111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のコメント
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
こんばんは。やや、お久し..
by Disney 鴨 at 20:43
かのこさん、こんにちは。..
by noma-igarashi at 18:01
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2012年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

全日本に対するフランスのフォーラムの反応

全日本から早くも1週間。3つ下の記事にも書いたように、フランスのフォーラムにも全日本の専用スレッドができて、期間中、メンバーさんたちのコメントで盛り上がっていました。その中から興味深かった部分だけ、かいつまんでご紹介してみます。

試合が始まる前日に、フォーラムの管理人(世話役?)のTommyAlbrightさんがスケ連のリザルトページをリンクしたところ、それを見たメンバーさんが「この試合、ペアが出場しないじゃない!!」とびっくりマーク入りのコメント。そっか、驚かれるんですね。そういえば、去年は去年で「全日本選手権って、男女とも20人以上も選手が出場するの!? 日本にはこんなにスケーターがいるの!?」と驚かれ、私のほうが驚きましたっけ。全日本とフランスの国内選手権を比較すると、シングルの選手は日本のほうがずっと多いけれど(去年初めて知りました)、フランスは全カテゴリーがそろっているので、去年の驚きも今年の驚きも、それぞれ、もっともなことなのでしょう。

この話題は、「日本はペアなしで国別対抗に出場できるの? オリンピックの団体戦はどうするの?」という展開に。この疑問に対して、TommyAlbrightさんが「オリンピックの団体戦は3カテゴリーが出場すればいいから、ペアがいなくても問題ない。国別対抗については、日本はホスト国だから、欠場することにはならないだろう」と解説しておられました。

そのやり取りが交わされる間に、男子SPの結果が出て、今度はその話題に。羽生選手の高得点に興奮する人あり、「高橋選手は2位だけど点差が開いちゃったね」とコメントする人あり、町田選手の失速を嘆く人もありました。

男子フリーの結果が出ると、1位、2位のハイレベルな戦いに「国内選手権でこれはすごい!」と驚嘆&称賛の声。ですよねえ~。フリーに関しては、ダイスケの演技が特に絶賛されていましたが、うれしかったのはTommyAlbrightのコメント。「シーズン初めにこのプログラムを見たときは、音楽の選択や振付に懐疑的だったけれど、今回の演技を見て評価を改めた」とのことでした。ほかにも「この難しい曲をあそこまで滑りこなすとは。滑り込むうちに本当に素晴らしいプログラムになってきたね」というようなコメントも。

3位の無良選手のことも話題に出ていましたよ。事前に注目されていた6人のうち、3番手としてきちんと結果を出しただけに、「世界選手権の3人目の代表は彼が有望だろう」という声が寄せられていました。
[PR]
by noma-igarashi | 2012-12-29 00:40 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)

全日本男子は熱かった!

いやあ、すごい試合でしたね! 昨日の全日本男子フリー、記憶に残る、長く語り継がれるべき熱戦でした。なかでも、なんといってもダイスケ。昨日はテレビ観戦だけに徹し、テレビの前で手に汗握っていたのですが、まさか、あそこまですごい演技を見せてくれるとは。テレビの前で熱く燃えました。1つ前の記事では、「SPとフリーで3本のアクセルをきれいに決めて、世界選手権の代表になってくれれば十分うれしい」と書きましたが、そんな次元の話じゃなかったですね。最初の4回転はきれいに成功、2つめのコンボはやや乱れたものの、これもひとまず成功。ミスらしいミスはこの乱れだけで、あとはもう、完璧に近い演技を見せてくれました。素晴らしい~!

さらにいえば、素晴らしかったのは彼個人の演技だけではなく、全日本というあの舞台を盛り上げてくれたこと。これも本当に素晴らしかったと思います。ダイスケが全日本で初優勝したのがトリノ五輪シーズンの2005年。それから今年までの7年間には、織田君、こづが優勝した年もあったものの、こういってはなんですが、織田選手の優勝はダイスケ不在の年、こづの優勝はファイナル練習中の事故でダイスケが万全とはいえない状態だった試合でした。しかし、今回の全日本は違います。SPではやや出遅れてしまったものの、フリーでは本人のガッツポーズが出るほどの演技。そんな中での優勝争いでした。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2012-12-23 10:07 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(2)

うれしいトリプルアクセル

全日本の男子SP、うまい具合に仕事が早く終わり、健人君からリアルタイムでテレビ観戦できました。テレビをつけたらいきなり王子! テンション上がる~!

健人君の演技も素晴らしかったですが、続く彰生君の演技に感涙。ノーミスでしたよ~! トリプルアクセルがきれいに決まりましたよ~! 彼がトリプルアクセルに挑むようになってから、テレビや実際の試合&ショーでその演技を見てきましたが、あんなにきれいに決まったのは初めて見ました。いちばん決めたい大舞台で、見事な成功。これがうるうるせずにいられましょうか。本当によかった! どうか明日もいい演技をして、強化選手に復帰できますように。

昨日も書いた通り、今度の世界選手権で五輪の3枠が取れたら、世界選手権も3枠維持できるわけですが、これに四大陸選手権を加え、すべてバラバラの選手が出るとしたら(ありえないだろうけど)、最多で9人。とゆーことは、彰生君が四大陸の代表に選ばれることだって、十分ありうるんじゃありません? どうかアクセルが安定して、来年もいい結果が出せますように(というか、その前に明日のフリーだが)。

もうひとつ、うれしかったトリプルアクセルは、ダイスケのトリプルアクセル。今日はきれいに決まりましたね~。すべての選手についていえることですが、私としては、4回転のためにトリプルアクセルの精度が落ちてしまうのがすごくイヤ。それだったら、4回転でコケてもいいから、アクセルがきれいに決まるほうがうれしい。というふうに思っているので、今季、アクセルの調子がよくなかったのが本当に残念で。アクセルがきれいに決まり、クワドがあれぐらいのミスに抑えられたのなら、私としてはかなり満足。

SP首位のゆづとはけっこう点差が開いてしまいましたが、常にダイスケが一番でなければイヤだと思っているわけではないので、私としてはそれほど気にしていないです。GPファイナルでは「日本人初」をものにしてくれたことだし、全日本は合計3本のアクセルをきれいに決めて、世界選手権の代表にすっきりしたかたちで選ばれてくれれば、それで十分うれしいです。

明日のフリーでは、一人でも多くの選手が納得のいく演技をできますように!
[PR]
by noma-igarashi | 2012-12-22 00:56 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

フランス人の男子順位予想

全日本、SPの滑走順が発表になりましたね!(スケ連の滑走順/結果ページ) 明日は仕事が遅くなりそうな予感で、リアルタイムにテレビ観戦できるかどうか、ちょっと微妙な情勢です。土曜日も、女子SPは無理かも…。でも、男女ともにフリーはしっかり見られるので、よしとしておきます。

フランスのフォーラムを見てみたら、「Autres compétitions 2012-2013 その他の試合」というくくりの中に、全日本選手権「Championnat du Japon (Sapporo, 20 - 24 décembre 2012) 全日本選手権」というスレッドができていました。試合前なので、書き込みはまだほとんどないですが、そんな中で、私のお気に入りのメンバーであるremovofさんが男子の順位予想をされていましたよ。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2012-12-20 22:41 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)

全日本選手権を前に

金曜日から全日本選手権が始まります。数日前にスケ連のサイトでタイムスケジュールを確認していて、「今シーズンはペアの試合がないんだな。淋しいな」と思っていたのですが、まさか、高トラ組、ペア解消とは…(涙)。ただ、この件については何をどう語ればいいかわからないし、そもそも、まとまったことを語れるだけの材料がないので、ひとまず置いておきます。このニュースを知る前の時点に気持ちを戻して、世界選手権の代表選考のことについて、全日本が始まる前に少し書いておきたいと思います。

スケ連の発表によると、今年の世界選手権の選考基準は以下の通り。

全日本選手権終了時に、以下の基準のいずれかを満たす者から総合的に判断して決定する。
① シニア・グランプリ・ファイナルの日本人上位3名(参加が3名未満の場合はシニア・グランプリ・シリーズのランキング上位3名)
② 全日本選手権3位以内
③ 全日本終了時点でのワールド・スタンディングで上位3名
・最終選考会である全日本選手権への参加は必須である。
・過去に世界選手権6位以内に入賞した実績のある選手が、シーズン前半にけが等で上記の選考対象に含まれなかった場合には、世界選手権時の状態を見通しつつ、選考の対象に加えることがある。


続きを読む(ちょっと補足しました)
[PR]
by noma-igarashi | 2012-12-20 00:56 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

フィギュアの話に見せかけて…

フィギュアの試合を見ているときにちょくちょく感じる、「なんでこの選手だけどうやっても追いつけないぐらい高得点になるの~!?」というストレスに似ていなくもない心境ですが、そんなふうに感じてしまうワタシって、何ざんしょ(汗)。どうしても採点に納得できなかったり、ストレスを感じることが嫌だったりして、フィギュアを見るのをやめてしまう人もいるようですが(ネットをうろついていると、そういう発言をする人をたまに見かけます)、そういう対処の仕方には疑問を感じてしまいます。

私としては、ストレスの原因を遠ざけるより、ストレスの原因を根本的に解消することを選びたい。要は、応援する選手が高得点を出せるようになるまで、その選手を応援すること。みんながみんな、高得点を出せるわけではないけれど、よりよい結果をめざすことは諦めずにいたい。フィギュアの話に見せかけて、実はフィギュア以外の話をしているので、特にそのように思います。諦めちゃいかんです。自分自身の生き方の問題ですから。
[PR]
by noma-igarashi | 2012-12-17 23:47 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

赤川次郎さんの新聞投稿

金曜日の朝日新聞朝刊の「声」ページのトップに、作家の赤川次郎さんの投稿が掲載されていました。私はこの方の著作を1冊も読んだことがないのですが、一時、朝日新聞の夕刊に「三毛猫ホームズとオペラに行こう!」というコラムを週1回のペースで連載されていて、これは毎回楽しみに読んでいました。題名からわかるように、オペラに関するコラムだったのですが、3.11以降はそれに絡めながら、原発に否定的な記述が混じることが多くなっていきました。そうこうするうちに、昨年9月で連載が中止に。なんとなく、原発に否定的な内容が多くなったからではないか、と推測したりしていました。赤川次郎さんにとっては、短いコラムが1本なくなったぐらい、どうということはなかったでしょうけれど、オペラに関する話題が読めなくなったことも、原発に真っ向から異議を唱える文章が紙面から消えてしまったことも、とても残念に思いました。

金曜日の「声」ページでは、そんな赤川次郎さんの文章を久しぶりに読むことができました。「三つの光景が安全を選ぶ原点」と題して、今回の総選挙で政権を取った政党が原発を再稼働させることを懸念する内容の文章でした。まったく同感です。
今日は投票日。午後になったら出かけるつもりでいます。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2012-12-16 10:25 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

全日本選手権の展望

ファイナルが始まる前の段階で、フランスのフォーラムに各国ナショナルの展望記事がアップされていました。取り上げられている国は、掲載順に、日本、ロシア、カナダ、アメリカの4か国(自国フランスについては別記事もあるので、除外されていました)。

この記事を最初に見たとき、「アルファベット順でもないのに、日本が真っ先に取り上げられている~!」と浮かれてしまったのですが(つまり、それだけ注目度が高いのね、と)、よく見たら、開催日が早い順みたいですね。(^^;;; でも、まあ、フランス以外はわずか4か国しか取り上げられていないのに、日本が含まれているのはうれしいことです。

以下に、日本の部分だけ訳してみました。ファイナル開催前の記事なので、そのつもりでお読みください。例によってチョー適当。一部、かなり推測の混じった訳文も(男子の最後、「日本スケート連盟は~」の部分。だいたいこんなことが言いたいんだろうな、と)。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2012-12-15 10:48 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)

GPファイナル総括記事

フランスのフォーラムのトップページに、GPファイナルの総括記事がアップされています。男子の中でも、ダイスケ、ゆづの部分のみ、おおざっぱに訳してみました。例によってチョー適当なので、間違いがありましたらゴメンナサイ。

フランス語も難しいけど、日本語も難しい。もっといい日本語があるような気がするんだけどなあ…と思いつつ、適当に置き換えてしまいました。

原文サイト

先月の試合ではベストの状態に程遠かったが、高橋大輔は勝つための感覚を取り戻し、GPファイナルの初タイトルを獲得した(三度の銀メダルの後でようやく)。SPではノーミスの演技で首位に立ち、フリーでは最初の4回転で転倒したにもかかわらず、大きく崩れることがなかった。転倒後すぐに4-3のコンビネーションに成功、3Aで着氷が乱れるミスがあったものの、勝つためには十分なパフォーマンスを繰り広げた。ニースの世界選手権で2位になり、彼は競技で存在感を見せつけている。ソチ五輪を前にして、ロンドンの世界選手権ではチャンピオンの座の奪還を狙っていくことになるだろう。

日本は高橋だけでなく羽生結弦を擁して、2倍の強さを見せつけた。GPSの2試合ではSPで輝かしい演技を披露したが、ファイナルでの演技はそれに及ばなかった。しかし、フリーでは4回転サルコウが2回転になったにもかかわらず、技術面で印象的な演技を披露した。冒頭で4回転トゥループに成功し、演技の後半には二度のトリプルアクセル、二度のトリプルルッツに成功。落ち着いた滑りで彼はスタミナの問題を忘れさせ、世界タイトルを狙っていくだけの力があることを証明した。


(おまけ)
女子は、浅田選手を正当に誉めてくれているように思われます。世界選手権ではヨナ・キム選手が復帰してくるだろうから、彼女との争いになりそう、みたいな感じかな。あっこ姐さんは、SPかフリーか、どこかでミスを犯してしまうところを克服しないとね、と書いてあるような気がします。
[PR]
by noma-igarashi | 2012-12-15 00:23 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)

新国立劇場「セビリアの理髪師」

e0073856_136148.jpg新国立劇場「セビリアの理髪師」
公式サイト 舞台写真
2012年12月6日(木) 18:30開演
新国立劇場 4階R8列0番台

指揮:カルロ・モンタナーロ
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

アルマヴィーヴァ伯爵:ルシアノ・ボテリョ
ロジーナ:ロクサーナ・コンスタンティネスク
バルトロ:ブルーノ・プラティコ
フィガロ:ダリボール・イェニス
ドン・バジリオ:妻屋秀和
ベルタ:与田朝子
フィオレッロ:桝貴志
合唱:新国立劇場合唱団


続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2012-12-13 13:13 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧