111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんにちは~。コメントあ..
by noma-igarashi at 23:40
こんにちは。私が真央ちゃ..
by sasha_2006 at 08:49
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 21:48
こんにちは~。 真央ち..
by noma-igarashi at 19:04
こんばんは。 真央ちゃ..
by Disney 鴨 at 22:53
こんばんは、久しぶりにコ..
by yunnan at 01:02
こんにちは。 毎日新聞..
by noma-igarashi at 18:52
こんにちは。 ちなみに..
by Disney 鴨 at 15:25
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2015年 10月 ( 55 )   > この月の画像一覧

「アベ政治を許さない」の一斉行動、再び

フィギュアスケートのシーズンが本格的に始まってからは、ブログもその話題ばかりになっていますが、コレも忘れたわけではありません。作家の澤地久枝さんが、「アベ政治を許さない」のポスターを全国でいっせいに掲げようと、再び呼びかけておられます。今度は11月3日(火・祝日)の午後1時きっかり(くわしくはコチラ)。

今回も参加しようと思います。前回(7月18日)は、恐る恐る駅前に行ってみたところ、「アベ政治を許さない」のポスターを持った人たちが大勢いたので、これ幸いと混ぜてもらいました。今度もそうするつもりです。憲法を軽視する安倍政権には、断固、抗議の気持ちを表明したいです。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2015-10-31 18:31 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

スケカナ順位予想

すっかり遅くなりました。フランスのフォーラムのスケカナ順位予想を集計したので、取り急ぎ、その結果をお知らせします。

男子の順位予想
【1位】
羽生結弦 15票
パトリック・チャン 3票
【2位】
パトリック・チャン 11票
羽生結弦 3票
ナム・グエン 3票
村上大介 1票
【3位】
村上大介 8票
ナム・グエン 6票
パトリック・チャン 4票

「1位ゆづ、2位パトちゃん、3位ダイス」と予想した人が多かったです。ダイスの名前がこんなに出てきてうれしい! 私自身の順位予想も「1位ゆづ、2位パトちゃん、3位ダイス」で行きたいと思います。

女子の順位予想
【1位】
エリザベータ・トゥクタミシェワ 15票
ケイトリン・オズモンド 2票
アシュリー・ワグナー 1票
【2位】
アシュリー・ワグナー 12票
エリザベータ・トゥクタミシェワ 2票
アリョーナ・レオノワ 1票
ケイトリン・オズモンド 1票
村上佳菜子 1票
ポリーナ・エドモンズ 1票
【3位】
ポリーナ・エドモンズ 5票
アシュリー・ワグナー 4票
村上佳菜子 3票
エリザヴェート・トゥルシンバエワ 2票
ケイトリン・オズモンド 2票
エリザベータ・トゥクタミシェワ 1票
ヨシ・ヘルゲソン 1票

1位はダントツでリーザ、2位はアシュリーというのが多数派。3位はかなりばらけました。私の予想は「1位リーザ、2位アシュリー、3位カナコ」としてみます。
[PR]
by noma-igarashi | 2015-10-30 22:19 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

全日本ノービス観戦記(ノービスA女子) ※追記あり

全日本ノービス、最後の種目はノービスA女子です。
正直言って、驚きました。第1グループの6分間練習が始まるや、みんなすごいスピードで滑り、当たり前のように3回転ジャンプを跳ぶわ跳ぶわ。体格的にも「ちびっこ」という感じはもう全然なくて、シニアに混じっていても気づかないんじゃないかというぐらい。

しかもですよ、実際の演技が始まってみると、3-3を跳ぶ選手が少なからずいて、ただただ、びっくり! だって、ノービスBでは2回転ジャンプがメインで、その中に1つか2つ、跳べるようになった3回転を組み込みました、というふうな演技構成だったんですよ。それがいきなり、単独の3回転は当たり前、2A-3Tもざら、3-3まであっさり跳んでしまう選手も。ひょえ~。なんで一足飛びにそこまで行っちゃうの?(もちろん、個々の選手を見れば過渡期はあったわけでしょうけど)。まあ本当に驚きました。

そんな中から、全日本ジュニアに出場することになった上位4人の選手について、少しずつ感想を書いてみます(滑走順)。

渡辺倫果選手
なんと、演技の後半に3-3を跳びました! うっそー! どうなっちゃってるの、ノービスA女子!? それもですよ、その1つ前に跳んだジャンプで転倒しているんです。そんな状況で、直後の3-3を成功させてしまうとは。すごいの一言。改めてプロトコルを見てみたところ、5種類の3回転をすべて取り入れているんですね。残念ながらループで転倒してしまったので、5種類すべて成功とはいきませんでしたが。上位に入るには、5種類のジャンプをすべて跳べるというスキルも必要とされる時代なんでしょうね。点数は89.08点で4位。惜しくも表彰台には届きませんでしたが、3位の選手と僅差だったので、全日本ジュニアに出られることになりました。

岩野桃亜選手

近畿ブロックを見に行った友人から噂を聞いていたので、楽しみにしていました。冒頭のジャンプは3S-3Lo。わお! 演技後半の3-3の次は、セカンドループですかあ。しかも、後半には2A-3T-2Loを跳びました。それ以外のジャンプもすべて成功、スピンやステップもお見事で、パーフェクトな演技! 素晴らしいいいい~! 会場はスタオベ。本人は感極まって涙ぐんでいるようでした。これは間違いなく90点台が出るだろうと思っていましたが、89.42。後でプロトコルを見たら、コンボのセカンドが軒並み回転不足の判定だったんですね。そっかー。今後の課題ですね。

山下真瑚選手
ノービスA女子についても、事前にブロック大会の結果を見て、高得点の選手をチェックしていました。ノービスBでこれをやったところ、選手がリンクに出てから名前をコールされるまで(つまり、前の選手のスコアが発表されるまで)の動きなどにも自然と注目するようになり、なかなかよかったので。ただ、山下選手については、ブロック大会を棄権したようで、まったくノーマークでした。冒頭に3-3を跳び、「あ、この選手も3-3を持っているんだな」と思いながら見ていたら、跳ぶジャンプ跳ぶジャンプ、次々と成功。呆気に取られているうちに演技が終わり、点数が発表されてみると、なんと、99.91。うわー。ほとんど100点じゃないですかあ。

紀平梨花選手
近畿ブロックで岩野選手を抑えて優勝した選手。しかも、この日は最終滑走だったので、俄然、注目していました。冒頭の3Lz-3T、見事に成功! 2A-3Tもまったく問題なし。3F-2T-2Loもあっさり決めました! なんか、ジュニアを飛び越して、シニアの試合に出ても通用しそうな演技構成。回転不足のジャンプが1つもなく、マイナスのGOEもいっさいない、きれいなプロトコル。素晴らしい~。この日、2人目のスタオベでした! まず間違いなく彼女が優勝だろうなと思いつつ、点数の発表を待っていたところ、100.53点! おおお~!! 100点台&優勝おめでとうございます!

(追記)
うっかりご報告を忘れるところでした。ノービスA女子のハイレベルな闘いにすっかり夢中になったワタシ。行くつもりではなかった全日本ジュニアをどうしても見たくなり、フリーの日だけ、日帰りで見に行くことにしてしまいました。またレポしますので、どうぞお楽しみに!
[PR]
by noma-igarashi | 2015-10-29 23:57 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

全日本ノービス観戦記(ノービスB男子)

ノービスB、男子の出場者は21人。女子に比べると、各選手の実力にばらつきがあり、3回転ジャンプを取り入れている選手が少なめでした。一方で、実力差も含めて各選手の個性がいろいろで、女子とはまた違った面白さがありました。そんな中から、特に印象に残った何人かの選手の演技について、簡単に感想を書いてみます(滑走順)。

矢作敦哉選手
果敢に3回転ジャンプ(3S)に挑んできましたが、残念ながら転倒。でも、ナイストライでした。56.44点で3位。

中村俊介選手
事前に各選手のブロック大会のスコアを確認したところ、この選手が優勝候補だなと思ったので、注目していました。客席からも大きな声援。ほとんどミスのない演技で、さすがと思わせてくれました。残念だったのは、すべて2回転ジャンプだったこと。1つぐらいトライしてほしかったですが、まだ試合に入れられる状態ではないのかな。今後に期待したいです。71.40点で優勝。

菊地竜生選手
「第九」というか「歓喜の歌」を使ったプログラム。曲のアレンジからして、コミカル路線なんだろうなと思っていたところ、やはりそうでした。ジャッジまで笑わせていましたよ。この年齢の男の子がフィギュアスケートをやる場合、「面白い演技で人を笑わせたい」というのがモチベーションになっている子もいそうですよね。菊地選手はその好例に思えました。42.21点で12位(確認したら、TESが12.61で、PCSが30.10.PCSだけだと7位でした)。

三浦佳生選手
「面白い演技で人を笑わせたい」という選手もいれば、「カッコよく演技したい」というのがモチベーションになっている選手もいそうなこの年代。三浦選手は後者の好例に思えました。東京ブロックのときもレポしましたが、この日も「ロクサーヌのタンゴ」をカッコよく演じてくれました。3回転にも挑戦していましたよ。56.13点で4位。

小田垣櫻選手
プログラムは「シェルブールの雨傘」。せつない曲調に合わせて、情感たっぷりのストレートラインステップを見せてくれました。会場も盛り上がりました。45.18点で10位。

藤城柊治選手
会場からのレポではプログラムを「スパイ大作戦」とご報告しましたが、正しくは「ミッション・インポッシブル」でした。個性的なプログラムをしっかりした技術力で見せてくれる選手という印象。彼も3回転を組み込んでいなかったので、今後に期待したいです。61.18点で2位。
[PR]
by noma-igarashi | 2015-10-28 19:31 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

全日本ノービス観戦記(アイスダンス)

全日本ノービス初日、残念ながら男子Aは見られませんでしたが、アイスダンスは見てきました。出場したのは2組。うれしいですね! 松本葉純・杉山匠海組と柏野茉衣・柏野雄飛組。どちらも倉敷FSCで有川梨絵さんの指導を受けているようです。

プロフィールによると、松本・杉山組は小5と中1のカップルなのですが、身長差があまりないように見えました。杉山選手はスケート開始年齢が11歳となっています。ということは、1、2年前に始めたばかり?

柏野組のほうは兄妹カップルでしょうか。同じ名字だし、顔も似ているように見えました。こちらは小4と小6のカップルで、それなりに身長差がありました。

アイスダンスに関しては、ノービスでどのくらいのことができればすごいのか、逆に、どんなことができなければ物足りないのか、まったく知識がないのですが、ツイズルやリフトもちゃんと入ってましたよ~。成績は、松本・杉山久美が16.00+14.90=30.90、柏野組が19.02+16.00=34.02。

2組とも、とにかく続けてほしいですね。試しに去年の全日本ノービスの結果を見てみたら、やはり2組が出場しているのだけれど、その2組は今回の2組ではありません。続かなかったのか、ジュニアに上がったのか。後者ならいいけれど、どうなのでしょう。今年の全日本ジュニア、出場者はまだ発表されていませんが、タイムスケジュールを見ると、アイスダンスに30分が取られています。去年が2組出場で20分だったから、1組増えていそうではありますね。ノービスもジュニアも、どんどんカップルが増えていってくれることを願います。

(追記)
今年のアイスダンスのジュニア選手は、東日本選手権のエントリーを見ればわかりますね。去年、全日本ノービスに出場していた2組の名前はありませんでした。

[PR]
by noma-igarashi | 2015-10-27 00:22 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

改めて、ノービスB女子の観戦記

せっかく生観戦してきたので、改めて、全日本ノービス選手権の感想を書いてみたいと思います。まずは、初日のノービスB女子から。

この試合で私が注目していたのは、河辺愛菜選手、小暮椛子選手、手嶋里佳選手、元榮愛子選手の4人でした。といっても、ノービスの選手のことまでよく知っているというわけではないです。当初、のんびり後半グループから観戦しようかなと思っていたのだけれど、もしも優勝候補が前半に集中していたりしたら、ちょっとつまらない(東京ブロックのときはこのパターンで、がっかりした経験が…)。そこで、地区ブロックの結果を確認し、ずば抜けて高得点だった選手に印をつけてみたのです。その結果、前述の4選手が浮かび上がってきたという次第。このうち、河辺選手が8番滑走だったことから、見逃したくないと思い、第1グループから観戦することを決めました。そうして正解でした!

4選手のうち、優勝した小暮椛子選手と2位になった河辺愛菜選手の演技は、やはり群を抜いていました。河辺選手はスピードもあり、動きが滑らかで洗練されていて、演技開始と同時に「お!」と思いました。それまでの選手たちとは次元が違うな、というか。ジャンプが一つパンクしてしまったものの、スコアはそれまでの選手を10点以上上回る70.11点。プロトコルを確認したら、パンクしたジャンプは2S<<となっていて、わずか0.14点。あそこは3Sを狙っていたはずなので(確認したらブロック大会では3Sでした)、もしもあのジャンプが成功していたら、小暮選手とどっちが優勝していたかわからなかったかもしれないなと思いました。

小暮椛子選手のほうは、難度の高いジャンプに目を奪われました。ノービスBの場合、多くの選手は2回転ジャンプが中心で、その中に3回転を1つか2つ組み込んでいるという感じなのだけど、小暮選手は立て続けに3回転を跳び、さらに2A-3Tも成功! これはすごいなと思っていたところ、なんと、後半には2-1-3の3連ジャンプを跳ぶではありませんか! 3つ目のジャンプが本当に3Sだったかどうか、帰宅してから東京ブロック大会のプロトコルを見てみたところ、ブロック大会ではここが「2Lz!+1lo+SEQ」となっていました。なるほどなあ。ブロック大会ではこの3連を決められず、元榮愛子選手に優勝を譲って2位という結果になっていたんですね。

その元榮愛子選手は、今回はジャンプが決まりきらずに4位。でも、プロトコルを見たら、東京ブロックのときより難度の高いジャンプ構成に挑戦していたんですね。この年代の選手って、それが成功することもあれば失敗することもあるけれど、1試合ごとにステップアップをめざしているんだなあ…と実感させられました。
[PR]
by noma-igarashi | 2015-10-25 22:44 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

ノービス女子A終了

ノービスA女子、最終グループまで終わりました。

最終グループはやっぱりすごかった!
優勝は紀平梨花選手(大阪スケート倶楽部)、100.53点。
2位は山下真瑚選手、99.91点。
ともに最終グループの選手。
3位は岩野桃亜選手、のはず。

表彰式を待たずに帰路につきました。外のほうが寒い!
[PR]
by noma-igarashi | 2015-10-25 18:10 | Trackback | Comments(0)

ノービスA女子第5グループ

第5グループまで終わって、トップは変わらず。勝負の行方は最終グループ最終滑走までわかりません。

ノービス女子、「こうもり」が課題曲かというぐらい多いです。
[PR]
by noma-igarashi | 2015-10-25 17:19 | Trackback | Comments(0)

ノービスA女子第4グループ

第4グループまで終わって、トップは変わらず。
このグループでは加藤日向子選手(邦和SC)が81.62点で現在3位。
本田望結選手もこのグループで、77.43点と健闘しました。
[PR]
by noma-igarashi | 2015-10-25 16:44 | Trackback | Comments(0)

ノービス女子第3グループ

第3グループ終わって、トップは変わらず。
さっきのグループがすごすぎた。
[PR]
by noma-igarashi | 2015-10-25 15:48 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧