111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
横から久々に。 悠子&..
by えっくす at 00:29
こんばんは。コメントあり..
by noma-igarashi at 23:43
こんにちは。 ガチ君引..
by Disney 鴨 at 14:27
>杜崎アオさん >運営..
by noma-igarashi at 07:15
五十嵐さん、ありがとうご..
by 杜崎アオ at 19:28
>杜崎アオさん こんに..
by noma-igarashi at 22:41
五十嵐さん、こんにちは。..
by 杜崎アオ at 19:31
今になって、書くつもりで..
by noma-igarashi at 23:00
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2016年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

東京ブロック シニア女子フリー観戦記

東京ブロック シニア女子フリーの観戦記、SPで取り上げた5人の選手の演技について書いてみたいと思います。

庄司理紗選手
SP36.67点で13位だった庄司選手、フリーは第2グループでの滑走でした。ジュニア時代はJGPファイナルに出場したり、全日本の最終グループで滑ったこともある彼女。今はどんな気持ちでスケートと向き合っているのかなあ…と、SPのときから思っていました。それが垣間見えたように感じられたのが、フリーの最初のジャンプ。後でプロトコルを確認したら、3Tでした。私が見ていた席のすぐ近くで跳び、きれいに着氷! その瞬間、彼女がぱあっと笑顔になったんです。陳腐な比喩ですけど、まるで花が咲いたみたいに。それを見たら、何だかじわんとしてしまいました。
結局、その日のフリーで彼女が決めた3回転ジャンプはそれだけでした。あとは、パンクしたのか、もともとそういう構成だったのか、2回転ジャンプと、2Aになり損ねた1Aと。
フリー66.48点、総合103.15点で、最終順位は13位でした。

藤澤亮子選手
SP5位で、最終グループの1番滑走。演技の冒頭、2つのジャンプがともに2回転になってしまいました。次の3Tは成功、2AもOK! これで持ち直したかに見えましたが、後半のジャンプも2A以外は2回転に。さらに、それらはすべて単独ジャンプで、終わってみれば、コンボが1つも入らず。うーん、もったいない。
フリー75.44点、総合121.07点で、最終順位は7位でした。

樋口新葉選手
最終グループ、4番目の滑走。ミスのない演技を期待しつつも、フリーはどこかでポカが出てしまいがちなので、今回もそのパターンかなあと予想。残念ながらそのとおりになってしまいました。冒頭の3Lz-3Tをカッコよく決めた後、3Loがすっぽ抜けて1Loに。あっちゃ~。今回はこんなに早くパーフェクトが消えてしまいました。しかし、その後はしっかり締めてくれましたよ~。後半に入って、2回目の3Lz-3T成功! 3Fをはさんで2A+2T-2Loも決めました! コンボの点数って、単純に2つのジャンプの合計点だから、「3Lz-3T、2A+2T-2Lo」を決めようが、「3Lz-2T-2Lo、2A-3T」を決めようが、同じではあるんですよね。ただ、やっぱり3Lz-3T×2回のほうがインパクトが強いのも事実。3Lz-3T×2回を引っ提げて、シニアでもブイブイ言わせてくださいませ。
フリー128.43点、総合194.20点で、最終順位は1位。

松嶋那奈選手
最終グループ、5番目の滑走。冒頭の3T-3T、今日もセカンドジャンプがたっか~い! 後ろの席の人も「すごいねえ!」と言っていました。ただ、残念ながら、次の2Aが1Aに。プロトコルを見ると、3Loにまたもや<<がついているほか、最後のコンボも2-2に。それでも持てる力を十分に出せた演技だったと思います。
フリー88.26点、総合135.07点で、最終順位は3位。

永井優香選手
演技とは関係のない話を書いてしまうと、女子フリーが始まる前、通路で友人たちと話していたら、すぐそばを永井選手が走って行きました。ジャージ姿ではありましたが、すでにお化粧をして、フリーの衣装に合わせた髪飾りもつけていました。間近で見ると、めっちゃ美人さんだった~!
さて、永井選手は最終グループの最終滑走。やはり本調子ではないようで、冒頭のルッツを初め、2回転になってしまうジャンプがいくつか。トウループは1回転に。その影響もあったのか、3連続ジャンプを入れられなかったのも点数的には厳しかった。フリー95.27点で、100点台に乗せられず。総合147.14点、最終順位は2位。

 *

今から書いておくと、東日本選手権も見に行く予定です!
[PR]
by noma-igarashi | 2016-09-29 23:41 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック シニア女子SP観戦記

東京ブロックのシニア女子、昨シーズンで西野友毬選手が引退しましたが、今シーズンは樋口新葉選手がジュニアから上がってきて、新たな楽しみができました。
シニア女子の観戦記、まずは2日目のSPから。

第1グループ、1番滑走は松嶋那奈選手。いきなり3T-3Tを決めてくれました! 彼女の3-3は、セカンドジャンプがすっごく高いんですよね。ノービスB→シニア男子SPと男子の演技が続き、やっぱり女子は華やかだし、優雅だよねえ、などと思いながら見ていましたが、どうしてどうして、なかなか豪快でもありました。点数は46.81点。もうちょっと出るかと思っていましたが、どこかで回転不足を取られたのかな? 後でプロトコルを確認したら、3Loに<<がついていました。

というわけで、50点には届かなかった松嶋那奈選手の演技ですが、そうはいっても、なかなかの高得点。第2グループが終わっても、彼女が首位のまま。

第3グループはお目当ての選手が何人も登場しました。
まずは藤澤亮子選手。東京ブロックに移ってきてから、なかなか思うような結果を出せずにいた彼女ですが、今年はヨカッタです! 3Lo-2T、3T、いずれも成功。スピンやステップでも魅せてくれました。やっぱりうまいです。ただ、後半の2Aでまさかの転倒。うわ~、残念! それでも45.63で、その時点で暫定2位(最終的にSP5位)。

第3グループ5番目(全体の16番目)に永井優香選手が登場。プログラムは「ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲」。ショーマと同じですね。彼女の雰囲気にぴったり。万全の状態ではないと聞いていましたが、そのせいなのかどうか、冒頭のコンボのセカンドが1回転に。あああ~。プロトコルでは「3S-1T*」という表示になり、SPの規定を満たしていないために、本来なら稼ぎどころのこのコンボで得た点数はわずか2.30点。というわけで、ちょっと残念でしたが、それ以外はさすがの演技でした。51.87点で、暫定1位。

第3グループ最後の滑走は庄司理紗選手。シニアに上がったころから、彼女の演技は東京ブロックや東日本でしか見られなくなってしまいました。一時はちょっとふっくらしていましたが、今季は絞ってきたな、という印象。ただ、往時に比べると、やはり苦しい時期が続いているようで…。コンボが3-1になったほか、3Loには<<がつき、2Aには<がつき、ジャンプでほとんど稼ぐことができず、点数は36.67点にとどまりました。

最終グループの注目は、なんといっても、樋口新葉選手! 期待通りの演技でしたよ~。冒頭に2Aを跳んだ後、スピン2つ、そしてステップと続きます。ああ、そうだった。後半にコンボと単独ジャンプを組み込んでいるんですよね。シニアで勝とうと思ったら、今どきそれぐらいは当然という構成。そして、そのいずれもきれいに成功! スピン2つとステップは前半に済ませているから、ジャンプを降りたら、あとはスピンだけ。終わるのを待ち兼ねて、スタオベしました。
見た目にはパーフェクトで、これは70点近い点数が出るのでは、と思っていましたが、実際には65.77点。後でプロトコルを見たら、3Lz-3Tのセカンドが回転不足を取られていたんですね。あちゃ~。でもまあ、今回はブロック大会なんだし、神演技はもっと大きな試合に取っておいた、ということで。
[PR]
by noma-igarashi | 2016-09-28 23:00 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック男子シニア&ジュニア観戦記

【シニア男子】 
シニア男子は、土曜日に行われたSPだけの観戦となりました。
シニア男子のSPは、ノービスB男子の直後という試合日程。ノービス男子の後でシニア男子を見ると、スピードやジャンプの豪快さが桁違いで、迫力満点! いきなり観戦ポイントが「かわいい~」から「カッコいい~!」にシフトしました。ノービスの子たちも、こんなにふうに男っぽくなるまで続けてくれるかしら。

ただ、第1グループは「カッコいい~!」とテンションを上げて観戦したものの、第2グループでは残念なことが…。楽しみにしていた鎌田英嗣選手がジャンプをすべてスルー。さらには、板井郁也選手、梶田健登選手もそれに近い状態でした。残念…! みんな、けがをしていたのかな。男子の場合、東京ブロックから東日本選手権へは全員が進めるので、無理をしなかったのだと思います。

SPがそんな状態だったので、日曜日のフリーは観戦をパスしてしまいました。東日本も見に行くつもりなので、そのときはきちんと観戦したいです。ジャンプ、東日本では跳んでくれますよね(無理はしないでほしいけど…)

【ジュニア男子】
ジュニア男子は、日曜日に行われたフリーだけの観戦となりました。
いちばん盛り上がったのは、2番滑走・堀義正選手の演技。最初のジャンプで3Aを跳んでくれました~! ちょっと着氷が乱れてしまいましたが、いやあ、やっぱり3Aは別格のジャンプですね。会場、ものすごく盛り上がりました。

この3Aが大きな得点源となり、堀義正選手はフリー100.99点、総合143.44点をマーク。SP4位から見事に逆転優勝を果たしました。おめでとうございます!
[PR]
by noma-igarashi | 2016-09-27 22:45 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック女子ジュニア観戦記

東京ブロックの観戦記、まずはジュニア女子からです。
ジュニア女子はもともと西高東低。そこへもってきて、今シーズンから樋口新葉選手がシニアに上がってしまったため、見ごたえという意味では今ひとつかな、などと思っておりました。ごめんなさい。自分の不明を恥じ入るばかり。

優勝した松原星(あかり)選手、すごかったです! びっくり。去年も2位に入っていた選手で、演技を見ているんですが、1位の樋口新葉選手とかなり点差があったことに加えて(樋口選手: 175.62点、松原選手: 138.98点)、笠松で行われた全日本ジュニアではフリーに進めず、演技を見られなかったことで、あまり印象に残っていなかったような次第です。

しかし、しかし、今回は違いましたよ。SPトップで迎えたフリー、最終グループの4番目に登場。最初のジャンプは3Loで、すぐ近くで跳んでくれたので喜んでいたところ、次のジャンプは3F-3T。おお、すごいじゃない(←とまあ、このあたりはまだ余裕。JGPSで、ジュニア選手が3-3を跳ぶのを毎週のように見ているので)。スピンをはさんで、今度は3Lz-2T。これもきれいに着氷! よしよし。

ステップ、スピンと進み、そろそろ後半に突入だな、と思ったところで、来ましたよっ! 3Lz+3T+2T!!! うぎゃああ!!! 会場騒然! 今の、何? 今の、何? 初めのほうで3-3跳んだのに、後半にも3-3跳んだあ。2Tまで付けて、きれいに降りたあ。うっひゃあああ。JGPSでもめったに見られないよ。さらに3S、たたみかけるように、2A2回! 最後のスピンに入ると、もう、会場中がフィニッシュを待ちきれないありさま。ひざ掛けやらバッグやらかなぐり捨てて、スタオベしましたとも。やってくれました! 3-3を2回決めて、パーフェクト!!

そして、興奮冷めやらぬ中、点数がアナウンスされると、なんと、フリー115.44点、総合得点171.71点! それって、JGPSでメダルが取れそうな点数じゃないですか。後でプロトコルを確認したところ(こちら)、回転不足もエッジエラーもなく、加点だらけの見事な内容。まさか東京ブロックで、ここまでの演技を見られるとは。

パンフレットを確認したら、松原星選手は2000年12月生まれ。ということは、樋口新葉選手と同学年なんですね。去年までは樋口選手に大きく水をあけられていましたが、今なら十分競り合えそう。この1年で大きく成長したんだなあ。

今年の全日本ジュニア、本田真凛選手とか、紀平梨花選手とか、有力選手がひしめいていますけど、松原星選手もメダル争いに絡んできそうな予感。ぜひ頑張ってほしいです。
[PR]
by noma-igarashi | 2016-09-26 22:24 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック終了

東京ブロックのリザルトページに、ジャッジスコアがアップされましたね(コチラ)。
この2日間は、会場から点数を送信するだけで終わってしまったので、明日以降、少しずつでも感想を書いていけたらと思っています。

e0073856_2346213.jpg
[PR]
by noma-igarashi | 2016-09-25 23:55 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック大会【ジュニア男子 フリー】

【ジュニア男子 フリー】

1 伊東良真 60.57/94.32
2 堀 義正 100.99/143.44
3 古庄優雅 65.63/103.48
4 國方勇樹 83.92-128.85
5 西山真瑚 91.34/137.15
6 石塚玲雄 93.83/141.89

男子はトリプルアクセルが入ると盛り上がる〜!

[PR]
by noma-igarashi | 2016-09-25 11:28 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック大会【シニア女子 フリー】

【シニア女子 フリー】
1 山口香奈梨 61.40/89.04
2 櫛田麻佑 64.86/91.88
3 川平咲良 63.15/95.57
4 松丸佳内子 43.49/66.19
5 川上紗季 68.17/99.24

6 濱谷佐理 72.11/108.00
7 佐藤弥桜 62.59/97.62
8 藏佐衣子 65.03/99.26
9 佐々木美帆 56.79/90.93
10 神戸佐和子 62.67/97.20
11 庄司理紗 66.48/103.15

リサちゃん、最初のジャンプが決まったとき、ばあっと笑顔になったの。泣けました。

12 鈴木星佳 72.02/110.02
13 川島優子 78.88/117.84
14 苅田梨菜 78.05/115.10
15 松丸夏未 77.12/119.73
16 望月美玖 63.82/104.25
17 折原裕香 67.52/109.31

18 藤澤亮子 75.44/121.07
19 鈴木美桜 71.24/116.95
20 阿久澤恵深 64.47/108.14
21 樋口新葉 128.43/194.20
22 松嶋那奈 88.26/135.07
23 永井優香 95.27/147.14

わかばちゃん、ループがパンクするも、それ以外はお見事! 3-3×2回の威力はすごかった。

優香ちゃんはいくつかのジャンプがパンク。どこかに故障が? 美しい演技でした。


[PR]
by noma-igarashi | 2016-09-25 11:26 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック大会【ジュニア女子 フリー】

【ジュニア女子 フリー】
1 齋藤槙香 62.36/97.35
2 遠藤美稀 67.41/102.85
3 松下紗千 63.44/98.47
4 廣田日茉莉 57.73/92.46
5 高橋冬羽 64.43/100.09
6 星野日菜子 54.38/89.57

7 樋口瑞保 63.58/9\.73
8 水上菜奈 65.43/102.89
9 小室笑凜 70.50/106.74
10 藤本凜果 65.63/101.45
11 鈴木凛々香 60.77/97.77
12 依田茉里紗 68.08/104.77

13 佐々木香乃 62.84/101.28
14 三浦杏樹 61.11/98.65
15 髙瀬侑杏 53.23/91.61
16 平金 桐 85.56/127.37
17 村田直美 66.14/107.26
18 橋本悠万 64.19/103.55

ここまでトップの平金選手、さすがにうまかったです。後半の2Aで転倒したのが惜しかった〜。

19 岸野千夏 64.34/106.37
20 佐上 黎 85.91/128.18
21 馬場はるあ 86.47/132.06
22 松原 星 115.44/171.71
23 佐藤伊吹 76.57/125.29
24 横谷杏林 84.24/130.58

松原星選手、すごかったあ! バーフェクトの演技に、今日2回目のスタオベです!


[PR]
by noma-igarashi | 2016-09-23 21:56 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック大会【シニア女子】

【シニア女子】
1 松嶋那奈 46.81
2 佐々木美帆 34.14
3 苅田梨菜 37.05
4 藏佐衣子 34.23
5 佐藤弥桜 35.03

トップバッターの松嶋選手、いきなり3.-3を決めて大迫力てした!

6 鈴木星佳 38.59
7 濱谷佐理 35.89
8 山口香奈梨 27.64
9 神戸佐和子 34.53
10 櫛田麻佑 27.02
11 阿久澤恵深 43.67

2位は入れ替わりますが、1位はうごかず!

12 藤澤亮子 45.63
13 松丸佳内子 22.70
14 望月美玖 40.43
15 折原裕香 41.79
16 永井優香 51.87
17 庄司理紗 36.67

優香ちゃん、コンボは3-1に。

18 松丸夏未 42.61
19 川平咲良 32.42
20 樋口新葉 65.77
21 川島優子 38.96
22 鈴木美桜 45.71
23 川上紗季 31.07?

というわけで、わかばちゃんだけ別世界、ぶっちぎりの成績でした。今大会初めてのスタオベです!
明日も期待しとていますよ〜。


※9月24日(土)14:10~16:55にかけて、試合結果が出次第、点数を記入していく予定です。

[PR]
by noma-igarashi | 2016-09-23 19:50 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

東京ブロック大会【シニア男子 SP】

【シニア男子 SP】
1 鈴木元気 54.91
2 森  望 47.56
3 鎌田詩温 54.91
4 中野耀司 45.47
5 佐上 凌 58.51
6 本田宏樹 43.37

ノービスの後でシニア男子を見ると、その迫力と男っぷりにクラクラきます〜。

7 小平渓介 49.57
8 小曽根孝浩 51.72
9 鎌田英嗣 33.99
10 梶田健登  24.94
11 渡邉直弥  42.90
12 板井郁也 32.24

後半グループは、鎌田君はじめ、けがをしているのかジャンプをスルーする選手が続出。涙。
※9月24日(土)12:25~13:55にかけて、試合結果が出次第、点数を記入していく予定です。

[PR]
by noma-igarashi | 2016-09-23 19:49 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
お気に入りブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧