111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2017年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

東京ブロック観戦記(シニア女子フリー)

16番 松嶋那奈選手(フリー87.46 総合132.59 4位)
3-3、今度こそ来たー! SPでは3-2にとどめていた松嶋選手、フリーでは演技冒頭に3T-3Tを跳んでくれました。高かった~。サルコウでミスが出てしまいましたが、それでも見ごたえのある演技でした。SP7位から巻き返して、フリー4位、総合でも4位に浮上!

19番 庄司理紗選手(フリー82 総合128 総合6位)

ここから最終グループです。1番手は庄司理紗選手。庄司選手が、最終グループ! SP落ちも覚悟していたのに、なんと、なんと。ただ、またも正直に書きますと、フリーでは大崩れするかもしれないな、と思っていました。ジャンプ3つのSPは何とか乗り切れても、フリーはそうはいかないものだから。悪いほうにばかり考えてごめんなさい。庄司選手、フリーも頑張ってくれました~! 3Lo、3T-2Tと、大技こそないものの、途中まではパーフェクト。というか、2回転になったジャンプがあっただけで、2回転としては成功していたわけだから、ノーミスなのはノーミスですよね(でもプロトコルを見たら、コンボは3T<-2Tで、GOEがマイナスでした)。最後まで頑張ってくれて、その時点で松嶋那奈選手に次いで2位。うわー。もう、十分にうれしいです!
ところで、この日の衣装、なんだか見たことがあるような…。昔の衣装か、そうでなければよく似た衣装。コレに似ていました。これって、まだ高校生のときの衣装ですよね。大学3年生にして、ごく自然に着こなしてしまうところがスゴイ。

22番 佐藤伊吹選手(フリー106.59 総合157.37 1位)

さあ、SP1位の佐藤伊吹選手です。優勝は彼女か、この直後に控えている永井優香選手か? 注目の中、演技スタートです。冒頭は3Lo-3T! きれいに決まりました! 続いて2A-3T、これも成功! プロトコルを見ると、ルッツにeマークがついていたり、最後に跳んだ3Sが回転不足の判定だったり、マイナスの要素もあったのですが、見た目にはノーミス、パーフェクト! 素晴らしい~! スタオベしましたとも。ほぼ全員、立ち上がっていたのでは。いやあ、お見事でした。これはぜひとも全日本に出場して、「にこんな選手がいたんだ!」と西の皆さんにも驚いてもらわなくては。

23番 永井優香選手(フリー88.70 総合137.86 2位)

プログラムは「オペラ座の怪人」。伊吹選手を脅かすような演技を期待していましたが、出だしのジャンプでミスを重ねてしまいました。後半は持ち直したものの、改めてプロトコルを見たら、コンボを1つも跳んでいないんですね。ああ~。点数的にそれはイタイ。まだ万全の状態ではないようですが、それでも昨日は3-3を跳んでくれたし、夏季フィギュアでもいい演技だったし、かつてのよさを少しずつ取り戻していってほしいです。応援してますよ~。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-09-29 23:29 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック観戦記(シニア男子フリー)

2番 森望選手(フリー71.84 総合111.55 13位)
名前がコールされるや、すごい声援。3S成功でまた大歓声。さらに、思わせぶりにジャッジ席の前を通過するたび、客席からひゅーひゅー。プログラムが「ブエノスアイレスの冬」だったこともあるのかな? 点数は伸びなかったですが、見る者を楽しませてくれる演技でした。
翌日になって知ったことですが、森選手、これが男子シングルの選手として最後の試合だったのだとか。今後はアイスダンスに専念するとのこと。というか、アイスダンスもやっていたんですね。ごめんなさい、知らなかったです。折原裕香・森望組ですって。去年の全日本ジュニアの結果を確認したら、深瀬・立野組に次いで2位という成績でした。今度ぜひ演技を見たいです!

5番 鎌田英嗣選手(フリー113 総合160.09 5位)
これまた大声援。シニア男子って、大学の仲間の応援が独特で、ああいうのもいいなあと思います。SPでは大事な要素でミスが出てしまいましたが、フリーはいい演技でした。後半のジャンプが1つパンクしたものの(プロトコルを見たらフリップでした)、それ以外は頑張りました。勘違いだったらごめんなさい、演技直後、何か感じ入るところがあったのか、感極まっているように見えました。お疲れさまでした。

7番 中野耀司選手(フリー97.54 総合146.93 9位)
来ました、3A! もういっちょ、コンボで3A-2T! ちょっと乱れた~。3A2本はいい線いったものの、それ以外のジャンプがあああ。2回転になったり1回転になったりで、あまり点数になりませんでした。残念。でも、3Aはやっぱり男子の試合の華だと思うので、跳んでくれてうれしかったです。

8番 唐川常人選手(フリー114 総合167.81 2位)
フリーは「ロクサーヌのタンゴ」。おお~。演技の冒頭、3Lz-3T、3Loを立て続けに決めたのが大きかった。それ以降のジャンプは少しずつミスになるものが多かったですが、スピンやステップはしっかり見せてくれました。終わってみれば2位。おめでとうございます!

13番 宮田大地選手(フリー118 総合177.33 1位)
3Aも3-3もないジャンプ構成でしたが、ミスの少ない演技で、自分にできることをきちんと見せてくれました。SPは2位でしたが、フリーは1位。逆転優勝、おめでとうございます!
                                              
[PR]
by noma-igarashi | 2017-09-27 22:05 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック観戦記(シニア女子SP)

6番 庄司理紗選手 45.98 SP4位
8月末に見た夏季フィギュアでは、フリーに進めなかった庄司選手。それがまだ1カ月前のことだし、正直、今回も似たような展開になるのではないかと思っていたのですが…。今日は違いました。久々にノーミスの演技でした! コンボは3S-2T、単独ジャンプは3Tで、それほど難度の高い構成ではなかったですが、とにかくノーミスでした。演技の後半、客席から励ますような手拍子が起こり、終了と同時にスタオベも。うるっと来てしまいました。

16番 永井優香選手 49.16 SP2位

永井選手は夏季フィギュアで復活の兆しが見えたため、今回も期待していました。冒頭のコンボは3-3! 決まった~!! 夏季フィギュアでは3-2にとどめていたので、久しぶりに3-3が見られて大興奮。が、次の単独ジャンプがすっぽ抜けてしまい、1Loに。ああ~。SPでジャンプ1つ分が0点になってしまうのは痛い。49.16点で、惜しくも50点台に届きませんでした。

27番 松島那奈選手 45.13 SP7位
ばっちょ様が出場を取りやめたことに加え、永井選手の点数が伸び悩んだため、SP首位はこの人かもしれないな、と思いながら見ていました。最初の3-3、今日もたっか~い!! …と思ったのですが、実際には3-2だったのだそうな。あの高さと迫力に、てっきり3-3だと思ってしまいました。さらに、これまたきれいに決まったかに見えた単独の3Loは、回転不足の判定。結果として、見た目の印象ほど点数が伸びず、SP7位という結果になりました。

31番 佐藤伊吹選手 50.78 SP1位
夏季フィギュアでもいい演技を見せた伊吹選手。今回も楽しみにしていたのですが、実を言うと、ちゃんと名前を覚えていなかったため、第3グループあたりから「まだ出てこない」「このグループにもいなかった…」と、気が揉めることしきり。その挙げ句、夏季フィギュアは東京以外の選手も出場していたものだから、「東京ブロックの選手じゃなかったのかも…」とまで思いかけたところに、やっと登場。最終グループの5番手…というより最後から2番めという滑走順でした。
待った甲斐がありました! 今日も素晴らしかったです。冒頭の3Lo-3T、きれいに成功! 残り2つのジャンプは後半。3Fと2A、どちらもきれいに決まりました!(…と思いましたが、3Fは回転不足の判定でした) 50.78点でSP首位!
ブロック大会に出場するシニア選手の中では珍しく、伊吹選手はまだ高校2年生なんですよね。ばっちょ様が出場しなかった分、同じ高校生の彼女が盛り上げてくれました。
                                              
[PR]
by noma-igarashi | 2017-09-26 23:14 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック観戦記(シニア男子SP)

2番 佐上凌選手 60.80 SP1位
シニア男子の試合はノービス男子の後だったので、やっぱりスピードと迫力が違うなあ…! と実感。そんな中でも佐上選手は、とてもまとまった演技を披露してくれました。ジャンプ構成は2A、3Lz-3T、後半に3F。大技こそないものの、どの要素にも加点のつく演技でした。

6番 中野耀司選手 49.39 SP7位
来ました、3A! 乱れつつも何とか着氷! が、次のジャンプがすっぽ抜けて2回転に。ああ~。さらに、後半に跳んだルッツで転倒。コンボが入りませんでした。これは痛い。3Aがもったいない結果になってしまいました。49.39点で暫定3位、最終的に7位。

7番 宮田大地選手 58.92 SP2位
プログラムは「四季・冬」。着氷が乱れたジャンプもありましたが、迫力のある素敵な演技でした。佐上とどっちが上になるかな? と思いながら見ていましたが、58.92で2位。佐上選手には2点ほど及びませんでした。

11番 鎌田英嗣選手 46.42 SP9位
ジュニアのころからひそかに応援している鎌田選手(ブロック大会のとき声援を送る程度ですが…)。去年はケガをしていたようで、ジャンプを1つも跳ばなかったんですよね。あれはせつなかった~。今年は跳んでくれたので、それだけでもウレシイ。ただ、2Aはきれいに決まったものの、1つ転倒、1つパンクという結果になってしまいました。

12番 唐川常人選手 53.60 SP6位
去年までは関東ブロックでしたが、大学生(日大)になり、今年から東京ブロックになったんですね。東京ブロックはたまにこういうことがあるのがうれしいです。派手さはないけれど、品のいい演技でした。SS6.25は14人中トップ。
                                              
[PR]
by noma-igarashi | 2017-09-25 22:49 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

このところの4試合の女子のスコア比較

とりあえず、得点の高い順に並べた結果のみアップしておきます。
こうして見てみると、200点台に乗せないことには勝負に加われない感じですね。

226.72 Evgenia MEDVEDEVA RUS オンドレイネペラ
218.46 Alina ZAGITOVA RUS ロンバルディアトロフィー
217.63 Wakaba HIGUCHI JPN ロンバルディアトロフィー
217.55 Kaetlyn OSMOND CAN オータムクラシック
199.02 Mai MIHARA JPN オータムクラシック
198.42 Marin HONDA JPN USインターナショナル
198.36 Carolina KOSTNER ITA ロンバルディアトロフィー
196.70 Bradie TENNELL USA ロンバルディアトロフィー
195.56 Yura MATSUDA JPN ロンバルディアトロフィー
189.98 Rika HONGO JPN オンドレイネペラ

184.75 Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS ロンバルディアトロフィー
183.54 Mirai NAGASU USA USインターナショナル
182.32 Karen CHEN USA USインターナショナル
182.21 Elena RADIONOVA RUS オンドレイネペラ
181.00 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ オータムクラシック
[PR]
by noma-igarashi | 2017-09-24 23:16 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック観戦記(ジュニア女子フリー)

8番 佐々木香乃選手(フリー60.90 総合96.00 17位)
淡いパープルの衣装で登場。曲が始まってみると「愛の夢」だったので、浅田真央選手の衣装を参考にしたんだろうな、と納得。さらに、演技が始まってみると、振付も浅田選手の「愛の夢」によく似た動きが満載! ああ、きっと浅田選手のファンなんだろうなあ。こういう試みも素敵ですね。残念ながらジャンプのミスもありましたが、浅田選手を思わせる動きは素敵でした。

19番 住吉りをん選手(フリー89.45 総合136 3位)

いきなり3-3を跳んできました! さすが最終グループ1番手。それまでのグループとは次元が違うことを見せつけてくれました。が、残念ながら次の3Lzで転倒。ああ~。後半にももう1つ転倒(プロトコルを確認したら、3Loでした)。それ以外にも回転不足を取られたジャンプがいくつかあり、フリーの点数は89.45点。夏季フィギュアではミスをしながらも100点台に乗せていたのに、これはきっと本人としても不本意だっただろうなあ。しかし、最終順位は3位でした。表彰台おめでとう!

22番 松原星選手(フリー109.98 総合163.64 1位)
優勝候補の1番手。SP1位で折り返し、フリーはどうか? 冒頭の3Lz-3T、決まった~! 沈み込むような姿勢で、すうっと着氷。この選手の特徴ですよね。後半にも3S-3T-2Tという高難度のコンボを成功させました。着氷が乱れたものが1つと、プロトコルを見たらルッツは2つとも「!」マーク付きでしたが、TES61.32点は他の選手を寄せつけない高得点。昨年に続いての優勝、おめでとう!

24番 川畑和愛選手(フリー105.58 総合159.09 2位)
演技とは関係のない話でごめんなさい。川畑選手の所属名が「N高東京」となっていて、「あれは一体どういう学校なんだろう?」と、一緒に観戦していた友人と首をかしげることしきり。帰宅後に調べたら、こういう学校だそうです。1つ、物知りになりました。さて、採取グループ最終滑走者として登場した川畑選手。ジュニア女子の試合を締めくくるにふさわしい演技を披露してくれました。3Lz-3Tを含む、高難度のジャンプ構成。着氷が若干乱れたものはありましたが、見ごたえのある演技でした。最終順位は2位。表彰台おめでとう!
                                             
[PR]
by noma-igarashi | 2017-09-24 22:29 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック シニア女子フリー

       (SP)(フリー)(総合)(暫定順位)
1 小 堀 瑛 美 33.48 69.91 103.39 1位
2 塚 本 梨穂乃 32.41 53.69 86.10 2位
3 苅 田 梨 菜 34.05 71.67 105.72 1い
4 原 田 れ な 32.92 63.45 96.37 3位
5 川 上 紗 季 34.24 61.41 95.65 4位
6 櫛 田 麻 佑 35.92 65.81 101.73 3位

7 船 迫 麗 愛 37.70 71.86 109.56 1位
8 鈴 木 星 佳 38.78 63.30 102.08 4い
9 三 澤 日向子 36.21 69.15 105.36 3い
10 藤 澤 亮 子 37.30 68.23 105.53 3い
11 佐 藤 弥 桜 38.69 62.63 101.32 8い
12 松 丸 夏 未 35.96 66.61 102.57 6い

13 遠 山 莉 央 38.90 65.07 103.97 5い
14 濱 谷 佐 理 41.07 66.51 107.58 2い
15 松 下 紗 千 38.91 74.63 113.54 1位
16 松 嶋 那 奈 45.13 87.46 132.59 1い
17 鈴 木 美 桜 44.66 82.36 127.02 2位
18 望 月 美 玖 42.23 6928 111.51 4い

19 庄 司 理 紗 45.98 82.82 128.80 2位 スタオベも!
20 佐 上 黎 45.26 81.82 127.08 3い
21 森 千 夏 45.27 90.40 135.67 1い
22 佐 藤 伊 吹 50.78 106.59 157.37 1位 すごい‼︎
23 永 井 優 香 49.16 88.70 137.86 2位
24 大 矢 里 佳 48.63 80.57 129.20 5い

※試合開始は9月24日(日)15:00。各選手の演技の終了後、点数を記入していきます。

[PR]
by noma-igarashi | 2017-09-24 08:58 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック シニア男子フリー

       (SP))(フリー)(総合)(暫定順位)
1 鈴 木 元 気 44.99 102.55 147.54 1い
2 小 林 諒 真 43.87 94.67 138.54 2位
3 森 望 39.71 71.84 111.55 2位
4 渡 邉 直 弥 34.44 75.45 109.89 4位

5 鎌 田 英 嗣 46.42 113.67 160.09 1位
6 小 平 渓 介 45.04 72.41 117.45 4位
7 中 野 耀 司 49.39 97.54 146.93  3位
8 唐 川 常 人 53.60 114.21 167.81 1位
9 鎌 田 詩 温 48.87 84.23 133.10 6い

10 石 塚 玲 雄 55.56 110.96 166.52 2位
11 梶 田 健 登 56.52 107.60 164.12 3位
12 小 林 建 斗 56.64 90.85 147.49 6い
13 宮 田 大 地 58.92 118.41 177.33 1位
14 佐 上 凌 60.80 95.92 156.72 6位

※試合開始は9月24日(日)12:40。各選手の演技の終了後、点数を記入していきます。

[PR]
by noma-igarashi | 2017-09-24 08:32 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック シニア女子SP

1 川 平 咲 良 28.22
2 船 迫 麗 愛 37.70
3 藤 澤 亮 子 37.30
4 松 丸 夏 未 35.96
5 川 島 優 子 28.59

6 庄 司 理 紗 45.98
7 塚 本 梨穂乃 32.41
8 佐 藤 江玲奈 29.62
9 小山田 莉 子 26.93
10 望 月 美 玖 42.23

11 苅 田 梨 菜 34.05
12 森 千 夏 45.27
13 大 矢 里 佳 48.63
14 佐 上 黎 45.26
15 佐 藤 弥 桜 38.69

16 永 井 優 香 49.16
17 濱 谷 佐 理 41.07
18 櫛 田 麻 佑 35.92
19 三 浦 杏 樹 28.55
20 遠 山 莉 央 38.90

21 小 堀 瑛 美 33.48
22 三 澤 日向子 36.21
23 高 柳 瑠々菜 棄権
24 土 橋 亜 海 31.85
25 原 田 れ な 32.92
26 川 上 紗 季 34.24

27 松 嶋 那 奈 45.13
28 松 下 紗 千 38.91
29 塩 野 凪 彩 24.83
30 鈴 木 美 桜 44.66
31 佐 藤 伊 吹 50.78
32 鈴 木 星 佳 38.78

※試合開始は9月23日(土)17:15。各選手の演技の終了後、点数を記入していきます。

[PR]
by noma-igarashi | 2017-09-22 18:57 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック ジュニア女子フリー

         (SP)
1 中 西 伶 菜 34.02 59.64 93.66
2 水 上 彩 弥 34.53 60.97 95.50
3 染 谷 愛 波 33.05 57.30 90.35
4 久保田 美 佳 33.77 65.54 99.31
5 髙 瀬 侑 杏 33.66 65.33 98.99
6 村 上 姫 菜 32.81 55.90 88.71

7 佐々木 香 乃 35.10 60.90 96.00
8 依 田 茉里紗 37.56 75.63 113.19
9 小荒井 あさな 35.50 59.1. 94.60
10 小 林 由 奈 34.54 53.28 87.82
11 藤 本 凜 果 35.37 61.21 96.58
12 小 川 日菜子 37.31 79.91 117.22

13 廣 田 日茉莉 38.12 56.13 94.25
14 樋 口 瑞 保 37.87 60.44 98.31
15 横 谷 杏 林 38.90 77.91 116.81
16 生 方 日 凜 40.10 68.72 108.82
17 平 金 桐 39.05 78.10 117.15
18 村 田 直 美 41.19 67.26 108.45

19 住 吉 りをん 46.60 89.45 136.05
20 猪 股 早哉子 43.80 80.25 124.05
21 岡 部 季 枝 41.73 79.31 121.04
22 松 原 星 53.66 109.98 163.64
23 馬 場 はるあ 49.02 81.87 130.89
24 川 畑 和 愛 53.51 105.58 159.09

※試合開始は9月23日(土)13:45。各選手の演技の終了後、点数を記入していきます。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-09-22 18:33 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧