111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

三鷹の廃線跡(その2)

前にも書いたように(もう2か月も前になってしまいました)、三鷹には2本の廃線跡があり、どちらも遊歩道になっています。前回はそのうちの1本、短いほうをご紹介したので、今回はもう1本、長いほうの廃線跡をたどってみることにしました。

三鷹駅の北口を出て、JR中央線の線路沿いに西(武蔵境方面)に向かって歩いていきます。すると、まずはこのような陸橋があります。古くからある陸橋らしく、このそばで太宰治も写真を撮っています(こちら)。
e0073856_17121580.jpg
陸橋の脇を通り過ぎると、公園の入り口が見えてきます。堀合児童公園といって、ここが廃線跡の入り口になります。JR中央線から枝分かれし、全長3.2キロの支線が走っていました。
e0073856_17315627.jpg
e0073856_17131743.jpg
公園の藤棚をくぐると、遊歩道が始まります。線路跡らしく、うねうねと曲がりながら続いています。桜のきれいな遊歩道なので、春にはよく散歩に訪れています。
e0073856_17133127.jpg
e0073856_17150017.jpg
信号を渡り、さらに進んでいきます。遊歩道はうねうねと続いています。遊歩道の右手は畑、左手は数年前に道路が整備されました。今のマンションに引っ越すまでは、この近くのアパートに住んでいました。
e0073856_17151570.jpg
e0073856_17151926.jpg
遊歩道はやがて、玉川上水を越える橋に差し掛かります。ぎんなん橋です。この橋には、線路のレールが埋め込まれています。
e0073856_17153045.jpg
e0073856_17153453.jpg
そもそも、ここにあった線路はどこに通じていたかというと、実は野球場だったんですね。1951年1956年にかけて、この近くには武蔵野グリーンパーク野球場というスタジアムがあったのでした。何でも、当時はまだ明治神宮球場がGHQに接収されていて、プロ野球の試合ができるのは後楽園球場しかないという状況。それで、終戦までここにあった中島飛行機武蔵製作所の工場の跡地に、新しい球場が建設されたのだとか。東京六大学や国鉄スワローズの試合が開催されていたそうです。支線の名前も「武蔵野競技場線」というものでした。
e0073856_17154795.jpg
e0073856_17160697.jpg
ただ、このあたりは都心から30分ほどかかり、当時としてはかなり不便に感じられただろうし、地質があまり球場に向いていなかったらしく、コンディションがイマイチだったのだとか。そうこうするうちに、神宮球場の接収が解除されるわ、川崎球場などの新しい球場がほかにもできるわで、ほとんど使用されないまま、わずか5年で閉鎖されることになったのだとか。5万人も入る球場だったそうなのに、もったいない。

でもまあ、そのまま球場があったら、まちの雰囲気も今とは違っていただろうし、住みたいと思ったかどうかはわからないかもしれないですね。

中島飛行機武蔵製作所の工場の跡地は球場になったわけですが、本社の跡地はNTT武蔵野研究開発センタに、研究所の跡地は国際基督教大学(ICU)になっているそうで、地元民としては「へえ~」と思ってしまいます。
e0073856_17160156.jpg
e0073856_17161815.jpg

遊歩道の途中に、「関前高射砲陣地跡」という表示があります。何が書いてあるのか読み取りにくいので、検索してみたところ、武蔵野市のHPにこんな説明が載っていました。

「中島飛行機武蔵製作所周辺には、米軍機の空襲に備えて、日本軍によって作られた高射砲や機関砲陣地がありました。高射砲とは地上から航空機を撃墜するための大砲で、関前付近には高射砲が6門、半円形に配置されていました。市内には、他にも、現在の成蹊大学や日赤武蔵野病院の敷地内に高射砲陣地が設けられていました」
e0073856_17164052.jpg
e0073856_17163362.jpg

それを過ぎると、今度は関前公園に入ります。水遊びのできる小さめの公園です。
e0073856_17164489.jpg

e0073856_17164879.jpg
遊歩道(廃線跡)はさらに続きます。武蔵野競技場線、全長3.2キロということでしたものね。ちなみに、途中駅はなく、三鷹駅を出て支線(武蔵野競技場線)に入ると、最初の駅にして終点が武蔵野競技場前駅だったそうです。つまりは、西武池袋線の豊島園駅みたいな感じかな?
e0073856_17170523.jpg
e0073856_17171370.jpg
こんな表示もありました。「中島飛行機 武蔵製作所 引き込み線跡地」。ここまでに書いてきたような内容が説明されているようです。
e0073856_17172192.jpg

そして、武蔵野中央公園に到着! 遊歩道はここまでです。廃線跡もここが終点だと思っていたのですが、あとで調べたら、もうちょっとだけ先に続いているようでした。
e0073856_17173953.jpg
e0073856_17174429.jpg
この地図の四角い緑の部分が武蔵野中央公園で、そこから上に伸びている細い道が遊歩道です。こうして見ると、いかにも線路跡らしい曲がり具合ですね。
e0073856_17175027.jpg
e0073856_17175440.jpg

[PR]
# by noma-igarashi | 2017-11-25 23:10 | ノンジャンル | Trackback | Comments(0)

スケアメ順位予想

GPSもいよいよ残り1試合となりました。スケアメの結果を受けて、ファイナル出場者が確定します。私としては、気になるのはやはり女子。ばっちょ様がファイナルに出られるかどうか。男子はまだ2人しかファイナル出場者が決まっていないのに、女子はもう5人も決まっているなんて~。スケアメ女子は、初戦で優勝した選手こそいないですが、2位、3位になった選手がごろごろ。世界選手権のメダリストもごろごろ。

ばっちょ様がファイナルに出られるためには、ツルスカヤ、アシュリーが優勝しないこと。さらに、ほかの誰かが優勝したとしても、この2人が2位だと点数勝負になるから、かなり厳しいんですよね。特にツルスカヤ2位の場合。ばっちょ様が207.17+ 212.52=419.69だから、ツルスカヤ2位の場合、210.19+209.51以上=419.70以上でファイナル確定かな? 可能性は十分です。一方のアシュリーは、初戦が183.94だから235.76以上が必要で、ちょっと厳しい。そもそも、それだけ出せたら、2位じゃなくて優勝するはずだし。

ポゴリラヤの欠場が発表される前は、彼女が優勝してくれたらなと思っていましたが、彼女も欠場(それも気になりますが、ここでは触れません)。となると、ほかに優勝の可能性がありそうなのは、昨シーズンの世界選手権の銅メダリスト、デールマンでしょうか。初戦もSPでは1位だったし。ただ、確認したら、デールマンはGPSでメダルを取ったことがないんですね。うーむ。

さらに、本来の調子に戻せていれば、知子ちゃんも。彼女が優勝なら、もちろんうれしいけれど、優勝したのは知子ちゃんなのに、ファイナルに出られるのはばっちょ様というのは、ちょっとビミョーなところが…(汗)。

ほかにはいないかなと、改めて出場者を見直し、もう1人、もしかしたら…と思ったのが、カレン・チェン。彼女もこれまでGPSでメダルを取ったことはありませんが、自国アメリカの試合だという点に期待。昨シーズンの全米選手権のような演技ができれば、初優勝も夢ではないのでは。どうかな?

…とまあ、今回はあれこれ書いてしまいました。
「続きを読む」以下は、フランスのフォーラムの順位予想の集計結果です。ただ、まだそれほど票が集まっていないんですよね。ひとまず現状の集計結果を発表しますが、後から追加分も発表したいと思います。

続きを読む(追加しました)
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-11-23 20:28 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

「題詠100★2017」参加作品

「題詠100★2017」で100首完走しましたので、「続きを読む」以下に参加作品をまとめました。自分なりに設けた今年のテーマは「オペラ、クラシック」。数年前にも一度、同じテーマにトライしたものの、そのときは調子が上がらず、50首を超えたあたりでリタイヤしてしまいました(15年目を迎えた題詠イベントで、完走できなかったのはそのときだけ)。今年はリベンジの意味もあり、同じテーマに再挑戦しました。

ここ数年、このイベントでしか歌を詠んでいないので、不出来な歌も多かったですが、まずまず納得できた歌の中から、3首を自選してみました。

012:デマ デマもまた甘美な響きモーツァルトの死因の謎は解けなくていい

054:本音 行けぬまま夏の終わりが来て捨てる松本音楽祭のチラシを

064:漢 悪漢が似合う風貌 憎らしい役ほど生き生きヌッチが歌う

続きを読む
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-11-23 00:17 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

フランス杯、男子の感想

1位 ハビエル・フェルナンデス選手(SP1位、フリー1位)
SPは素晴らしかったですね! お見事でした。+2と+3がずらずらと並んだプロトコルが気持ちいいです。事前の順位予想で、3位以内に入れなくてごめんなさい。深く反省。ただ、フリーはちょっと残念な内容でした。せっかく前半の4Tと4S-2Tを決めたのに、後半でミスが相次いでしまいました。SPがよかっただけに、余計に残念に思えます。二度の世界チャンピオンで、ユーロ5連勝中なんだから、2本そろえてほしいなあ。というか、ミスが出てもいいので、何が何でも勝つんだというようながむしゃらさが見たいです。ハビの場合、ミスが出たときはそういう感じがしないのがちょっと残念。

2位 宇野昌磨選手(SP2位、フリー1位)
なんと、初戦の後でインフルエンザにかかっていたんですねえ。でも、今の時期にかかっておけば、免疫ができて、五輪のときに安心なのでは? SPでもフリーでも、転倒あり、着氷の乱れありで、決していい演技内容ではなかったですが、それでもショーマの場合、がむしゃらさがあるんですよね。そういうところがいいなと思ってしまう。そういうのって、根性論が好きな日本人だけ? そんなことないよねえ? スポーツなんだもん、持てる力を出しきってほしい。そういえば、フリーでは前半3つめのジャンプに3Lzを入れていましたね。3Loよりいいんじゃないかな。点数が高いのはもちろんだけど、4Loの直後に3Loは跳びにくいと聞いたので、違う種類のジャンプにするといいのになと思っていたので。

3位 ミーシャ・ジー選手(SP6位、フリー3位)
なんと、3位にはミーシャが入りました! 先週は30歳のヴォロノフが初優勝、今週は引退を撤回したミーシャが初メダル。ドラマですねえ。そして、フリーは素晴らしい演技でした。美しかった~。Twitterで教えてもらったことによると、4回転なしで美しい演技を披露したミーシャと、4回転を取り入れて、転倒したり、息も絶え絶えになったりしたハビとショーマを比較して、ジョニーが「フィギュアスケートはどこへ向かおうとしているのか」と言ったそうだけど、点数を競い合うスポーツなんだから、仕方ないというか、当然の成り行きじゃないのかな。もしも男子の試合で、4回転の回数に制限を設けたりしたら、男子までタノだらけになっちゃうよ。私としては、そっちのほうがイヤだ~。

4位 アレクサンドル・サマリン選手(SP3位、フリー4位)
SPもフリーも、ミスは出てしまいましたが、一生懸命滑っているのが伝わってきて、ワタシ的には好印象。ただ、4回転を2種類も組み込んでいるのに、2Aを跳んでいるのがちょっとなあ。3Fが入っていないから、フリップが苦手なんでしょうか。もっとも、初戦も今回も、その2Aでミスしてるんですよね。あちゃ~。それって意味ないんでは? 若者よ、2Aをやめて、オバサンをさらに応援したい気持ちにさせてくだされ。

5位 アレクセイ・ビチェンコ選手(SP5位、フリー5位)
ビチェンコさんはNHK杯から連戦だったんですね。お疲れ様です。MHK杯のときと同様、4Tはすべてきれいに成功させたのに、それ以外のジャンプにミスが出てしまいました。もったいない~。2試合連続の台乗りはならず。
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-11-20 23:05 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

フランス杯、女子の感想

あんまりこういうことは書かないようにと思ってたんだけど、ちょっとだけ。
この試合が終わったら、ばっちょ様のファイナル進出が決まる(または、さらに近づく)だろうと思っていたのに、逆に危うくなってしまった~。とほほ。いや、でも、まだ終わったわけじゃない、最後まで希望を持っていたいです。

さて、フランス杯女子、SPはおおむねライスト観戦できたのですが、フリーは今のところ地上波のみ。演技を見られていない選手もいるので、主な選手だけの感想となりました。

11位 ロレーヌ・ルカヴァリエ選手(SP7位、フリー11位)
SPの演技しか見られていないのですが、衣装がすっごく素敵だった~。3Lz-3Tを持っているのがこの選手の強みですが、セカンドが回転不足になりやすいのが残念。ここが改善できれば、もっともっと順位を上げて行けると思うのだけど。フリーではいくつかミスが出て、最下位になっちゃったんですね。フランス女子の代表争い、どうなりますか。ルカヴァリエ選手が一歩リードしていた感がありましたが、この試合ではメイテ選手が上回りました。

10位 ポリーナ・エドモンズ選手(SP9位、フリー10位)
ごめんなさい、SPもフリーも演技を見られていないです。出場してたんですね。久しぶり。戻ってこられてよかった! 成績を見ると、まだまだ本調子じゃないのは明らかですが、少しずつでも戻していってほしいです。BSでは放送してくれるかな?

9位 エリザベータ・トゥクタミシェワ選手(SP11位、フリー8位)
SPから3Aを組み込んでくるというので、調子がいいんだろうなと、楽しみにしていました。その3Aで転倒したのは仕方ないとして、次のルッツが1回転になってしまい、ノーバリュー。さらに、いつもならがっつり加点を稼いでいく3T-3Tも、3T-2Tに。その結果、なんと、SPは最下位…。フリーでも3Aは転倒したようで、挽回しきれず、最終順位は9位。

6位 白岩優奈選手(SP3位、フリー6位)
SPでは3Lz-3Tを含むすべてのジャンプを成功させ、3位発進! 先週のNHK杯から見事に立て直してきました。そうこなくっちゃ。フリーも順調にジャンプを決めていたのに、最後の最後、ループで転倒。惜しい~。1コケのミスがありつつ、PBを更新する127.13点。シニアで堂々と演技していける自信がついたのでは? プロトコルを見ると、成功した要素の加点が少ないので(上位選手はGOEで10点以上上積みしているのに対して、白岩選手は4点程度)、このへんを磨いてくことが今後の課題になりそうですね。

4位 三原舞依選手(SP4位、フリー5位)
SPでは、3Lz-3Tで壁に近づきすぎ、3Tが大きく乱れてしまいました。もったいない~。その結果、SPは4位とやや出遅れましたが、得意のフリーでいっきに巻き返してくれることに期待。実際、フリーではすごくいい演技を披露してくれたので、結果を知らずに見ていたら、「やった、メダルに届いた!」と思ったんじゃないかな。フィギュアはいい演技をしても、ほかの選手がそれ以上にいい演技をしたら、順位が下になってしまうのがツライところ。残念ながら4位でした。でも、SPもどんどんカッコよくなってきたし、フリーは本当に素敵なので、自信をもって全日本に臨んでほしいです。

3位 ケイトリン・オズモンド選手(SP1位、フリー3位)
SPは3F-3Tのところ、3F-2Tに。さらに3Lzでも氷に手をつくミス。ただ、ほかの上位選手にもそれぞれミスが出たため、貫禄の1位で折り返し。フリーは途中までいい感じだったのに、後半のループで転倒。さらに、最後の2Aが1Aに。ああ~。それでも3位に踏みとどまり、ファイナル進出を決めましたが、もしも2位だったら、ばっちょ様のファイナルが近づいたのに~。と、つい思ってしまったことを白状しておきます。

2位 マリア・ソツコワ選手(SP2位、フリー2位)
そうはいっても、ソツコワのフリーは見事だったので、彼女が2位になったことに不服はありません。ノーミスで、PBを更新する演技。プロトコルに1つもマイナスがついていないのは見ていても気持ちがいいです。ただ、彼女、ジャンプのたびに腕を上げるのが美しくなくて…。ただでさえロシア女子は激戦だから、わずかでも点数を稼がないといけないのはわかるんだけど、もうちょっと肘が伸びてたらなあ。

1位 アリーナ・ザギトワ選手(SP5位、フリー1位)
SPではまさかの2コケで、5位。どうなることかと思いましたが、フリーはすごかった!演技自体もすごいけど、SPの失敗の後で、気持ちを切り替えられるのがお見事。きっと、メンタルトレーニングもしてるんだろうなあ。終わってみれば、151.34点という歴代2位のハイスコア。恐れ入りました。SPもフリーも、バレエを思わせるポーズのかわいいこと。何回も見ているのに、何回見てもかわいいです。優勝おめでとう!
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-11-19 15:32 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

NHK杯ペア、「トゥーランドット」VS「カルメン」対決

NHK杯ペアの感想、もう日にちも経ってしまったので、優勝したスイハンのことを中心に、手短に。

スイハン、今季のフリーは「トゥーランドット」。五輪シーズンに勝負曲で来ましたねえ。彼らのプログラムは、ここ2、3年、本当に素晴らしくて、去年の「明日に架ける橋」も「ああ、きっとこれが彼らの代表曲になるだろうなあ」と思いましたが、今年もまたそう思ってしまったという。五輪シーズンだし、中国のペアがこのプログラムを演じるわけだから、代表作になるのはこっちのほうかな(でも、来シーズンもまたそう思いそうな予感が…)

スイちゃん、「トゥーランドット」では髪型もそれらしく結っていて、いいですね。演技が始まるときのきりりっとした表情がたまらんです。ハン君が彼女を持ち上げる振付も、トゥーランドット姫の気位の高さをうまく表現していて、冒頭からググッと世界に引き込まれてしまいます。素晴らしかった~。

一方、彼らと優勝争いを演じたストルボワ・クリモフ組のフリーは「カルメン」。プッチーニのオペラ対決になり、このブログとしてはうれしい展開でした。ストクリの「カルメン」は、ちょっと意外な選曲だったかな。ストルボワさん、カルメンというイメージではなかったので。

ただ、この感想を書くために改めて演技を見直してみて、ストルボワは美女さんだし、きりっとしていることにかけてはお手の物だし、わりとそれらしい雰囲気を出してるんですよね。むしろクリモフのほうに疑問が…。彼が演じているのは、ドン・ホセ? それともエスカミーリョ?

闘牛士スタイルではなく、飾り気のない黒の衣装だったから、多分、ドン・ホセだと思うんですね。でも、それにしては堂々としすぎというか、カルメンを思う気持ちが伝わってこないというか。だって、殺しちゃうほど好きだったわけですよ? 表情でそんな思いを表現するのが難しいのであれば、振付にそれらしい動きを入れるとか、もうちょっとそれらしいところがほしかった。

今季はほかにもオペラを演じているカップルがいるかしら。テレ朝チャンネルの放送も始まったので、見るのが楽しみです。
                                              
[PR]
# by noma-igarashi | 2017-11-18 09:39 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧