111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2013年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

妄想フィギュア 3地域対抗「風と共に去りぬ・オン・アイス」(5)

あれから数日後の妄想フィギュア北米チームの本拠地リンク――。
妄想ステファン・ランビエールが再びリンクを訪ねると、数日前と同じロビーのソファに、憔悴しきった様子の妄想ジェフリー・バトルが座り込んでいる。


ランビ:大丈夫かい?
ジェフ:やあ、君か…。
ランビ: ずいぶん悩み抜いたって顔つきだな。結局、配役はどうすることにしたの? 
ジェフ:………。
ランビ:パトリックはバトラー役? アシュレー役? それとも、きちんと話をして出演を諦めてもらうとか?
ジェフ: いや、あの展開で、パトリックを出さないわけにはいかないよ。
ランビ:うん、そうかもしれないな。
ジェフ:決めたよ。昨夜、寝ずに考えたんだ。北米チームはこの配役でいく。 (配役ノートを差し出す)
ランビ:………。 (ノートを開いて目を通す)

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-07-29 00:35 | オペラ・オン・アイス | Trackback | Comments(0)

038:イエス(五十嵐きよみ)

デュエットの間に心をとかされてついにイエスと言うツェルリーナ
[PR]
by noma-igarashi | 2013-07-27 00:24 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

037:恨(五十嵐きよみ)

捨てられた男の恨みがましさを歌うには若すぎるテノール
[PR]
by noma-igarashi | 2013-07-27 00:23 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

036:少(五十嵐きよみ)

少年が少女に扮する役柄を美貌のメゾソプラノが演じる
[PR]
by noma-igarashi | 2013-07-27 00:22 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

これから行くオペラ&コンサート

4月にフェニーチェの「オテロ」を見に行ったのを最後に、オペラやコンサートから遠ざかっていますが、秋以降の公演のチケットをいくつか取りました。

9月5日(木)19:00~ 東京文化会館
ダニエル・ハーディング指揮
ミラノ・スカラ座管弦楽団 特別演奏会


せっかくチケットを取ったのに、相方ジョルジュ(仮名、日本人)が行けなくなりそうな可能性が浮上。困ったことです。チケットを取る段階で、9月16日(月)のドゥダメル指揮+ミラノ・スカラ座管弦楽団のヴェルディ ガラコンサートとどっちにしようかだいぶ迷い、演奏曲目と会場でハーディングを選んだのですが、ドゥダメルのほうにしておけばよかったかも?(今さら仕方ないけど…)


10月5日(土)18:00~ NHKホール
チョン・ミョンフン指揮 フランス放送フィルハーモニー管弦楽団
ビゼー「カルメン」特集


このコンサートは、実は私は行きません。行くのは相方ジョルジュだけ。私も行きたかったのだけど、この日はジャパンオープンの開催日でして、そっちに行っちゃうので。もっとも、私はジャパンオープンのみの観戦につき、夕方からのコンサートにも行けないわけじゃないんですけどね。ただ、昼はフィギュア、夜はコンサートって、せっかくの感動が食い合いそうで、何だかもったいなくて。
ジョルジュから「コンサートに行けないかも」とだけ聞いたとき(前記参照)、「もしかして10月5日のこと? だったら私が行く!!」と思ったのですが、そううまくはいきませんでした。残念!


10月12日(土) 14:00~
新国立劇場「リゴレット」


10月3日(木)~22日(火)の中から、ジャパンオープンやGPSと重ならないように、この日のチケットを確保。この3連休は新横で関東ブロックが開催されるわけですが、オペラの翌日はコレに参加することになると思うし、関東ブロックは行けても最終日だけになりそう。というか、そこまで予定を詰め込むとしんどいので、東日本はパスする可能性のほうが高いかな。前の週の東京ブロックについては、日曜日だけでも何とか行きたいです。


12月1日(日)14:00~
新国立劇場「ホフマン物語」


11月28日(木)~12月10日(日)という公演日の中からこの日を選んだのは、ほかでもない、GPSとGPファイナルの谷間にあたり、試合のない週末だから。試合を気にせず観劇を楽しめるのは、この日しかありません!
この「ホフマン物語」も10月に見に行く「リゴレット」も、生で見るのは初めての演目。今からとても楽しみです。
[PR]
by noma-igarashi | 2013-07-26 00:08 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(2)

妄想フィギュア 3地域対抗「風と共に去りぬ・オン・アイス」(4)

妄想フィギュア北米チームの本拠地リンク。
妄想ジェフリー・バトルがロビーの椅子で演出のプランを練っていると、そこへ妄想ステファン・ランビエールがやってくる。


ジェフ:ステファン、ステファンじゃないか! (白い歯が印象的な笑顔を見せながら)
ランビ:やあ、久しぶり。アイスショーの仕事で近くまで来たんで、寄ってみたんだ。
ジェフ:大歓迎だよ。よく来てくれたね。
ランビ:聞くところによると、妄想フィギュア 3地域対抗「風と共に去りぬ・オン・アイス」の北米チームの演出は、君が担当するんだろう? 実は、ヨーロッパチームは僕が演出を手がけるから、挨拶しておきたいと思ってね。
ジェフ:知ってるよ。ヨーロッパチームは、ジェーニャ(プルシェンコ)がレット・ バトラー役に名乗りを挙げたそうじゃないか。正確には、強引に自分のものにしちゃった、というべきかな?
ランビ:耳が早いな。そうなんだ。あれにはまいったよ。
ジェフ:あはは。彼らしいよね。でも、ジェーニャならバトラー役にピッタリだよ。地でやれそうだ。
ランビ:彼も自分でそう言ってた。
ジェフ:やり方は強引だったかもしれないけど、僕としてはうらやましいな。北米チームは、レット・バトラー役がなかなか決まらなくてね。ジェーニャみたいに、役柄のイメージにピッタリで、実力も十分という選手がいてくれたらなあ…。
ランビ:確かに、人選が難しい役柄ではあるね。
ジェフ:レット・バトラー役以外は、複数の候補者がいるんだけどね。 (広げていたノートを示しながら) これが候補者リストなんだ。
ランビ:見てもいいのかい?
ジェフ:構わないよ。べつだん秘密主義じゃないから。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-07-21 17:07 | オペラ・オン・アイス | Trackback | Comments(0)

7月の電気使用量

話題にするのがすっかり遅くなりました。腰痛になる直前に、7月の電気使用量のお知らせが届いておりました。それによると、7月分のわが家の電気使用量は、6月6日~7月4日の29日間で171kwh。30Aの契約で、金額にして4673円。金額的にはまあまあかなと思いますが、残念なことに、使用量ベースで前年同月比13%増! これで2ヵ月連続の増加です。

去年に比べてどの部分で使用量が増えたのか、この機会に考えてみました。思い当たることとしては、このところ、給湯器のスイッチをつけっ放しにしていたこと。震災前はつけっ放し、震災後はこまめに切るようにしていたのですが、つまらない理由で、春ごろから再びつけっ放しにするようになっていたのでした。

というのは、トイレやキッチンの照明のスイッチが、つけたり消したりを繰り返すことでいかれてしまい(このマンションに住んで、もう15年ですからねえ…)、取り換える破目に。給湯器のスイッチも、あまり頻繁につけたり消したりしていると、それだけ早くダメになってしまうかもしれないなと思い、つけっ放しにするようになったのでした。この程度のことで13%も増加するものなのかどうか、真相はわかりませんが、試しに、再びこまめに切ってみることにしました。

エアコンなしの夏も3年目。数日前のニュースによると、東電は「気温40度が3日間ほど続けば、原発再稼働してほしいとの声が高まるはずです」などと言っているようですが、おかげさまで、昨日、今日はけっこう涼しかったです。このまま涼しくなってくれないものかしら。


(おまけ)暑さ対策でベランダに植えた朝顔が咲きました。

e0073856_23473888.jpg

[PR]
by noma-igarashi | 2013-07-17 23:49 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

妄想フィギュア 3地域対抗「風と共に去りぬ・オン・アイス」(3)

「風と共に去りぬ・オン・アイス」のチームヨーロッパの配役会議。
演出担当の妄想ステファン・ランビエールが主力選手を集めてキャストを発表しようとしていたところへ、妄想プルシェンコが乗り込んでくる。
ランビエールはほかの選手たちを外へ出し、プルシェンコと向き合う。

部屋の外では、妄想アモディオがドアに耳をつけ、会話を聞き取ろうとしている。面白がってジュベールも同じように聞き耳を立てる。



プル:すると、何かね、ステファン君。君はこの私を差し置いて、レット・バトラー役にハビエル君を選ぶというのかね?
ランビ:差し置いて、と言われても困るけど。ええ、そのつもりですよ。
プル:ふふん。どうやら君は、レット・バトラーという役柄がわかっていないようだな。君は『風と共に去りぬ』を読んだことがあるのかね。
ランビ:ありますよ。演出を引き受けるにあたって、映画だって見直したし。
プル:とてもそうは思えないな。いいかね? レットといえばスカーレットよりずっと年上で、自信満々のオレ様キャラ。そんな人物を演じるにふさわしいのは、フィギュア界広しといえども私ぐらいのもの。どうかね、私以上にレットにぴったりな人物がほかにいるとでも?
ランビ:………。

アモ (小声で) あんなこと、自分で言う?
ジュベ:言ってのけるのが彼だってこと。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-07-15 18:15 | オペラ・オン・アイス | Trackback | Comments(2)

近況報告

腰痛のため、ブログの更新が滞っております。土曜日に、靴下を穿こうとして、グキッとなってしまいました。(^^;;; おかげさまで、だいぶ回復しましたので、来週以降にご期待ください。

私は、腰痛のときはペインクリニックに行っています。歯医者や眼科みたいに、ペインクリニック科専門の病院もけっこうあるし、総合病院の中にペインクリニック科を新設する病院も増えてきたようです。

腰痛以外でも、疼痛には効果的。即効性があるので、本当に助かります。月曜日に行って、8割程度まで回復。明日もう一度行く予定なので、これで全快したいです。
[PR]
by noma-igarashi | 2013-07-13 00:13 | ごあいさつ、他 | Trackback | Comments(0)

訳しきれない昨シーズンの総括記事

フランスのフォーラム「Passion-Patinage」のトップページに、昨シーズンの総括記事がアップされていました。本当はこちらを訳したかったのですが、長さにめげて、別のものを訳してしまいました(1つ下の記事)。

リンクだけ貼っておきますので、興味のある方は自動翻訳でどうぞ。実際には「ペア→アイスダンス→女子シングル→男子シングル」の順に並んでいますが、自分の興味で以下のような順番にしました。

男子シングル
北米(カナダ→アメリカ)→アジア(日本→中国→カザフスタン)→ヨーロッパ/フランス(スペイン→チェコ→ロシア→フランス)」の順に戦力分析がされています。日本人選手については、「羽生選手→高橋選手→無良選手→町田選手→織田選手→小塚崇彦」の順に取り上げられていますが、世界選手権に出た選手はその順位の順ということだと思います。それ以外の選手は全日本の結果順かと思ったのだけど、違いますね。何かの基準があると思うのだけど、ちょっとわかりません。

羽生選手、高橋選手については、試合によって波のあるシーズンだった、というようなことが書かれています。高橋選手はGPファイナルでは優勝したものの、四大陸、世界選手権では期待されるだけの結果を出せなかったこと。ジャンプを成功させることに気持ちを持っていかれて、プログラムに集中しきれなかったのではないかということ(←このへんちょっとアヤシイ)。新しいシーズンは彼にとって現役最後のシーズンになるので、ベストの演技ができるようにしなければならない、というようなことが書かれているかと思います。

女子シングル
アジア(韓国→日本→中国)→ヨーロッパ/フランス(イタリア→ロシア→スウェーデン→フィンランド→フランス)→北米(カナダ→アメリカ)の順に戦力分析がされています。日本人選手については「浅田選手→鈴木選手→村上選手」の順に取り上げられています。

ペア
ヨーロッパ→北米→アジアの順に戦力分析がされています。ロシアに割かれている行数がすごい。つまりは、それだけ選手の数が多いということなのですが。
アジアについては、中国の戦力分析が中心ですが、最後のほうに成美ちゃんのことにもふれられています。トランとペアを解消し、木原選手と新たに組んだこと、その理由はトランが日本国籍を持っていなかったためだろう、みたいなことが書かれているようです。

アイスダンス
「北米→ヨーロッパ/フランス」の順に戦力分析がされています。アジアはなし。うーん、そうか。それはそうか…。アジアにも、ここに加われるぐらいの戦力が育つといいなあと改めて思いました。
[PR]
by noma-igarashi | 2013-07-05 10:46 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧