111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2014年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

NHK杯、終わりました

NHK杯、終わりましたね。男子シングルはダイスが優勝! いやはや、すごいことをやってのけてくれました。SPで3位につけ、その勢いで表彰台をめざしてほしいとは思っていましたが、まさかいちばん高いところに立つとは。ゴメンナサイ、そこまでは予想していなかったです。

フリーで上位選手にミスが相次いだため、それに助けられたという面もありましたが、それでもSPとフリーで合計3回の4回転を決め、ほぼパーフェクトな演技をそろえたのは立派でした。フリーの演技が終わった瞬間、テレビの前で一緒にガッツポーズしちゃいましたよ。

1つだけ惜しかったのは3連ジャンプが入らなかったことですが、本田君が解説でも言っていた通り、下手に2Tをつけていたら跳びすぎでノーバリューになっていたわけだから、今回は3連なしで正解でしたね。ただ、本来の構成はどうだったんだろう。3A-2Tが3A-3Tで、3Fのところが3F-2T-2Loという3連だったのでしょうかね? 彼の演技で第2ジャンプに3Tが入っているコンボって、見た覚えがないような気がするので、3-3はあまり得意ではないのかな? だとしたら、今後の課題ですね。

今季のダイスの演技は、東京ブロックと東日本でSPを見ました。いずれも4Sで転倒し、東京ブロックのときが70.31点、東日本のときが64.51。その試合の中ではぶっちぎりの1位でしたけど、全日本でメダル争いに加わるには物足りない点数で、気を揉んでいたのでした。SPの感想にも書きましたけど、2008年の全日本ジュニアで同じ表彰台に乗った選手のうち、ゆづは五輪チャンピオンになり、町田君は世界選手権の銀メダリストになったのに、ダイスだけはなかなかブレークできず。気の毒に思うというか(←あまり言葉がよくないですね)、とにかく心配していたので、こうして結果が出せて本当によかったです。おめでとう!

一方、無良君は3位でファイナル進出を決め、さらには最終滑走の重圧を味わうという経験ができました。ゆづは4位で、ファイナルに滑り込み。日本人男子3人、それぞれ成果を上げられた試合だったのではないでしょうか。

それにしても、年末の全日本がますます激戦になりそうですね。
[PR]
by noma-igarashi | 2014-11-30 22:24 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

NHK杯男子SP、ダイス3位!

NHK杯の男子SP、ダイスが3位につけましたね~。なんと79.68点! 演技後のガッツポーズが本当にうれしそうで、よかったねえとしみじみしてしまいました。

このところ、2008年の全日本ジュニアを思い出すことが多くて、同じ表彰台に乗った2人(ゆづ、町田君)が活躍する中、ダイスだけ取り残されてしまったなあと、ちょっと心配していたのでした(表彰台の写真はこちら)。

この記事を読むと、本人は「明日のフリーで僕は順位が落ちるだろう」などと言っているようですが、そんなこと言ってないで~。2006年以来の日本人男子の表彰台独占をめざしてくださいませ。


[PR]
by noma-igarashi | 2014-11-29 01:36 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

NHK杯、順位予想

明日からNHK杯。男女とも混戦になりそうな予感ですね。例によって、フランスのフォーラムで行われている順位予想の集計結果をお知らせがてら、それに便乗して私も順位予想をしてみます。GPS最終戦とあって、NHK杯の結果だけでなく、ファイナル出場者がどうなるかも気になるところですね。


【男子】
1位の予想
羽生結弦 10票
無良崇人 1票
セルゲイ・ヴォロノフ 1票
ジェレミー・テン 1票

チューハイのときはゆづがぶっちぎりの1位予想でしたが、今回はほかの選手の名前も挙がりました。やはり、チューハイでケガをした影響があるのではないかという見方をされているのでしょうね。ほかには無良君、ヴォロノフ、さらにジェレミー・テン君の名前も。テン君を推した人は順位予想に初参加のようでした。テン君のファンなのかもしれないですね。

2位の予想
無良崇人 9票
羽生結弦 2票
セルゲイ・ヴォロノフ 2票

2位の予想では、無良君が最も票を集めました。無良君、スケカナでいい点数が出たし、本人も自信がついただろうし、ゆづとの優勝争いが楽しみです。できれば万全な状態での勝負を見てみたかったですが、今季、そういうチャンスはまだまだありそうですよね。

3位の予想
セルゲイ・ヴォロノフ 10票
無良崇人 2票
羽生結弦 1票

3位はヴォロノフが10票を集めました。つまり、1位ゆづ、2位無良君、3位ヴォロノフと予想する人が最も多かったということになります。私の予想も同じ。ゆづはジャンプ構成の難度を下げるとのことなので、それがかえって好結果につながるのではないかと見ています。NHK杯はトリノ五輪シーズン以来、日本人男子の優勝が続いているので(…と思ったら、違いました。ダイスケがケガ明けのバンクーバー五輪シーズンだけジュベが優勝していましたね)、今回もゆづか無良君、どちらかに優勝してほしいな。

もしもこの3人が表彰台なら、順位によらず全員がファイナル進出ですね。ここに割って入る選手がいるとしたら、アボちゃんかしら。彼にも頑張ってほしいです。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2014-11-28 00:05 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

フランスのフォーラムについて

1つ下の記事が、このブログとしては信じられないくらいの勢いでリツートされていて、ちょっと慌てています(汗)。もしかして、町田選手のファンの方が読んでくださっているのかな。たいしたことを書いていないのに、何だか申し訳ないですが、多分、私が書いた部分ではなくて、フランスのフォーラムで拾ってきたコメントがお目当てなんでしょうね。

あのコメントは、「Passion-Patinage」というフランスのフォーラムで見つけてきたものです。「Passion-Patinage」のトップページはこちら。フィギュアファンのポータルサイトといった感じのサイトで、主な試合のリザルトページがリンクされているほか、試合が終わるごとに独自の総括記事が掲載されます。特に、地元開催のエリック・ボンパールは力が入っていて、すぐさま記事がアップされます(ほかのGPSの試合だと、試合が終わってから3日後ぐらいのアップ)。

今回の男子SPの記事はこちら
男子フリーの記事はこちら

ついでに、スケアメのときの記事はこちら

高橋選手が現役のころは(って、ちょっと前のことですが…)、頑張って訳したりもしていましたが、今はもっぱら自動翻訳でざっと内容を確認する程度。ただ、例えば町田選手なら町田選手がフランスではどのように受け止められているか、自動翻訳でもある程度はわかるかと思います。

フォーラムを見るには、上部メニューの「Forum」をクリック。最初にインデックスページが現れます。例えばエリック・ボンパールの男子についてのコメントを見たいと思ったら、インデックスの3番目のくくり「Compétitions」の中の「Grand Prix Senior 2014」をクリック。そして、「Trophée Eric Bompard」→「Messieurs」と進みます。

私もたいしてフランス語ができるわけではないので、興味のある選手の名前が出てきたら、そこだけ自動翻訳して内容を確認しています。「Trophée Eric Bompard」の下には「Trophée NHK」もありますが、ここはまだ2つしか項目が立てられていません。試合が近づくと、もっと賑やかになると思います。

このフォーラムのことを知ったのは、バンクーバー五輪のシーズンが終わった頃のこと。五輪後の世界選手権で高橋選手が優勝したことで、フランスの記事にも結構取り上げられていて(やはりチャンピオンになると違います)、うれしくなって記事を漁っているうちに、このフォーラムに行き着きました。

今、男子フィギュアは日本人選手が強いですから、日本人選手のことはよく話題に出ていますよ。町田選手のことも、もちろんよく知られていましたが、今回、エリック・ボンパールに出場したことで、フランスにファンを増やしたのではないでしょうか。
[PR]
by noma-igarashi | 2014-11-25 22:51 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)

エリック・ボンパール終了(町田君の演技について)

GPS5戦目のエリック・ボンパール、あっという間に終わってしまいました。競技が2日間に詰め込まれている上に、特に男子は真夜中(日本時間)の開催とあって、いつの間にか終わっていたという感じです。

それにしても、ファイナルに誰が出場するのかという意味では、波乱に満ちた試合でしたね。SPが終わった時点で、初戦4位だったデニス・テン選手が1位、初戦1位のコフトゥン選手が6位。もしや、ファイナル進出は間違いないと見ていたコフトゥンが漏れてしまい、逆に、候補外というふうに捉えていたテン君がいっきに出場を決めてしまうとか? …などと思ったりもしましたが、フリーが終わってみると、予想していた範囲内の結果に落ち着きました。

これでハビ、コフトゥン、町田君の3人がファイナル確定。残り3人はNHK杯の結果で決まることになりましたが、ゆづが予定どおり出場するようなら、NHK杯のメダリストがそのままファイナル出場者になりそうな気がしますね。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2014-11-24 20:33 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

完走しました(五十嵐きよみ)

どうにかこうにか100首まで到達しました。
去年は折り返し地点を過ぎたあたりで棄権してしまったので、
ともかくは完走できたことにホッとしています。

ただ、無理やり詠んだ歌も多く、出来栄えに関しては大きな課題が残りました。
特に、題詠の過程を材にした歌(003、021、073など)を何首も投稿してしまったのは、よかったのかどうか。
もしかしたら禁じ手を多用してしまったのではないかという気もしています。
(どうなのでしょうね。よくわかりませんが…)

一方で、題があったからこそ詠めた歌もあり、
そうした中に自分でも納得できる歌が何首かあったことは素直に喜びたいと思います。
以下に、そんな歌の中から3首を選んでみました。

005:返事 無視すればいいのに返事をしてしまい苦い思いでネットを閉じる
043:ヤフー テレビでの放送は夜 試合結果知りたくなくてヤフーを避ける
079:絶対 この国は首相が「絶対安全」と言いさえすれば安全らしい

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2014-11-22 00:38 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

100:最後(五十嵐きよみ)

最後から数えたほうが早そうなところまできたこの人生も
[PR]
by noma-igarashi | 2014-11-21 23:02 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

エリック・ボンパール順位予想

GPS5戦目はフランスのエリック・ボンパール。地元の試合とあって、フランスのフォーラムはいつも以上に盛り上がっています。最も注目と期待を集めているのは、シニア2年目にしてチューハイで優勝を果たしたアイスダンスのパパダキス・シゼロン組。そこで、今回は男女シングルに加えて、アイスダンスの順位予想も集計してみました。

【男子】
1位の予想
町田樹 7票
マキシム・コフトゥン 2票

2位の予想
マキシム・コフトゥン 7票
町田樹 1票
リチャード・ドーンブッシュ 1票

3位の予想
デニス・テン 3票
コンスタンチン・メンショフ 3票
フロラン・アモディオ 1票
ハン・ヤン 1票
リチャード・ドーンブッシュ 1票

1位の予想は町田君が優勢。対抗馬は、チューハイでゆづを破って優勝したコフトゥン。やはりこの2人の争いになりそうですよね。私の予想としては、1位町田君、2位コフトゥンとしてみます。個人的には、町田君の「第九」が4週間ぶりに見られるのも楽しみの1つ。あのときよりも完成度が高まり、さらに迫力アップしていそうです。

3位の予想はかなり票がばらけました。これはわかりますよね。名前が挙がっている5人の誰が来てもおかしくない感じ。逆に言うと、この中の誰かは6位とか7位になってしまう可能性が高いわけで、厳しいなあ…と改めて実感。私の予想としては、ドンブーを3位に推してみます。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2014-11-20 23:48 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

099:観(五十嵐きよみ)

100首まで詠みきれないかもしれないと悲観したのも今は思い出
[PR]
by noma-igarashi | 2014-11-20 00:50 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

11月の電力使用量&11月8日に書きたかったこと

ブログに書くのがすっかり遅くなりました(まあ、毎月、誰も読んでいない記事なので、全然問題ないんですが)。わが家の11月の電力使用量は、10月7日~11月6日の31日間で195kwh、金額にして5653円、去年に比べて1日当たり10%の増加でした。ここに書いたような理由で、今年はもうずっと前年同月比増加ばかり。ソーラー発電の情報を集めたりはしていますが、具体的に何かするところまではいかず、増加傾向を止められずにいます。

ちょうど電気使用量のお知らせが届いた頃(11月8日)の朝日新聞に、川内原発再稼働に鹿児島県が同意したというニュースを受け、こんなタイトルの記事が掲載されていました。
「再稼働 反対叫んだが」「デモ下火 無関心と無力感」
個人的な意見としては、こういうネガティブな記事はやめてほしい。これでは、脱原発を願うこと自体が無意味というような印象を与えかねないです。私自身、確かにひところに比べたらデモに参加する回数は減っているけれど、脱原発に関心が薄れたわけではないし、脱原発を願うことが無意味だなどとは全然思っていないので。

この記事には、4人の有識者のコメントも掲載されていました。その中で、慶大教授・小熊英二さんの意見がすごく自分の考え方に近かったので(というか、今ごろ気がついた。あれを書いたの、小熊英二さんだったんだ)、以下にその内容をご紹介してみます。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2014-11-17 23:13 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧