111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
ちなみに、総括記事は男子..
by noma-igarashi at 23:20
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2016年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

LOTF初日に行ってきました!

e0073856_23451667.jpgLOTF初日に行ってきました。
入口でもらった平日得点は、サイン入りのクリアファイル。使わずに取っておきます~。

今日の席はA席。3階の1列目、サイド席のいちばん端っこ(センター寄り)で、A席にしてはなかなかよかったです。ただ、今日は熊哲さんとかいろんな方が見に来ていたようですが、そこは3階席の悲しさ、開演前に、1階の人たちがいっせいに拍手しているのに、何のことだかさっぱり。休憩時間にツイッターをチェックしてようやく、事情がわかりました。

もっとも、ツイッターを見ていると、1階席は1階席で(特に前のほう)、近すぎるゆえに死角ができたりしていたみたいですね。どの席で見るのがいいかは難しいところ。お金と時間に余裕があれば、いろんな席で見るのがいちばんいいんでしょうけど。

カーテンコールと舞台挨拶は撮影自由だというので、撮ってみましたが、3階席だとこんなものです。向かって左から、ダイスケ、通訳さん、シェリル、TBSのアナウンサーさん。こんな写真なら撮らないで、ちゃんとトークを聞いていたほうがよかったかも。隣の席の方がビデオを撮っておいでの様子だったので、ネットを探せば、ブログ等にアップしている方が見つかるんじゃないかな。

土曜日の昼公演にも行きますので、舞台の感想はその後に、また改めて。
e0073856_2346343.jpg

[PR]
by noma-igarashi | 2016-06-30 23:51 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

明日のチケットがない!?

明日からいよいよLOTF! 前にも書きましたが(コチラ)、私は当初、7月2日(土)昼公演のチケットだけを買っていました。チケットが発売された段階では、どんなショーになるのか全然イメージがつかめず、ともかくは様子見に1枚買ってみた、という感じでした。ところが、19日(先週の日曜日)に放送された「髙橋大輔 in LA」を見て、俄然、もう1公演行きたい、少しでも早く見たい! という気持ちになりました。

そこで、イープラスとチケットぴあを見比べ、ぴあのほうで初日のA席(3階1列目)を取りました。さあ、あとは初日を待つばかり。

そして、その初日がいよいよ明日となりました。明日の分の仕事も今日のうちに頑張っておこうと、軽く残業して帰宅。さ、忘れないうちにチケットを用意しておかなくちゃ。わが家では、チケットを保管する場所(リビングの引き出し)を決めているので、そこを開けて・・・

あったあった。あ、違うわ。これは7月2日のほうのチケットだ。えっと、これはフレンズか。これは新国の「ワルキューレ」。これはマリンスキーの「ドン・カルロ」。あれ? 明日のチケットは? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ない!

ええええっ!? なんで!? チケットを取ったとき、ぴあからメールが届いたはずだよね。それを見てみよう。ということで、PCのメールボックスを開けるも、それらしいものは見当たらず。ええええっ!? まさか、取れた気になっていただけで、取れてなかったとか!?

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2016-06-29 23:16 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

「055:心臓」~「057:狼」の歌

055:心臓 心臓のあたりに思わず手をあてて大事な試合を見守っていた

056:蓄 アベノミクス効果で増える蓄えのないまま老後を迎える者が

057:狼 狼や狐の目で見て書き換えた童話のようだ今の日本は

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2016-06-28 23:31 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

映画「帰ってきたヒトラー」

公式サイト

映画「帰ってきたヒトラー」を見てきました。ほんの1週間前まで、まったく何の知識も持っていなかったのですが(そういう映画が公開されること自体知らなかった)、公開当日の金曜日(6月17日)の夕刊に紹介記事が載っていて、俄然、興味を持ちました。そんなわけで、私にしては珍しい素早さで、翌水曜日、割引のあるレディースデーに見てきました。

たいしたことは書かないですが、「ネタバレはいっさいイヤ!」という方もいらっしゃるかもしれないので、これ以降は「続きを読む」に畳んでおきますね。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2016-06-26 14:30 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

LOTF千秋楽の翌日は参院選

今日の新聞各紙の世論調査によると、今度の参院選、改憲勢力(自民党、公明党、おおさか維新の会、日本のこころを大切にする党)が3分の2をうかがう勢いなのだとか(毎日新聞の該当記事)。

このニュースに朝からガックリきていたんですけど、「序盤の世論調査だから、この調査結果は想定内。それをどう持って行くが選挙戦だ」という意見を読み、勇気づけられました。ここで諦めてしまったら、それこそ改憲勢力の思うつぼ。選挙で与党を有利にしてしまうだけですよね。

そんなわけで、7月10日(日)の参院選まで、選挙に関することをちょこちょこ話題にしていけたらと思っています。この手の話題を書くとアクセス数が減ってしまうので、どこまで効果があるやらわかりませんが。ただ、何もせずにいたら、絶対に後悔すると思うので。

とはいえ、もちろん、ほかの話題も書きますよ~。参院選までといったら、LOTFもあるしね! LOTFは7月9日(土)が千秋楽だから、その翌日が参院選なんですね。覚えやすい!? 18歳以上の方は、どの政党を支持しているにしても、ぜひ投票に行ってほしいなと思います。

※あ、そうだ! 比例区の選択肢に「支持政党なし」というのがあるのですが、あれって「支持政党なし」という名前の政党があり、これに丸をすると、当然のようにその政党に票が入ることになるので、勘違いして丸をしちゃダメですよ~。本当に支持する政党がない場合は、選びたくない政党から消していって、最終的に残ったところ(のどこか)を選ぶといいと思います。私もその方法で決めようと思っています。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2016-06-25 00:11 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

東電→東京ガスに変更して電気代が安くなりました

4月からの電力自由化に合わせて、わが家では電力の契約先を東京電力から東京ガスに切り替えました。つまり、電気・ガスを東京ガスに一本化したわけです。

以来、2か月。検針日が昨年までと違ってしまい、単純比較はできませんが、「5月分」「6月分」として支払った電気代+ガス代同士を比較すると、おかげさまで、昨年よりも安くなりました。

【5月分】
今年 電気+ガス代=8,819円(内、電気料金=4318円)
去年 電気代+ガス代=10,521円(電気代=5,438円、ガス代=5,083円)


ちなみに、電気使用量は今年5月が33日間で171kWh、去年は31日間で185kwhでした。今年のほうが2日多いのに、なぜか電気使用量は今年のほうが少なかったんですね。震災後に節電生活を始めたものの、気持ちがゆるんできたのか、あるいは電化製品の経年劣化が進んだせいなのか、去年はずっと、電気使用量が前年同月より微増するのが常態化していました。それを思うと、ここまで減らせたのは久しぶり。契約先を変更したことと関係があるかはわかりませんが、事実としてお伝えしておきます。

【6月分】
今年 電気+ガス代=8,859円(内、電気料金=5,037円)
去年 電気+ガス代=9,443円(電気代=5,402円、ガス代=4,041円)


電気使用量は、今年が30日間で206 kWh、去年は30日間で190 kWhでした。
6月分は去年も今年も30日間だから、比較しやすいですね。今年のほうが電気をたくさん使っているのに、電気代は今年のほうが安くなっています。

というわけで、5~6月の2か月で、わが家の電気代+ガス代は、去年より2,286円少なくなりました!

新聞で読んだところによると、電力自由化といっても、実際に契約先を切り替えた人はごくわずかだったようです。「面倒臭い」「よく知らないところと契約するのは不安」というような理由が多いのではないかと想像しますが、東京ガスなら不安ということはないし、全然面倒じゃなかったですよ。ネットを通じて申し込むだけ。後は勝手にやってくれました。東京ガスのサイトでシミュレーションもできますから(コチラ!)、皆さんも試してみては?
[PR]
by noma-igarashi | 2016-06-23 23:17 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

大野和士さん、新国の芸術監督に

twitterで教えてもらいました。2018-19シーズンから、大野和士さんが新国の芸術監督に就任されるんですね!
新国立劇場の公式サイトにご本人のメッセージが公開されていました。
今からとても楽しみです!

ついでに、NHK総合で放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀』の動画をYouTubeで発見。どうせ動画を貼り付けるなら、こういうのにしたいです。


[PR]
by noma-igarashi | 2016-06-22 23:50 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

「国民主権、基本的人権、平和主義をなくそう」

本当はこんな動画を貼り付けたくないんですけど(ブログには楽しいことだけ書いていたいです)、少しでも拡散できたらと思い、ご紹介してみます。「憲法改正誓いの儀式」と題された動画です。
元法務大臣・長勢甚遠氏が以下のように発言しています。
ごく短い動画なので、すぐに見終わります。安倍総理の姿も映っています。

「国民主権、基本的人権、平和主義、
この3つをなくさなければ、本当の自主憲法にはならないんですよ(拍手)」



[PR]
by noma-igarashi | 2016-06-21 23:37 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

「髙橋大輔 in LA」、そしてLOTF

昨日の「髙橋大輔 in LA」、皆さん、見ました? いやあ、驚きの連続でしたね。いきなり振付!? いきなりリフト!? ええ~!? そんな無茶な。いくら踊れるスケーターだとはいえ、ダンスはほとんど初心者なのに~。

ダイスケの名前につられてチケットは買ったものの、これまでまったくイメージがつかめなかった「LOVE ON THE FLOOR」。ほかの出演者はがんがん踊るのだとしても、ダイスケがあそこまで本格的なダンスに取り組むとは思っていなかったです。

どんなイメージを持っていたかというと、「まったく見当がつかなかった」というのがいちばん近いんですけど、そうだなあ…、ダイスケに関しては、「アイスショーよりちょっと大変」というような感覚で出演できてしまうぐらいの役どころなのかな、という程度に考えていた…ように思います。

いきなりプロのダンサー並みの技術を求められ、必死についていこうとするダイスケ。なんか、感動しちゃいました。氷上の演技を見るのとはまた違う種類の感動。例えば自分が、不慣れな仕事をいきなり割り振られ、それをスムーズにこなせるかと考えると、まずできないだろうし、きっと「なんでこんなことを自分にやらせるんだ」と怒っちゃうんじゃないかと思うんですよ。私の性分として(短気なんです、恥ずかしながら)。でも、ダイスケは違いましたね。思うようにできなくても、弱音を吐かず、挑戦する姿に惚れ直しました。

LOTF、これまでは全然イメージがつかめなくて、どう楽しみにしていいのかわからない状態でしたけど、俄然、待ち遠しくて仕方なくなりました。早めの公演にしておいてよかった~。できれば追加でもう1公演ぐらい見たいですけど、フレンズのチケットを取ったばかりだし、予算的にはツライところ。テレビでも放送されるから我慢するか(放送ありがとうございます!)、頑張ってもう1公演見に行くか、もうちょっと考えてみます。
[PR]
by noma-igarashi | 2016-06-20 22:31 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

フィギュアスケーターは政治家にならないでほしい

昨日に引き続き、選挙がらみの話題です。
選挙になると、芸能人や引退したばかりのスポーツ選手などが候補者として担ぎ出されます。が、私の知る限り、過去にさかのぼっても、フィギュアスケーターが政治家になったこと(そもそも選挙に立候補したこと)は一度もないのでは? 

私個人の気持ちとしては、よほど自発的に「どうしても政治家になってこれを成し遂げたい!」という強い気持ちがあるのでなければ、フィギュアスケーターは選挙には出ないでほしいなと思います。特に今は、確実に勝ちたいと思えば自民党から出ることになるだろうから(谷亮子さんもあっさり鞍替えしたし)、政治家になってほしくないという思いがいっそう強いです。安保法制のときのように、憲法改正に賛成する(というか自民党の憲法草案に賛成する)議員の中に大好きだったスケーターが名前をつらねることになったら、本当に残念に思うだろうし、それ以降、どんな形であれ応援するのはやめると思います。少なくとも私は。

同じスケーターでも、スピードスケートのほうは政治家になっている人が結構いることを思うと、フィギュアスケーターの場合はコーチとか振付師とかプロスケーターとか、引退後に仕事があることが大きいのかなと思います。特に今はフィギュアが大人気で、アイスショーも多いし、テレビに出演する機会も少なくないし、ありがたいことだなあと改めて思います。ぜひこの先も、フィギュアスケーターは政治家にならないでほしい。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2016-06-19 07:29 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧