111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

タグ:ドン・ジョヴァンニ ( 43 ) タグの人気記事

今年も見ました、NHKニューイヤーオペラコンサート

新春恒例の「NHKニューイヤーオペラコンサート」、今年も見ました(テレビで)。
このコンサートで歌われるのは、有名なオペラの有名な曲が多いですが、それでも見たことのないオペラがちらほらと…。毎年、必ずそういう歌があるので、いずれゼロにしたいものです。ゼロになるまで、毎年、チェックしてみようかな。ともあれ、今年はこんな具合でした。

赤:舞台を見たことのあるオペラ
青:映像で見たことのあるオペラ

1.「道化師」から「ほら、急げ!」(レオンカヴァルロ)
2.「ノルマ」から「清らかな女神よ」(ベッリーニ)
3.「トゥーランドット」から「誰も寝てはならぬ」(プッチーニ)
4.「トゥーランドット」から「氷のような姫君の心も」(プッチーニ)
5.「セビリアの理髪師」から「私は町のなんでも屋」(ロッシーニ)
6.「セビリアの理髪師」から「かげぐちはそよ風のように」(ロッシーニ)
7.「イドメネオ」から「心乱れ怒りが込み上げる」(モーツァルト)
8.「魔笛」から「愛の喜びは露と消え」(モーツァルト)
9.「ドン・ジョヴァンニ」から「地獄落ち」(モーツァルト)
10.「ファルスタッフ」から「この悪党め!」(ヴェルディ)

11.「タメルラーノ」から「非道な者よ、お前に戦いを挑むために」(ヘンデル)
12.「ロデリンダ」から「いとしい人よあなたはどこに」(ヘンデル)
13.「ジュリアス・シーザー」から「先頭のシンフォニア」~「嵐で木の船は砕け」(ヘンデル)
14.「ヴェネチアの一夜」から「ほろ酔いの歌」(ヨハン・シュトラウス)
15.「チャールダーシュの女王」から「踊りましょう」(カールマーン)

16.「こうもり」第2幕フィナーレから(ヨハン・シュトラウス)
17.ウィーンわが夢の街(ジツインスキー)
18.「ドン・カルロ」から友情の二重唱「われらの胸に友情を」(ヴェルディ)
19.「アイーダ」から二重唱「すでに神官たちは待っています」(ヴェルディ)
30.「ローエングリン」から「婚礼の合唱」(ワーグナー)
21.「トリスタンとイゾルデ」から「イゾルデの愛の死」(ワーグナー)

22.「ウェルテル」からオシアンの歌「春風よ、なぜ私を目ざますのか」(マスネ)
23.「アドリアーナ・ルクヴルール」から「苦いよろこに、甘い責め苦を」(チレーア)
24.「ファルスタッフ」から「すべてこの世は上段」(ヴェルディ)

[PR]
by noma-igarashi | 2017-01-03 23:10 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

見てみたい「ドン・ジョヴァンニ」ベスト3

昨夜になって、2週間前にプレミアムシアターで放送された「ドン・ジョヴァンニ」をやっと見終わり、手持ちのDVDや録画の中から「ドン・ジョヴァンニ」ベスト3を選んでみたいな、などと思ったのですが…。HMVのサイトへ行ってみたところ、まだ見ていない「ドン・ジョヴァンニ」がいっぱい。特に、最近になって出たものは、そういう盤があることすら知らなくて、ついついレビュー読みふけってしまいました。

そこで、テーマを変更して、これから見てみたい「ドン・ジョヴァンニ」ベスト3を選んでみることにしました。近ごろ、オペラのDVDやブルーレイをなかなか購入できずにいるのですが、ぜひいずれ購入したいです。

e0073856_1242822.jpgコヴェント・ガーデン王立歌劇場「ドン・ジョヴァンニ」  2014年

クヴィエチェンがタイトルロールをつとめるロイヤルオペラの舞台。クヴィエチェン演じるドン・ジョヴァンニは、新国の舞台やメトのライブビューイングでも見ましたが、視覚的にも満足度の高いドン・ジョヴァンニですよね。この盤のレビューを読むと、必ずしも肯定的な感想ではないけれど、興味をそそられる演出のようです。





(YouTubeにクビエチェンの歌うシャンパンの歌がありました。なんか、見たような気もしてきましたが、どうだろう。プレミアムシアターで放送したことがある? それとも、YouTubeで見ただけかな)






e0073856_1282996.jpgバーデン=バーデン祝祭劇場「ドン・ジョヴァンニ」 2013年

ネトレプコがドンナ・アンナを演じているんですね。ちょっとイメージじゃないかな、などと思っていたところ、ユーザーレビューを読むと、「ドンナ・アンナは婚約者は押さえておきたいが、ドン・ジョヴァンニとはしっかり“お楽しみ”してしまう」とのことで、そういうアンナなら面白そうかも。
映像も探してみましたが、よくわからなかったので、パス。




e0073856_12112774.jpgバーデン=バーデン祝祭劇場「ドン・ジョヴァンニ」 2006年

あれ、これもバーデン=バーデンなんですね。タイトルロールのヨハネス・ヴァイサーはまだ20代半ばなのだとか。HMVのレビューによると、「これは初演時のドン・ジョヴァンニ役の歌手が21歳だったことを踏まえたもの」だそうで、なるほど。しかも「若さに溢れたヴァイサーはまさに貴公子、魅力的です」ときたら、見てみたくなるのが人情というもの。これ、ブルーレイでも出ているのですが、DVDのほうにだけユーザーレビューがついていて、それも参考になったので、DVDのページのほうをリンクしました。


(探してきました。多分、この映像だと思います)

[PR]
by noma-igarashi | 2015-07-05 12:29 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

やっぱりこの「ドン・ジョヴァンニ」が好き

2週間前に「プレミアムシアター」で放送されたザルツブルク音楽祭2014の「ドン・ジョヴァンニ」を見終わり、改めて思ってしまった。数ある「ドン・ジョヴァンニ」の舞台映像の中でも、やっぱり私はこの「ドン・ジョヴァンニ」がいちばん好き。1987年ザルツブルク音楽祭、カラヤン指揮、レイミー主演の「ドン・ジョヴァンニ」。レポレロを演じるフルラネットとのコンビもすごくいい。






[PR]
by noma-igarashi | 2015-07-04 23:51 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

宮原知子選手の「魔笛」、中盤の曲は何だっけ?

昨日、ロンバルディア杯で初披露された宮原知子選手のSP「魔笛」、さっそく見ましたよ。夜の女王を思わせるお月様いっぱい衣装でしたね。モーツァルトって、フィギュアのプログラムにはあまり使われていないことからもうかがえるように、なんか滑りにくそうな気もしましたが、それはさておき。

演技の中盤で使用している曲が、聞いた覚えアリアリなのに、具体的にどの部分の曲かが思い出せないんです~。すっごくもどかしい。その直前に、どう聞いても「魔笛」ではなくて「ドン・ジョヴァンニ」の曲が出てくるから、もしや「ドン・ジョヴァンニ」の可能性もあるのかなと思ったりしましたが、でも、やっぱり「魔笛」ですよね。<

というわけで、以下の動画の2:06~2:27で使われている曲、「魔笛」のどの部分かお分かりになった方、ぜひ教えてくださいませ~(それ以外のところも間違っていたらお知らせくださいね)。
→判明しました! ありがとうございました。



演技開始~1:32
第1幕 タミーノが魔笛を吹いて動物たちが踊るシーンの曲

1:33~2:00 
第2幕 タミーノに冷たくされたと思い込んだパミーナが歌うアリア

2:01~2:05
「ドン・ジョヴァンニ」第1幕 冒頭のレポレロの歌

2:06~2:27
第1幕 パパゲーノのグロッケンシュピールの音に合わせてモノスタトスたちが踊るシーンの曲

2:28~演技の最後まで
序曲の後半部分
[PR]
by noma-igarashi | 2014-09-21 16:58 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

新国立劇場2014-2015シーズンの演目

新国立劇場の2014-2015シーズンの演目が発表されました(こちら)。見に行きたいなと思う公演がたくさん!


ドン・ジョヴァンニ
2014年10月16日(木)~26日(日)
この公演のお目当ては、ドンナ・アンナ役のカルメラ・レミージョ。チョン・ミュンフン指揮のオペラやコンサートによく出演している歌手なので。ただ、2年前に同じプロダクションの公演を見ているので、優先順位はやや低し。

ドン・カルロ
2014年11月27日(木)~12月9日(火)
ロドリーゴ役にマルクス・ヴェルバ。新国初登場ですね。ほかの出演者も魅力的だし、好きな演目だし、この公演は見に行くと思います。
このところ、マルクス・ヴェルバの情報をまったく追いかけていないのですが、2011年にサントリーホール25周年記念コンサートの出演をキャンセルして以降、日本に来るのは初めてでしょうか? 震災後…というより原発事故の後、来日をキャンセルした歌手たちに対する思いはいまだに複雑です。決して来てほしかったわけじゃない。むしろ、来てくれた歌手に対して、感謝の一方で後ろめたさのようなものを感じていたぐらいなので。ただ、あの年に来なかった人たちは、もう二度と日本へ来ないのではないかという気がして、淋しいな、と感じたものでした。何かこう、日本だけが(というより自分だけが)ぽつんと取り残されてしまったような感じがしました。
そんなことがあって、それ以降はマルクス・ヴェルバからも気持ちが離れてしまいましたが、この公演は行ってみたいなと思います。ただ、「また来てくれてうれしい!」という感じではなくて、うまく説明できませんが、いろいろと複雑な気持ちです。あれから3年経つのに、自分の中にはあのときのまま止まっている部分も少なくなくて、もう3年も経つのだという事実に、ちょっと途方に暮れてしまいます。

マノン・レスコー
2015年3月9日(月)~21日(土・祝)
これも行きたい。レスコー役にダリボール・イェニス。「マノン・レスコー」自体、生で見たことがないので、ぜひ行きたいです

ばらの騎士
2015年5月24日(日)~6月4日(木)
見に行きたいけど、これも複雑な気持ちになりそう。同じプロダクションを2011年4月に見ました。震災直後で、主役級の歌手が軒並み来日をキャンセルし、元帥夫人(代役)とオックス男爵以外は日本人だらけのキャストで上演した公演。迷いますね。どうしても聴きたい歌手がいれば即決できるのですが。行けば、いろいろと思い出しそう。そして、思い出にしたくないことがすでに思い出になっているという事実を確認するのがコワイです。
[PR]
by noma-igarashi | 2014-01-22 00:03 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

新国立劇場「ドン・ジョヴァンニ」

e0073856_1650412.jpg新国立劇場「ドン・ジョヴァンニ」 公式サイト 舞台写真

2012年4月29日(日) 14:00開演
新国立劇場 4階1列30番台


指揮:エンリケ・マッツォーラ Enrique Mazzola
演出:グリシャ・アサガロフ Grischa Asagaroff
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

ドン・ジョヴァンニ:マリウシュ・クヴィエチェン Mariusz Kwiecien
騎士長:妻屋秀和 Tsumaya Hidekazu
レポレッロ:平野和 Hirano Yasushi
ドンナ・アンナ:アガ・ミコライ Aga Mikolaj
ドン・オッターヴィオ:ダニール・シュトーダ Daniil Shtoda
ドンナ・エルヴィーラ:ニコル・キャベル Nicole Cabell
マゼット:久保和範
ツェルリーナ:九嶋香奈枝
合唱:新国立劇場合唱団

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2012-04-30 17:01 | オペラ・音楽 | Trackback(6) | Comments(0)

「シャンパンの歌」聴き比べ

昨夜のうちにtwiterでつぶやいたことを改めて。
今日はこれから新国へ「ドン・ジョヴァンニ」を見に行くことになっていて、昨夜、予習がてら、手持ちのDVDで「シャンパンの歌 Fin ch'han dal vino」の聴き比べをしました。ドン・ジョヴァンニ役の歌手は、見かけがいいに越したことはないけれど、それ以上に、この歌を楽しそうに歌える人がいいなあ。私としては、これは楽しそうに歌う歌だと思うし、この歌をどう歌うかで、その舞台のドン・ジョヴァンニ像が決まってくるように思うので。役づくりの違いなのか、はたまた実力の差なのか(汗)、一生懸命に歌っているという感じのドン・ジョヴァンニが多いんですよね。

というわけで、楽しそうに「シャンパンの歌」を歌うドン・ジョヴァンニのベスト3を選んでみました。

1位 サミュエル・レイミー
1987年ザルツブルク音楽祭
1位はこの人で決まりでしょう。この人のドン・ジョヴァンニは、こうも厚かましく言葉巧みに口説かれたら、ついふらふらしちゃうだろうなと、すごく説得力を感じてしまいます。



2位 チェーザレ・シエピ
1954年ザルツブルク音楽祭
古典的なドン・ジョヴァンニといえばこの人かな。見かけもいいし、歌いっぷりに余裕を感じます。しかし、上のレイミーと比べると、すごくテンポがゆっくりですね。上はカラヤン指揮、こちらはフルトベングラー指揮。



3位 トーマス・ハンプソン
2006年ザルツブルク音楽祭
昨夜、実際に聴いたのは2006年ザルツブルク音楽祭のDVDなのだけど(偶然にも、ベスト3はすべてザルツブルク音楽祭!)、動画が見当たらなかったので、コンサートで歌っているものを貼り付けました。この人のドン・ジョヴァンニは生で見たことがあるのだけど、まだオペラを見始めて日が浅い時期だったこともあり、この歌の部分が記憶に残っていないのが残念!




さらに、今日、これから見に行く新国の「ドン・ジョヴァンニ」で、ドン・ジョヴァンニを演じるマリウシュ・クヴィエチェンの「シャンパンの歌」。どうだろう? 楽しそうというよりは、一生懸命に歌っている、という感じがちょっとしてしまうかな? 実際に聴いてからの感想は、また書きますね。


[PR]
by noma-igarashi | 2012-04-29 09:16 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

逆バージョンのドン・ジョヴァンニとレポレッロ

仕切り直して、もう1回、ちゃんと記事にしますね。
昨日、フェルッチョ・フルラネットがドン・ジョヴァンニを歌っている動画(といっても映像は静止状態)を見つけ、ブログに貼り付けました。フェルッチョ・フルラネットというと、私が初めて見た「ドン・ジョヴァンニ」のDVDでレポレッロを歌っていた歌手。カラヤン指揮、1986年ザルルブルク音楽祭のライブ映像です。その後、別の「ドン・ジョヴァンニ」も何枚か購入しましたが、いちばんのお気に入りはこのDVD。というのも、ドン・ジョヴァンニとレポレッロの組み合わせが自分のイメージにいちばんしっくりくるからです。

サミュエル・レイミー演じるドン・ジョヴァンニは、外見で女性を夢中にさせるというより、言葉巧みに口説きまくる感じ。プレイボーイって、容姿以上に口がうまいことが必須条件だと思っているので、レイミーのドン・ジョヴァンニにはすごく説得力を感じました。従者レポレッロに対する調子のよさや非道ぶりも、このドン・ジョヴァンニならさもありなんと思えるし、レポレッロのほうも、ドン・ジョヴァンニに呆れてみせるかと思えば、ちゃっかり乗じたりして、この主人にしてこの従者ありという感じで、すごくいいコンビに思えます。私にとって、ドン・ジョヴァンニとレポレッロは、サミュエル・レイミーとフェルッチョ・フルラネットがベストの組み合わせです。

そのフルラネットがドン・ジョヴァンニを歌っている動画を見つけ、「似たようなケースがほかにもあるかも」と探してみました。ありましたよ~! 新たに見つけたのは、サミュエル・レイミーがレポレッロを歌っている動画!(ただし、映像はなし) バス・バリトンならどちらでも歌えるわけだから、不思議な話ではないだろうけど、レイミー=ドン・ジョヴァンニ、フルラネット=レポレッロになじんだ身としては、ちょっと倒錯的。

HMVで該当しそうなCDを探してみたところ、フルラネットがドン・ジョヴァンニを歌っているものとしてはこちら、レイミーがレポレッロを歌っているものとしてはこちらがありました。このCDから録ったものかどうかはわかりませんが、ともかくは以下に動画を貼り付けておきますね。ドン・ジョヴァンニの「シャンパンの歌」を歌うレイミーとフルラネット、レポレッロの「カタログの歌」を歌うフルラネットとレイミー、両方並べておきました。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2012-03-22 23:29 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

フルラネットのドン・ジョヴァンニ

フェルッチョ・フルラネットというと、私としてはレポレッロの印象が強いですが、彼がドン・ジョヴァンニを演じるパターンもあるわけですね。これ、動くといいのになあ。どんなふうに演じているのか見てみたいものです。陽気なドン・ジョヴァンニかな、と想像。


[PR]
by noma-igarashi | 2012-03-22 01:02 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

MET1990年版「ドン・ジョヴァンニ」の映像

ちょっと回りくどい説明ですが…。4月に新国の「ドン・ジョヴァンニ」を見に行くことになっていて、新国の特設サイトを見ていたところ、序曲を通して聴きたくなり、YouTubeに移動。「Don Giovanni」で検索して、よさげなものを探していたところ、METの1990年版「ドン・ジョヴァンニ」が全編アップされているのを発見! サミュエル・レイミーがドン・ジョヴァンニを歌っているやつです。これ、DVD化されてはいるものの、前に調べたら、日本では発売されていない盤だと判明して、すごく残念に思っていたんです。それが見られるとは。しかも、19本に分けて、全編ですよ。うれしい~!

ただ、よく見たら、アップ日は2008年8月。そんなに前にアップされていたんだ(汗)。このDVDのことを知ったのが2006年だったから(題詠blogの参加作品で「ドン・ジョヴァンニ」を材にした年でした)、その時点ではアップされていなくて、ずっと知る機会がなかったわけですね。もったいないことをしました。アップ主さんの以下のページに、19本がすべて順番に並んでいます。よかったらぜひそうぞ。私もまだ途中までしか見ていないから、あとで全部見なくっちゃ。

Don Giovanni Ramey Furlanetto Upshaw Moll

レイミーの「ドン・ジョヴァンニ」としてはザルツブルク音楽祭をDVD化したものがありますが、比較してみるのも楽しい。ザルツブルク音楽祭のほうが、「口八丁手八丁で女を口説くドン・ジョヴァンニ」という雰囲気が強いかな。「La Ci Darem la mano」と「Finch'han dal vino calda la testa」の2本の動画を「続きを読む」に貼り付けてみました。どちらの舞台も衣装が華やかで、見ごたえがあるのもうれしいです。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2012-03-20 11:09 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧