111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

NHK杯、終了

NHK杯、早くもおわってしまいました。1つ前の日記を投稿した時点(昨日の午前中)では、今ひとつパッとしない感じだったんですが、そのあと、俄然おもしろくなりましたね。事前に書いたように、男子シングルに注目していたので、男子シングルの話題から。

いやあ、織田君、優勝しちゃいましたねえ。びっくり。今日の滑りでは失敗もあったから、「え、あれで1位になっていいの?」という気もしたんだけど、順位というのは相対評価だし、1位が決まったとたん、号泣している姿がかわいくて、多少の疑問は吹き飛んでしまいました。おめでとう! 昨日のショートプログラムは本当によかったし、まさかここまでの結果を出すとは思っていなかったので、今後の楽しみが増えました。

でもまあ、どうなるんでしょうねえ。トリノの出場権。昨日のショートプログラムを見た段階では、「織田君も頑張ってるけど、これはもう高橋君で決まりだな」という印象だったのに、まったくわからなくなりました。高橋君が出れば、一般の女性ファンが増えそう。織田君が出れば、老若男女を問わず、ふだんフィギュアスケートなんかに全然興味のない人まで注目しそう。どっちになるかなあ。決めかねますねえ。あとはもう、グランプリファイナルの結果次第でしょうか。グランプリファイナル、今年はプルシェンコが出ないから今イチだったんですが、俄然、興味が高まってきました(現金・・・)。

女子シングルのほうも、フリーになって盛り上がりましたね。村主選手、いっきに挽回して2位とはすばらしい! 中野選手も1位は立派です。やはりNHK杯は地の利があるわけだから、日本選手に活躍してもらわないとね。

日本人選手以外の話題としては、アイスダンスで、ブルガリアのデンコワ・スタビスキー組を応援していたのですが、挽回ならず。結局、2位のままで終わってしまいました。解説によると、今季は女性のデンコワのほうがケガをして出遅れているとのことだったのですが、実際には男性のスタビスキーほうがミスってましたね。途中で転倒しちゃうし、ステップも追いついていない箇所があったらしいし。なんとか調子を上げて、トリノでは頑張ってほしいです。

我が家や今、ハイビジョンが映らないので(以前は映ったことも)、エキシビションはこれから楽しみます。
[PR]
# by noma-igarashi | 2005-12-04 18:44 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

ソルトレークのメダリストは今

NHK杯、なんだかあまり盛り上がらないので(中野選手、ゴメンね)、別の話題を。
最初にフィギュアスケートを話題にしたときに、「フィギュアスケートは4年も経てば選手が入れ替わっていて、オリンピックだけの観戦では顔と名前を覚えられない」という趣旨のことを書きました。では、今度のトリノ大会に、前回のソルトレーク大会のメダリストがどのくらい残っているのか(残っていないのか)、ちょっと見てみたいと思います。

「プロ」と書いてあるのはプロに転向した選手ですが、「プロ?」というふうに「?」をつけているのは、引退はしたはずだけど、プロに転向したかどうかまでは知らない、というケースです。書き添えているコメントでお気にさわる点がありましたら、ご容赦くださいませ。

【男子シングル】
金:アレクセイ・ヤグディン(ロシア)→プロ
銀:エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)
銅:ティモシー・ゲーブル(アメリカ)
4位:本田武史(日本)

本田君、4位だったんですよねえ。惜しかったなあ。よく頑張りましたよね。
メダリストのうち、ヤグディンはすぐさまプロに転向。プルシェンコは現役でトリノの金メダル候補。ゲーブルはこの間、ロシア大会で久しぶりに見ましたけど、ジャンプが売りだった選手なのにジャンプが全然決まらず、惨憺たるありさまでした。大人っぽくなって、トム・ソーヤみたいだったソルトレークのときより雰囲気はよかったんですが、あれではメダル争いにも加われないだろうし、アメリカ代表になれるのかどうかも疑問。

【女子シングル】
金:サラ・ヒューズ(アメリカ)
銀:イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
銅:ミッシェル・クワン(アメリカ)
5位:村主章枝(日本)

一応、全員まだ現役と思われますが(たぶん)、トリノでもメダル争いに加わりそうなのはスルツカヤだけでしょうねえ。ソルトレークで金メダルをかっさらっていったサラ・ヒューズは、いうなれば、バルセロナ五輪の水泳・岩崎恭子ちゃんみたいなもので。ソルトレークの後は全然ダメで、ほかのサイトで仕入れた情報によると、本人もやる気をなくして太りつつあるみたいです。クワンは、引退はしていないようですけど、うーん、過去の人になっちゃった感がありますよね。

【ペア】
金:ベレズナヤ/シハルリドゼ組(ロシア)→プロ
金:サーレ/ペルティエ組(カナダ)→プロ?
銅:申雪/趙宏博組(中国)

えーと、採点疑惑でサーレ/ペルティエ組が金メダルに昇格して、銀メダリストはいなくなった、ということでよかったんですよね? 金メダリスト2組が引退し、残っているのは申雪/趙宏博組だけです。

【アイスダンス】
金:アニシナ/ペーゼラ組(フランス)→プロ
銀:ロバチェワ/アベルブフ組(ロシア)→プロ?
銅:フーザルポリ/マルガリオ組(イタリア)→プロ?

アイスダンスは、メダリストが軒並みいなくなりました。淋しい。この3組は3組とも好きでした。いちばん好きだったのはアニシナ/ペーゼラ組だけど、ロバチェワ/アベルブフ組もやはり美しかったし、フーザルポリ/マルガリオ組はイタリア人らしい軽快さがあってよかったし。ああ、早いとこ、好きなカップルを見つけなきゃ。
[PR]
# by noma-igarashi | 2005-12-03 10:46 | フィギュアスケート | Trackback(1) | Comments(0)

NHK杯の男子シングル

今日はいつになくアクセス数が多いんですが(といってもたいしたことはない)、皆さん、フィギュアスケートがお好きなんでしょうか。まあ、オペラファンよりは多いかもねえ。オペラに比べたらTVで気軽に見られるし、ちょうど今がシーズンだし、来年2月にはトリノ五輪も控えているし。

おまけに、今日からNHK杯。安藤美姫ちゃんが練習で4回転を飛んだとかで、スポーツ新聞を賑わせていましたね。4回転ジャンプはぜひ見てみたいですけど、試合としては、男子シングルのほうが興味アリ。なんたって、本田武史、高橋大輔、織田信成の3選手が揃い踏みで、直接対決を繰り広げるわけですから。

男子シングルの五輪枠は1名。この中から誰が代表に選ばれるかは、今回のグランプリシリーズの成績がかなり大きいと思うのだけど、どうなるんでしょうねえ。個人的には、誰がいいとも決められないです。本田クンは今季で引退を表明しているわけだけど、10代のときからずっと第一線で頑張ってきたことを思うと、最後にもう1回、悔いのないように大舞台に立たせてあげたい気がするし。高橋クンはジュニアのときに世界選手権で優勝しながら、シニアではずっと期待はずれだっただけに、そろそろ活躍してほしいし。それでいくと、織田クンはまだ若いから、今回はナシかな・・・とは思うものの、本田クンは今の彼くらいの年齢から五輪に出ていたわけだから、経験を積ませてあげたい気もするし。

でもまあ、順当に考えれば高橋選手かなあ・・・。
[PR]
# by noma-igarashi | 2005-12-01 23:03 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

プルシェンコの「トスカ」

オペラじゃなくて、フィギュアスケートの話題であります。

昨夜は遅くまで、グランプリシリーズのロシア大会をTVで見ていたので、眠いっす。どうしようかと迷ったんだけど、プルシェンコがロシア大会にしか出場しない(ということは今回いくら高得点でも、グランプリファイナルにも出場しない)とのことで、見逃すとトリノ五輪まで見る機会がなさそうだったので、頑張って深夜2時まで起きておりました。

おかげさまで、起きていた甲斐はありました。プル、ぶっちぎり! 1位になったのはニュースで知っていたけど、あの得点の高さはさすが。グランプリシリーズの他の大会の1位と比べても、抜きん出ていましたね~。

ちなみに、グランプリシリーズというのは、アメリカ、カナダ、ロシア、フランス、中国、日本(NHK杯)で1大会ずつ開かれ、普通は2大会ずつ(かな?)出場。合計得点の上位者が「グランプリファイナル」に進むという仕組み。グランプリファイナルで優勝すると、世界選手権の優勝と同等くらいの価値がある、のかな? 大会のランクづけはよくわかりませんが、大きな大会としては世界選手権、グランプリファイナル、四大陸選手権があります。そしてもちろん冬季オリンピックも。

今回のグランプリシリーズ、プルは最初からロシア大会のみのエントリーで、グランプリファイナルははなから問題にしていなかったのでしょう。トリノに照準を合わせて、軽く肩慣らしという感じ? あるいは、並居る銀メダル候補たち(?)を威圧しておく意味合いもあったのかも。グランプリファイナルなんぞは2番手グループに任せて、トリノに向けてしっかり調整してくださいませ。

さて、ロシア大会のプルの演技は、ショートプログラムが「トスカ」、フリーが「ゴッドファーザーのテーマ」。フィギュアスケートの場合、「トスカ」の中のどの曲が使われても「トスカ」というのですが、具体的には「星は輝き」でした。この曲は、トスカの恋人カヴァラドッシが処刑を翌朝に控えて、サンタンジェロ城の牢獄で、トスカを思いながらせつせつと歌いあげるアリアであります。そういう場面で歌われる曲につき、解説の人が言っていた「オペラの場面が目に浮かぶようですね」というのはちょっと疑問だけど、音楽の雰囲気にとてもよく合った演技でした。完璧!
[PR]
# by noma-igarashi | 2005-11-30 21:26 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

紀尾井ホール

ホールの話、ともかくやっつけちゃいますね。あとは、紀尾井ホールとザルツブルグ祝祭劇場大ホールだけ。というわけで、今回は紀尾井ホールです。

ここは、行ったことがあるのは2回だけかな? 最近、ちょっと足が遠のいています。オーチャードホール以降、駅からホールまで(ホールから駅まで)のことを話題にしていますけれど、紀尾井ホールはかなりいいかも。四ッ谷駅から、聖イグナチオ教会を左手に見ながら桜並木を歩くのは、普通の散歩コースとしても悪くないです。

紀尾井ホール自体も、感じのいいホールだったと記憶しています。初めて行ったのは、クレーメルの演奏会だったかな。相棒ジョルジュ(仮名、日本人)のほかに、友人カップルが一緒でした。友人カップルは1階席でしたが、ジョルジュと私は2階席。ステージがちょっと見づらかったです(ま、クラシックは見るより聴くものだという説もあるでしょうけど)。

そういえば、このとき休憩時間にバーでお茶をしていたら、近くのテーブルにニュースキャスターの筑紫哲也さんがいました。目が合ってしまい、思わず筑紫哲也さんに「こんばんは」などと挨拶するジョルジュ。「あんたは知り合いかい!」と友人に突っ込まれていました。
[PR]
# by noma-igarashi | 2005-11-29 00:03 | オペラハウス、ホール | Trackback | Comments(0)

カタリナ・ビットの「カルメン」

フィギュアスケートとオペラの共通点というと、なんといっても、演技のときにオペラの曲を使うことが多いという点がありますよね(というか、それしかない?)。たとえば、カルガリー大会(88年)で東独のカタリナ・ビットが演じた「カルメン」は、いまだにフィギュアファンの間で語り継がれています。・・・といいつつ、この当時は生活が忙しかったのか、フィギュアに対する熱心さが今ひとつだったせいか、私は見た記憶がまったくないのですが(泣)。

カタリナ・ビットはその後、アメリカに移り住み、プロスケーターや女優として活躍しているそうで、「カルメン・オン・アイス」という映画にもカルメン役で出演しています。カルガリー大会の演技に着想を得た企画なんでしょうかね。フラメンコ版の「カルメン」はよくありますが、フィギュアスケート版の「カルメン」というところです。これ、以前にクラシカ・ジャパン(クラシック専門の有料チャンネル)で観たことがあるので、久々に「理想のカルメン」の話題につなげてみます。

この映画のビデオかDVDがあれば、ジャケット写真を貼付しようと思ったのですが、すごく探したのに見つかりませんでした。カタリナ・ビットの公式サイトまではるばる行ったのに、なかったです。ただ、ページ下のメニューで「Biography」→「MOVIE/TVseries」と進むと、映画の一場面とおぼしき写真が出てきます。ぜひご覧あれ。

カタリナ・ビットのカルメン度ですが、美人と評判のスケーターだったし、男顔のきりっとしたタイプの美人ですから、カルメン役は合っていると思います。それに、演じているのが若いときだから、オペラでおばさんカルメンを見慣れた目にはGOODでした。ただ、私はカルガリー大会を見ていないので想像になりますけれど、この映画でカルメンを演じたときよりも、カルガリー大会での演技のほうが、おそらくはずっとカルメンらしく見えたのでは。

というのはですね、この映画、見ててダレちゃうんです。競技会の場合は、限られた短い時間で演じるから、技や表現が凝縮されていて目が離せないわけですが、プロのスケーターって、結局は過去の選手だから、技がそれほど高度ではないんですね。ジャンプなんかも、3回転を飛べばいいほうで。場面の転換があるとはいえ、オペラ「カルメン」の音楽をただ流しながら延々とも滑られても、なんだか退屈で。それに、演技者同士の絡みも今ひとつでした。たとえばペアで活躍した選手同士が、カルメンとドン・ホセを演じるというのならまた違うかもしれませんが、カタリナ・ビットってシングルの選手だし(つまりはリフトなんかもできないし)、相手役を前にして、滑りで情感を表現しきれないというのかなあ。

そんなこんなで、シングルの競技者としてのカタリナ・ビットは、けっこうカルメン度が高いんじゃないかと思うものの、この映画でのカルメン役はあまり感心しませんでした。映画としてもあまり面白くなかったです(一種のアイドル映画と考えればよくできているのかも)。
[PR]
# by noma-igarashi | 2005-11-28 00:04 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧