111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
ちなみに、総括記事は男子..
by noma-igarashi at 23:20
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2017年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

世界ジュニア順位予想

明日から世界ジュニア。「木曜日ぐらいからだっけ?」などと思って、のんびり構えていました(汗)。取り急ぎ、フランスのフォーラムで行われている世界ジュニア順位予想の集計結果をお知らせします。男女シングルのみでごめんなさい。時差の関係もあるのか、現時点ではまだ参加者が少なく、「集計結果」というほどの票数ではないですが。

【女子】
1位
アリーナ・ザギトワ(ロシア) 3票
ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア) 2票
2位
ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア) 2票
アリーナ・ザギトワ(ロシア) 1票
スタニスラワ・コンスタンチノワ(ロシア) 1票
本田真凛 1票
3位
本田真凛 3票
アリーナ・ザギトワ(ロシア) 1票
ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア) 1

【男子】

1位
ヴィンセント・ゾウ(アメリカ) 3票
ドミトリー・アリエフ(ロシア) 1票
2位
チャ・ジュンファン(韓国) 4票
3位
ドミトリー・アリエフ(ロシア) 1票
ニコラ・ナドゥー(カナダ) 1票
ダニエル・サモーヒン(イスラエル) 1票
ヴィンセント・ゾウ(アメリカ) 1票

女子はロシア勢が表彰台独占という予想も。うーむ。十分ありそうなので、日本勢、頑張ってほしいです。本田真凛選手は、連覇は難しいかな。ただ、べつだん連覇する必要もないのでは? 過去の例を見ると、世界ジュニアで連覇を達成したからといって、シニアで大成できるわけではなさそうなので。

女子はロシアと日本の闘いになりそうですが、男子はいろんな国籍の選手の名前が挙がっていますね。日本勢の2人は、表彰台は無理でも、けっこう活躍してくれるんじゃないかしらん。ひそかに期待しています。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-03-14 23:30 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

ショーマ、クープドプランタン優勝!

ショーマ、ルクセンブルクで開催のクープドプランタンで優勝! この試合、ライストはないと聞いていたのに、いざ試合が始まってみるとライストを流してくれて、感謝感激。ショーマが出場するというので、リクエストが多かったんでしょうか。残念ながら、フリーの最後は止まってしまいましたが、それでもそこに至るまでは見られたし、ライストがあったことで、見られなかった部分がどんなだったか、情報収集しやすかったです。

まずはSPの感想から。 リザルト 動画
文句なしの出来栄えでした! 4F、4T-3T、3Aと、すべてのジャンプを成功。見ているほうも「よっしゃ~!」と盛り上がりましたが、本人からも演技直後にガッツポーズが飛び出すほど。TES58.81+PCS45.50=104.31点で、今季いちばんのスコアでした。公式記録にはならないものの、世界選手権に向けて心強いです。プロトコルを見ると、単独ジャンプの4Fの加点がなかったんですね。ジャンプとしてはきれいに決まったものの、「ステップから直ちに跳ぶ」という部分が足りなかったのかな? でも、逆に言えばまだ伸びしろがあるわけですから、世界選手権ではさらなる高得点を期待したいです。


フリーはさっき終わったばかり。 リザルト 動画
上記のごとく、途中でライストが止まってしまいましたが、すぐに結果を把握できました。4Loは今回も転倒。四大陸では驚くほどきれいに決めたものの、やはり成功率はあと一歩なのかな? 4Fはきれいに決まりました。4Fの安定感はすごいですね。続く3Lzは着氷乱れ。スピンとステップを挟んで、後半のジャンプに突入です。3A-3T、成功! この段階でコンボが決まってくれると、安心できる~。次は単独の4T。決まったのはよかったけど、単独ジャンプが先だと不安になる~。しかし、すぐさま4T-2T成功! よかったあああ! 後はもう1つの3Aが成功するかどうか。決まった~! 1Loを挟んで…あ、カメラに寄りすぎてどうなったのかわからない~! しかも、ここでライストが止まった~! 

というわけで、しばし気を揉みましたが、ここは3A-1Lo-3Fを予定していたところ、3A-1Lo-2F(着氷乱れ)ということだったみたいですね。この部分がよく見える動画も、さっきツイッターで教えてもらいました(こちら)。あちこち見て回っているうちに点数が出ていて、フリーは199.37点、総合303.68点。総合は初の300点台ですね! フリーもあともうちょっとで200点突破だったのに、惜しい~。でもまあ、それは世界選手権でのお楽しみということで、期待して待ちましょう!

最後に、おでこを出した髪型、なかなかカッコよかったですね! 新衣装にも合っていて、全体に大人っぽく見えました。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-03-12 23:20 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

「020:潜」~「024:渦」

020:潜 身の内に潜むルチアの叫び声忘れたころに火になりたがる
          ドニゼッティ「ランメルモールのルチア」

021:祭り ふたりなら寂しさよりもやすらぎを感じるお祭り騒ぎの後に
          ヴェルディ「椿姫」

022:往 オペラでは往々にして脇役が主役の歌手より若くてきれい

023:感 僕の手の中に感じる君の手の冷たさ すでに恋をしていた
          プッチーニ「ラ・ボエーム」

024:渦 渦巻きがつんと澄まして立っているト音記号ってそんな形だ
[PR]
by noma-igarashi | 2017-03-11 00:06 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

続・「クープドプランタン」の話題

フランスのフォーラム、「クープドプランタン」のスレッドで、引き続きショーマのことが話題になっています。例によって、チョー意訳。さらに、よくわからないところは、すっ飛ばしました。

Tommy Albright:ショーマにとってこの試合は、4回転ジャンプをどんな構成で跳ぶか、世界選手権の前に試してみる最後のチャンスだね。
kamina:ショーマは4回転サルコウを試すつもりじゃないかしら。
dobrevaria:彼は結局、4Sを組み込むのは見送ったんですって。4Loと4Sの両方を安定させることができなかったからだそうよ。賢明な判断だと思うわ。
日本語のニュースと、それを英訳したサイトのリンクあり)
yume:彼はサルコウを、5つめの4回転として跳ぼうとしていたのかしら。それとも、4Tの代わりに組み込もうと思っていたのかしら。私としては、4Sを入れないことにしたのはよかったと思う。そのほうがプログラムに集中できると思うから。

[PR]
by noma-igarashi | 2017-03-10 00:08 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)

フランスでも「クープドプランタン」の話題

フランスのフォーラムに、今週末に開催される「クープドプランタン」のスレッドができていました(こちら)。この試合、日本からは宇野昌磨選手、無良崇人選手、本郷理華選手が参加します。

まだ数件の書き込みしかないですが、真っ先に名前が出てくるのがショーマ、いちばん話題になっているのもショーマです。おおよそこんな内容です(チョー意訳)。

Tommy Albright:出場者のリストをリンクしておくね。男子は宇野昌磨が試合を引っ張るだろうね。
yume:ショーマ、ケガには注意してほしい。試合続きで疲れそう。
patchris84:そういうことを書くと、縁起が悪くない?
yume:でも、彼は本当に連戦なのよ。四大陸、アジア大会、そして今度はクープドプランタンだもの。


ほんと、ケガには十分注意してほしいですが、彼自身が出ることを望んだのだと思うので、世界選手権に向けて、プラスになる試合にしてほしいです。

※出場者リストのリンク先を間違えていたので、修正しました。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-03-07 23:40 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)

新しいガス台

先週の水曜日、わが家に新しいガス台が入りました。台所に作りつけなので、取り換えるのも一仕事。というか、自力では交換できないです。まずガス会社の人に来てもらって、サイズを確認してもらい、適合する製品の中から選択。で、日を改めて、納品&取り付けに来てもらいました(相方任せで、私はノータッチでしたが)。
e0073856_2233638.jpg

今のマンションに越してきて、ガス台を取り換えるのは初めてです。ずっと使っていたものは、まだ持ちそうに思ったんだけど、よくよく考えたら、もう20年近く使っている計算になりまして、ひょえ~とびっくり。そんなにもガス台を使っていたのかということより、このマンションで暮らすようになって、もうそんなになるのかと…。まだ10年ぐらいの感覚でいました。いやはや、年を取るはずだわ。

ガス台のことなんか話題にして、興味を持ってくれる人がいるのかどうかわからないですけど、ブログに書いておくと、日記代わりになって役に立つことがちょくちょくあるので、アップしておくことにします。

何も乗せていないと、何かの生き物(蜘蛛?)みたい。動き出しそうじゃありません? おかげさまで、以前のものに比べて、掃除がラクになりました。
e0073856_222451.jpg

[PR]
by noma-igarashi | 2017-03-06 22:29 | ごあいさつ、他 | Trackback | Comments(0)

腰痛日記(3回目のぎっくり腰)

何となく書く機会がないままでしたが、2月半ばに、久々にぎっくり腰に見舞われてしまいました(汗)。これが3回目。前回のときは、そのことをブログで話題にした記憶があったので、調べてみたところ、2013年7月でした。3年半前。そのとき、腰によさそうだというので、エアウィーヴを買ったんですよね。

エアウィーヴ、寝心地はいいですが、ぎっくり腰の予防にはならなかったということかな。ただ、回復には役立ったように思います。前回のブログを読むと、「土曜日にグキッとなって、月曜日にペインクリニックに行って、8割程度まで回復、云々」と7月13日(というか7月12日金曜日の深夜)に書いていますよね。さらに、「明日、もう1回、ペインクリニックに行く予定」だとも。

今回の場合、2月8日(水)の夜にグキッとなって、翌日の木曜日、仕事を休んでペインクリニックに行き、1日ゆっくり休んで、金曜日には仕事に行きました。そのときの回復率は70%ぐらい。仕事はすわってする業務だし、通勤電車も、ちょっと遠回りをすればすわれるので、行って大丈夫と判断したような次第です。さすがにその日はちょっとしんどかったですが、土曜日には90%ぐらいまで回復し、日曜日のうちにほぼ100%まで回復できました。次の週は通常ペース。そんなわけで、今回、病院には1回しか行っていないです。

ぎっくり腰って、立つことができないから、一人暮らし(または相方が留守)だったらどうしようかと不安が募るばかりだったのですが、1日で回復できるなら、まあ何とかなりそうに思えてきました。ぎっくり腰には、ペインクリニックとエアウィーヴ。これですね。
[PR]
by noma-igarashi | 2017-03-04 17:49 | ごあいさつ、他 | Trackback | Comments(0)

これから見に行くオペラ&フィギュア関係のイベント

自分用のメモがてら。

【4月】
4月20日(木) 国別対抗 
    夜の男子SPだけでも見たいと思い、安い席を購入しました。
4月21日(金) 国別対抗  
   休みを取って、1日観戦予定。中国、6カ国の中に入ってるよね?
   スイハン来ないかな。今季のSP、見たいです!

4月22日(土) 国別対抗

【5月】
5月22日(月) 氷艶hyoen2017 -破沙羅- 夜公演
   いつにしようか迷い、結局、楽公演にしました。
   楽公演って、もう1回見たいと思っても見られないから、その点がイマイチなんですが。


【6月】
6月3日(土) 新国立劇場「ジークフリート」
    「ワルキューレ」に続き、見に行くことにしました。

6月24日(土) LOVE ON THE FLOOR 2017 昼公演

   この時期は予定が見えにくいため、ひとまずこの日のチケットを確保。
   去年の感触だと、もう1公演行きたいと思えば、間近になってからでも
   チケットが取れるのではないかなと思って。

[PR]
by noma-igarashi | 2017-03-03 23:26 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

四大陸、今ごろペアの感想

1位 スイ・ハン組(中国) 225.03点
今シーズン初めて見るスイハン。素晴らしかったです! SPもフリーも見ごたえ十分。何だかもう、今の彼らときたら、どんなプログラムでも雰囲気たっぷりに滑りこなしてしまいますね。SPは「ブルース・フォー・クルック」。ダイスケファンとしては、この曲を変なふうに滑られたら黙っていられないところですが、まったく問題なし。1人で滑るのとはまた違った味わいもあり、本当に素敵でした。ワールドでまた見られると思うとうれしい。そして、ワールドでしかもう見られないのかと思うと、淋しい。
彼らのスコア、ユーロのメダリストたちと比べてみました。タラソワ・モロゾフ組が227.58点、サフチェンコ・マッソ組が222.35点。ううーむ。アリオナさんたちも応援しているんですが、スイハンにも頑張ってほしいなあ。どっちにも優勝してほしいので、困ってしまいます。

2位 デュハメル・ラドフォード組(カナダ) 212.23点

ファイナルでタラモロに優勝を持っていかれたときは、スロー4Sが決まらなかったんだから仕方ないかな、難しい技にトライしているんだから負けることもあるよね、というふうな捉え方でしたが、また勝てなかったですね。ふむ。スロー4Sも決まらなかったですが、得意技の3Lzでもミスが出たのが痛かった。昨シーズン、ワールドで2連覇を達成したときは、しばらく彼らの時代が続きそうに思いましたが、もしかしたら今季はイマイチなのかな? ただ、ワールドで3連覇するよりも、うあはり五輪で金メダルを取るほうが大きな目標だろうと思うので、来季に向けて調子を上げていってほしいです。

3位 イリュシチキナ・モスコビッチ組(カナダ) 205.31点
終わってみたら彼らが3位で、ちょっとびっくり。SPもフリーも、PBを更新してのメダル獲得ですね。おめでとうございます! 女性のイリュシチキナのことは、「モスコビッチと新たに組んだ人」という覚え方しかしていなかったので(ごめんなさい)、そろそろ名前を覚える努力をします~。

4位 ユー・ジャン組(中国) 203.40点
終わってみたら4位で、さっきとは逆の意味でびっくり。SP2位で折り返し、フリーの冒頭には4回転ツイストも成功させたのに~。ソロジャンプで2つともミスが出たのが響いたのかな。中国チームはソロジャンプの成功率を高めたいですね。

5位 ペン・ジン組(中国) 202.92点
SPではスピンでペンちゃんにミスが出て、7位と出遅れ。フリーは素晴らしい演技でしたが、順位を2つ上げたにとどまりました。ペンちゃんがジン君の頭をポンポンするポーズから始まるあの楽しいSPは、ローリー・ニコルの振付だったんですね。JSPORTSのおかげでわかりました。フリーの「シェルブールの雨傘」はデビッド・ウィルソンと言ってたかな。フリーもいいですよね。演技の冒頭、2人がそれぞれ別の方向へ滑り出してソロジャンプを跳ぶところ、今回のカメラはペンちゃんしか映していなくて、杉田さんが「もう1人のジャンプが成功したのかどうかわかりませんでしたね」なんて言っていましたが、プログラムを味わう意味でも、あそこは2人を映してほしいなあ。1人だけじゃ意図が伝わらないです! ただ、早くも忘れかけていましたが、四大陸といえばカメラワークが最悪だったわけで、ペンちゃんの全身が映っていただけでも合格点? 
[PR]
by noma-igarashi | 2017-03-01 23:22 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧