111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2015年 05月 ( 41 )   > この月の画像一覧

5月中に読んだ本

平成猿蟹合戦図 (朝日文庫)

吉田修一 / 朝日新聞出版

評価:★★★
吉田修一、今のところハズレなし。


こんな感じ (幻冬舎文庫)

群 ようこ / 幻冬舎

評価:★
新鮮味がイマイチだったかな。


サウス・バウンド

奥田 英朗 / 角川書店

評価:★★★
この写真(↑)は単行本ですが、私が読んだのは文庫本で、上下巻に分かれていました。上巻の舞台は東京・中野。主人公「僕」の父親は元過激派で、なーんか、「平和を守りたい」みたいなことを言っただけで左翼扱いされてしまう昨今、元過激派なんておとぎ話の世界のよう…などと思いながら、少し冷めた気持ちで読んでいたところ、下巻で主人公の一家は沖縄の西表島に転居。本格的におとぎ話の世界に突入してしまい(私にとっては)、そうなると、むしろ楽しく読めました。中野在住のままだと★★だったと思いますが、最終評価は★★★としました。


山口百恵 赤と青とイミテイション・ゴールドと (朝日文庫)

中川 右介 / 朝日新聞出版

評価:★★
図書館で、探していた本の近くにあったので、これも借りてみました。この手の本は、やはりその当時、実際に現場にいた人の書いたもののほうが面白いかな(例えば阿久悠さんの著作とか)。


もうすぐ夏至だ

永田 和宏 / 白水社

評価:★★★
歌人・永田和宏さんのエッセイ集。読みごたえがありました。


窓の魚

西 加奈子 / 新潮社

評価:★
この著者のものを少しまとめて読んでみたいなと思って手に取ったのですが、残念ながら、この本はどう味わっていいのかまったくわかりませんでした。


岸和田少年愚連隊 外伝 (集英社文庫)

中場 利一 / 集英社

評価:★★
初期の頃の新鮮さはちょっと薄れましたが、それでも楽しく読みました。
[PR]
by noma-igarashi | 2015-05-31 18:43 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

052:サイト(五十嵐きよみ)

題名が流行語を生むことがある例えばパラサイトもその一つ

More
[PR]
by noma-igarashi | 2015-05-30 23:13 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

051:緯(五十嵐きよみ)

北欧の緯度の高さを思いつつ白夜にまつわる短編を読む

More
[PR]
by noma-igarashi | 2015-05-30 23:08 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

パパダキス&シゼロン:スケーターとしての道のり(9)

今回の更新分もかなり自信がないです。「ni rien, ni personne ne leur résiste」のニュアンスがイマイチ不明。さらに、最後のほうもアヤシイです。要は、初めて出場した世界ジュニアで、予想外の低順位に沈んでしまった、というのがこの段落の要旨だということで。

原文サイト ※青字の部分が今回の更新分です。

----------------

Gabriella Papadakis et Guillaume Cizeron : itinéraire d’un destin glacé
ガブリエラ・パパダキス&ギョーム・シゼロン:スケーターとしての道のり


「娘を出産した日の朝も、私はリンクに出ていたの!」カトリーヌ・パパダキスはそう振り返る。スケート靴はまさに家族の歴史だ。カトリーヌは7歳のとき、クリスマスプレゼントとしてスケートクラブに登録してもらった。19歳の学生のとき、彼女はアイスダンスの指導者になった。スケートへの情熱を彼女はやがて娘に伝えることになる。

困難な始まり

幼いガブリエラは、小さなころから氷の上で滑っている。彼女の母親は指摘する。「あなたが私と同じようにスケートのコーチで、自分の子どもたちを見たいと思うなら、ただひとつ必要なことは、子どもたちを氷の上に連れてくることよ!」 しかしながらガブリエラは、つるつる滑って満足に立っていられない氷の上がまったく好きではない。「最初のうち、娘はすごく怖がりで、すごく臆病だったのよ」 彼女の母親はそう証言する。幼い少女の才能が明らかになるのは8歳になってからのことだ。時を同じくして、驚くべきできごとがクレルモンフェラン(フランス中央部の都市)のリンクでデビューを飾る。わずか9歳でありながら、その才能の持ち主が磨けば光る潜在能力を持っていることは誰の目にも明らかだった。怖いものなしの小さな天才、それがギョーム・シゼロンだ。

魔法のカップル

さて、カトリーヌ・パパダキスは妊娠中だ。彼女は自分が出産のために不在の間に、若いギョームが別のパートナーと組まないことを確実にするために、カップルの結成を急がせることが必要だと察した。カップルは2004年に結成される。「そのとたん、魔法が起きたんだ!」ギョームの父親マルク・シゼロンも熱く語る。実際、結果はすぐに表れた。クレルモンフェランの2人は、カップルを組んだばかりの年に、わずか10歳にしてフランスの輝かしいチャンピオンとなる。その翌年も、タイトルは手を伸ばせば届くところにあるかに思えた。ところが、ガブリエラがリンクにいるとき、練習相手が転倒し、彼女はそのスケート靴で膝の後ろの靭帯を切断する。タンギー教授がこの若き天才スケーターの手術を行った。周囲の人々は、彼女のキャリアが危険にさらされるのを危惧することになる。

数珠つなぎの成功

実際に起きたのは、まったく正反対のことだ。このつらい経験によって、ガブリエラはこれまで以上に強くなって帰ってくる。若い世代の各カテゴリーにおいて、2人は大勝する。12歳にして15歳のカップルたちを打ち負かし、彼らはフランスの新しいチャンピオンとなる。「そのころからすでに、私たちがクレルモンフェランで練習のリンクに立つと、周囲みんな、私たちをチャンピオンと見なしていたわ」ガブリエラはそう打ち明ける。それは2人に約束された輝かしい地平線だが、さらに先に進むためには、いくつかの決心がされなければならない。板挟み(ジレンマ)の原因は、試合と学業の両立をめざすギョーム・シゼロンの頑固さだ。マルク・シゼロンはいたずらっぽく回想する。「私たちは彼の母親と約束したんだ。朝の6時に練習に連れていくことが決してないようにってね。彼はその時刻に彼を連れていくことを私たちに納得させた。まず1回、そして2回、3回とね。そして、最後に彼が勝利をおさめた。それでおしまいだ!」 ギョーム・シゼロンが今度は科学系バカロレアを取得することで揺るぎない信念と克己心を示してみせることは想像に難くない。

大誤算

13歳で2人は再びフランスチャンピオンに返り咲く。翌シーズン、彼らは世界ジュニアだけに狙いを定める。トップクラスのジュニア選手たちを打ち負かすことは、2人にとって手の届く目標に思われた。結局、何も、誰も、彼らにかなわないだろう! しかしながら、この世界ジュニアは失敗に終わり、彼らのコーチであるカトリーヌ・パパダキスは辛酸をなめることになる。「ショックだったわ! 私としては、彼らはこの試合で立派に演技したと思う。なのに、最終順位は22位! トップクラスとの差と言ったら…。おかげで、彼らが世界のトップ水準に到達するには、すごく戦略的であることが必要だとわかったわ」 中央で名前を知られることなしに国際的に祝福されることは不可能だ。したがって、ガブリエラ・パパダキスとギョーム・シゼロンは自分たちを知ってもらおうと試みる。

(続く)
[PR]
by noma-igarashi | 2015-05-30 19:41 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)

「題詠blog2015」の投稿、半分終了

「題詠blog2015」への投稿、ちょうど半分まで到達しました。
スタート当初に比べると、だいぶ投稿ペースが落ちたし、苦戦する題も多くなってきましたが、ともかく完走をめざして後半戦も頑張りたいです。

前半の50首の中で、いちばん気に入っているのは「010:玉」の歌です。お題の詠み込み方も気に入っているし、材にした本の魅力も伝えられたんじゃないかなと思うので。

010:玉 善玉も悪玉もみな生き生きと描き出される大デュマの手で


041~050の歌の中では、「044:らくだ」が印象深かったです。この題は、動物のらくだ(駱駝)ではない詠み込み方をしようと思い、「恐らく」「長らく」「しばらく」+「だから」「だいじ」「だれ」といった組み合わせ方を検討。結果として「しばらく」+「だれ」を選択しました。本を読み終えたときの幸福感、達成感、あるいは虚脱感といったものがこの1首から伝わっているといいのですが。

044:らくだ すみずみに読後の余韻が沁みてゆくしばらくだれとも話したくない
[PR]
by noma-igarashi | 2015-05-30 00:20 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

浅田選手の現役続行について

すっかり遅くなりましたが、浅田真央選手の現役続行について、自分なりに考えたことを少し書いてみたいと思います。…というか、なかなか書き上げられずにいるうちに、ついさっき、朝日新聞のサイトで「『本気でなければ、休めなかった』 復帰の浅田真央語る」という記事が公開されました。ああ、そうだったんだ。浅田選手、一時は本気で辞めるつもりでいたんですねえ。

私自身のことを言えば、大体こんな気持ちの流れでした。シーズン中は、彼女の不在が物足りなくて、戻ってきてほしいなと思う反面、ジャンプのルール変更の厳しさを目の当たりにするにつけ、現役続行は難しいかもしれないな、とも思いました。回転不足とエッジ判定の厳格化。どちらも浅田真央選手に適用されることが多そうなだけに、戻ってきても苦労しそうで、このまま引退を発表する可能性のほうが高いのではないかと考えたのでした。

それが、あっさり予想を裏切る現役続行宣言。真っ先に「うれしい!」と思いましたが、その一方で、「大丈夫かしら」と不安に思うところも…。不安の種は、言うまでもなく前述のルール変更です。Web上には、「復帰を決めた真央の前に立ち塞がる壁」なんていう記事もアップされていました。それを読むと、やっぱりみんな、回転不足とエッジ判定を心配しているようでした。彼女の演技は見たいけれど、また以前のようにルールに苦しむ様子を見るのはツライ。でも、彼女が現役を続行すると決めたからには、ファンとしても覚悟するしかないかな。

…などと、ぐずぐず考えているところへ、浅田選手が新しい3連続ジャンプを練習しているというニュースが! ツイッターで得た情報(噂)では、「3Lo-1Lo-3S」だということでしたが、このニュースによると、第1ジャンプの種類は特定されていないんですね。ともあれ、ハーフループ(1Lo扱い)を挟んで3Sを跳ぶ3連続に挑戦するつもりだと。私、彼女は3Sが得意ではないから、この3連続はあり得ないと決めつけていました。恥ずかしい。選手自身がさらに向上しようと新しい挑戦を始めているのに、1ファンが先入観にとらわれ、想像上ですら冒険できずにいたなんて。

このニュースで、彼女の現役続行宣言は本気なんだな、と改めて感じました。というか、その本気さがやっと私にもわかったというべきかもしれません(恥ずかしながら…)。冒頭でリンクした「『本気でなければ、休めなかった』 復帰の浅田真央語る」を読んでも、一度は本気で辞めるつもりだったからこそ、その気持ちを乗り越えての現役続行は、本気以外の何物でもないということがひしひしと伝わってきます。

私としても、もう迷いはありません。選手としての彼女をまた応援できる。そのことが素直にうれしいです。
[PR]
by noma-igarashi | 2015-05-28 23:20 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

050:答(五十嵐きよみ)

どれだけの読者が答えを見つけたのだろう書名の不思議な問いに

More
[PR]
by noma-igarashi | 2015-05-28 23:18 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

浅田選手の30数年前に国民の視線を集めた19歳

今日、本を読んでいたら、こんな文章が出てきました。

「次に、この国で十九歳の女の子が全国民の視線を集めるのは三十数年後、バンクーバー・オリンピックでの浅田真央まで待たねばならない。」

この本の著者は、浅田真央選手以外の「誰か」の話を延々としていて、ここで突如、浅田真央選手を引き合いに出したわけなんですが、さて、「誰か」とは誰のことでしょうか? 浅田選手がバンクーバー・オリンピックに出場する三十数年前、全国民の視線を集めた十九歳の女の子とは? 当ててみて~。

正解はこちら!
[PR]
by noma-igarashi | 2015-05-26 23:56 | 映画・TV・本など | Trackback | Comments(0)

5月の電気使用量

今月もすっかり遅くなりましたが、恒例のご報告です。わが家の5月の電気使用量は、4月8日~5月9日の31日間で185kwh、金額にして5438円でした。前年同月比は、1日当たり4%の増加。またも微増です。ソーラー充電器を買って半年が経つのに、ちっとも減らない~。

ちなみに、ソーラー充電器はもっぱら、2人分のケータイと、たまに使うタブレットの充電に使用しています。しばらく前に、相方ジョルジュ(仮名、日本人)がノートPCを充電していましたが、1日分の太陽光では30%ぐらいまでしか充電できなかったみたい。夏になったら扇風機も使いたいな。
[PR]
by noma-igarashi | 2015-05-26 23:18 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

049:尼(五十嵐きよみ)

よく見れば「晴美」の名前 尼になる前に書かれた一冊らしい

More
[PR]
by noma-igarashi | 2015-05-24 10:50 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧