いました。いつか、「これぞオテロ」というようなオテロに出会えるといいな。
[PR]
by noma-igarashi | 2009-09-21 13:32 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://nomaiga.exblog.jp/tb/11183318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kench at 2009-09-21 20:55 x
オテロ、初日に行かれたんですね。僕は10月3日に行く予定です。初の生オテロ、しかも、1月のこうもり(新国立)以来の生オペラなんで、かなりテンションが上がっていますが、僕もNOMA-IGAさん同様、DVDでは、作品の魅力が分からなかった口なので、どう出るでしょうか。いい演奏になってほしいな。

また、ヌッチを生で聞いたことがあるなんて、羨ましいですね。DVDで見たオペラのなかで、最も感銘を受けた歌唱が、パルマ盤リゴレットのヌッチなんですよ。一度は生でと思いつつも、お金も時間もなくてなかなか。

ちなみに、カラヤン盤のカルロは、妙なものと一緒に頼んでしまったので、いまだ届かず、手持ちのもので渇を癒しています。
Commented by NOMA-IGA at 2009-09-22 00:06 x
>kenchさん
こんばんは~。新国「オテロ」、一足お先に行ってまいりました。
チケットを取るとき、日にちを第3希望まで出して、確か初日は第2希望だったかな。初日を狙ったわけではないですが、真っ先に見られるというのも悪くない経験でした。今シーズンから会員になったので、いろいろ見に行きたいなと思っています。

ヌッチは、2年ほど前、チューリッヒ歌劇場の来日公演で見ることができました。演目は「椿姫」で、アルフレードのパパの役です。あの役も、DVDで見ると、「もう~! このオヤジってば、勝手なことばっかり言って~!!」とかイライラしてしまうんですが(汗)、あのときはヌッチの歌唱に圧倒され、すっかり説得されてしまいました。歌の力ってすごい、と実感した公演でした。
チューリッヒ歌劇場の来日公演は、チケット代もそれほど高くなかったし、すごくよかったです。メストはいなくなってしまったけれど、また来てほしい。
Commented by たんとりす at 2009-09-24 00:44 x
はじめまして。つまらぬ質問で恐縮ですが、私は29日に参ります。
某氏の感想によりますと、舞台では水路に本水を使い、演出で様々な色に変化するそうですが、1階前方の席からは観えるものでしょうか?難しいのかな?
やはり2階席から上の階に限られるのでしょうか?
Commented by NOMA-IGA at 2009-09-24 20:36 x
たんとりすさん、はじめまして。
お問い合わせの件、私の席は3階だったので、申し訳ないですが、1階から見えるかどうかはわかりません。
おっしゃっているのは、東条碩夫さんのブログですね? 私も読みましたが、イアーゴの心境によって水の色が変化しているとは、正直なところ、見ていて気づきませんでした。舞台全体の照明が場面によって変化したので、それに合わせているんだろう、というぐらいの認識でいました。舞台装置や照明の見どころはほかにもたくさんあったので、あまり水の色だけに注目されなくてもいいのでは? いい舞台でしたので、どうぞ楽しんできてくださいね。
Commented by desire_san at 2009-10-11 22:13
「オテロ」は私も行きました。良かったですね。

私もブログに、「オテロ」について私の感想を載せましたので読んでください。

http://desireart.exblog.jp/9089043/

よろしかったら是非ブログの中に書き込みして下さい。
Commented by NOMA-IGA at 2009-10-12 10:52 x
>desire_sanさん
はじめまして。コメントどうもありがとうございます。
新国の「オテロ」、desire_sanさんも見に行かれたのですね。いい舞台でしたね!
ブログの感想、読ませていただきました。同じ演目でも、演じる歌手によってずいぶん印象が違うことって、多いですよね。
これを機に、またちょくちょく寄らせていただきます。

ところで、別の記事にもコメントをいただいたのですが、ほぼ同じ内容だったので、こちらにまとめさせていただきます。なにとぞご了承ください。
<< 「アイーダ」最後のシーンの動画 これから「オテロ」 >>


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧