111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

「031:知」~「039:ケチャップ」の歌

題詠100★2017

031:知 知らなくていいことまでも知りたがる恋に不慣れなところも愛しい
        リヒャルト・シュトラウス「ばらの騎士」

032:遮 前列の人の頭に遮られ舞台の歌手がろくに見えない

033:柱 一本の柱のみ立つ舞台なり引き出されきてジャンヌが語る
        オネゲル「火刑台上のジャンヌ・ダルク」

034:姑 恋敵がいきなり姑になるなんて「たわけた一日」ならではのこと
        モーツァルト「フィガロの結婚」

035:厚 開演の時間が迫る膝に乗せたパンフレットの分厚さ、重さ

036:甲斐 配役に日本の歌手の名が混じるパパゲーノ役は甲斐栄次郎

037:難 難シイコトハ忘レテ楽シモウ 「魔笛」の序曲がささやきかける

038:市 パリの地図ひろげて指でたどりゆく ここがオペラ座、ここが市庁舎

039:ケチャップ ケチャップがなかったころにつくられた曲のかたわらトマトを煮込む
                                                                                                                                        
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-04-14 07:03 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

ありがとう、浅田真央選手

ついにこの日が来てしまいました。浅田真央選手、引退。来シーズンまでは現役を続けてくれると思っていたので、心の準備ができていなくて、「ありがとう」とも「お疲れさま」とも書くだけのゆとりがありませんでした。

昨夜のあの時間は、世界選手権のペアの録画を見ていました(アイスダンスまではまだ手が回らず…)。脇に置いていたスマホから臨時ニュースを告げる音が聞こえたので、何の気なしに見てみたところ、浅田選手引退の報。もう、ペアの演技どころではなくなり、慌ててネットで情報を追いかけました。

続きを読む
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-04-11 22:06 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(6)

4月の奈良

突然ですが、この土日、奈良へ行ってきました。
予想以上に桜が開花していて(というかほとんど満開!)、
e0073856_20573734.jpg
興福寺で阿修羅像を見て、
e0073856_2058295.jpg

国立博物館で快慶の特別展を見て、
e0073856_20582622.jpg
大仏さんに挨拶だけして、帰ってまいりました。
e0073856_20585612.jpg
この時期に奈良へ行くのは初めて。グッドタイミングで桜が見られて、ラッキーでした。
快慶の特別展もよかったです。
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-04-09 21:01 | ごあいさつ、他 | Trackback | Comments(0)

世界選手権の視聴率

1日遅れになりましたが、昨日の朝日新聞に、この1週間のTV視聴率ランキングが載っていたので、10位までを以下に転載してみますね。

【TVランキング(3月27日~4月2日)】
①べっぴんさん(27日、31日) NHK 20.4
②サッカー男子W杯アジア最終予選 日本×タイ 朝日 20.0
③世界フィギュア 女子フリー、男子フリー フジ 18.1
④笑点 日テレ 17.4
⑤日テレ系人気番組No.1決定戦 日テレ 16.8
⑥サンデーモーニング TBS 16.5
⑦今夜解禁!ザ・因縁 TBS 15.9
⑧NHKニュース7(2日) 15.1
⑨有吉ゼミSP 日テレ 14.8
⑩真相報道バンキシャ!日テレ 14.0


世界フィギュア、堂々の3位! やっぱりうれしいです。 羽生結弦選手が素晴らしい演技で王座を奪還したこと、宇野昌磨選手も銀メダルを獲得する活躍ぶりだったこと、そして、現地の開催時間がうまい具合に日本のゴールデンタイムに当たり、生中継したことが大きかったと思います。男子フリーのあの熱戦をライブで見られたこと、改めて感謝したいです。

しかし、しかし、女子SPの放送はひどかったあああ! 何ですか、あれは。公式サイトに「LIVE」と書いておきながら、そして、樋口新葉選手の演技はライブ中継しておきながら、直後の三原選手の盤になったとたん、CM――。期待が高まっていただけに、まさかの展開に味わわされたショックの大きさといったら。

あの放送に対して批判が集まったこと、翌日、Yahoo!ニュースにもなっていましたよね。ただですね、そのニュースに対するコメントを覗いてみたところ、「・・・・」という状態になってしまったのでした。というのも、私が見た範囲では、「あの放送は何なのよ!」と、怒りをともにできるようなコメントは皆無。あの放送を見たわけではなさそうな人たちが、ゆる~い感じで、フィギュアの放送全般に対する感想をつぶやいている、というふうなコメントばかりでした。

いわく、「フィギュアの放送って、妙にポエムっぽいよね」「あおり映像が多いから、生で放送するのに向いていないんじゃない?」等々。いや、前者はもう解決しました。後者は、そういう放送ばかりだったところ、今回は生で放送するというから、大喜びしていたんですよおおお。ええい、もどかしい。

中にはこんなのもありました。「生放送じゃなかったなんて騒いでいるのは、アニメから入ったにわかファンでしょ?」 アニメ??? 一瞬、何のことかわからなかったのですが、しばらくしてから気がつきました。「ユーリ!!! on ICE」で、GPSの中国大会(だったかな?)をテレビで生中継している、というシーンがありましたっけ。で、フィギュアファンの間では、「こんなこと現実にはありえな~い!」という話になりました。生中継などされるわけがないフィギュアの試合が生じゃなかったといって騒いでいるのは、フィギュアの実情を知らないにわかファンでしょう、と言っているわけですね。違うううう!

…とまあ、そんなコメントばかりで、怒りを共有してすっきりしようと思ったのに、逆にストレスがたまってしまいました。フィギュア中継に対する一般的な反応って、こんなものなのかもしれないですねえ。

ただ、男子に関しては納得できる放送内容だったし、週間ランキングの3位に入る高視聴率でした。それに触発されたのか、BS朝日も国別対抗のペアとアイスダンスをライブ中継するようだし、少しずつ事態は好転しているなと感じます。さらなる前進を期待したいです!
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-04-07 19:34 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)

世界選手権男子フリーTV観戦記(最終グループ)

世界選手権男子フリーTV観戦記(最終グループ)、前回、ゆづだけ独立して取り上げたので、今回は残りの5人です。

6位 ネイサン・チェン(アメリカ) 290.72点
神演技を披露したゆづの直後の滑走。四大陸ですでに経験済みとはいえ、やりにくかっただろうなと思います。ただ、今回の世界選手権ではスケート靴に問題を抱えていたそうで、そっちの影響のほうが大きかったのかもしれないですね。SPで転倒した3Aを1回に減らし、4回転を6回にするという驚きのジャンプ構成。本当にやってきました! 跳んだ順に、4Lz→4F+2T→4F→4T→4S→4T-3T。ひ~。ベストな状態なら、あっさり成功させてしまった可能性も高そうですが、今回は4Lzと4Sで転倒。それでも、TESカウンターは演技終了時に111点と表示されていました。2コケでも、この点数。さすが、クワド6回の威力はすごい~。ゆづには勝てなくても、これならメダル争いには踏みとどまれますよね。上位選手にミス(特にパンクやコンボ抜け)があったらどうなるか、まだまだわかりません。

3位 ボーヤン・ジン(中国) 303.58点
四大陸では4Loにトライし、4回転×5回という構成でしたが、今回は4Loをはずし、4回にしてきました。それで正解でしたね。SPに続き、フリーでもジャンプすべて成功! 特に冒頭の4Lzは2.57点もの加点がつきました。他の選手も高難度の4回転ジャンプを跳ぶようになったことに加え、彼自身のジャンプの調子が今ひとつで、今シーズンはここまで、思うような結果を出せずにいました。しかし、この大一番で、昨年を上回る見事な演技。本当にうれしい。後で知ったところによると、SP、フリーともにすべてのジャンプをきれいに成功させた(=GOEでマイナスになったジャンプがなかった)のは、ボーヤンだけなんですね。SPは惜しくも100点に届かなかったけれど、フリーは200点超え、総合で300点超え! ボーヤンが高得点を出すと、その分だけショーマは大変になるんだけど、それでもやっぱりうれしかったです。

5位 パトリック・チャン(カナダ) 295.16点
ここからはSP上位3人の演技です。ゆづのメダルはもう確定したようなものだから、残る2人に誰がくるか。冒頭の4T+3T、きれいに成功しました! 4Sも降りた~! おおお、これはパトちゃんも神演技か!? 基礎点は少し低くても、きれいに降りてGOEを稼いだら、メダルの可能性は十分ありますよ。ああ、しかし、次の3Aの着氷が乱れ、シークエンスで跳んだサルコウも2回転に…。あそこは、3A-1Lo-3Sの3連続にしたかったのかしら? 何にしても、これは痛い。さらに、2回目の4Tも着氷が乱れてしまいました。パトちゃんのジャンプ構成だと、クリーンに滑らないとちょっとキビシイ。しかし、それでも暫定3位で、メダルへの可能性をつなぎました。

2位 宇野昌磨(日本) 319.31点
さあ、ショーマの出番です! こっちはドキドキが最高潮に達していたのに、なんと、ショーマときたら、待ち時間にゆづの演技を見ていたんですね。えええ~!? 普通、周りの雑音をシャットアウトして、集中力を高めて…とか思うじゃないですか。あっけらかんとテレビを見ている映像に、あ然。どういう心臓してんの~!? 「(ゆづの演技を見て)枠のことはもう心配しなくていいと思った」とのことで、それが気持ちの余裕につながった様子。なるほどなあ。
ともあれ、それは後から知ったこと。そのときはただただ、テレビの前でドキドキするばかり。最初は4Lo。このジャンプはコケても仕方ないと思っていましたが、降りたあああ!!
次は4F。これも決めたああああ!! が、なんてこったい、見るほうとしても気を緩めていた3Lzで、まさかのミス。あかーん!! いやはや、どうなることかと思いました。後半の3A+3Tは決まったものの、コンボがまだ2つも残っているから気が抜けない~。西岡アナも「ここまでコンボはまだ1つだけ」とか言うし、1本目の4Tが単独だったし。お祈りポーズで見守る中、4T-2T、成功! 3A+1Lo+3Fも決めた~! 最後に3Sを跳び、ジャンプは終了。演技はガッツポーズが飛び出しました。そっか、そうだよね。3Lzでミスしたとはいえ、大物はすべて降りたんだから、ガッツポーズをしていい出来だよね。ごめん、3Lzの後、「もうこれ以上ミスしないで~!」と思いながら見ていたから、見ているほうとしては「やったぜ!」気分が今ひとつでした。
後で知ったところによると、あの3Lzのミスがなければ、総合得点でゆづを上回っていたかもしれないそうな。そっかー。でも、今回は2位でよかったんじゃないかな。今回のワールドで、みんなが最も感動した演技は、やはりゆづの演技だと思うから。ショーマも、チャンピオンになるときはそういう演技をしてほしい。楽しみにしています!“

4位 ハビエル・フェルナンデス(スペイン) 301.19点

ゆづとショーマのメダルは確定して、後はその色がどうなるか。最終滑走はハビ。ボーヤンにメダルを取ってほしい気持ちもあるけれど、ハビがSP同様に素晴らしい演技を見せてくれるなら、それもやっぱりうれしいなと思いながら見ていました。冒頭の4T、きれいに成功しました! このジャンプ、なんと、GOE+3.0がついていましたよ。すご~い! 4S-3T、3A-2Tと、前半のジャンプはすべて成功。これはハビが逃げ切るかな。でも、後半でミスが出ることもあるから、まだわからないかな、と思っていたら、後半1つめのジャンプの4Sで転倒! ああ~。これだけなら、SPの点差で逃げ切れたと思うけど、3連続ジャンプの1つ目が2Fになってしまい、優勝はなくなったな、と思いました。さらに、3Loでもミス。うーん。ちょっと残念な演技内容になってしまいました。
結局、フリーだけだと6位。総合では301.19点で、4位という結果に。300点台でも4位とは…。いやはや。本当にすごい試合でした。
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-04-05 19:39 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

世界選手権男子フリーTV観戦記(羽生選手の巻)

世界選手権男子フリー、今日は最終グループの感想を書くつもりでいましたが、ゆづの感想だけでかなり長くなってしまったので(汗)、今回はゆづだけということにしてしまいました。

この試合、私がいちばん応援していたのはショーマですが、ゆづの演技には、誰を応援しているとかそんなことを超越して、魂を持って行かれてしまうような感動がありました。

今日のニュースによると、男子フリー視聴率は平均18.1%、ゆづの優勝が決まった瞬間は22.7%だったとのこと(こちら)。そこまで注目を集めたのは、やはり生中継だったからこそでしょう。ライブで見られてうれしかった。すぐに止まるライストじゃなく、ちゃんとした映像で見られてうれしかった! ありがとうと言いたいです。

続きを読む
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-04-03 22:16 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧