111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
ちなみに、総括記事は男子..
by noma-igarashi at 23:20
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2014年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

4年ぶりの男女アベック優勝

さいたま開催の世界選手権、明日のエキシビションを残して、すべての競技が終了しました。男子は羽生結弦選手、女子は浅田選手が優勝。バンクーバー五輪シーズンに開催されたトリノの世界選手権以来、4年ぶりの男女アベック優勝となりました。

 

女子の浅田選手は、そのトリノの世界選手権以来、4年ぶり3回目の優勝。この4年間に彼女が歩んできた道のりを思うと、本当にしみじみとした思いにとらわれます。ジャンプの修正に取り組まなければ、もしかしたら、彼女の優勝回数はもっと多くなっていたかもしれない。けれど、あえて回り道をすることで、この上なく美しく、そして力強い演技を私たちに届けてくれました。今回は惜しくも実現しなかったけれど、ソチ五輪で彼女がやってのけた8トリプルという偉業は、4年間の努力があってこそのものでしょう。彼女の成し遂げたことは末永く讃えられるべきだと思います。

 

そして、男子。4年前のバンクーバー五輪シーズン、シニアの世界選手権でアベック優勝したのは浅田真央選手と高橋大輔選手でしたが、ジュニアの世界選手権でも日本人が男女そろって優勝。ジュニア男子の優勝者は羽生結弦選手でした。それ以前から、日本人男子4人目のジュニアチャンピオンになるのはもちろん、いずれシニアでも世界チャンピオンにもなるだろうし、五輪の金メダリストにもなるに違いない選手だと思っていました。ただ、4年前の時点では、まさかこんなに早く両方を実現してしまうとは予想していませんでしたが。



続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2014-03-29 23:23 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

今日はこれから世界選手権

今日はこれから世界選手権を見に行きます! 7時半に起きれば十分なのに、遠足の日の子供のように、1時間も早く目が覚めてしまいました(笑)。

 

でも、7年前の世界選手権ではもっと早起きしましたっけ。あのときは2日目、3日目の観戦で、3日目は男子フリーの公式練習を見ようと、頑張って早起きしたことを覚えています。そのときのダイスケはといえば、衣装はちゃんと着ているのに、ヘアスタイルをセットしていない状態の「オペラ座の怪人」で、「なんっかヘン」と思ったものでした。懐かしいので、リンクしちゃいます(読み返してみたら、ダイスケのことはたいして書いていませんが…)。


そして、3年前の幻の世界選手権。3年前の3月に思いをはせると、こうしてまたフィギュア観戦を楽しんでいる自分がいることが、何だか不思議なことのようにも思えてきます。3年前はこんなことをブログに書いていますね。

 

今回のさいたまワールド、初日、2日目と、男子も女子も素晴らしい演技の続出。私はテレビ観戦(それも録画)でしたが、それでも十分盛り上がりました。今日は生で見られるのだと思うと、本当にわくわくしています。


今日はだいぶ暖かいので、そろそろ桜が開花しないかな。この時期に日本に来た選手たちに、桜を見て行ってほしいな。7年前は今回より1週間ほど早い開催でしたが、すでに開花し始めていたんですよね。今年はちょっと遅めですね。 


[PR]
by noma-igarashi | 2014-03-28 07:53 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

フランスのフォーラムの順位予想

女子の展望記事、まだ間に合うとはいえ、ちょっと書いている余裕がありません。

取り急ぎ、フランスのフォーラムで行われていた順位予想の内容をお知らせしてみます。男子と女子のみでごめんなさい。しかも、原文のままコピペという手抜きっぷり(汗)

 

ペアとアイスダンスの予想もされていますので、興味のある方はリンク先をご覧ください。添えられている一言コメントの内容は、すみませんが自動翻訳サイトをご利用ください。

 

それにしても、日本なら「女性」「婦人」「少女」「女の子」「お嬢さん」といった言葉はあっても、スポーツでは「男子」「女子」としか言わないのに、フランスの表現の多彩なこと!



続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2014-03-27 01:16 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

世界ジュニアTV観戦レポ(男子)

あと30分で世界選手権が始まるというのに、展望記事はまだ書き終わっていないわ(女子が残っている)、世界ジュニアのテレビ観戦記も進んでいないわ(汗)、どーしたものかと迷いましたが、取り急ぎ、世界ジュニア男子の感想を簡単に。

 

今回のジュニア男子は、1位ナム・グエン(カナダ)、2位アディアン・ピトキエフ(ロシア)、3位ネイサン・チェン(アメリカ)、日本勢は5位宇野昌磨、7位田中刑事という結果でした(リザルト)。

 

3Aはもちろん、4回転に挑戦してくる選手もいて(しかも1人は後半に!)、みんな、技が高度ですごいですね。ただ、世界選手権が始まる前にとにかく見てしまいたいと、リプレイの部分をすっ飛ばしながら見たこともあって、個々の選手の印象が今ひとつ。出てくる選手、出てくる選手、細くて、小柄で、いかにもジュニアというより、まだ子供の男の子。しかもアジア系が多くて、なかなか区別がつかないです。かなり乱暴ですが、「ショーマとそれ以外の子たち」。私の中での把握は、まだそんな状態です(汗)

 

ショーマがまだ3Aを習得できていないのは、体格のせいもあるのかと思っていましたが、体格的によく似たほかの選手たちは跳べていたりしますから、そういうものでもないということですよね。ショーマも頑張れ~!

 

そんな男の子たちの中で、ひときわシニアの滑りだったのが刑事君。大人の男というか、青年の演技でしたねえ。結果は残念でしたが、どんどん素敵になっていくのがうれしいです。

 

  *

 

女子とアイスダンスの感想がまだ書けていませんが、女子は見るのもまだ見られていないので、いずれそのうちに!



[PR]
by noma-igarashi | 2014-03-26 09:38 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

世界選手権の展望-男子

世界選手権の展望、今回は男子について書いてみます。

今回の世界選手権で、私が生観戦するのは男子フリーとEX。ダイスケ最後の演技を見るつもりでチケットを取ったのですが、残念ながら欠場。ニュースを知ったときはさすがにテンションが下がりましたが、それも一段落してみると、やっぱり楽しみです。シニアの男子は本当にいろんな選手がいるから、下位グループからずっと見ていても、まったく飽きないです。

 

男子の見どころは、やはりゆづがチャンピオンになれるかどうかですよね。というか、絶対ならなくちゃ! 世界ジュニアを見ていたら、本当に多くの才能が出てきていて、難しいジャンプを軽々と跳んだり、凝ったつなぎを取り入れたりしているから、シニアの選手もうかうかしていられません。ゆづも、勝てるときに勝っておかないと。そして、勝利を重ねていくことで、揺るぎない地位を確立してほしい。平昌五輪までの4年間、全勝するぐらいの勢いでやってほしいです。

 

町田君にも期待がかかりますね。メダルの可能性も高いのでは。フランスのフォーラムの順位予想でも、彼を2位に選んでいる人が何人かいましたよ(こちら)。こづも、急な出場で大変だったと思うけど、四大陸のときのようなガッツを見せてほしいです。


 外国勢では、やはりハビがメダル候補の一番手でしょうか。コフトゥン、ハンやん、ケビンも有力だし、オリンピックで大躍進したドイツのリーベルスも忘れちゃいけないですよね。ベテラン勢ではアボちゃん。本当に素敵な選手なのに、世界選手権のメダルとは縁がないままなので、ぜひ最後に取らせてあげたいです。

 

とはいえ、メダルの数は3つしかないので、ここは心を鬼にして、以下のように予想してみました。



続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2014-03-25 00:05 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

世界選手権の展望-ペア

話題があっちこっちに行ってしまいますが、本日は世界選手権の話題です。アイスダンスに続き、ペアの展望を。

1つ前の記事に書いたように、世界ジュニアのペアはおおいに楽しみましたが、シニアに関しては、どこを見どころにすればいいか、ちょっと迷ってしまうところも。

というのも、ディフェンディングチャンピオンにしてソチ五輪チャンピオンのボロソジャル・トランコフ組が欠場。となると、優勝候補の筆頭は、4度の世界チャンピオンであるサフチェンコ・ゾルコビー組で間違いないと思われます。 ただ、五輪の金メダルを逃してしまい、すでに4度も経験している世界チャンピオンにまたなるというのも、失礼な言い方かもしれないですが、今ひとつ気持ちが盛り上がらないというか…。もちろん、彼らにとってこれが現役最後の試合だと思うので、有終の美を飾ってほしい気持ちは強いですが。

もう4回も世界チャンピオンになっているのだから、失敗してもいい、五輪で決められなかったスロー3Aに再び挑戦するとか、最後までチャレンジングな姿勢を見せてくれるほうがうれしいかもしれないです。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2014-03-23 22:48 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

世界ジュニアTV観戦レポ(ペア)

世界選手権の話題を始めたばかりですが、ちょっと寄り道して、世界ジュニアの感想も書いてみたいと思います。まずはペア。ジュニアとはいえ、みんな、すごいですね! 雰囲気の出し方とか、つなぎの部分の充実度がシニア顔負け。すごく見ごたえがありました。

 

テレビで観戦していて、最初に驚かされたのはイタリアのカップル。それまでのカップルとは明らかに違う大人の雰囲気で、思わず目を引き付けられました。女性はまだ17歳とのことなのに、見せ方を知っているというか。技術的な面では未熟さも目立ったけれど、SPもフリーも素敵でした。

 

ただ、このカップルに驚いていたら、その後で登場したカップルは、どこもそれ以上にすごかった。雰囲気があるというより、雰囲気の出し方を心得ているという感じ。しかも、技術的にはグッとハイレベル。


続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2014-03-22 23:23 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

世界選手権の展望―アイスダンス

来週はいよいよ世界選手権。今日から少しずつ、カテゴリーごとの展望記事を書いていきたいと思います。まずはアイスダンス。


バンクーバー五輪以降、1位・2位を分け合ってきたテッスコとメリチャリが今回は不参加。そのこと自体は残念ですけど、彼らの欠場によって、新しいチャンピオンが誕生することが確実となりました。どのカップルが優勝するか、興味津々です。

 

しかも、この4年間、テッスコとメリチャリが金・銀メダルを逃すとは考えられないような状態だったので、ほかのカップルは3位を狙うしかないのが現実でした。テッスコもメリチャリも出場しないということは、表彰台が丸ごと空いているということ。実に3組のカップルにメダルのチャンスがあるわけで、それだけですごいことに思えてしまいます。

 

この4年間、世界選手権で3位になったことがあるのは以下のカップルです。

シブタニズ(シブタニ・シブタニ組)

ペシャブル(ペシャラ・ブルザ組)

ボブソロ(ボブロワ・ソロビエフ組

 

さらに、オリンピックで銅メダルを獲得したイリカツも忘れてはいけません。

イリカツ(イリニフ・カツァラポフ組)

 

それ以外では、以下の3組もメダル争いに絡んでくる可能性がありそうですよね。

カペラノ(カッペリーニ・ラノッテ組)

ケイトリンたち(ウィーバー・ポジェ組)

チョクベイ(チョーク・ベイツ組)

 

ここまでで7組。これまでは1つしか表彰台に空きがなかったところ、今回は3つあるわけだから、確率はだいぶ高いです。ただ、各カップルの実力が拮抗しているだけに、勝負の行方はまったくわかりません。皆さん、それぞれにごひいきのカップルがあると思いますが、私がぜひとも優勝してほしいのはこのカップル!(↓)



続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2014-03-21 23:50 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

018:援(五十嵐きよみ)

応援の声が静まり「月光」のソナタに乗せて滑り出すひと


[PR]
by noma-igarashi | 2014-03-21 07:50 | 題詠100参加作品 | Trackback(2) | Comments(0)

017:サービス(五十嵐きよみ)

4年間無事に生きれば1日が2月の終わりにサービスされる


[PR]
by noma-igarashi | 2014-03-21 07:47 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧