111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

タグ:フィガロの結婚 ( 28 ) タグの人気記事

手持ちの「フィガロの結婚」DVD&Blu-rayリスト

手持ちのDVD&Blu-ray(さらには録画も)リスト、今度は「フィガロの結婚」をまとめてみました。もっと持っているかと思いましたが、そうでもなかったです。DVD&Blu-rayが8枚、録画が3枚、合計11枚でした。

「魔笛」に比べると、演出の仕方にも限度があるので、区別がつきにくく感じるところも。自分の中で、この「フィガロ」とあの「フィガロ」がごっちゃになっていそうな不安があり、感想は記憶を頼りながらメモ程度にとどめました。
----------------------------------------------------------------

e0073856_20163648.pngザルツブルク音楽祭「フィガロの結婚」
評価:★★

収録:1966年、ザルツブルク音楽祭
指揮:カール・ベーム
演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
フィガロ:ヴァルター・ベリー
スザンナ:レリ・グリスト
アルマヴィーヴァ伯爵:イングヴァール・ヴィクセル
伯爵夫人:クレア・ワトスン
ケルビーノ:エディット・マティス



ベーム指揮、ウィーンフィル演奏、ザルツブルク音楽祭の「フォガロの結婚」。いちばん正統派なんじゃないかと思って購入しました。ただ、これを買った数年後に、同じくベーム指揮、ウィーン国立歌劇場の日本公演のDVDが発売されたので、そればかり見るようになってしまいました。

----------------------------------------------------------------

e0073856_1924970.pngハンブルク・オペラ「フィガロの結婚(ドイツ語版)」
評価:★

収録:1969年
指揮:ハンス・シュミット=イッセルシュテット
演奏:ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団 
フィガロ:ハインツ・ブランケンブルク
スザンナ:エディット・マティス
アルマヴィーヴァ伯爵:トム・クラウゼ
伯爵夫人:アーリーン・ソーンダーズ
ケルビーノ:エリーザベト・シュタイナー


ドイツのテレビで放送されたもので、ドイツ語版です。上のザルツブルク音楽祭でケルビーノを演じているエディット・マティスが、この盤ではスザンナを演じています。

----------------------------------------------------------------

e0073856_1985787.png
グラインドボーン音楽祭「フィガロの結婚」 評価:★★

収録:1973年、グラインドボーン音楽祭
指揮:ジョン・プリッチャード
演奏:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
フィガロ:クヌト・スクラム
スザンナ:イレアナ・コトルバシュ
アルマヴィーヴァ伯爵:ベンジャミン・ラクソン
伯爵夫人:キリ・テ・カナワ
ケルビーノ:フレデリカ・フォン・シュターデ


デアゴスティーニの名作オペラシリーズの1枚として購入したので、そのジャケット写真を貼付しましたが、普通のDVDとしても売られています。コトルバシュのスザンナも、キリ・テ・カナワの伯爵夫人も魅力的だし、男性陣の配役もそれらしくてよかったですが、ケルビーノが女性的すぎるのが残念でした。

----------------------------------------------------------------

e0073856_1912314.jpgウィーン国立歌劇場「フィガロの結婚」 評価:★★★

収録:1980年、東京文化会館
指揮:カール・ベーム
演奏:ウィーン国立歌劇場管弦楽団
フィガロ:ヘルマン・プライ
スザンナ:ルチア・ポップ
アルマヴィーヴァ伯爵:ベルント・ヴァイクル
伯爵夫人:グンドラ・ヤノヴィッツ
ケルビーノ:アグネス・バルツァ


これぞ、「フィガロの結婚」というべき1枚。信じられないほど豪華な配役で、しかも適役ばかり。これを生で見た人たちがいるとはウラヤマシイ。どうして四半世紀も経ってからDVD化したのかわかりませんが、ある程度の年齢になってからオペラ好きになった私としては本当にありがたいです。「フィガロ」はこの1枚があれば十分かも。

----------------------------------------------------------------

e0073856_22184926.jpgグラインドボーン音楽祭「フィガロの結婚」 評価:★★

収録:1994年、グラインドボーン音楽祭
指揮:ベルナルト・ハイティンク
演奏:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
フィガロ:ジェラルド・フィンリー
スザンナ:アリソン・ハグリー
アルマヴィーヴァ伯爵:アンドレアス・シュミット
伯爵夫人:ルネ・フレミング
ケルビーノ:マリー=アンジェ・トドロヴィチ


小学館「魅惑のオペラ」シリーズの1冊として購入しましたが、普通のDVDとしても売られています。伯爵夫人はルネ・フレミング。

----------------------------------------------------------------

e0073856_19182384.jpgベルリン国立歌劇場「フィガロの結婚」 評価:★★

収録:1999年、ベルリン国立歌劇場
指揮:ダニエル・バレンボイム
演奏:ベルリン国立歌劇場管弦楽団
フィガロ:ルネ・パーペ
スザンナ:ドロテア・レシュマン
アルマヴィーヴァ伯爵:ローマン・トレケル
伯爵夫人:エミリー・マギー
ケルビーノ:パトリシア・リスレイ
ドン・バジリオ:ペーター・シュライアー


ルネ・パーペがフィガロを演じています。そのパーペの衣装も不思議な感じですが(↓)、伯爵がなんだかイッちゃってる風貌で、ちょっとコワイです。ただ、それよりも何よりも、この盤の特筆すべき点は、ドン・バジリオをペーター・シュライアーが演じていること。あのシュライアー(2つ下の記事 ↓ にまとめたベルリンとザルツブルクの「魔笛」で王子タミーノを演じています)が、こんな役を。第4幕のアリアはさすがに聴きごたえがありました。
e0073856_2238849.jpg

----------------------------------------------------------------

e0073856_1921242.jpgロイヤル・オペラハウス「フィガロの結婚」
 評価:

収録:2006年、ロイヤル・オペラハウス
指揮:アントニオ・パッパーノ
演奏:コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団
フィガロ:アーウィン・シュロット
スザンナ:ミア・パーション
アルマヴィーヴァ伯爵:ジェラルド・フィンリー
アルマヴィーヴァ伯爵夫人:ドロテア・レッシュマン
ケルビーノ:リナート・シャハム


「魔笛」のところでも書いた「魔笛」「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」の3枚セットの中の1枚でした。しばらく前に買ったばかりで、まだ1回しか見ていないので、くわしい感想はパス。悪くない1枚だったと思います。

----------------------------------------------------------------

e0073856_20122246.jpgパリ・オペラ座「フィガロの結婚」 評価:★★

収録:2006年、パリ・オペラ座
指揮:シルヴァン・カンブルラン
演奏:パリ・オペラ座管弦楽団&合唱団
フィガロ:ロレンツォ・レガッツォ
スザンナ:ハイディ・グラント・マーフィー
アルマヴィーヴァ伯爵:ペーター・マッテイ
伯爵夫人:クリスティアーネ・エルツェ
ケルビーノ:クリスティーネ・シェーファー



これも「魔笛」のところで書きましたが、GW直前に買ったばかりの「モーツァルト・オペラ・ボックス~7つのオペラ全曲」の中の1枚。この盤は、ペーター・マッテイの伯爵がよかったです。

----------------------------------------------------------------

(以下、録画のみ)

e0073856_20135248.jpgザルツブルク音楽祭「フィガロの結婚」 評価:★★

収録:2006年、ザルツブルク音楽祭
指揮:ニコラウス・アーノンクール
演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
フィガロ:イルデブラント・ダルカンジェロ
スザンナ:アンナ・ネトレプコ
アルマヴィーヴァ伯爵:ボー・スコウフス
伯爵夫人:ドロテア・レッシュマン
ケルビーノ:クリスティーネ・シェーファー


この「フィガロ」は、何かとセットになっていれば買うこともあるかもしれないけれど、単体なら録画だけで十分かな。

----------------------------------------------------------------
サントリーホール「フィガロの結婚」 評価:★★

収録:2008年、サントリーホール
指揮:ニコラ・ルイゾッティ
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
フィガロ:ガブリエーレ・ヴィヴィアーニ
スザンナ:ダニエレ・デ・ニース
アルマヴィーヴァ伯爵:マルクス・ヴェルバ
伯爵夫人:セレーナ・ファルノッキア
ケルビーノ:ダニエラ・ピーニ


マルちゃん(マルクス・ヴェルバ)が伯爵役で出演しています。

----------------------------------------------------------------

e0073856_2313877.pngエクサンプロヴァンス音楽祭「フィガロの結婚」 評価:★★

収録:2012年、エクサンプロヴァンス音楽祭
指揮:ジェレミー・ロレール
演奏:ル・セルクル・ドゥ・ラルモニ
フィガロ:カイル・ケテルセン
スザンナ:パトリシア・プティボン
アルマヴィーヴァ伯爵:パウロ・ショット
伯爵夫人:マリン・ビストレム
ケルビーノ:ケイト・リンジー


現代的な演出がかわいらしい「フォガロ」でした。ディスクは発売されていないようです。
[PR]
by noma-igarashi | 2016-05-13 23:04 | わが家のDVDリスト | Trackback | Comments(0)

ブレジナ選手「フィガロの結婚」の曲構成

事前情報でも、Wikkipediaでも、今季のプログラムは「フィガロの結婚」となっていますが、実際には3つのオペラの曲を使用しています。

出だし~2:00 オペラ「フィガロの結婚」序曲 モーツァルト作曲

2:01~3:15 オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」前奏曲 マスカーニ作曲
3:16~最後 オペラ「セビリアの理髪師」 私は町の何でも屋/Largo al factotum ロッシーニ作曲

(もう1つ、ハンプソンが歌っている動画を見つけたのでリンク。コンサートではなく実際のオペラでこの歌を歌っているのは初めて見ました)



作曲家が異なるとはいえ、同じフィガロを主人公にしているという点で「フィガロの結婚」と「セビリアの理髪師」を同時に使うのはわかりますが、「カヴァレリア・ルスティカーナ」は謎。なぜこの組み合わせ。

「カヴァレリア・ルスティカーナ」は1時間10分程度と短い作品のため、同じぐらいの長さの「道化師」(レオンカヴァッロ作曲)と同時上演されることが多い演目です。考えたら、オペラにしても、まったく違う作曲家の、まったく無関係の作品を組み合わせて上演しているわけだから、それを思えば、ブレジナの曲構成もべつだん不思議とはいえないのかもしれないですね。

衣装は「フィガロの結婚」のフィガロをイメージしたものでしょうか。素敵ですよね。
[PR]
by noma-igarashi | 2014-09-30 00:19 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

ウィーン国立歌劇場「フィガロの結婚」1980年日本公演

ウィーン国立歌劇場「フィガロの結婚」日本公演 評価:★★★★★

1980930日 東京文化会館

指揮:カール・ベーム

演奏:ウィーン国立歌劇場管弦楽団

フィガロ:ヘルマン・プライ

スザンナ:ルチア・ポップ

アルマヴィーヴァ伯爵:ベルント・ヴァイクル

伯爵夫人:グンドラ・ヤノヴィッツ

ケルビーノ:アグネス・バルツァ

マルチェリーナ:マルガリータ・リローヴァ

バルトロ:クルト・リドル

ドン・バジーリオ:ハインツ・ツェドニク

ドン・クルツィオ:クルト・エクウィルツ

バルバリーナ:マリア・ヴェヌーティ

アントニオ:ワルター・フィンク

e0073856_00031733.jpg

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2014-08-14 00:11 | わが家のDVDリスト | Trackback | Comments(0)

10人のケルビーノ

7月から生活パターンが少し変わったので、こんな時間に更新しています。本当は、気分も一新、もっとサクサク更新できるようになるかなとも思ったのですが、そんなものでもないですね。マイペースでやっていこうと思います。

さて、YouTubeを探索していたら、こんな動画を見つけました。「フィガロの結婚」で、ケルビーノが歌う「恋とはどんなものかしら」の動画。いろんな歌手が歌うシーンが1つにつなぎ合わせてあります。アップ主さんが添えてくださっているリストによると、19の映像がつないであるのですが、同じ歌手が2回以上使われているケースもあり、登場する歌手の人数としては9人でした。知っている映像あり、知らなかった映像あり。多彩なケルビーノを見比べ、聞き比べる楽しみがありますね。



続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2012-07-05 07:12 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

リヨン歌劇場「フィガロの結婚」の動画

さっき、たまたまYouTubeを見てみたら、リヨン歌劇場のサイトでも公開されている2007年「フィガロの結婚」の動画がUPされていました。リヨン歌劇場のものはサイズが小さいし、サイトの構造上、見に行くのが面倒なので、YouTubeに転載(というのか?)されたのはうれしいです。



アップ主さん、もしかしてマルちゃんファン? この方の動画リストの中に、「Markus Werba」の検索では出てこなかったサントリーホールの「ドン・ジョヴァンニ」の動画や、「コシ・ファン・トゥッテ」のニュース映像が混じっていました。それも、以下にリンクしてみますね。

Don Giovanni Donna Anna "Non mi dir"

Don Giovanni 'Or sai chi l'onore'

Suntory Hall Opera 2010(コシ・ファン・トゥッテ)

[PR]
by noma-igarashi | 2011-01-18 23:17 | Markus Werba情報 | Trackback | Comments(0)

新国立劇場「フィガロの結婚」

e0073856_13375931.jpg新国立劇場「フィガロの結婚」 公式サイト
2010年10月19日(火)18:30開演
新国立劇場 3階3列20番台


指揮:ミヒャエル・ギュットラー Michael Güttler
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

アルマヴィーヴァ伯爵:ロレンツォ・レガッツォ Lorenzo Regazzo
伯爵夫人:ミルト・パパタナシュ Myrtò Papatanasiu
フィガロ:アレクサンダー・ヴィノグラードフ Alexander Vinogradov
スザンナ:エレナ・ゴルシュノヴァ Elena Gorshunova
ケルビーノ:ミヒャエラ・ゼーリンガー Michaela Selinger

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2010-10-21 01:09 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

「フィガロの結婚」聴き比べ

火曜日、新国へ「フィガロの結婚」を見に行くので、昨夜はそれに備えて、DVDの聴き比べをしていました。もちろん全部は見ていられないから、いいところだけを部分的につまみ食いしていたわけですが。

思えばトリノ五輪シーズン、織田君のプログラム「セビリアの理髪師」が、当初は「フィガロの結婚」と間違ってアナウンスされていましたよね。あのころは、「フィガロ」にまだそれほどなじみがなく、「セビリア」はそれ以上によく知らない作品でした。なので、「フィガロ」を通して聴いても、織田君のプログラムがどの部分の音楽を使っているのかまったく見当もつかず(当たり前ですが…)、私っては耳がよくないんだろうなあ…と思っていたものでした。なんだか遠い昔のことのよう。今では「フィガロ」はなじみ深い作品だし、「セビリア」もよく見るようになりました。

トリノ五輪シーズンというと、今から5シーズン前。選手たちは本当に大人になりましたけど、ファンのほうも意外と成長(?)しているものですね。このトシになると、5年前も10年前もほとんど同じ、自分が変わっていっているという実感があまりないですが、やっぱりそんなものでもないんだなと思ったことでした。

ただ、その状態で、すでにこのブログを始めていたんですよね(汗)。オペラにくわしいからブログを始めたわけではなくて、余計なしがらみのないジャンルで気軽に楽しみたいという意図だったので、それも当然ではあるのですが。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2010-10-17 14:44 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(2)

おめでとうございます

あちこちで話題になっていますけど、シェン・ツァオの氷上結婚式、素敵ですねえ! 個人的に、結婚式ってあまり興味がないのですが(招待されれば喜んで出席しますけど、自分が主役になるのは面倒くさいし、有名人の結婚式にはまったく関心がない)、この氷上結婚式はほんとに素敵だと思いました。いいなあ。こんな結婚式を実現できてしまうなんて、いろんな意味ですごい!

素敵な写真の数々を見ていたら、なんだか無性にこの曲が聴きたくなってきました。これって、結婚式の曲ですよね? なんでみんな結婚式に使わないんだろ。すごくいいと思うのに(ただ、入場行進とかに使うと、歩きにくそうではありますね)。


[PR]
by noma-igarashi | 2010-09-06 00:49 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

2010-11年シーズンの新国オペラ

新国の2010-2011年シーズンのオペラ・セット券を申し込んでいたところ(2月ごろに受付がありました)、希望通りに確保できたようで、数日前にチケットが届きました。私が申し込んだのは「ヴァリエーション」というセットで、平日の公演の中から3日以上が自由に選べるというもの。ただ、平日ばかりに行くのはしんどいなと思ったので、このセットでの申し込みは最低ラインの3公演にとどめ、それ以外はそのつど考えることにしました。11月の「アンドレア・シェニエ」や来年4月の「ばらの騎士」にも興味があるので、単券での発売が近づいたら、改めて検討してみるつもりです。

今回、チケットを確保した3公演は以下の通り。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2010-04-20 23:33 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(12)

マルちゃんの新しい動画

私としたことが、創作(妄想ともいう)が忙しくて、すっかり出遅れてしまいました(汗)。マルちゃんことマルクス・ヴェルバ(Markus Werba)の新しい動画がYouTubeにアップされていました。しかも、ほぼ同時期に2つも! サレルノ歌劇場の「ドン・ジョヴァンニ」以降、新しいものをしばらく見かけなかったので、つい油断しておりました。

「フィガロの結婚」
NHKで放送された、サントリーホールの公演です。自分でも録画しているとはいえ、YouTubeに動画があると、ちょっと思いついたときに気軽に見られるのがうれしいです。役柄はアルマヴィーヴァ伯爵。冒頭に出てくる女性はスザンナ(ダニエレ・デ・ニース)。

「ファウスト」
わ~い、未見の映像です! どうもありがとうございます!!(と、ここに書いてどうする)。「ファウスト」ということは、昨年1月、パルマ歌劇場で上演された舞台かな?(調査結果はこちら) 彼が演じているのは医者(Doctor)のようです。

この2つの動画、同じ方がアップされているんですね。オーストリア在住の方のようですが、「フィガロの結婚」のほうはどうやって映像を入手されたのかしらん(まあ、パルマだってイタリアだから、同じ疑問がないわけではないけれど…)。
[PR]
by noma-igarashi | 2009-06-09 23:18 | Markus Werba情報 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧