111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

チューハイ男子、一言ずつ

遅くなりました。チューハイ男子の感想です。
今回のチューハイ男子、ちょっとした下剋上の様相でしたね。結果としては、SP1位の選手が優勝し、SP2位の選手が2位になったものの、フリーだけの順位を見ると、1位、2位はまったく別の選手。そのせいか、見ていてちょっと落ち着かない(おさまりが悪いというか…)印象の試合でした。

また、メダリスト3人の顔ぶれが予想外(ボーヤン以外)だったことも、この試合の大きな出来事でした。うまく行けば3位ぐらいには入れるかな、という予想が多かったコリヤダがまさかの初優勝。真っ先にファイナル進出を決めてしまいました。一方で、優勝候補の筆頭だったハビは6位。五輪でメダルを狙えそうな顔ぶれの勢力図がここへきて微妙に変化しつつあるようにも感じます。

そのへんの分析はまた改めてトライするとして、まずは今回の演技の感想を一言ずつ。主な選手だけでゴメンナサイ。

7位 田中刑事選手

SPはPBを更新する演技で、4位という好成績。フリーも期待していましたが、残念ながら順位を下げてしまいました。フリーの演技は、結果を知った上で録画を見たのですが、予想していたほどは悪くないなという印象でした。ただ、何でもないところで転倒したように見えたのは、ループを跳ぶはずのところだったんですね。結果として、ジャンプが1つ少なくなってしまい、これはさすがに痛かった。ぜひとも次の試合では、フリーでもPB更新を狙ってほしいです。

6位 ハビエル・フェルナンデス選手
SPはパーフェクトでないなりに3位でしたが、フリーはすっぽ抜けが相次ぎ、点数が伸びませんでした。終わってみれば6位。うーん。これではファイナルは無理っぽいですね。ツイッターで見かけた噂だと、腹痛だったとか? それだったら、長期化するような原因じゃないから、変な言い方だけど、ちょっと安心。こうなったら、2試合目は調整と割り切って、いち早く五輪に照準を定めてほしいです。フリーの「ラ・マンチャの男」は、どう考えても五輪シーズン用にとっておいた勝負プロ。五輪でカッコいいところを見せてほしいです。

5位 ハン・ヤン選手
ハン・ヤン、髪の毛がすごい色でしたねえ!(←真っ先にそれかい) 銀色っぽく見えましたが、紫に染めたのだとか? あと、「お笑い路線のプログラムじゃなかった!」というのもかなり評判になってました。確かに。なかなか素敵なプログラムでしたね。もう一声、ジャンプが安定しますように。

4位 ヴィンセント・ゾウ選手
昨シーズンのネイサン同様、一気にトップグループに加わってくるかと思いましたが、そう順調にはいきませんでした。SPではせっかく4Lz-3Tを見事に決めながら、4Fと3Aの失敗が響いて8位。一方、フリーではミスもあったものの、これまた4Lz-3Tを初め成功した大技もあり、フリーだけだと2位、総合では4位まで順位を上げました。今回は表彰台に届きませんでしたが、あっという間に怖い存在になりそうです。

3位 マックス・アーロン選手
フリー1位はマックスだったんですね! 4回転は4T、4Sの2種類、合計3本でしたが、確実に成功させたのが大きかった。それ以外のジャンプもしっかり決めて、演技後にガッツポーズが飛び出す出来栄え。総合順位でも3位に入れてよかったです。

2位 ボーヤン・ジン選手
ボーヤン、なんだか大人の顔つきになってきたね。おばさんとしては、ちょっとさみしい。SPで2本、フリーで4本のクワドを組み込んできましたが、どれも少しずつミスが出てしまいました。ただ、致命的なミスではなかったので、2位を確保したという感じでしょうか。でも、毎回決めなくてもいいのよ、いざというとき(今シーズンなら五輪)に決めればいいのよ。ヴィンスの4Lz-3Tも美しかったけど、どこまで跳んでいくんだと思うようなボーヤンの4Lz-3Tも大好きです。

1位 ミハイル・コリヤダ選手

そして、この人も見事な4Lzを跳ぶようになりましたねえ。高い! フリーでも成功させていれば、ほんとにもう、侮れない存在としての地位を確立したと思うのだけど、今のところは不安定要素も大きいかな? 4Lzで転倒したのは仕方ないとして、4Sが2Sに、3Aが1Aになるようなミスはちょっといただけないです。ともあれ、SPの点差がものをいって、見事に初優勝。おめでとう! そして、ファイナル出場も確定しました。ファイナルでの出来が五輪の勢力図にも影響を与えそうですね。
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-11-08 23:54 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

097:枠(五十嵐きよみ)

二枠では足りないSAYURIも007もトゥーランドットも五輪で見たい
                                                                                             
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-11-07 23:55 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

チューハイ女子の感想

チューハイ女子、めちゃくちゃハイレベルな試合でしたね!
SPの日は用があって遠出していたため、出先からISUのリザルトページを確認。最初に見た時点では、第2グループの途中だったらしく、ばっちょ様が1位。おお~! ザギトワよりも上じゃないですか。ザギトワは減点1がついているから、転倒があったのかな? ほかの日本勢は、真凜ちゃんが4位で、舞依ちゃんが5位。ちょっと意外。まだ試合の途中なのにこんな順位だなんて、何かミスが出てしまったのかしらん。

それから30分ほどして、再びリザルトページを見てみたら、ばっちょ様の上に誰かいる~。カナダ国旗だから、デールマンか。えっ、でも、2位のばっちょ様とはたった0.12点差? ちょっとクヤシイ~! 

あれ、でもよく見たら、2位のばっちょ様と3位のラジオノワはもっと僅差だし、4位のザギトワとも1点ちょっとしか違わないじゃない。待った、5位のリーザ、6位の真凜ちゃん、7位の舞依ちゃんも、それほど離れていないじゃない。うわー。何だか大接戦!

…という具合に、だんだん結果が飲み込めてきて、さらにtwitterをさかのぼるにつれ、おおよその試合の流れがわかりました。舞依ちゃんは6分間練習のとき、リーザとの間にアクシデントがあったのか。舞依ちゃんも真凜ちゃんも、見てすぐにわかるようなミスをしたわけではなく、連続ジャンプで回転不足を取られちゃったのか。

優勝となると、舞依ちゃん、真凜ちゃんはちょっとキビシイかもしれないけれど、表彰台なら可能性は十分。逆に、70点台を出している上位3人はといえば、下からの追い上げがすごそうだから、フリーで順位をキープできるかどうかはまったくわからない状態。なんか、フリーはすごいことになりそう。

そして、翌日。フリーはライスト観戦できました。

続きを読む
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-11-05 22:26 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

わが家のオペラ事情

書いておかないといけないなと思いながら、遅くなってしまいました。
10月14日(土)、新国立劇場へ「神々の黄昏」を見に行ったのですが、事情があって、序幕から第2幕までしか見ることができませんでした。一緒に行った相方ジョルジュ(仮名、日本人)は、第1幕しか見ることができませんでした。

その事情が今後も継続すると見られるため、大変残念ではありますが、わが家としては、今後、オペラ(コンサートも含む)の生観劇を一切やめることにしました。すでにチケットを確保している公演が2つあり(年内に1つ、年明けすぐに1つ)、それには行きたいと思っていますが、どうなりますか。もしかしたら、チケット転売サイトに出すことになるかもしれません。

2003年にザルツブルク音楽祭に出かけたことをきっかけに、自分が生観劇したオペラの記録を残すことから始めたブログなので(当初は「NOMA-IGAオペラ日記」という名前でした)、大変残念ではあるのですが、そういうことになりました。DVDなどでの観賞はこれからも続けていくので、オペラの話題は今後もちりばめていくと思いますが。

観劇をやめることになった事情については、プライベートな話なのでここに書くことは控えますが、まったく何も書かないのも気を揉ませてしまうかもしれないので、そうだな、「相方ジョルジュ(仮名、日本人)が仕事の都合で、いつなんどき呼び出しを受けるかわからない状態にあり、せっかくチケットを取ってもちゃんと観劇できない可能性が高いから」という説明だと、近からず遠からずかなと思います(いや、遠いかな?)。

わが家では、これまでに行った公演のチラシやチケットをファイルに保存していて、2冊目が埋まりそうでなかなか埋まらない状態でしたが、結局、埋まらないままになりました。ファイルをめくっていると、いろいろな記憶がよみがえってきます。そんなことについては、また改めて話題にできたらいいなと思っています。
e0073856_1214939.jpg
e0073856_1243444.jpg
        ↑うまく縦にできませんでした…
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-11-04 12:07 | Trackback | Comments(0)

チューハイ順位予想

明日(の夜)・あさってと留守にするので、今夜のうちにチューハイ順位予想をアップしておきます。例によって、フランスのフォーラムで行われている順位予想の集計結果を発表。今回は男女ともに票が割れました。

実際にはペア、アイスダンスの予想も行われているので、興味のある方はこちらをどうぞ。

続きを読む
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-11-01 23:47 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

スケカナ女子ひとことずつ

1位 ケイトリン・オズモンド選手
SP、フリーともに1位で、完全優勝。おめでとうございます! GPSで優勝するのは、シニアデビューシーズン(2012-2013)のスケカナ以来なんですね。知らなかった。去年、大活躍だったから、どこかで優勝していたかと思っていました。

2位 マリア・ソツコワ選手
今シーズンも、SP、フリーともに乙女系の曲なんですね。ちょっとつまんない。ジュニアのときみたいに、もっとカッコよくガンガン行ってほしいです。思わず、「どこまでもついていきます~」という気持ちにさせてほしい!

3位 アシュリー・ワグナー選手
「どこまでもついていきます~」という気持ちにさせてくれる女子選手の筆頭は、やっぱりこの人ですね。アシュリー姐さん、ほんっとカッコよかったです! SP7位、フリー4位で、総合3位かあ。この試合は回転不足の判定が厳しかったですね。

5位 本田真凜選手

SP10位から5位まで巻き返しましたけど、そうはいっても、今回の結果で五輪代表は厳しくなったのでは。全日本で優勝しない限り、まず無理なのでは。というか、私としては、優勝せずに代表に選ばれたら、納得できないかな(率直な感想でごめんなさいです)。

6位 本郷理華選手
理華ちゃんも回転不足の判定に苦しめられましたね。ほんとに厳しかった。フリーの「フリーダ」、シーズンが進むにつれて、味わい深いプログラムになりそうです。

7位 カレン・チェン選手
パーフェクトな演技をすれば、十分メダルに届く選手なのに、ぽろぽろとミスが出てしまいました。安定して結果が残せるようになりますように。フリーは「カルメン」から曲を変えたんですね。いいと思う。「カルメン」は合うようでいて、ちょっと違うかなという気がしていたので。

9位 アンナ・ポゴリラヤ選手
SPで2位につけたときは、「よっしゃ!」と思ったのですが…。真凜選手とは逆に、フリーでいっきに順位を下げてしまいました。このパターンに陥ったときの、彼女の転び方が半端なくて、なんというかもう、本当にツライ。気持ちを切り替えて、国内の代表選に臨んでほしい~(GPSももう1試合あるけど)。
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-10-31 20:26 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧