人気ブログランキング |

111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新のコメント
美輪さん、こんにちは。 ..
by noma-igarashi at 12:41
この人たち、たしかアート..
by 美輪@brownycat at 08:37
こんにちは。 アサガオ..
by noma-igarashi at 19:10
こんばんは。お久しぶりで..
by 1disney2 at 22:28
数日前にこの記事に寄せら..
by noma-igarashi at 06:41
こんにちは! なんと、..
by noma-igarashi at 12:00
このイタリアカップルの転..
by yoshi at 00:18
こちらにもコメントありが..
by noma-igarashi at 23:51
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

自分用のリンク集

題詠100首★会場  ISU(トップページ)  日本スケート連盟(リザルトページ)

figure skating memo(トップページ)  Passion-Patinage(フォーラム)

日本全国デモ情報   立憲民主党Twitter  れいわ新選組
# by noma-igarashi | 2019-12-31 23:59 | ノンジャンル | Trackback | Comments(0)

「ウィリアム・テル序曲」聴き比べ

近ごろ滅入るニュースが多いので、なんか気持ちの盛り上がることしたいな~と思い、「ウィリアム・テル序曲」の聴き比べをしてみることにしました。ただし、最初から聴くと10分以上あるため、おなじみのファンファーレ以降でゴメンナサイ。

①指揮:チョン・ミュンフン指揮 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団


まずは、チョン・ミョンフン指揮+東フィル演奏の「ウィリアム・テル序曲」。チョンさん指揮のコンサートでは、アンコールでよく演奏されますよね。だから生で聴いたこともあるし、この動画は演奏者も楽しんでいるのが伝わってきて、そこが大好き。この曲は楽しくなくっちゃ。というわけで、この「ウィリアム・テル序曲」を真っ先に紹介しました。

②指揮:リッカルド・ムーティ 演奏:ミラノ・スカラ座管弦楽団


お次は、ムッチーさん(←わが家ではこんな呼び方をしているのでした。すまん)とスカラ座。うお~! やっぱりうまいですねえ。うまくて、なおかつカッコいいです。やっぱり、オペラの曲はオペラハウスのオーケストラが上手なのかな。ムッチーさん、クールに決めてますが、最後は飛び跳ねてます。この曲はこうでないとね。

③指揮:クラウディオ・アバド 演奏:ベルリンフィルハーモニー管弦楽団


出だし、静止画像に演奏だけ入れた動画なのかなと思ったら、ちゃんと演奏している映像に切り替わり、さらに観客が映ると、野外コンサートで雨が降っていることがわかる――という流れの動画。これ、毎年やっている野外コンサートですよね。そうか、やっぱり雨が降ることもあるんですね。演奏に合わせて、お客さんの傘が揺れているのがいいなあ。

野外というとスポーツ観戦しかしたことがない私は、「ドイツの人はレインコートじゃなくて傘を差すんだな」などと思ってから、ようやく気がつきました。フードをかぶると演奏が聞こえないから(で、フードをかぶらなければレインコートを着る意味がないから)、みんな傘なんでしょうね。

④指揮:グスターボ・ドゥダメル 演奏:エーテボリ交響楽団


若い指揮者も混ぜてみました。指揮がドゥダメルで、演奏はスウェーデンのエーテボリ交響楽団。これもコンサートのアンコールのようですね。2014年の映像なので、このときドゥダメル33歳。若い~。
                                             
# by noma-igarashi | 2019-08-20 23:34 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

7月中に読んだ本

森へ行きましょう

川上 弘美/日本経済新聞出版社

undefined


川上弘美『森へ行きましょう』 評価:★★★
(あらすじ)主人公は1966年ひのえうまの同じ日に生まれた留津とルツ。このパラレルワールドに生きるふたりの女性は、いたかもしれないもうひとりの「自分」。留津は結婚し、子どもを産み、ルツは仕事にいそしみ、時に恋をして--。2人が50歳を迎えるまでの人生のあれこれを描いた長編。

2011年に東日本大震災があり、原発事故が起きたとき、こんなふうに思いました。あの大地震で地軸がずれ、自分は異次元に迷い込んだのかもしれない。もう1人の自分は、原発事故など起きていない世界にとどまり、フィギュアスケートの世界選手権の開催を楽しみにしているのかもしれないと。この本を読み始めたとき、自分がそんなふうに思ったことを思い出しました。もしかして、作者もそんなところからこの小説を着想した可能性も?(震災直後、この作者は過去の作品「神様」をもとにした「神様2011」を発表したりしているので)

さて、同じ日に生まれた留津とルツ。パラレルワールドに生きるふたりの女性――ということなのですが(この部分はAmazonの内容紹介を借りてきました)、私は2人が別人だというふうには思わなかったです。同一人物なんだけど、誕生のときから始まり、ちょっとしたことで人生がどんどん違うものになっていった。小説としての仕掛けとして、違うものになっていったそれぞれの人生を交互に描いた。とまあ、そんなふうに受け止めながら読みました。

実際の年代が出てくる小説なので、終盤になって、東日本大震災も起きます。そのせいなのかどうか、当初は留津とルツの2人だった登場人物が、るつだの琉都だの流津だの、最後のほうは何人にも増えていきます。もしも私が勝手に想像したように、東日本大震災の経験から着想した作品だとしたら、震災を機にふえていった可能性はありますよね。どの「ルツ」の生き方がいいとか悪いとかいうわけではなく、そういう仕掛けのある小説として、最後まで楽しみながら読みました。

絶望キャラメル

島田雅彦/河出書房新社

undefined


島田雅彦『絶望キャラメル』 評価:★★★
(あらすじ)地方の町・葦原に帰ってきた、新米坊主の江川放念。若者が夢を持てないほどに荒廃した故郷に驚愕した彼は、若い人材が町を救うはずだと「原石発掘プロジェクト」を立ち上げる。放念によって集められた4人の高校生は、常人離れした肩を持つ黒木鷹、町で一番の美少女・青山藍、微生物オタクの白土冴子、そして凡人・緑川夢二。4人はそれぞれの個性を活かし、夢に向かって走り出すが、彼らの前に葦原荒廃の元凶、前市長とその傀儡と化した現市長が立ちはだかる。

マンガのような小説で、楽しかったです。島田雅彦を読むのはこれが2冊目で、1冊目のときにも思ったんだけど、島田雅彦ってこういう話を書く人だったんだ? もっとややこしい小説を書く人だと、ずっと思っていました。

エコノミカル・パレス (講談社文庫)

角田光代/講談社

undefined


角田光代『エコノミカル・パレス』 評価:★★
(あらすじ)34歳フリーター、年下の同棲相手は失業中。エアコンは壊れ、生活費の負担は増えていく。昔の知り合いが彼女を連れて転がり込む。どんづまりの生活を変えたのは、はたちの男からかかってきた「テキ電」だった。

「うんうん、今の世の中ってこうだよねえ。ほんっと、みんな貧しくなっちゃったよねえ」と思いながら読んだのですが、よく見たら、この作品、単行本が出たのは2002年なんですね。うーん、そうか、そのころから日本の若者たちは貧しかったのか。デフレが20年続いているわけだものね。暮らしにくくなる一方の日本、今後どうなっちゃうのかと気が重くなってしまいます。山本太郎じゃないけど、今の日本人が貧しいのは自分のじゃないよ。政治のせいだよ。そんな世の中にあって、文学が読まれるだけの価値を今後も維持できますように。

さよならの余熱 (集英社文庫)

加藤 千恵/集英社

undefined


加藤千恵『さよならの余熱』 評価:★★

加藤千恵ちゃんの短編集は、すごくいいなと思うものも少なくないですが、この本はちょっと物足りなかったかも。というわけで、星2つでゴメンナサイ。
                                             
# by noma-igarashi | 2019-08-18 16:48 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

ダイスケ、ショーマのプログラム

(追記)コメントに表示されている投稿時間は、どうやら日本時間のようです。パスワード登録する際、私が国名として「日本」を選んだので、私が見る分には日本時間が表示されるのだと思います。

タイトルで期待されていたらごめんなさい。たいした内容じゃない…というか、単なる事実確認です。

2つ下の記事に、「ダイスケのSPについてのニュースが流れたので、フランスのフォーラムでも話題になっていないかと覗いてみたものの、まだ話題に出ていなかった」という旨を書きました。14日夜のことです。その後も覗いていたところ、現地時間日本時間15日4:23PMになって情報がアップされました。

とはいえ、単にプログラムの曲名が書かれているだけ。本来、話題に出たのがそういうスレッドなんですよね。「Programmes 2019/2020」という名前のスレッドで、新シーズンのプログラム情報をみんなで持ち寄るという。

それでも、「彼がこの曲を滑るなんて楽しみ!」みたいなコメントがつくこともないわけではないので、誰か何かコメントしないかな~と待っていたのですが、今のところナシ。

そうこうするうちに、今度は昨日(16日)ショーマのフリーについてのニュースが流れました。「お! それなら、ショーマの情報がアップされるのを待って記事にしよう」と思って、待つことしばし。現地時間日本時間17日2:09 AMに書き込みがありました。

選手名とプログラムの曲名だけなので、そのまま以下に貼付してみます。元記事のページはこちらですが、この春からパスワードを求められるようになったので、見られないかもしれないです(会員登録すればOK)。どちらの投稿も、合わせてほかの選手のプログラム情報も書き込まれています(今さら気づきましたがショーマのSP情報も…)。

----------------------------
par kamina » jeu. août 15, 2019 4:23 pm

Daisuke Takahashi
SP: The Phoenix by Fall Out Boy (ch. Misha Ge, Sheryl Murakami, Yuko Kai)
Aleksandra Boikova/Dmitrii Kozlovskii
FP: James Bond

Lubov Ilyushechkina/Charlie Bilodeau
SP: My Funny Valentine

Viveca Lindfors
SP: Song for the Little Sparrow

Shoma Uno
SP: “Great Spirit” by Armin van Buuren, Vini Vici feat. Hilight Tribe
Ch. Shae Lynn Bourne


----------------------------
par kamina » sam. août 17, 2019 2:09 am

Shoma Uno
FS: "Dancing on My Own" by Calum Scott (ch. David Wilson)

Elizaveta Tuktamysheva
FS: 'Caravan', 'Bei Mir Bist Du Schoen' by The Hot Sardines

                                       
# by noma-igarashi | 2019-08-17 08:19 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

「073~076」の歌(穂、ローマ、便、愉)

073:穂 平成はもうすでに過去うっすらと穂村弘の歌集が黄ばむ

074:ローマ ローマにはすぐまた行きたかったのにリラがユーロになって久しい

  * *

075:便 愛国者のデモが行進する先の東京湾は便所のにおい

076:愉 不愉快なことばかりある近ごろのこの国踊りながら溺れる
                                
# by noma-igarashi | 2019-08-16 19:04 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

不思議な氷上のパフォーマンス

【追記】ちょっとだけわかりました。「Le Patin Libre」はフランスじゃなくて、カナダのパフォーマンス集団だそうです。メンバーの5人は、国際試合でメダルを取ったこともあるスケートの経験者で、モントリオールを拠点に活動しているのだとか。

ごめんなさい、これがどういうものなのか、私も全然わかっていない状態なのですが…(というか、私が知らないだけだったらお恥ずかしいですが)。

今日はダイスケのSPについてのニュースがあったので、「もしかして、フランスのフォーラムでも話題に出たりしていないかな」と思い、久しぶりに覗いてみたような次第。そしたら、残念ながらその件はまだ話題に出ていなくて、代わりに見つけたのが、この映像に関する話題でした。

どうやらフランスにこういうパフォーマンス集団があって、公演を行っているみたいです。名前は「Le Patin Libre」。普通に訳すと「フリースケーティング」になってしまうから、もうちょっと気の利いた訳し方をしたほうがいいような気がしますが。紹介文によると、「フィギュアスケート、アイスダンス、シンクロナイズドスケート、スピードスケート、ホッケー、バレエなどをミックスしたようなパフォーマンス」ということみたいです。シルクドソレイユのスケート版という感じ?

公式サイト(多分)もありました。
すごくカッコいいですよね。「氷艶」のようなショーも見ごたえ十分だけど、ダンスに特化したこういうパフォーマンスも素敵。どういう集団なのか、もう少しくわしいことがわかったら、またお知らせしますね(というか、くわしいことをご存じの方がいらしたら、コメント欄までぜひ情報をお寄せくださいませ)。





# by noma-igarashi | 2019-08-14 23:37 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)

新たに買ったオペラのDVD

注文しただけで、まだ手元に届いていないですが、昨日、以下のDVDを購入しました。

e0073856_18334592.jpg「セビリアの理髪師」「チェネレントラ」グラインドボーン音楽祭

グラインドボーン音楽祭の「セビリアの理髪師」「チェネレントラ」。2枚セットでこの値段(3,091円)ならお得だな、と思ったのですが、注文した後に気がつきました。「チェネレントラ」のほうは、単体ですでに持っているではないですか(こちら)。

ジャケットが違うと、見逃してしまいやすいです。セットになったものを買うときは、ついチェックが甘くなりがちなので、注意しなくては。

でもまあ、見たかったのはダニエル・ダニエル・ドゥ・ニースがロジーナ役の「セビリアの理髪師」のほうだから、よしとします。ついでに確認したところ、「セビリアの理髪師」のほうを単体で買ったら、4,212円ですって。セットで買うよりも高いの。謎。単体で買うより安く買えたわけだから、結果としては悪くない買い物でした。


e0073856_18341630.jpg「ラ・ボエーム」トリノ王立歌劇場

前回、ロイヤルオペラの「ボエーム」を買って(こちら)、
「ボエーム」も楽しいよねと思ったので、またも購入。

出演者は知らない人たちばかりですが、このオペラ向きの
若手ぞろいだといいな。


e0073856_18344219.jpg



「ワルキューレ」ザルツブルク祝祭大劇場

「ザルツブルク復活祭音楽祭50周年記念、カラヤン演出『ワルキューレ』をティーレマン&ドレスデンが豪華歌手とともに再演!」だそうです。気合いが入っている感じですね。なかなかよさそうなので、届くのが今から楽しみです。
# by noma-igarashi | 2019-08-12 22:26 | わが家のDVDリスト | Trackback | Comments(0)

「氷艶」いろいろ(自分用)

光源氏役で氷上でのラブシーンも。表現者・高橋大輔が見せた新領域。Number Web

氷上音楽劇「氷艶hyoen 2019-月光かりの如く-」。光源氏・髙橋大輔降臨:家庭画報Com. 

髙橋大輔選手が紡いだ新たな伝説!「氷艶 hyoen2019 -月光かりの如く-」スペシャルリポート:KISS&CRY

「やるっきゃないと腹をくくった」 なぜ高橋大輔は新たなチャレンジに挑んだのか:AERAdot.

鳥肌もの!『氷艶2019』で魅せた「新しい高橋大輔」誕生の瞬間:現代ビジネス

フィギュア経験者ライターが見た! アイスショー「氷艶 hyoen」がすごいわけ:TOKYO HEADLINE

 ★

『氷艶』本番直前!:大音智海の歩き方

 ★

密着 ‶新挑戦″ 髙橋大輔が光源氏に・・・氷艶hyoen2019( Julia Lipnitskaia・ Stéphane Lambiel)

Daisuke TAKAHASHI - 2019 Hyoen 氷艶 News まとめ - 高橋大輔
                                            
# by noma-igarashi | 2019-08-11 15:43 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

見たことがあるオペラは175作品中104作品

このブログを開設してしばらくしたころ、YOU TUBEなる便利な動画サイトができました(ブログ開設当時はまだなかったんですよねえ。←遠い目)。YOU TUBEでオペラの動画を検索するとき、日本語よりも原題を使うほうがずっと便利だと気づき(ヒットする件数が全然違うので)、主に自分用に「オペラ&オペレッタ原題リスト(175タイトル)」という記事をアップしました。

このうちどれぐらいのオペラを見たことがあるか、3連休で時間があるので、試しに調べてみました。

◎=見たことがあるオペラ
△=部分的に見たことがあるオペラ
 (もしかしたら全編見ているかもしれないけれど、記憶が定かでないものを含む)


数えてみたところ、◎=見たことがあるオペラは175タイトル中96タイトル、△=部分的に見たことがあるオペラは同8タイトル。合計すると、175タイトル中104タイトルという結果になりました。

このブログを開設したころは、有名な10タイトルぐらいしか見ていなかったんじゃないかと思うので(カルメンとかトゥーランドットとか)、100を超えていたのはちょっとウレシイ。まだ見ていないものの中には、DVDやブルーレイを探すのが大変な作品も少なくないので、今後はそっちを見る努力をしていくよりも、有名な作品をいろんな演出で見るほうに力を注ぎたいかな、と思っています(でもワグナーぐらいは全部見ておきたいかな)。

【あ行】
◎ アイーダ Aida
◎ 愛の妙薬 L'elisir d'amore
  青ひげ公の城 A kekszakallu herceg vara/Bluebeard's Castle
◎ アッティラ Attila
  アドリアーナ・ルクヴルール Adriana Lecouveur
  アフリカの女 L'africaine
  アポロとヒアキントス Apollo et Hyacinthus
  アメーリア舞踏会に行く Amelia al ballo/Ameria go to the ball
◎ アラベラ Arabella
◎ アリアーヌと青ひげ Ariane et Barbe-Bleue
  アルジェのイタリア女 L'Italiana in Algeri
  アルバのアスカニオ Ascanio in Alba
  アルフォンソとエストレッラ Alfonso Und Estrella
◎ アンドレア・シェニエ Andrea Chernier
  アンナ・ボレーナ Anna Bolena
  イーゴリ公 Prince Igor
  イエルサレム Jerusalem
  イオランタ Iolanta
  一日だけの王様(偽のスタニスラオ) Un giorno di regno
  イッポリートとアリシー Hippolyte et Aricie
◎ イドメネオ Idomeneo
  イル・グァラニー Il Guarany
◎ イル・トロヴァトーレ Il Trovatore
◎ ウィーン気質 Wiener Blut
◎ ウィリアム・テル(グリエルモ・テル) Guillaume Tell/Guglielmo Tell/William Tell
◎ ヴェネツィアの一夜 Eine Nacht in Venedig
△ ウェルテル Werther
  ヴォツェック Wozzeck
◎ 美しきエレーヌ La belle Helene
  美しきパースの娘 Le jolie fille de Parth
  運命の力 La Forza del Destino
◎ エフゲニー・オネーギン Eugene Onegin
◎ エレクトラ Elektra
  エル・ポエータ El Poeta
◎ エルナーニ Ernani
  エロディアード Herodiade
  奥様女中 La Serva Padrona
◎ オテロ Otello
◎ オペラ舞踏会 Der Opernball
  オルフェーオ L'Orfeo
◎ オルフェオとエウリディーチェ Orfeo ed Euridice

【か行】
△ 海賊 Il corsaro
◎ 外套 Il Tabarro
◎ カヴァレリア・ルスティカーナ Cavalleria Rusticana
◎ 影のない女 Die Frau Ohne Schatten
  カプリッチョ Capriccio
◎ 神々の黄昏 Gotterdammerung
  神の言葉 Divinas Palabras
◎ 仮面舞踏会 Un ballo in Maschera
  カリスト La Calisto
◎ カルメン Carmen
◎ 群盗 I masnadieri
  劇場支配人 Der Schauspieldirektor
△ 恋に陥った兄と妹 La frate'nnamorato
◎ 後宮からの誘拐 Die Entfuhrung aus dem Serail
◎ 皇帝ティートの慈悲 La Clemenza di Tito
◎ こうもり Die Fledermaus
◎ コシ・ファン・トゥッテ Cosi Fan tutte
  湖上の美人 La donna del lago
  ゴヤ Goya

【さ行】

◎ サーカスの女王 Die Zirkusprinzessin
△ さまよえるオランダ人 Der fliegende Hollander
◎ サムソンとデリラ Samson et Dalila
◎ サロメ Salome
◎ ジークフリート Siegfried
  シピオーネの夢 Il sogno di Scipione
◎ シチリア島の夕べの祈り I Vespri Siciliani
◎ ジプシー男爵 Der Zigeuenrbaron
◎ ジプシーの恋 Zigeunerliebe
△ シモン・ボッカネグラ Simon Boccanegra
◎ ジャンニ・スキッキ Gianni Schicchi
◎ 修道女アンジェリカ Suor Angelica
◎ ジュディッタ Giuditta
◎ 真珠採り Les Pecheurs Perles
◎ シンデレラ(ラ・チェネレントラ) La Cenerentola
  スティッフェリオ Stiffelio
◎ スペードの女王 Pique Dame/Pikovaya Dama/Queen of Spades
◎ 清教徒 I Puritani
◎ 西部の娘 La Fanciulla del West
◎ セビリャの理髪師 Il Barbiere di Siviglia 
  セミラーミデ Semiramide
  セルセ Serse/Xerxes
◎ 戦争と平和 War and Peace

【た行】
  第一回十字軍のロンバルイディーア人 Un giorno di regno
◎ タンホイザー Tannhauser
◎ チャルダーシュの女王 Die Csardasfurstin
◎ 蝶々夫人 Madama Butterfly
◎ 椿姫(ラ・トラヴィアータ) La Traviata
◎ 天国と地獄 Orphee aux Enfers
◎ トゥーランドット Turandot
◎ 道化師 I Pagliacci
◎ トスカ Tosca
◎ トリスタンとイゾルデ Tristan und Isolde
◎ ドルの女王 Die Dollarprinzessin
△ 泥棒かささぎ La Gaza Ladra
  トロヤの人々 Les Troyens
◎ ドン・カルロ Don Carlos
  ドン・キショット Don Quichotte
◎ ドン・ジョヴァンニ Don Giovanni
  ドン・パスクワーレDon Pasquale
  ドン・ロドリーゴ Don Rodorigo

【な行】

◎ ナクソス島のアリアドネ Ariadne Auf Naxos
◎ ナブッコ Nabucco
◎ 偽の女庭師 La finta giardiniera
◎ ニュルンベルクのマイスタージンガー Die Meistersinger von Nurnberg
  ねじの回転 The turn of the screw
  ノルマ Norma

【は行】
◎ パガニーニ Paganini
  バスティアンとバスティエンヌ Bastien und Bastienne
◎ ばらの騎士 Der Rosenkavalier
  パルジファル Parsifal
◎ ハンス・ハイリング Hans Heiling
◎ ピーラー・グライムズ PRTER GRIMES
  羊飼いの王様 Il re pastore
◎ ファウスト Faust
◎ ファルスタッフ Falstaff
◎ フィガロの結婚 Le Nozze di Figaro
◎ フィデリオ Fidelio
  フィレンツェの麦わら帽子 Il Cappello di Paglia di Firenze
  フェドーラ Fedora
△ 二人のフォスカリ I due Foscari
  フランチェスカ・ダ・リミニ Francesca da Rimini
◎ ペレアスとメリザンド Pelleas et Melisande
◎ ヘンゼルとグレーテル Hansel und Gretel
  ヘンリー八世 Henry Ⅷ
  ホヴァーンシチナ Khovanshcina
  ポッペーアの戴冠 L'Incoronazione di Poppea
◎ 微笑みの国 Das Land des Lachelns
◎ ホフマン物語 Les Contes d'Hoffmann
  ボリス・ゴドゥノフ Boris Godunov
  ポントの王ミトリダーテ Mitridate, re di Ponto

【ま行】

  マオメット二世 Maometto Secondo
◎ マクベス Macbeth
◎ 魔弾の射手 Der Freischutz
◎ 魔笛 Die Zauberflote/The Magic Flute
  真夏の夜の夢 Le songe d'une nuit d'ete
  マノン Manon
◎ マノン・レスコー Manon Lescaut
  マリア・ストゥアルダ Maria Stuarda
◎ マリッツァ伯爵令嬢 Grafin Mariza
  マルガリータ・ラ・トロネア Margarita la Tornera
  ミカド Mikado
  三つのオレンジへの恋 Love for Three Oranges/L'amour des trois oranges
  みてくれの馬鹿娘 La finta semplice 
◎ ムツェンスク郡のマクベス夫人(カテリーナ・イズマイロヴァ)
     Lady Macbeth   Mtsenskogo Uyezda(Katerina Izmailova)
◎ 夢遊病の娘 La Sonnambula
  メフィストーフェレ Mefistofele
◎ メリー・ウィドー Merry Widow
  モーゼとアロン Moses und Aron

【や行】
  山猫 El Gato Montes
  ユグノー教徒 Les Huguenots
  預言者 Le Prophete

【ら行】

◎ ラインの黄金 Das Rheingold
◎ ラ・ジョコンダ La Gioconda
◎ ラ・チェネレントラ La Cenerentola
◎ ラ・ボエーム La Boheme
◎ ランスへの旅 Il Viaggio a Reims
◎ ランメルモールのルチア Lucia di Lammermoor
△ 利口な女狐の物語 Prihody lisky Bystrousky
◎ リゴレット Rigoletto
  ルイザ・ミラー Luisa Miller
  ルーチョ・シッラ Lucio Silla
◎ ルクセンブルク伯爵 Der Graf von Luxemburg
  ルクレツィア・ボルジア Lucrezia Borgia
◎ ルサルカ Rusalka
  ル・シッド Le Cid
  ルル Lulu
  レニャーノの戦い La battaglia di Legnano
◎ 連隊の娘 La figlia del reggimento
◎ ローエングリン Lohengrin
◎ ロシアの皇太子 Der Zarewitsch
  ロデリンダ Rodelinda
  ロベルト・デヴリュー Roberto Devereux
◎ ロメオとジュリエット Romeo et Juliette

【わ行】
◎ ワルキューレ Die Walkure
# by noma-igarashi | 2019-08-10 19:46 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

「069~072」の歌(途、到、名残り、雄)

069:途 小学生だった自分が夢に見た未来との差に--途方ニ暮レル

070:到 真夏日のニュースが告げる少女像の展示に抗議が殺到したと
   *
071:名残り 唯一の名残りは公孫樹 分校のあった空き地は静まり返る

072:雄 Wordさえ一発変換してみせる昭和の有名人の「飛雄馬」を

題詠100首★会場
# by noma-igarashi | 2019-08-07 19:10 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧