111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2016年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

「075:肝」~「077:フリー」の歌

075:肝 缶入りの肝油ドロップ一つずつ減っては過ぎてゆく夏休み

076:虜 三行で女性を虜にするぐらい連城三紀彦ならお手のもの

077:フリー ソチ五輪フリーを決して忘れない浅田選手の演技の中で

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2016-08-31 00:23 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

JGPSフランス大会 メモ程度の感想

結果ページ

JGPS、始まりましたね! 第1戦はフランス、サン・ジェルヴェ・レ・バンでの開催。無観客試合かと思うほど客席ががらーんとしているので、選手は張り合いがないのではと思いましたが、ジャッジ側はちゃんと人で埋まっていたのでホッとしました。もしかしたら、ジャッジ側にしか観客を入れなかったのかもしれないですね。地図で確認したら、サン・ジェルヴェ・レ・バンはモンブランの近く。地元の人ならともかく、見に行くのが大変な場所柄なのかもしれません。

さて、ライストは止まってばかりだし、上位陣が出てくる前に眠くなるし、まだ少ししか演技を見られていないですが、見た範囲での感想をメモ程度に。

女子はロシアのアリーナ・ザギトワ選手が優勝。14歳ですって。今シーズンも新たな有力選手が登場したんですねえ。ロシアの美少女スケーターが湧き出す泉、まだまだ尽きることがないようです。このザギトワ選手、なんと、フリーのジャンプをすべて後半に固め打ち!(もちろんSPでも) いやはや、どうなってるんだか。194.37点というスコアは、本田真凛選手が世界ジュニアで優勝したときの192.98点を上回るものでした。

2位、3位は日本の選手でした! 2位は坂本花織選手。坂本選手のフリーは、コンボをすべて後半に入れる構成でしたね。ザギトワと比べるとアレですけど、これだって十分すごいです。

3位は新田谷凜選手。彼女はもう19歳なんですね。シニアに上がっても、日本の場合は有力選手が大勢いるから、ジュニアに残ってJGPSに出場したほうがいいという判断なのかな、などと思っていたら、フランスのフォーラムにも同じようなコメントがありました(コチラ)。「19歳でまだジュニアにいるのは日本人選手としては珍しいけど、サトコやアサダ、ホンゴウと競い合わなければいけないことを考えると、ジュニアに残っているのも悪くない選択だね」みたいな意味かなと思います(なぜ宮原選手だけ「サトコ」なんだろ? 語呂の問題?)。

一方の男子。まだほとんど動画が見られていない状態ですが、島田高志郎選手のフリーは見ました。昨日、FOIで会った友人から、「高志郎君が縦長になっていた」と聞き、「??」と思っていたのですが、動画を見てみたら一発で意味が分かりました。確かに縦長。背が伸びたんだ~。SPではループが抜けて出遅れましたが、フリーでしっかり巻き返しました。大技はないものの、どのジャンプもきれいに成功させ(唯一、フリップにeマークがついてマイナス評価でしたが)、総合で3位に食い込みました。銅メダルおめでとう!

地元フランスのケヴィン・エイモズ選手は、SP首位で折り返しながら、フリー5位で総合4位。メダルにあと一歩手が届きませんでした。そのフリーでも、3Aは2回ともきれいに成功させているんですよね。ただ、コンボが1回しか入れられず、点数を稼げなかったのが痛かった。キスクラで泣いているのを見て、こっちまでうるうるしてしまいました。

それ以外の選手の演技はまだ見られていません。テレビで放送されてから見ることになるかも(つまみ食い的に動画を見てしまうと、テレビを録画してもなかなか見る気になれず、録画がたまる一方なので)。
[PR]
by noma-igarashi | 2016-08-28 13:30 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

FOI初日レポの続き

FOIの初日レポ、時間がなくて書ききれなかった分を、取り急ぎ今夜のうちにアップしてしまいます。簡単なメモしか取っていないので、ホントに簡単な内容でゴメンナサイ。

(第1部の続き)
アボちゃん&ユカさん、メリチャリのコラボ。かわいかったです~! アボ&ユカ(だったと思う。メリチャリがやるわけないし)はデススパイラルも披露していました。

イーラ。ジャンプは2Aがやっとという感じでしたが、やはりいまだにオーラがありますねえ。

ショーマは「ラビ・アン・ローズ」。昨夜のスポーツニュースで見たのと同じ衣装だったから、昨日も本来はこれを滑る予定だったのかな? よかったですよ。よかったですが、今日は無良君のほうが上でした(きっぱり)。

荒川さん&イリヤのコラボ。イーグルあり、バタフライあり、サイドバイサイドのジャンプあり、リフトも! 長野五輪の頃に、この2人がアイスショーで金メダリスト同士のペア演技を披露する、なんて予言されても、絶対に信じなかっただろうなあ。
(ここで第1部終了)

(第2部)
今度は荒川さん&ミヤケンのペア演技。と思ったら、タケシ、ダイスケが加わり、レギュラーメンバーによる第2部のオープニング演技。

ゲット・ザ・チャンスのスケーターは、久保すずねさん。ご存じ「007」の曲に合わせて演技を披露してくれました。

そして、さっき別記事にも書いた、あっこ姐さん&無良君による「O」のコラボ。これは本当にヨカッタです! 無良君、こういうのも絶対に似合ってる。今シーズンはこういう路線で攻めて、海外のフィギュアファンを驚かせてやってください。

美姫ちゃん「マラゲーニャ」。見られてうれしい! カッコいい~。

メリチャリ。明るくておしゃれなプログラムを披露してくれました。メリル、LOTFではあんなに艶めかしかったのに~。

イリヤのソロプログラムは、川畑要の歌を使ったもの。帽子と上着を脱ぎ捨てて、がんがん滑ってくれました。ルッツがカッコよかった!

ボロトラ。FOIは初参加ですね。ペアらしい豪快なリフトもありましたが、まるでダンスのカップルのような美しい演技でした。うっとり。

ダイスケは黒衣装の「ライラック・ワイン」。このプログラム、生で見るのは初めてなのですが、テレビで見るよりずっとよかったです。一つ一つの動きにムダがなく、すごく説得力を感じました。スケートをしているダイスケ、やっぱりいいな。

トリは荒川さん。いまだに技術が衰えないのが本当にすごい。今年もありがとうございました!

そして、フィナーレ。クイーンの曲が多かったのかな? 私でも知っている曲だらけでした。
明日の夜公演も見に行きます!
[PR]
by noma-igarashi | 2016-08-27 01:15 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

フレンズ終わりました

フレンズ終わりました。帰る途中です。
今回のフレンズ、私としては、あっこ姐さんと無良君のコラボ「O」がいちばん印象的でした。
あっこ姐さんのおなじみの「O」に対して、無良君の「O」の寂しいというか陰鬱な雰囲気が新鮮で、それが無良君によく似合うことにも目からウロコ。無良君、ああいう雰囲気もいいじゃないですか。

[PR]
by noma-igarashi | 2016-08-26 21:40 | Trackback | Comments(0)

FOIに来ています!

今日は3階席。
ブレゼントはハズレました〜。

2部が始まるまでに書けるところまで書いてみます。
オープニングは電飾人間。誰が誰やらわからないのもまた楽し。
キッズスケーターは男の子。関西の9歳。

理華ちゃん。ホンGO!とか自己紹介。白のキラキラ衣装。
シェイリーンとアヤシイ髭のシェフのイタリアン。イマイチ設定がわからなかった。💦
無良君、本気モードのプログラム。がんがんジャンプを決めてました。
あっこ姐さん、ブラックスワン。見られて嬉しい。目ヂカラはテレビのお楽しみ。
タケシは皆勤賞。イーグルはやっぱり盛り上がる〜。


あ、時間切れ。

[PR]
by noma-igarashi | 2016-08-26 19:46 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

8月の電気使用量

東京電力→東京ガスに切り替えて4ヵ月。わが家の8月分の電気料金+ガス料金は、またもや昨年を下回りました。

今年 電気+ガス代=7,987円(内、電気料金=4,874円)
去年 電気代+ガス代=8,550円(電気代=5,090円、ガス代=3,460円)


というわけで、去年より約563円安くなっています。ちなみに、使用電力は、去年が7月7日~8月5日の30日間で191kwh、今年が7月22~8月23日の33日間で206kwh。使用電力は多くなっているのに、またも電気代は安くなりました。

さらに、これは東電→東京ガスの切り替えとは無関係だけど、1日当たりの使用電力を割り出してみると、去年が「191 kwh÷30日=6.37 kwh」であるのに対して、今年は「206kwh÷33日=6.24 kwh」。久々に使用電力が前年を下回りました。この夏、東京はそれほど猛暑日が多くないから、そのせいでしょうか。ちょっとウレシイ。
[PR]
by noma-igarashi | 2016-08-25 23:03 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

リオ五輪私が選ぶ後半ベスト3

お待たせしました。1位だけ先に発表した「リオ五輪私が選ぶ後半ベスト3」、2位、3位の発表です。「あれも選びたい、これも捨てられない」と、なかなか決められなかったので、少しでも絞り込みやすいように、条件をつけることにしました。その条件は、「リアルタイムで放送を見た競技」というもの。確認したところ、前半ベスト3も、うまい具合にこの条件を備えていました。ちなみに、この条件によって候補から消えたのは、バドミントン、卓球、テニスなどです。

1位 男子400メートルリレー 銀メダル

すでに発表したように、1位は400メートル男子リレーを選びました。これは迷わなかったです。素晴らしい! 東京五輪でも期待したいですが、もしかして、あのバトンパス、ほかの国も取り入れてくるかしらん? だとしたら、誇らしい気持ちがする一方で、悔しい気持ちになってしまうかも・・・(←了見が狭い?)

2位 女子レスリング 48kg級(登坂選手)、58kg級(伊調選手)、69kg級(土性選手)で3連続金メダル

ちょっとズルをして、同じ日に競技のあった3人をまとめて選んでしまいました。この日はたまたま5時半ごろに目が覚めまして、普通ならもう1回寝るところですが、「ちょうど決勝戦をやる頃じゃないかな」と考えて、そのまま起きることに。おかげで、48kg→58kg級→69kg級と、日本人選手が金メダルを獲得した決勝戦をすべて見ることができました。

いちばん印象的だったのは、48kg級の登坂絵莉選手。刻々と残り時間が少なくなるなか、なんと残り13秒からの逆転優勝! よく知らない選手だし、見ているほうとしては「これは無理かな」と諦めかけていたのに、本人は全然諦めていなかった。カッコよかったです。

これで弾みがつき、続く58kg級でも、伊調馨選手が逆転優勝。伊調選手の場合は、「きっと勝ってくれるだろう」と思いながら見ていたので、勝った瞬間に「やった~!」というより、じわじわうれしさがこみ上げてきた感じでした。4連覇達成、おめでとうございます!

最後は69kg級の土性沙羅選手。彼女の場合も逆転優勝と言っていいのかな。先にリードされてから、2対2の同点に追いつき、同点の場合のルールに従って、2ポイントまとめて取っていた彼女が勝ちということに。日本女子、誰が五輪に出てきても強いんだなあ…とうれしい驚きでした。

ちなみに、この日の早起きがたたり、翌日は残念ながら起きられず・・・。

3位 男子50km競歩 荒井広宙選手の銅メダル

シンクロを見ようと、少し早めにテレビをつけたら、やっていました。もう少し早く見始めればよかったな。競歩にはこれまで関心がなかったのですが、やはり日本人選手がメダル争いをしていると、盛り上がりますね。で、見てみると、想像していた以上に面白かったです。

その後、カナダのダンフィー選手を妨害したとして、いったんはメダル取り消しになったり、日本側がそれに抗議して、またメダルが復活したり。荒井選手のインタビューで「相手の選手が謝ってきた。カナダの連盟の人が先走って講義しただけで、選手同士に問題はない」というふうには聞いていましたが、その後、ダンフィー選手が荒井選手とのツーショット写真をtwitterに公開。体操のベルニャエフ選手といい、カッコいいですね。
[PR]
by noma-igarashi | 2016-08-23 23:59 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

オペラのDVD&BD購入事情

最近、オペラのDVDやBDは3枚組とか5枚とか、セットになったものを買うことが多いです。理由は単純で、1枚ずつ買うより断然お得なことが多いから。昨日も、前に買ったものをあらかた見てしまったので、そろそろ新しいものがほしいなと思い、HMVのサイトでセットになったものを物色。ただ、セットがゆえに困ったこともありました。

何に困ったかというと、「すでに持っているものがセットに含まれている」というケースが結構あったこと。具体例を挙げますと…。

「ヴェルディ:シェイクスピア原作によるオペラ集(3DVD)」 5,228円(会員価格、以下同)
「オテロ」(スカラ座、2001年、ドミンゴ)
「マクベス」(チューリッヒ歌劇場、2001年、ハンプソン)
「ファルスタッフ」(フィレンツェ五月祭、2006年、ライモンディ)


これは「オテロ」をすでに持っていました(こちら)。このメンバーでこの値段なら安いじゃないのと思って買ったのですが。残念ながら、こちらのセットはその時点でまだ発売されていなかったようです。

ドミンゴ/プッチーニ:オペラ名演集(3DVD) 4,150円
「西部の娘」(ロイヤルオペラ、1982年)
「マノン・レスコー」(ロイヤルオペラ、1983年)
「トスカ」(ローマ市内ロケ収録、1992年)


これは「マノン・レスコー」をすでに持っていました。私がオペラに興味を持つ前から家にあったので(要は同居人ジョルジュが持っていた)、いくらで買ったのかは不明です。

ヴェルディ・オペラ・コレクション(4DVD) 3,489円
「トロヴァトーレ」(ウィーン国立歌劇場、1978年、カラヤン指揮、ドミンゴ)
「ドン・カルロ」(ウィーン国立歌劇場、2004年、ド・ビリー指揮、ヴァルガス)
「リゴレット」(チューリッヒ歌劇場、2006年、サンティ指揮、ヌッチ)


タイトルに「4DVD」とあるのに、3作品しか収録されていないのは、「ドン・カルロ」が2枚組だからです。このセットは、「リゴレット」をすでに持っていました。世界文化社の「珠玉の名作オペラ」の中に入っていて、3800円で購入。…って、この3作品セットのほうが安いんですがああああ。これまた、「リゴレット」だけ買った時点では、このセットは売られていませんでした(涙)。

どのセットも、1枚ぐらいダブっていても買ってもいいかも、という気もしたのですが、ダブっていないセットがほかにあったので、結局はそちらにしました。購入したのは以下の2セットです。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2016-08-21 10:59 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

リオ五輪私が選ぶ後半ベスト3(の1位だけ)

後半ベスト3(の1位だけ)って、後半日程、まだ全部終わってないだろうと突っ込まれそうですが、書きたいんだもん、許して~。2位、3位については、これ以降の競技も対象にして、また改めて話題にしたいです。

さて、私が選んだ後半1位は何か? まだ日程が終了していないのに、喜び勇んで発表しようというのだから、お察しいただけるのではないかと思いますが、行ってみましょう~!

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2016-08-20 11:47 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(2)

手抜きでゴメンナサイ

フランスのフォーラムに「2016-17年シーズンのプログラム」というスレッドがあり、2、3日前、浅田真央選手のSPの感想が寄せられていました。時間があったら訳したいなと思ったのだけど、時間ないない。

試しに、翻訳サイトでフランス語→英語に置き換えてみたら、どんなことを言っているのか結構わかるような気がしたので、英語に訳したものを貼り付けてみます。手抜きでゴメンナサイ。英語のできる人が見たら、ヘンテコな英語になっている可能性もありますが、フランス語→日本語に翻訳するよりはずっとマシでしょう。

なお、原文を読みたいときは、コメント主の名前をクリックしてください。

----------------------------------
by theanggel
The short program Mao Asada: https://www.youtube.com/watch?v=UyDyfLi_PQ4
It's nice work, I love the broken curves and choreographic finesse touches. A bit dark of course, but it does not hurt to see what kind of program. It is as demanding as this is the perfect example of the program that does not support proxies.

by Tommy Albright
An interesting program that highlights the fluidity and simplicity of Asada skating but will indeed require an ongoing commitment.

(by skater2)
Oh! thank you! I love this piece of De Falla..cette adaptation then on the ice is beautiful; lightness this loud music.
I did not find here dark, not interpreted not Mao. It is sure that he will not miss not to cut the beautiful continuity of music.

[PR]
by noma-igarashi | 2016-08-18 23:19 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧