111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
こんばんは。 確かにフ..
by noma-igarashi at 23:12
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 21:08
こんにちは! そうそう..
by noma-igarashi at 19:56
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 22:11
ちなみに、総括記事は男子..
by noma-igarashi at 23:20
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2013年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

男子フリー最終グループ観戦記

お待たせしました。全日本フィギュア男子フリー、最終グループの観戦記です。
一緒に観戦していた友人によると、ダイスケは前日より調子がよさそうだと取材記者さんがツイートしていたとか。それを聞いて少し気持ちが明るくなりました。優勝は無理でも、少しでもいい演技をしてほしい。

最終グループの1番手は羽生結弦選手。4Sは今回も転倒してしましたが、その後はお見事! 本当に強くなりました。崩れそうな気がまったくしなかったです。国内の試合なんだし、200点いっちゃえ~! とか思っていましたが、あと一歩及ばず。200点は4Sが決まるまでお預けでしょうか。

その4S、なかなか決まらないなら4Tを2本にする手もあるかなと考えてみたのですが、それはそれで問題がありそう。その作戦にしたら、片方の4Tは必ずコンボにしなければいけないので、後半で点数を稼ぎまくるジャンプ構成が少し弱くなってしまう。また、4Tがすっぽ抜けて3Tになってしまった場合に、リカバリーの仕方がややこしくなりそう。4T2本の構成にするなら、何度かそれで試合を経験しておかないと、意外と危険が大きいような気がします。というわけで、ジャンプ構成は今のままでいいのかな、という結論に。4S、ソチで決めてくれることを願いたいです。ただ、仮に失敗しても、勝てる可能性は十分ありそうですが。

2番滑走は宇野昌磨選手。ダイスケと同じ最終グループで滑るという夢、実現しましたね。最後のチャンスをしっかりものにするあたり、大物の証明だと思いたい。SPの観戦記で、3Aに挑戦しないのかなと書きましたが、フリーでは跳んできました! 残念ながら転倒に終わりましたが、ひとまずチャレンジ精神を見せてくれただけで十分。それ以降のジャンプをしっかり決めたのは立派でした。

3番目は織田信成選手。冒頭の4T-3Tはきれいに成功しましたが、2つめが3Tに。となると、俄然心配になるのが3Tの跳びすぎ。次のコンボでは3Tつけちゃダメ~!!と、会場全体が心配していたと思いますよ(多分)。そこを乗り切った後も、どこかに落とし穴が待ち構えているんじゃないかとドキドキしましたが、問題ありませんでした。ヨカッタ。ただ、跳びすぎばかり気になって、演技に今ひとつ集中できなかったかも(汗)。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-12-30 23:58 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)

男子フリー(第1~第3グループ)観戦記

遅くなりました。全日本フィギュア男子フリーの観戦記です。ひとまず第1~第3グループまで。初めのほうのグループは記憶が薄れつつあるので、十分な感想にならないかもしれません。なにとぞご了承を。

第1グループでは、友野一希選手の演技がよかったと記憶しています。3番滑走で、この日初めての100点台。確認してみたら、全日本ジュニアではSP、フリーともにもう少し高い得点を出しているので、この大舞台での経験を生かしつつ、さらに成長していってほしいですね。

ところで、演技とはまったく関係のない話なのですが(Zちゃん、ごめんね。書いちゃいます~)、友野選手の所属は上野芝スケートクラブ。SPのとき、滑走順を告げるアナウンスが「○番、友野一希選手、上野芝スケートクラブ」というふうに流れたとき、一緒に観戦していた友人Zちゃんがそれを耳だけで聞き、「え? 上野市バスケットクラブ? なんでバスケットなの?」と不思議そうにしているので、おおいにウケてしまいました。フリーのときに注意して聞いてみたら、確かにそのようにも聞こえて、二度ウケ。来年、皆さんも注目(注聞?)みてください~。

第2グループでは、日野龍樹選手、本田太一選手、村上大介選手が比較的いい点数を出しました。ただ、日野選手はもっとできる力を持った選手だし、村上選手も代表争いに食い込んでもおかしくない選手だけに、それぞれ、本人比ではちょっと残念なところも。村上選手の4Sは、きれいに決まったようにも見えましたが、今回も回転不足を取られてしまったのですね。ほんと、回りきるのは難しい。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-12-30 09:47 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)

全日本フィギュア 女子フリー観戦記

男子フリーの感想は、まとめるのにまだ少し時間がかかりそうなので、先に女子フリーの観戦レポを書いておきますね。

女子の場合、フリーに進めるのは、SPに出場した30人のうち上位24人(男子は29人中24人)。SPの成績でグループ分けをするので、後で滑るグループほど実力のある選手が出てくる…という理屈ではあるのですが、SPは1つのミスが大きく点数に響きがちなので、有力選手であっても、ときには早いグループで滑ることになるのはよくある話。実際、第1グループには庄司理紗選手や西野友毬選手の名前がありました。

それだけに、第1グループからおおいに注目していたのですが…。いちばん成績がよかったのは2番手に滑った宮原舞依選手で、フリー106.99点、総合152.50点。庄司選手、西野選手、それから國分紫苑選手もミスが出てしまい、フリーの点数は90点に届きませんでした。

第2グループは細田采花選手、松田悠良選手がいい演技を見せてくれました。細田選手はフリー103.38点、総合151.85点。松田選手はフリー107.35点、総合158.29点。

第3グループは、整氷タイムにトイレ行列に並んだため、1番目の選手の演技を見逃してしまいました。このグループではやはり本郷理華選手の演技がよかったです! 勢いに乗っている若手選手が存分に力を出し切るのは本当にうれしい。フリー117.06点、総合176.31点という高得点をマークしました。彼女はもうすでに身長もけっこうあるし、このまま体型の変化に苦しむことなく成長していけるといいな(あ、成長というのは体型ではなくて、技術的な意味で)。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-12-28 08:56 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

全日本フィギュア ペア、アイスダンス観戦記

連休3日間まるごと全日本を観戦したツケが回ってきて、ブログを更新している時間がなかなか取れません。今日のところは、分量的に楽なペア、アイスダンスの観戦レポを書いてみます。

今回の全日本、アイスダンスはシニア4組、ペアはジュニア2組、シニア1組の合計3組が出場。全日本の場でアイスダンスとペアがこんなにも見られるなんて、しみじみとうれしいです。

まずアイスダンス。2位に入った平井絵己&マリオン・デ・ラ・アソンション組がよかったです! どんなカップルかなと前から興味は持っていたのですが、予想以上のクオリティでした。SDでは男性が最後のツイズルでつまずいてしまったのですが、それでも53.01点。リード組が55.51点だから、もしツイズルのミスがなければ、SD1位もありえたかも?

とはいえ、「うわあ、このカップル素敵!」と思ったのはFDの演技でした。プログラムは「007」で、振付けはオリビエ・ショーンフェルダー(と、スクリーンに表示されていたと思います)。これがすごくカッコいいプログラムで、「007」にふさわしいと感じるアクション映画ふうのリフトがいっぱい。動きもシャープで軽快でした。

演技中、スクリーンに演技が映し出されていたから、もしかしてテレビで放送されたのでしょうか? だとしたら、すごくうれしい。もう1回、ちゃんと見てみたいです。四大陸の代表にも選ばれたので、ぜひ頑張ってほしいです。

ペアは、ジュニアの2組がどちらも初々しかったです。日本に2組ものジュニアのペア。本当にうれしい。今後、世界ジュニアにも出られるといいな。

そして、シニアは高橋成美・木原龍一組。すごくよかったです。特にフリー。スロージャンプで2回転倒してしまったのですが、それも気にならない演技でした(というか、シニアは彼らだけの出場で、勝敗が関係なかったせいもありますが)。シーズン初めは、1つ1つの技が決まるかどうかにばかり注目していたようなところがありましたが、シーズンが進むにつれて、1つのプログラムとしての流れが出てきたように思います。だんだん完成形に近づいてきた感じ。まだ若い2人だけに、この先どんな世界を築き上げていってくれるのかと思うと、本当に楽しみです。
[PR]
by noma-igarashi | 2013-12-27 00:05 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

全日本フィギュア2日目女子SPレポート

全日本2日目、ともかくは女子SPの感想だけ、簡単に書いておきますね。
第1グループでは、なんといっても本郷理華選手の演技が群を抜いていました。ノーミスで、躍動感にあふれた演技でした。この日最初のスタオベ!

第2グループ、第3グループでは、第3グループで立て続けに滑った木原万莉子選手坂本花織選手の演技がよかったです。ともにノーミス。終わってみると、本郷理華選手(7位)のあとに、この2選手(8位、9位)が続いていましたね。全日本のこの顔ぶれの中でSP10位以内は素晴らしい。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-12-23 11:14 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

全日本フィギュア初日レポート

全日本、行ってきました。もうこんな時間ですが、感想を書いてみようかなという気持ちになったので、簡単ですが、書いておきたいと思います。男子のみでゴメンナサイ。

結果ページ

第1グループ
1番滑走が日野龍樹選手、2番滑走が田中刑事選手という、いきなり豪華なスタート。龍樹君のすぐ後に刑事君の演技を見てみると、龍樹君の滑りがまだ少年っぽいのに対して、刑事君はすでに大人というか、青年の演技だなあ…と感じました。刑事君の魅力を再認識。コンボが3-2になってしまったのが残念でした。

第2グループ
まず、山本草太選手の演技がすごくよかったです。会場、スタオベでした。まだ中学生なんですね? ということは、去年、全日本ジュニアで見ているはず(と思って調べたら、やはり見ていました。こちら)。今後が楽しみですね。昌磨君より若い世代が順調に育っているというのも頼もしいです。

そして、その宇野昌磨選手は、このグループで滑ると別格の感がありました。点数が出る前にお手洗いに走ってしまったのですが、後で確認したら、なんと72.15点。刑事君を抜いてその時点で暫定1位! そろそろ3Aにも挑戦してほしいところですが、もうちょっと体つきがしっかりしてきてからのほうがいいのかしらん。

第3グループ
お手洗いの行列があまりにすさまじいようなら、このグループの選手は何人か見逃しても仕方ないなと思っていたのですが、無事に全員見ることができました。35点から45点ぐらいの点数で、目立つ選手はいなかったですが、みんな精一杯の演技をしているのが伝わってきました。こういう演技を見られるのも全日本ならではです。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-12-22 02:15 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

いよいよ全日本

いよいよ土曜日から全日本が始まります。私はメダリスト・オン・アイスを除く3日間、現地で観戦する予定です。

思えば、今のように熱心にフィギュアを見るようになったのは、トリノ五輪シーズンのこと。ただ、当時は日本人選手よりも外国人選手のほうに関心が向いていて、GPファイナルは見に行ったけれど、その2週間後、同じ代々木体育館で開かれた全日本はテレビで部分的に見ただけ。五輪でも、男子はプルさんを応援していました。

それでも、そのトリノ五輪で荒川さんが金メダルを取り、フィギュア人気が高まる中、翌シーズンからは日本人選手を応援しはじめ、そうこうするうちに高橋選手のファンになり、今日に至る、という感じでしょうか。

トリノ五輪シーズンを最後に、全日本はずっと東京で開かれないまま。今回も東京ではありませんが、8年ぶりに首都圏で開催されることになり、「やっと来てくれたか」という思いです。大阪や長野まで見に行ったこともありますが、最近は遠征するのが厳しくなったこともあり、身近な場所での開催を待ちわびていました。

3枠を巡って激戦が予想される今年の全日本男子。できれば、トリノ五輪シーズンの女子のような試合を期待したいです。ただ、この動画でゆかりんも言っていますが、男子は自爆大会みたいになることもあるので、一抹の不安も(汗)。

とにかく、男子も女子も、ペアもアイスダンスも、出場する選手みんなが悔いのない演技をできますように。
[PR]
by noma-igarashi | 2013-12-20 00:34 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

全日本選手権を前に

こんなタイトル(↑)をつけましたが、全日本の展望や予想ではなく、きわめて個人的な話です。書いたものかどうか、何か月も迷いましたが、気持ちに区切りをつけるために書くことにしました。

 *

昨日の日曜日、年賀状を印刷しました。そのとき、宛名リストから名前を1つ、削除しました。今年の5月、その宛名の人物は亡くなったからです。
誰しも、年賀状のやりとりだけになってしまった友人はいるのではないでしょうか。年賀状を出す時期だけに思い出し、「そのうち会いましょう」などと書き添えるけれど、まず会うことはない。亡くなった友人も、そんな1人でした。2年前までは。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-12-17 00:44 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

12月の電気使用量

わが家の12月分の電気使用量は、11月8日~12月8日の31日間で164kwh、金額にして4468円でした。「昨年12月分は30日間で160kwhです」とのことなので、日割りすると今年が5.29 kwh、去年が5.33 kwh。前年からの増減率が書かれてないということは、四捨五入してどちらも5.3 kwhということなのでしょう。

ちなみに、先月は同じ31日間で176kwh、4825円。それよりは少なくて済みました。5000円を超えなかったし、よしとしておきます。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-12-14 00:49 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

ファイナルの結果から五輪に思いを馳せてみる

遅ればせながら、GPファイナルの感想です。というか、ファイナルの感想のつもりだったのですが、いざ書いてみると、五輪に向けての展望・希望という感じになってしまいました。カテゴリーごとに、1人(組)ずつの選手に注目して、あれやこれやと思うところを書いてみました。

まず、アイスダンスはペシャブルについて。今回のファイナル、彼ら3位に入ってくれてよかったなあとしみじみ。GPSフランス大会ではイリカツに抜かれて3位になってしまうし、ファイナルでもSDは5位と出遅れ、どうなることかと気を揉んでおりました。

五輪でも1位、2位はメリチャリ、テッスコのどちらかだと思われますが、それだけに、唯一残された銅メダルの争奪戦が熾烈になってきています。ボブソロも有力だけど、ファイナルに出なかったイリカツの勢いも侮れません。ケイトリンたちも力を伸ばしてきているし、そこにペシャブルを加えた4組の争いになるのではないかなと予想。

どの組もそれぞれに魅力的ですが、私としてはペシャブルにメダルを取らせてあげたいです。年齢的にいって最後の五輪になるだろうし、今季のFDの中では彼らのプログラムがいちばん好きだし(フランスのカップルならではのテーマがうれしいです)、それよりも何よりも、新採点になって以降、若手が活躍する中で、対等に戦えるように積み重ねてきた努力が報われてほしいなあという気持ちが強いので。そんなわけで、無事にファイナルで3位に入り、実力が衰えていないことをアピールできたのはよかったなあと思いました。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-12-10 23:40 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧