111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
こんばんは。 フランス..
by かのこ at 21:07
ごめんなさい。上のコメン..
by noma-igarashi at 08:18
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2013年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

団体戦、最終順位のシミュレーション

五輪の団体戦について、先の世界選手権の結果をもとにシミュレーションしたところ、SPを通過できる上位5ヵ国は、1位カナダ、2位ロシア、3位アメリカ、4位フランス、5位日本という結果になりました(1つ下の記事参照)。そこで今度は、この5ヵ国でフリーを戦い、最終的な順位がどうなるかをシミュレーションしてみます。

団体戦のくわしいルールがわからないのですが、国別対抗と同じように(そして、他の試合と同じように)、「SPの点数+フリーの点数=総合得点」を比較して、点数が高い順に1位、2位、3位…というふうに順位をつけると考えていいんですよね? そして、その順位を順位ポイントに置き換え、4種目の合計ポイントによって団体戦の順位を決める、と。

これがもし、SPはSPで、フリーはフリーで順位ポイントを出し、2つの順位ポイントの合計によって団体戦の総合順位を決めるという仕組みなら、総合順位はSP終了時点の順位と同じ。日本は5位のままだと思われます。

それならそれで仕方ないですが、ともかくここでは、①「SPの点数+フリーの点数=総合得点」によって各種目の順位を決める→②順位を順位ポイントに置き換える→③4種目の順位ポイントを国ごとに合計する→④順位ポイントの合計が多い国から順に団体戦の順位が決まる、という仕組みだろうと推測して話を進めます。

先の世界選手権の最終順位をもとに、各種目の順位を割り出したところ、以下のようになりました。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-05-30 01:08 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

団体戦SPのシミュレーション

五輪のフィギュア団体戦で、どの国がメダルを獲得しそうか。先の世界選手権の結果をもとに、シミュレーションしてみたいと思います。団体戦はまずSPを戦い、上位5ヵ国がフリーに進むというルールなので、個人戦のように「SPで出遅れてもフリーで一発逆転」という構図は成り立ちません。メダルを取りたいと思ったら、とにかくSPで5位以内に入ること。

1つ下の記事で、ざっと順位点を計算した結果、「日本は3位の可能性もある」と書きましたが、ちょっと計算違いがありまして、どうも日本は、そんなに苦戦せずとも3位に入ってしまいそうなのです。あくまでも、先の世界選手権をもとに計算した場合ですけど。

各順位に与えられる点数がわからないので、国別対抗を参考に、「1位=10点、2位=9点、3位=8点……8位=3点、9位=2点、10位=1点」という配点で計算しました。また、1つの国から2人(組)以上出場している場合は、最も成績のよかった選手の順位を採用。さらに、団体戦のポイントランキング10位以内に入っていない国の選手は除外しました(例:男子シングルのデニス・テン選手)。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-05-29 00:39 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

五輪の団体戦、日本は3位の可能性も!?

あとでまたくわしく書きますが、
今年の世界選手権の結果をもとに、
団体戦の順位をシミュレーションしてみたところ、
SPを通過する5ヵ国は、ポイントが高い順に、
カナダ、アメリカ、ロシア、フランス、日本 となりました。
(ただし、日本はペアが出場するという想定で、ペア最下位のポイントを加算しました)

最終順位をどうやって決めるのかよくわかりませんが、
(SPとフリーの順位点を足すのか、
あるいは、SPとフリーの点数を足して順位を決めた上で、
その順位を順位点に置き換えるのか)
どちらだとしても、最終順位は
カナダ、アメリカ、ロシア、日本、フランス という結果になりました。

ただ、日本がメダルを取れる可能性もないではありません。
日本のメダルは、ペアの高橋・木原組の仕上がり方しだい。
去年の世界選手権で高橋・トラン組が出したぐらいの点数が出せれば、
机上の計算では日本が3位になりました!

(ただ、SPはイタリアと僅差だし、中国ももっと頑張るだろうから、
現実的にはSP敗退の可能性もありそうなのですが…)
[PR]
by noma-igarashi | 2013-05-27 00:05 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

五輪団体戦、各国の作戦を予想する(⑩スペイン)

団体戦の作戦予想、最後はポイントランキング10位のスペインです。
先の世界選手権で、スペインが獲得した種目別の枠は以下の通り。

男子:2枠 女子:0枠 ペア:0枠 アイスダンス:0枠

そして、先の世界選手権での種目別の成績は以下の通りでした。

男子:フェルナンデス(3位)
女子:ラフエンテ(22位)
ペア:-
アイスダンス:19位(Sara HURTADO / Adria DIAZ)


現状では、出場枠があるのは男子だけ。ただ、女子は今後、ラフエンテ選手が枠を確保できるかもしれないですね。アイスダンスは、Sara HURTADO / Adria DIAZ 組が19位で、リード組より1つ上の順位でした。彼らも枠を確保できる可能性があるかな? ペアはユーロ、世界ジュニアともに出場者がいませんでした。スペインも、団体戦に出場できるとしても、3種目だけの可能性が高そうです。

という状態で、スペインは団体戦をどう戦うべきか?

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-05-26 17:36 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)

五輪団体戦、各国の作戦を予想する(⑨韓国)

五輪の団体戦予想、今回取り上げるのは韓国です。現在、ポイントランキング9位。
先の世界選手権で、韓国が獲得した五輪の出場枠は以下の通りでした。

男子:0枠 女子:3枠 ペア:0枠 アイスダンス:0枠

さらに、先の世界選手権に出場した韓国の選手の成績は以下の通り。

男子:26位(Jin Seo KIM)
女子:1位(キム・ヨナ)
ペア:-
アイスダンス:-


韓国がこのまま団体戦に出場できることになったとしたら、キム・ヨナ選手1人で出場権を獲得したという感じになりそうですね。

ペアとアイスダンスは世界選手権の出場者がいませんでしたが、世界ジュニアではアイスダンスにRebeka KIM / Kirill MINOV組が出場して、20位という結果を残しています。確認したところ、女性のRebeka KIM 選手は1998年1月生まれ。五輪に出場可能な年齢なので、韓国がこのまま団体戦の出場権を得たら、アイスダンスには彼らが出場してきそうですね。ペアについては、選手がいないと考えていいのかな?

団体戦は「3種目だけの参加もできる」ということですが(朝日新聞の記事参照)、1種目分のポイントが入らないとなると、やはり厳しいですよね。韓国としては団体戦をどう戦うべきか。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-05-26 00:15 | Trackback | Comments(0)

五輪団体戦、各国の作戦を予想する(⑧日本)

五輪の団体戦の作戦予想、今回は日本です。日本については、2ヵ月ほど前にも作戦を練ったことがありますが(こちら)、改めて書いてみますね。
先の世界選手権で、日本が獲得した五輪の出場枠は以下の通り。

男子:3枠 女子:3枠 ペア:0枠 アイスダンス:0枠

そして、各カテゴリーの結果は以下の通りでした。

男子:羽生結弦(4位)、高橋大輔(6位)、無良崇人(8位)
女子:浅田真央(3位)、村上佳菜子(4位)、鈴木明子(12位)
ペア:-
アイスダンス:リード組(20位)


昨年に比べると、今年の結果はイマイチ。だからこそポイントランキング8位なのであって、昨年ならばもっと上の順位だったはず。ただ、あまり上位だと、五輪が近づくにつれてマスコミ&世間がうるさくなること必至なので、このぐらいがちょうどいいのかもしれません。

日本の場合、2つのカテゴリーに有力選手が揃っているし、ペアとアイスダンスにも出場できる選手がちゃんといるのだから、団体戦に力を入れれば、十分メダルを狙っていけるのではないかと思います。もちろん、個人戦に集中して、個人戦でメダルを取ってほしいというファンも多いことと思いますが、この記事はあくまでも、団体戦でメダルを取るための作戦予想なので、それに徹したいと思います。

2ヵ月前の時点では、男子はゆづがSP、ダイスケがフリー担当、女子は真央ちゃんがSP、あっこ姐さんがフリー担当という作戦を立てましたが、世界選手権と国別対抗を経て、ちょっと作戦が変わりました。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-05-23 00:29 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(5)

五輪団体戦、各国の作戦を予想する(⑦中国)

団体戦の作戦予想、今回はポイント7位の中国を取り上げます。まずは、中国が確保している五輪の出場枠は以下の通り。

男子:1枠 女子:2枠 ペア:2枠アイスダンス:0枠

そして、先の世界選手権の種目別の結果はこんな具合でした。

男子:15位(ナン・ソン)
女子:7位(ジジュン・リー)、23位(クーシン・ジャン)
ペア:5 位(パン・トン)、11位(ペン・ジャン)、12位(スイ・ハン)
アイスダンス:出場なし


本来なら、中国はペアが強いし、今は男子、女子もいい選手が出てきているし、何より、国として団体戦に力を入れると決めたら、それが可能だと思うので、すごく団体戦向きのチームじゃないかと思います。作戦次第では、メダルに十分手が届きそう。

ただ、肝心のペアが、今はちょっと心配な状況です。パン・トンやスイ・ハンは、ベストな状態で五輪に臨めるでしょうか。ペン・ジャンはレベルアップしているでしょうか。そして、2枠に減ってしまった代表には、どのチームが選ばれるのかも気になるところです。また、1枠しかない男子シングルも、誰が代表になるかが気になるし、誰が代表になるかによって、中国チームの戦い方が左右されそうです。

中国チームは、どのように団体戦を戦うべきか? 私としては、こんなふうに作戦を立ててみました。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-05-21 00:12 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

「魔笛」のDVDでドイツの歴史をおさらい

e0073856_1712917.pngここ、本来はオペラのブログなので、たまにはオペラのことを書いてみたいと思います。昨夜は、この「魔笛」のDVDを見ました。ベルリン国立歌劇場の東京公演を収録したものです。公演は1980年ですが、DVDが発売されたのはずっと後で、2010年。去年買って、出だしと夜の女王のアリアだけつまみ食いして放置していたので、昨日はちゃんと通して見ました。

NHKがテレビで放送したものをそのままDVDにしたものらしく、序曲のときに出演者の名前がでかでかと表示されるのですが、タミーノを演じるペーター・シュライヤーのほかは、あまり名前を聞いたことのない歌手たち。有名な歌劇場の来日公演なのに、わりと地味な出演者なんだな、と思いながら、流れていくキャストの名前を見ているうちに、それがどうやらドイツ人ばかりらしいことに気がつきました。

そっか。1980年の公演というと、まだ東ドイツの時代。それで、出演者を自国の歌手で固めていたのでしょうね。ライナーノートを見てみると、冒頭にこう書いてありました。「ここに収録されている1980年3月12日の「魔笛」の映像は、旧東ドイツ時代のベルリン国立歌劇場が初来日した初日の上演である」。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2013-05-19 17:20 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

022:梨(五十嵐きよみ)

洋梨によく似たかたちの楽器から甘い音色が滴り落ちる
[PR]
by noma-igarashi | 2013-05-18 19:06 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

021:仲(五十嵐きよみ)

ボエームの仲間だったら哲学者コッリーネと語り明かしてみたい
[PR]
by noma-igarashi | 2013-05-18 19:05 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧