111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
こんばんは。 五十嵐さ..
by Disney 鴨 at 20:49
>Disney 鴨 さん..
by noma-igarashi at 09:36
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2011年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ネーベルホルンの記事

「passion-ptinage」の記事ページに、ネーベルホルン杯の総括記事がアップされていました。取り急ぎ、羽生結弦選手にふれた部分のみ、自動翻訳に多少の手を加えてみました。

On a pu observer de nombreuses tentatives de quadruples sauts, ce qui témoigne d'une ambition renouvelée malgré pas mal d'échecs. En difficulté sur le quadruple boucle piquée, Yuzuru Hanyu remporte tout de même aisément la victoire, grâce à un triple Axel très fiable et des composantes élevées. Pour sa seconde saison en senior, il semble capable de bouleverser la hiérarchie nationale en vue des grands championnats.

多くの選手たちが、リスクを抱えながらも、果敢に4回転ジャンプに挑戦してきた。羽生結弦もまた4回転トウループに挑み、ミスはあったものの、確実な3Aと高いPCSのおかげで勝利を手に入れた。シニア参戦2シーズン目の今季、彼は全日本選手権においても台風の目となるだろう。

(自動翻訳)
障害の多くにもかかわらず、新たな野望を反映し、四倍のジャンプへの試みが数多く行われている。四重トウループの難易度では、譲羽生も、容易に信頼性の高いトリプルアクセルと高いコンポーネントのおかげで、勝利を獲得した。二度目の年長の季節のために、彼は全国大会に階層を動揺させることが可能だ。

[PR]
by noma-igarashi | 2011-09-29 00:23 | スケート記事の翻訳 | Trackback | Comments(0)

久しぶりに、フィギュアの話題

3.11以降、フィギュア以外に気にかかることが増えてしまって、フランスのフォーラム「passion-Patinage」もしばらく覗いていませんでした。久しぶりに訪問してみたところ、トップページが大きく変わっていてびっくり。まだ十分に把握できていませんが、あちこちクリックしていたところ、各カテゴリーについて、国ごとの現状をまとめたページがありました。

女子
日本は1番目に取り上げられています。やっぱり有力選手が多いし…と思ったのだけど、2番手に韓国が来ているところから推測すると、世界選手権の結果順ということのようです。日本女子について書かれた部分を自動翻訳してみました。意味、なんとな~くおわかりいただけます?

2007年と同様、安藤美姫は、ポストオリンピックシーズンの世界タイトルを獲得した。ナショナルチャンピオンは、2004年以来初めて、彼女は、パフォーマンスの著しい一貫性のおかげで彼のキャリアの中で最も成功したシーズンを作り出した。そのプログラムの構成は依然として不十分であり、我々は、式の中で一定の準備金を後悔するかもしれないが。しかし、彼女は肝心な瞬間に緊張を管理し、そして唯一のグランプリファイナルでショートプログラムを逃した無敗シーズンを完了することから彼を防止しています。

浅田真央、はるかに混沌としたシーズンに向けて。副オリンピックチャンピオンは、完全に彼がグランプリに出場することを許可しないジャンプの彼のテクニックを(多くの場合、分解されるか、下の回転によって罰せられる)、再構築することを選択していた。彼女は四大陸で、彼の全国選手権で準優勝を回復し、できればそれが唯一の6位を取ると、彼のシーズンは、世界で失望に終わった。それはこの要件は、中期的に生産的であることが彼女のために期待して、確実に移行する年だったので、それは結論を出すことは困難です。敬礼彼の技術的な知識が安定されていないときに、競争に立って彼の勇気。

村上佳菜子、2010年の世界ジュニアチャンピオンは、彼の最初の年長の季節のために非常に優れたパフォーマンスを達成しています:グランプリファイナルと国家のチャンピオンシップで3位、彼女が8位に終わった世界選手権のために修飾する。非常に有望な、それは来年、階層内の上位行く必要があります。



男子

やはりカナダが1番目に取り上げられていますね。日本は2番目。これまた、日本男子の部分のみ自動翻訳してみました。

日本のスケートは最高レベルで、その印象的な密度を確認した。小塚崇彦は2つのグランプリと国家のチャンピオンを獲得、その能力に自信を取った:しかし、それは我々は、少なくとも最終的に大きな成功を経験したことが予想つです。彼は素晴らしいフリーのプログラムを通して、世界で銀メダルを獲得でシーズンを終えた。その施設のほとんど空気のような薄い彼のスケートの光は、さらに主張できる良好な感度、で、その能力を最大限にそれを可能にしました。

反対のための高橋大輔は、苦労していると彼の世界タイトルを確認することができませんでした。それは式の中で強烈で情熱的だった場合、彼の体調は大事な〆のベストと競争するには不十分である。苦い終わりのような自由な音の世界での事件が、彼は次のシーズンに再開するために熱心になります。再び自分のベストを提案する。

織田信成は、前の季節、挫折感のように、残します。時には、それは余りにすぐに鮮やかな電圧に追い越され、途方もない可能性を実現するために失敗します。それは他の機会になる場合でも、まだ別の世界の表彰台を源泉COPの誤解、と彼はよく彼のチャンスを逃している場合があります。

羽生結弦、2010年の世界ジュニアチャンピオンは、シニアの彼の最初のシーズンに大きな期待が示されています:四大陸に2番目に、彼はすぐに世界の選択のための戦いに参加することができます。



ついでに、フォーラムで見つけたネーベルホルンの写真ページ
[PR]
by noma-igarashi | 2011-09-27 00:44 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

脱原発のために自分にできること

というわけで、先週は「脱原発1000万人アクションパレード」に参加してきました。衆議院議員の河野太郎氏によると、デモへの参加は、参加者が自分の気持ちを確認するためにはいいけれど、どんなに大規模なデモが行われても、政治家は痛くも痒くもないのだとか。自分の選挙区の政治家に直接要望を出すのが効果的だそうです。

だからというわけではないですが、今後、デモの類いに参加する予定は特にナシ。では、自分に何ができるかというと、いちばんはやはり、脱東電をめざすことかなと思っています。良くも悪くも、せっかく東電の管内に住んでいるのだし、頑張って電力使用量を減らしたいです。

ベランダに置けるような太陽光パネルを買いたいのですが、ちょっと高いので、まだ実現できず。市が助成してくれるといいんだけどな。河野太郎氏おすすめの政治家への働きかけというやつ、市政レベルでやってみてもいいのかも。

電力使用量を減らしたいと思うのは、ひとつには原発でつくされた電気をなるべく使いたくないから、そしてもう1つは、東電に払う電気料金を1円でも少なくしたいから。ただ、前者のほうは、うまくいけば、もしかして来春には実現してしまうかも? 総理は原発再稼働に意欲的ですが、東電の原発に関しては、来年4月にすべて停止するんじゃないかと期待しています。

東電の原発は、福島第一(6基)福島第二(4基)、柏崎刈羽(7基)の3か所。このうち福島第一はご存じの状況、第二も地震によって停止中で、枝野経産大臣がすべての廃炉に言及しています(9月16日の記事)。一方、柏崎刈羽は現在2基が稼働していますが、それが定期検査のために停止するのが来春で、柏崎市長が「再稼働は心情的に困難」と発言しています(記事ページがすでに消えていたので、こちらでご確認ください)。

そうなるといいな。1つ前の記事では東京都の天然ガス発電所プロジェクトを話題にしましたけど、東電管内で脱原発ができれば、ほかの地域でもできないわけがない、という流れになりそうじゃないですか。脱原発が説得力を持ち、原発がなくてもやっていけるという事実が広く共有され、もちろん最終的には、それが現実になるといいなと思います・

念のために
[PR]
by noma-igarashi | 2011-09-24 20:07 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

東京都の天然ガス発電所プロジェクト

国と東電に宣戦布告 東京都が天然ガス発電所

東京都が独自に天然ガス発電所をつくるというプロジェクト、震災間もない時期からニュースになっていましたが、計画が現実的になってきたということなのか、1週間ほど前、しきりにニュースで取り上げられていました。この計画、私はおおいに支持します。私は石原都知事をまったく好きではないし、彼の発言にはいつも怒りを覚えるし、票を入れたことも一度もないですが、この計画は評価に値すると思います。ぜひ実現させてほしい。

6万人の市民が集まって脱原発のデモを行っても、国や東京電力はいっこうに気にもとめないでしょうけど、東京都なら話が違います。東京都であれば、国や東京電力、経産省、マスコミ、経済界などに対して、十分な影響力を発揮できると思います。その東京都が「電力市場の活性化と規制撤廃の先頭に立ち、電力独占の異常な状態を改革しようとしている」というのだから、支持するし、期待もしています。

私は報道ステーションで取り上げているのを見ましたが、YouTubeを検索してみたら、ほかの番組でも報じていたようですね。ちょっと長いですが、面白かったので、以下にご紹介します。この番組もテレ朝なんですね。



都の天然ガス発電所の話題は6:35ごろから。猪瀬副知事がスタジオに招かれて、熱く語っておいでです。


[PR]
by noma-igarashi | 2011-09-23 19:56 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

069:箸(五十嵐きよみ)

幸せはささやかなほどいとおしい箸からこぼれてゆくうずら豆

Elisabetta
[PR]
by noma-igarashi | 2011-09-23 19:15 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

068:コットン(五十嵐きよみ)

コットンは日向のにおい取り込んだ洗濯物に顔をうずめる

Elisabetta
[PR]
by noma-igarashi | 2011-09-23 19:13 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

脱原発集会、海外の報道

脱原発集会に6万人もの人々が参加しても、この国の新しい総理はいっこうに気にとめる様子もなく、原発の安全性を高めて(どうやって!?)これからも利用していく意向を国連の場で表明してしまうわけです。やれやれ…。日本の総理大臣なんて、どうせ1年で交代してしまうんだから、と思うことにします。総理が替われば、方針もまた変わるでしょう。いい方向に変わる保証はもちろんないですけど。

9月19日の脱原発集会のことは、日本のみならず、海外でも広く報道されたそうです。というか、日本の中でも、さんざんな扱い方をしたメディアもあったようなので、場合によっては、海外のほうがくわしく報道してくれていたのでは。日本のメディアには落胆するしかないですが、ともかくは海外のメディアが報じてくれたおかげで、国連での総理の発言を外国の人たちが聞いても、「なぜ日本人は声を上げないんだ?」というふうには思わないだろうな、というのがせめてもの救いです。国民の意思に反して、総理が勝手に言っているだけ。そう思ってもらえたら、少しは気持ちも慰められるというものです。

海外の報道をまとめたツイッター
全部の報道内容に目を通すのは大変だと思うから、せめて、どれだけの件数が並んでいるかだけでも見てみてください。「残りを読む」もぜひクリックしてみてくださいね。

ついでに、こちらもご紹介しておきます。
日本の新聞各紙の取り上げ方
[PR]
by noma-igarashi | 2011-09-23 00:40 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

ハイロアクション福島原発40年実行委員会・武藤類子さんの発言

9月19日に開催された「脱原発5万人集会」では、参加者6万人のパレードに先立ち、呼びかけ人やゲストなど8人の方が壇上でお話をされました。その中で、福島県から来られた「ハイロアクション福島原発40年実行委員会」の武藤類子さんの発言が強く心に残りました。YouTubeに動画がUPされているので、よかったらぜひ聞いてみてください。8人全員の発言が収録されており、武藤類子さんの発言は36:32ごろから始まります。

内容を書き起こしたものもあるので、「続きを読む」以下に貼付しました。「脱原発5万人集会」の公式サイトにも全員の分が公開されていますが、いつも見ているブログ「みんな楽しくHappy♡がいい♪」でも独自に書き起こしをしてくださっていて、転載自由とのことだったので、ありがたくそちらを使わせていただきました。動画を見る時間がない方は、ざっとでもいいから、ぜひ書き起こしに目を通してみてください。



つくづく、原発の問題は単に電力の問題なのではなく、人が生きる権利の問題、ごく普通に暮らしていく権利の問題なのだと思います。そのことに気づかないふりをして、原発が必要だという人間を私は許さない。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2011-09-22 00:19 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

ボローニャ歌劇場「清教徒」

e0073856_1134998.jpgボローニャ歌劇場「清教徒」 公式サイト
2011年9月17日(土) 15:00開演
東京文化会館 4階2列0番台




指揮:ミケーレ・マリオッティ
 Michele Mariotti
演奏:ボローニャ歌劇場管弦楽団



アルトゥーロ:セルソ・アルベロ Celso Albero
エルヴィーラ:デジレ・ランカトーレ Désirée Rancatore
リッカルド:ルカ・サルシ Luca Salsi
ジョルジョ:ニコラ・ウリヴィエーリ Nicola Uliveri
ヴァルトン:森政史 Masashi Mori
エンリケッタ:ジョゼッピーナ・ブリデッリ Giuseppina Bridelli
ブルーノ:ガブリエーレ・マンジョーネ Gabriele Mangione

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2011-09-19 11:04 | オペラ・音楽 | Trackback(1) | Comments(2)

藤原歌劇団「セビリャの理髪師」

e0073856_1393585.jpg藤原歌劇団「セビリャの理髪師」 公式サイト
2011年9月11日(日) 15:00開演
新国立劇場 3階2列20番台


指揮:アルベルト・ゼッダ Alberto Zedda
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
アルマヴィーヴァ伯爵:アントニーノ・シラグーザ

 Antonino Siragusa
ロジーナ:島木弥生
フィガロ:森口賢治
バルトロ:久保田真澄
ドン・バジーリオ:デニス:ビシュニャ
Denys Vishnia
ベルタ:宮本彩音
フィオレッロ:折河宏治
隊長:羽渕浩樹
アンブロージョ:小田桐貴樹
公証人:押川浩志士
合唱:藤原歌劇団合唱部


続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2011-09-17 01:42 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧