111.31KV620日記


オペラ、フィギュアを中心に、そのとき興味のあることがらを話題にしています。
by noma-igarashi
最新のコメント
美輪さん、いらっしゃ~い..
by noma-igarashi at 00:31
そうは言っても、、、 ..
by 美輪@brownycat at 21:04
こんばんは~。 ヴォロ..
by noma-igarashi at 20:41
おはようございます。 ..
by sasha_2006 at 08:21
こんばんは~。 コワい..
by noma-igarashi at 23:42
こんにちは。仰る通り、デ..
by sasha_2006 at 15:08
ブログに書いてから気づい..
by noma-igarashi at 00:44
こんにちは。 ピルエッ..
by noma-igarashi at 20:24
カテゴリ
検索
以前の記事
ブログパーツ

<   2011年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

太陽経済かながわ会議(追記あり)

昨日、神奈川県主催の「太陽経済かながわ会議」をUstreamで視聴しました。会議自体は、朝の10:30から夕方16:30まで行われていて(プログラムはこちら)、私が見たのは「特別セッション」の部分。すごく面白かったです。ここにアーカイブがあるので、よかったらぜひ見てみてくださいませ。神奈川県知事の手慣れた司会進行のもと、三菱総研の理事長、ソフトバンクの孫社長、環境省次官といった面々が、陽光発電の現状や可能性について、それぞれの立場から熱弁をふるっています。みんな、すごく熱い! 話を聞くうちに、神奈川県に引っ越したくなってきました。

太陽光発電については、各家庭の屋根にソーラーパネルを乗っける(マンションなら屋上に共同のパネルを設置する)というのがいちばん効率的かつ現実的じゃないかなと思うのですが、話の中にチラッと出てきた、高速道路の側面に貼り付けるというのもよさそう。もしかして、ずらーーーっとパネルを並べていけば、送電線がいらなかったりするのでは?(ちゃんと調べずに書いてます)。とにかくやってみれば、新たなアイデアもいろいろ出てくるだろうし、技術も進歩するだろうし、費用も安くなっていくはず。再生可能エネルギー特別措置法案は、首相が思いつきで言っているだけじゃなくて、こうしていろいろな立場の人が必要だと言っているわけだから、ぜひ成立させてほしい。電気料金が高くなることを理由に、経団連が強固に反対していますけど、東電と原発を守りたいのが見え見えで、すごくイヤ。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2011-06-29 23:34 | 震災日記 | Trackback(1) | Comments(0)

アサイン発表(出遅れ)

昨日、GPSのアサインが発表されましたね。近ごろ、ほかのことに気を取られがちで、なかなかフィギュアの情報についていけません。ちなみに、今日は東電の株主総会のようすを実況するツイッターを後追いするのに忙しく、気がついたらこんな時間になっていました。

株主総会のことはひとまず置いといて、ともかくはアサインの話題。顔写真入りのこのアサイン表が素敵です~。誰がどの試合に出るか、すごくわかりやすい。我らがダイスケはスケカナとNHK杯ですね。スケカナでは早くもパトちゃんと対決。NHK杯は日本人で優勝争いになるかも?

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2011-06-28 23:56 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

043:寿(五十嵐きよみ)

水のこと火のことあるいはこの星の寿命のことを考えている

Rodrigo
[PR]
by noma-igarashi | 2011-06-28 22:52 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

042:至(五十嵐きよみ)

伝えきれなかった言葉が溢れ出し至るところが風のにおいだ

Carlos
[PR]
by noma-igarashi | 2011-06-28 22:49 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

地上波DOIの感想

フジ地上波のDOI、放送地域が限られていたそうなので、簡単にレポしてみますね。BSでの放送は7月9日(土)19:00~20:55。たっぷり2時間で、副音声は会場音のみ! ただ、地上波も今回はいつもの方が実況ではなかったので、それだけでもだいぶ違いました。

演技が放送されたのは鈴木明子、羽生結弦、高橋・トラン、織田信成、小塚崇彦、村上佳菜子、庄司理紗、安藤美姫の各選手。「こんなことをやるなら1人でも多くの選手を…」と感じるような余計な映像はなかったですが(こづのアメリカでの振付映像などはありました)、1時間の放送なので、このぐらいが精いっぱいなんでしょう。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2011-06-26 17:05 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

サロメの踊り

昨日、ずーっと録画したままになっていたメトロポリタン歌劇場の「サロメ」を見ました。2008-2009年シーズンの公演で、ライヴビューイングでも上映されたものです。サロメを演じるのはカリタ・マッティラ。サロメというからには、義父ヘロデ王の求めに応じて踊るシーンがあるわけですが、マッティラさん、頑張って踊っていました。踊っている間はさすがに歌わないですが、8分49秒も踊った後、ちゃんと普通に歌っていました。動画を探してきたので、「続きを読む」をクリックして、ぜひご覧ください。

e0073856_1053532.jpg


続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2011-06-26 10:09 | オペラ・音楽 | Trackback | Comments(0)

クラシック事業協会、賠償請求へ

ツイッターでもつぶやきましたが、昨日、ネットを見ていたら、「演奏会中止で東電に賠償請求へ…日本クラシック音楽事業協会」というニュースが流れていました。賠償請求、当然ですよね。このニュースによると、演奏会(ポップスなどの公演も含む)の売上げ被害報告が754件あり、被害総額は46億円にのぼっているそうです。ファンだって、お目当ての歌手が降板した公演についての精神的損害を賠償してほしいぐらいです。

一方で、フィギュアスケーターはアイスショーのために大勢来日していますよね。放射能のことを心配するなら、クラシックの音楽家より、年齢的に若いスケーターのほうがずっと心配だと思うのですが、気にならないのかな。公演場所が東京じゃないから? 滞在期間が短いから? 実際には来日を断わっているスケーターもいるけれど、それはニュースにならないだけ?(←スミマセン、ただの想像なのであまり気にしないで)

クラシックのほうは、来日をキャンセルするアーティストも多くて残念ですが、一方で、来てくれる人たちがメッセージを発表することも少なくなく、それを読んで感激することも。先日も、マルクス・グローというピアニストのメッセージが素晴らしいとツイッターで話題になっていました。こちらですぜひ読んでみてほしい。来日してくれるスケーターからも、こういうメッセージがあるといいなと思いますが、ここまでの内容が書けるのは、一定程度の年齢だから、という気もしますね。

ピアニストさんにはあまりくわしくなく、実はマルクス・グロー氏のこともよく知らなかったので、YouTubeで演奏の動画を探してきました。


[PR]
by noma-igarashi | 2011-06-25 11:57 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

自然エネルギーフォーラム

ものは試しと、東京国際フォーラムで開催された「自然エネルギーフォーラム」に行ってみました。会場の参加者は3000人、ユーストリームやニコニコ動画で7万人が視聴したそうです。小林武史さん×孫正義さんの対談にまじり、一青窈さん、Salyuさんが歌いました。

続きを読む
[PR]
by noma-igarashi | 2011-06-25 01:58 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)

041:さっぱり(五十嵐きよみ)

私にはさっぱりよさがわからない泣ける話が持てはやされる

Eboli
[PR]
by noma-igarashi | 2011-06-22 22:34 | 題詠100参加作品 | Trackback | Comments(0)

原発についての本

遅まきながら、原発に関する本を読んでいます。『原発のウソ』はすでに読み終え、今は『原子力神話からの解放』に取りかかっています。どちらの本も、とてもわかりやすく書かれています。前者は今回の原発事故の後に出版され、後者は10年ほど前、東海村で起きたJCO臨界事故の翌年に出された本です。なので、今の不安に具体的に答えてくれるのは前者ですが(ただし、「不安に答えてくれる」=「不安がなくなる」ではないかも)、後者もとても読みごたえがあります。後者の著者・高木仁三郎さん(故人)は、原子力の分野の第一人者だった方だとか。

これらを読んで驚くのは、原子力発電のエネルギーとしてのダメっぷり。安全でもない、クリーンでもない、エコでもない、安くもない、無限でもない。私、危険を抱えてまで原子力に頼るのは、そのデメリットに見合うだけのメリットがあるからだと思い込んでいました。ぜんっぜん、そんなことないです。そんなもののために、私たちはいったいどれだけのものを犠牲に差し出したのかと思うと、悔しいやら情けないやら(結局、電力がどうのというより、核を持ちたかっただけなのね)。

原発のウソ (扶桑社新書)

小出 裕章 / 扶桑社


原子力神話からの解放 -日本を滅ぼす九つの呪縛 (講談社プラスアルファ文庫)

高木 仁三郎 / 講談社


[PR]
by noma-igarashi | 2011-06-22 00:11 | 震災日記 | Trackback | Comments(0)


タグ
記事ランキング
外部リンク
最新のトラックバック
077:聡 より
from 楽歌三昧
065:砲 より
from 楽歌三昧
055:芸術 より
from 楽歌三昧
042:尊 より
from 楽歌三昧
018:援 より
from 楽歌三昧
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
ブログジャンル
画像一覧